2017年9 月24 日(日 ):北朝鮮でM3.4の揺れ、「爆発による疑い」中国地震当局

【AFP=時事】中国地震ネットワークセンター(CENC)は23日、北朝鮮でマグニチュード(M)3.4の揺れを検知したと発表した。「爆発による疑い」があるとしている。


米航空宇宙局(NASA)の衛星に搭載された「中分解能撮像分光放射計(MODIS)」が撮影した朝鮮半島(2013年4月3日、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News© AFPBB News 提供 米航空宇宙局(NASA)の衛星に搭載された「中分解能撮像分光放射計(MODIS)…
 中国国営新華社(Xinhua)通信は、今月3日に起きた揺れと同様、震源は浅いと伝えている。3日の揺れは後に北朝鮮による核実験によるものだったことが判明している。

【翻訳編集】AFPBB News



【北朝鮮情勢】露外相「幼稚園のけんかやめろ」 米朝に冷静対応求める
【モスクワ=黒川信雄】ロシアのラブロフ外相は22日、訪問先の米ニューヨークで会見し、米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の激しい応酬を「幼稚園でのけんか」に例え、双方に冷静な対応を促した。インタファクス通信が伝えた。

 ラブロフ氏は「熱くなった頭を冷やし、立ち止まって何らかの接触を試みる必要がある」と述べ、米朝による交渉の必要性を主張。欧州の中立的な国や、国連のグテレス事務総長が仲介役を務めることを歓迎する意向も示した。

 ラブロフ氏は、ロシアが「中国とともに理性的な解決策を追求する」とも強調した。露中は北朝鮮が核・ミサイル開発を停止し、米韓も軍事演習をやめる問題解決策を提案している。露中には、北朝鮮情勢を理由に同地域で米軍のプレゼンスが強まる事態を牽制(けんせい)する思惑もあるとされる。






運転免許更新70歳以上の受講待ち深刻化 失効どう防ぐ?

70歳以上のドライバーが運転免許証を更新する際に必要な「高齢者講習」の受講待ちが、兵庫県を含む全国の自動車教習所で深刻化している。高齢ドライバーの増加で、県内の待ち期間は最大で3カ月を超えるという。3月に施行された改正道交法では、75歳以上は受講前に認知機能検査も受ける必要があり、高齢者からは「希望日に予約が取れず、待っている間に更新期限が切れてしまいそう」と不安の声も上がっている。(石川 翠)


認知機能検査や高齢者講習の案内はがき。早急な予約を呼び掛けている© 神戸新聞NEXT/神戸新聞社 認知機能検査や高齢者講習の案内はがき。早急な予約を呼び掛けている
 運転免許証の更新時に必要な高齢者講習の予約受け付けが大混雑に陥る中、免許失効を防ぐためどう対応すればいいのか。兵庫県警運転免許課に聞いた。

 Q 案内はがきが届いた際にどう対応する?

 A はがきには受講可能な教習所と連絡先を記している。できるだけ早く希望の教習所に電話し予約を。認知機能検査と高齢者講習は地域に関係なく受け付けるので、満員なら別の場所を探してほしい。

 Q 認知機能検査を受けた教習所しか、講習は受けられないのか?

 A どの教習所も原則、別々でも受け付けている。ただし、検査を受け付けても講習は満員というケースもあるので注意が必要だ。

 Q 更新期限が切れて失効したらどうなる?

 A 運転はできないが、期限切れ後6カ月以内であれば「特定失効者」として扱われる。学科と技能試験は免除され、視力検査などを受ければ再取得できる。

 Q 講習で不合格になれば免許は取り消される?

 A 交通ルールの再確認など運転指導をするものなので、不合格にはならない。

 Q 認知機能検査で「恐れあり」と判定されたら?

 A かかりつけの医師などに予約して受診してほしい。かかりつけ医がいない場合は、各市町の「認知症相談センター」で相談を受けつけている。





安室奈美恵、引退美談の裏に隠された“苦しい”事情とは? 精神的に追い込まれていた可能性も
 歌手の安室奈美恵が来年9月16日のデビュー25周年の記念日に引退することを、40歳の誕生日にサプライズで発表した。安室の気持ちを知らされていたのはごく一部の信頼されているスタッフだけで、ほとんどの関係者は当日知らされたため、かつ早すぎる引退発表に、関係各所は大混乱。安室本人が語らないために引退する理由も判然としていないのだが、やはり問題の根本にはライジングプロからの独立騒動があることは間違いない。独立したとはいえ、現在も安室の活動にライジングプロは間接的ながら影響力を持っており、これに嫌気が差した安室は引退することで芸能界のしがらみをリセットするつもりだ。

 それだけ世間的にも大きな影響を与えた引退発表だったのだが、安室は「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」と書くだけで、特に理由を明かしていないため、スポーツ紙などマスコミ間でも「劣化を嫌った」「息子が来年成人するから」などと見解が分かれている。

 レコード会社関係者は「すべての発端は2014年に発覚したライジングからの独立騒動だ。かつては親子のような関係だった同社の平哲夫社長との仲が大幅に悪化したことが原因で、大揉めした末に翌15年に独立を果たした。騒動の真っ最中には、ライジング側の関係者が安室のネガティブな情報をマスコミに流し、安室が激怒したこともあった。安室とライジング、平社長との関係は修復不可能な状態となり、それは今でも変わらない」


© TOCANA 提供
 独立した安室は所属レーベルのエイベックスグループのもと、CDリリースやライブなどを行い、ライジングプロとの関係を断ち切ったはずだったが、実態は必ずしもそうではなかったという。「平社長も裏切った安室のことを許せなかった。渋々ながら独立を認めたが、その後もエイベックスを通じて何かしらの“利権”が流れるような形になっていたようだ。安室はこの一連の流れを嫌がり、引退することで、すべ てを断ち切ることにした」と前出関係者。

 小学生の頃から沖縄アクターズスクールに通い、歌手を目指した安室は、まさにその夢を掴み取った。だがここ数年は芸能界のしがらみに囚われていたのも事実だ。精神的にも追い込まれてしまい、引退という道を選ばざるを得なかった。

※画像は、『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017 [Blu-ray]』(Dimension Point)





【衆院解散】渡辺喜美参院議員、くら替え出馬の意向 「小池新党」入りで栃木3区目指す
無所属の渡辺喜美参院議員(65)=比例代表=が10月の衆院選にくら替え出馬する意向を固めたことが22日、分かった。小池百合子東京都知事側近の若狭勝衆院議員らが結成する新党の公認を得て、衆院議員時代以来の地盤である栃木3区での立候補を目指す。

 複数の関係者が明らかにした。23日に地元の栃木県那須塩原市で後援会の幹部会合を開き、同意が得られれば正式に表明する。ただ、新党に加わる国会議員の中には渡辺氏の参加に難色を示す声もあり、入党に至るかは見通せない。

 渡辺氏は第1次安倍晋三政権で行政改革担当相を務めた後、平成21年に自民党を離党し、みんなの党を結成した。同党解党に伴い26年の前回衆院選は無所属で出馬し落選。昨年の参院選比例代表でおおさか維新の会(現日本維新の会)公認で当選し、政界復帰した。

 しかし、渡辺氏が小池氏との連携を公然と主張したことから、小池氏と距離を置く松井一郎代表(大阪府知事)ら執行部との路線対立が顕在化した。渡辺氏は今年6月に離党届を提出、除名処分を受け、7月の東京都議選では小池氏が率いた「都民ファーストの会」の候補者を応援した。








[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_6294357.jpg

   3.11東日本大震災  福島第一原発爆発 楢葉町 247
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-24 06:07 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月23 日(土 ):仏、平昌五輪「不参加も」…北朝鮮情勢悪化なら

【パリ=作田総輝】フランスのローラ・フレセル・スポーツ相は21日、2018年2月に韓国の平昌(ピョンチャン)で開催される冬季五輪について、北朝鮮の核・ミサイルの脅威によって安全が確保できない場合、参加見送りもあり得るとの考えを示した。

AFP通信が報じた。欧州メディアによると、北朝鮮情勢に絡み、五輪参加予定国の要人が、不参加の可能性について言及するのは初めて。

フレセル氏は仏ラジオ局のインタビューに対し、「状況が悪化し、安全が確保されなければ、フランスの選手団は国にとどまるだろう」と述べた。「選手を危険にさらすことはしない」と強調する一方、「外務省と緊密に連携しながら、情勢を分析する。現時点では参加見送りを決める状況には至っていない」とも説明した。

平昌は北朝鮮との軍事境界線から約80キロの距離に位置する。





清宮幸太郎が初めて言ったプロ志望。「早実-早大」から外れていく覚悟。

12時36分。

 この日の主役が、早稲田実業の小室哲哉記念ホールの壇上に上がった。途端、途切れることなくフラッシュがたかれる。

 集まった報道陣の数は130人。

 白いワイシャツの袖をたくし上げた姿で登場した清宮幸太郎は、右手でマイクを握りしめ、口を開いた。

「わたくし、清宮幸太郎は……」

 そう言ってから、たっぷり間を取る。その間、3秒。

 次に発する言葉は、「プ」か「ワ」か――。

「……プロ野球志望届を提出することに決めました」

 ここまで聞き終え、ようやくプロ志望であることを確信できた。

大学進学が既定路線、とあきらめムードだったが。

 清宮は、大学進学が既定路線――。

 スカウトの間では、そんなあきらめにも似たムードが漂っていた。

「早稲田大学でラグビーをやるつもりで早実(の初等部)に入った」という清宮にとって、そもそも早大進学は大前提だった。父の克幸も早大ラグビー部でプレーし、監督まで務めた。その後を追うのが、もっとも自然だった。

 それだけではない。今の早実は、ほぼ100%早大に進学できる。清宮ほどの選手であっても、「早実-早大」という黄金ルートから外れるには、それなりに思い切りが必要だったはずだ。

 高校からプロへ行くような選手は、普通、進路を聞かれたら、つい「プロに行きたいです」と口走ってしまうものだ。しかし清宮は在学中、ただの一度も「プロ志望」を口にしたことがなかった。

「大学行っても木製バットなんで」

 この夏、グラウンドで写真撮影をしているときに、こんなことがあった。金属バットを携えていた清宮に、同行していた編集者がこんな風に声をかけた。

「プロに行ったら、金属バットはもう最後になっちゃうね。あ、でも、そんなことは言えないか」

 すると、清宮は落ち着いた様子でこう返した。

「そんなことないですよ。大学行っても木製バットなんで」

 そんなやりとりでも、やはり大学へ行くつもりなのではないかと思ったものだ。

 しかし、U-18の野球W杯から戻ってきてすぐに決めたという清宮の決意は、揺るぎないものだった。

 大学の通信教育を受けるつもりはないのかという質問にも、U-18で他のプロ志望の選手の影響を受けたかという質問に対しても、「それはない」と、きっぱりと否定した。

何より大事なのは、自分で決めることだ。

 清宮は「野球にいちばん集中できる環境を選びたかった」とプロ志望の理由を語った。

 かつて、菊池雄星(西武)や大谷翔平(日本ハム)を、「高卒即アメリカ」というルートに導きかけたドジャースの元スカウト小島圭市は、清宮の進路に関して、こう心配していたものだ。

「何より大事なのは、自分で決めること。それが成長の芽を植え付けることになる」

 清宮は、自分で決めた。

 さて、最初の注目ポイントは過ぎた。

 次は、いったい何球団が清宮を1位指名するか、だ。





山尾志桜里の2度目の不倫釈明がベッキー、今井絵理子以上にお粗末だったワケ
 不倫疑惑を週刊文春で報じられ、民進党を離党して以降、雲隠れしていた山尾志桜里衆院議員(43)が22日、地元の愛知県で次期衆院選挙に出馬する意向を表明した。

 山尾氏は支援者を集めた会合に出席。小雨が降るなか、支援者たちは会場に続々と到着した。

 マスコミにもみくちゃにされながら登場した山尾氏は「無所属で直近の選挙に挑戦させていただきたい」と立候補を表明。

 さらに会合後のぶら下がり会見では、不倫疑惑について「男女の関係にない」とあらためて否定した。記者からは具体的な説明を求める質問が相次いだが、「相手のご家族に心痛を与えるので、新たな主張は控える」「今回の(不倫)報道について、政治家の説明責任はどうあるべきなのか」と、記者団に反論する場面も見られた。

 山尾氏に対しては支援者から「ガンバレ!」と応援する声が上がった一方、70代の男性からは「支援者が納得するように包み隠さず話してほしい」との声も。別の支援者は、次の衆院選について「民進党の支援も受けられないし、厳しいんじゃないか」と見通しを示した。

 不倫騒動では、ベッキーや今井絵理子参院議員(自民党)も会見で不倫を否定し、バッシングを受けた。 山尾氏は9月7日に国会内で開いた離党会見でも記者の質問を無視し、逃げるようにその場を去っていた。説明不足の印象はいなめない。危機管理コンサルタントの田中辰巳氏は「ベッキーや今井氏より最悪の会見だった」と話す。

「山尾氏は自分が置かれている状況がまったくわかっていません。だから、今回のように周囲の反応を無視した行動がとれるのです。これは危機管理ではなく、危機"喚起"でしかありません。問題はさらに大きくなっていくでしょう」

 永田町に解散風が吹き荒れる中、山尾氏の行動は民進党議員の悩みのタネだ。ある民進党議員は「地元で女性の支援者から問い詰められて、大変ですよ……」と嘆く。

 前出の田中氏は言う。


支援者との会合を前に記者の質問に答える山尾志桜里衆院議員(撮影/直木詩帆)© dot. 支援者との会合を前に記者の質問に答える山尾志桜里衆院議員(撮影/直木詩帆)
「今回の釈明でイメージを落としたのは山尾氏だけではありません。幹事長に起用しようとした前原(誠司・民進党代表)氏の『人を見る眼』も疑われることになった。このままでは山尾氏は誰からも信用されない政治家になってしまいます。今からでも遅くないので、議員辞職をするぐらいのことをしないと、有権者が納得することはないでしょう」

(ぶら下がり会見での主な質問と山尾氏の回答は以下のとおり)

――説明が遅かったのでは。

率直なところ、一連の報道があってから、名前もあがった一私人の弁護士さんの家族にご迷惑をかけています。家族などへの嫌がらせもありましたので、なかなか戻れなかった。

――不倫報道で指摘された4日間、誰とどこで何をしていたか。

(週刊文春の)報道以降、様々なメディアも通じて、いろんな報道がなされました。私も悩みました。こういった内容の報道について、政治家はどこまで説明責任を負うべきなのかを突きつけられました。そういった中で、一つ一つのことについて私が新たな主張をさらに重ねたり、付け加えれば、さらに先方のご家族にも、私の家族にも、またいろんな心痛や心労や生活上の支障もおそらく続くのではないだろうかということを、この2週間含めて推察をしています。今回の報道について、政治家の説明責任はどうあるべきなのか。そして、その責任を(愛知)7区で挑戦をする私は果たしているのか、いないのか。有権者一人一人の物差しで、一人ひとりの判断で、最終的には通信簿をつけていただきたいと思っています。

――不倫関係にはあったんですか、なかったんですか?

 会見でもお話しましたように、男女の関係はありません。

(本誌 直木詩帆/西岡千史)

※週刊朝日オンライン限定記事





自民公約、憲法改正案の国会提出など5項目軸 素案判明

自民党は10月の衆院選で、消費増税の使い道変更や北朝鮮への「圧力」、憲法改正など5項目を党公約の柱に据える方針だ。党内に異論がある項目も含まれるが議論の時間は限られており、5項目を軸にまとまる見通しとなっている。

 朝日新聞が入手した公約素案によると、柱は①アベノミクスの総仕上げ②人づくり革命の実現で「全世代型社会保障」の確立③働き方改革④北朝鮮への「圧力」の継続⑤憲法改正案の国会提出、の5項目。

 ログイン前の続き「全世代型社会保障」の確立については、2019年10月に消費税率を10%に引き上げた場合の増収分を、幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減などに使うことをうたう。

 核・ミサイル開発で緊張が高まる北朝鮮情勢を受け、北朝鮮への「圧力」政策も前面に打ち出す。安倍晋三首相は国連総会で「対話による問題解決の試みは無に帰した」と演説しており、こうした強い姿勢への支持を得たい考えだ。改憲については、党憲法改正推進本部で文言の調整が続いているが、首相が提案した自衛隊明記を含む9条改正について盛り込む方針。

 党執行部は5項目を軸に、衆院解散前後に予定される首相の記者会見の内容に沿って公約作成を進め、来月3日ごろまでに党内手続きを終える考えだ。

 消費増税の使い道変更や改憲内容については、党内に異論が残る。しかし、5項目には首相官邸の意向が反映されており、党政調幹部は「選挙が迫ればまとまる」との見通しを示す。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_6272584.jpg

     3.11東日本大震災  福島第一原発爆発 楢葉町 245
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-23 07:21 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9 月22 日(金 ):安倍首相とトランプ大統領の会談始まる 北朝鮮問題など

安倍晋三首相とトランプ米大統領の会談が21日午後(日本時間22日未明)、ニューヨーク市内のホテルで始まった。核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力強化策を協議するほか、日米両政府が11月4~6日を軸に調整しているトランプ氏の初来日などについても話し合うとみられる。

 会談は7月、ドイツでの主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせて行われて以来。両首脳はその後も北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を強行するたびに電話で対応を協議してきた。

 今回の会談では、日米それぞれが北朝鮮に影響力のある中国やロシアなどに対して行った圧力強化の働きかけや、今後の効果的な対策について意見交換するとみられる。またトランプ氏の来日を確認するほか、日米経済対話についても意見を交わすものとみられる。

 ログイン前の続きトランプ氏は国連総会の一般討論演説で、北朝鮮が挑発行為をやめない場合は「北朝鮮を完全に破壊するほか選択肢はない」と警告。安倍首相も一般討論演説で、北朝鮮の核・ミサイル開発を放棄させるのに必要なのは「対話ではない。圧力だ」と訴えた。(ニューヨーク=松井望美)





金正恩は「側近による暗殺」を恐れ核ミサイルから手を引けない
核実験や日本上空を通過するミサイルを発射するなど、北朝鮮の挑発行動はエスカレートするばかり。国際社会は制裁を強め、金正恩を対話に引きずり出そうとしているが応じないだろう。なぜなら、側近による暗殺を恐れているからだ。(元在韓国特命全権大使 武藤正敏)

北朝鮮の核ミサイル開発はいよいよ最終局面

 北朝鮮は9月3日、6回目となる核実験を行った。その規模は、包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)が公表する揺れの大きさを基準に計算するとマグニチュード6.1、破壊力は160キロトンで、広島原爆の10倍と推計されている。これを受けて北朝鮮は、「水爆実験が成功した」と発表。2016年に行った5回目の実験は11~12キロトンであったことから、その技術の急速な進歩が伺える。

 さらに、9月15日には、8月29日同様に中距離弾道ミサイル「火星12型」を発射、日本の襟裳岬の上空を飛行し、3700キロメートル飛んで太平洋上に着弾した。これは、グアムまでを十分射程に収める距離だ。それに先立って、7月4日と28日には「火星14型」と言われるICBMを、ロフテッド軌道で発射している。

 こうした北朝鮮の挑発行動に対し、国連安保理は9月11日、追加制裁決議を採択した。それによれば、まず石油の輸出に関し、過去12ヵ月の輸出を年間の上限にするとし、石油関連製品の輸出を3割減とすることが盛り込まれた。また、労働者の海外派遣は新規雇用を禁止、現在の労働者についても更新を禁止するとしている。

 加えて、現在は、中国からの加工委託を受けて生産している繊維製品の輸出を禁止(16年の輸出額は7億2600万ドル、今年上半期の輸出は56%増)、北朝鮮の貨物船を公海上で検査することについて、禁輸品の積載が疑われる場合には加盟国に要請する、そして北朝鮮の個人団体との合弁企業を禁止する、というのが主な内容である。こうした制裁によって、北朝鮮の輸出の9割が削減されると言われている。

制裁受けても開発を加速化有効な制裁は石油の禁輸

 8月5日に決定した追加制裁では、石炭・鉄・鉄鉱石・海産物・鉛の輸出全面禁止措置を取ったため、北朝鮮は輸出総額の3分の1に相当する年10億ドルの外貨収入を失ったことになる。

 しかし、北朝鮮は核ミサイルによる挑発を加速している。

 そのため今回の制裁に際し、当初、米国が提案していた決議案には「石油禁輸」が含まれていた。北朝鮮の核ミサイル開発を制裁によって止めるためには軍事活動の“血液”となる石油の禁輸が不可欠だ、と考えられているからだ。

 とろこがこれは、北朝鮮の暴発を招きかねない。戦前の日本が、ABCD包囲網による石油禁輸で追い詰められ、真珠湾への奇襲攻撃で太平洋戦争に突入したように、北朝鮮も身動きが取れなくなった時、一か八かの攻撃を仕掛けてくる危険性があるからだ。

 そうした懸念もあり、北朝鮮を追い詰めたくない中ロの反対で、決議案の主要な部分は薄められてしまい、米トランプ大統領は、「石油禁輸のない決議では不十分」と述べている。だが、原油の取引をテーブルに載せたことは、今後の決議で石油禁輸を取り上げる足掛かりとなろう。1週間で決議を採択したことも成果と言える。

唯一、残されたのは制裁により対話を引き出す方法

 今、日米韓をはじめとする国際社会の主要国の基本的な方針は、北朝鮮に対する経済制裁を強化することによって、核ミサイル開発の資金を遮断し、北朝鮮が開発を続けられなくすることで「対話」の道に引き出そうというものである。しかし、こうした考えは、「実効性があるから」というよりは、「北朝鮮への有効な対応手段がないため、これに期待する」という“希望”が強いように思えてならない。

 米朝ともに対話の道は否定していないが、米国は対話の前提として「北朝鮮の非核化」を求めている。これに対し北朝鮮の対話の目的は、米国に核保有を認めさせ、あわよくば在韓米軍を撤退させることである。つまり、対話といってもその前提が全く正反対で、妥協点がないのである。

 他方、北朝鮮に対する軍事行動は、北朝鮮の報復を招いて数十万から百万人単位の犠牲が出かねないと危惧されており、何としても避けたいというのが本音である。

 ただ、このまま何もできないでいると、来年前半には北朝鮮が核弾頭を搭載したICBMを実戦配備する可能性もある。したがって、今、期待できるのは石油の禁輸により北朝鮮軍の血液を断つ方法と、制裁により北朝鮮を対話に引き出す方法の2通りである。このうち石油の禁輸は中ロの反対により、当面は実施されないことになったので、今できることは後者だけだ。

 とはいえ北朝鮮は、制裁により資金が枯渇しかけたとしても核ミサイル開発は断念しないであろう。それはなぜか。

 一番よく言われているのは、北朝鮮にとって政権の存続を図るためには、核ミサイルを保持し、日米韓を威嚇することで北朝鮮に手出しできないようにする必要があると考えているからである。

 金正恩は、イラクやリビアの政権が崩壊したのは「大量破壊兵器を保有していなかったため」であると考えている。北朝鮮では、金日成の時代から核ミサイル開発を続けており、これを完成させることは父・金正日の“遺訓”でもあった。

 つまり、米国を攻撃できる核ミサイルを持つことで、米国と対等の立場で交渉できるという考えであり、今年の朝鮮労働党大会において核保有宣言を行い、米国に核保有国として認めさせることを目論んでいる。

核ミサイルを放棄できない事情は国内にもあった

 じつは、北朝鮮が核ミサイルの開発を放棄できない理由は、国内にもある。

 金正恩にとって最も大事なことは、自身の安寧、そして保身である。金正恩は、政権を継承する前こそ、父・金正日に連れられて中国を訪問し、当時の国家主席だった胡錦涛に会っているが、政権を担ってからは一度も国外に出ていない。諸外国に赴けば、自身の身が危険にさらされると考えているのであろう。米軍の攻撃を恐れ、地下施設内を転々と移動する生活だと聞く。

 それだけではない。金正恩は敵国だけでなく、国内の、しかも側近による暗殺も恐れている。

 金正恩は、自身の最も近い側近を含め、政権について以来300人以上を粛清したと言われる。少しでも反逆の噂があれば、捉えて公開処刑してきた。伯父で、最側近と言われた張成澤を公開処刑したことは、今でも語り草である。しかも最も残忍な方法で。機関銃で穴だらけにする。犬に食わせる。人々はこれを見て、恐怖におののいて従っているのである。

 国民に対する監視網も徹底している。夫婦の間でも不審であれば密告させており、もう誰も信じられなくなっている。金正日の頃までは、側近や軍人には贈り物をして忠誠を誓わせてきたし、一度失脚しても復権の道があったが、今あるのは恐怖のみだ。

 一方で、国民の生活は困窮を極めている。国連食糧農業機関(FAO)によると、今年の干ばつは2001年以来の深刻さであり、2017年収穫初期の穀物生産は31万トンと昨年の45万トンから、3割以上減少したようである。にもかかわらず金正恩は、外貨収入を国民のための食糧輸入に使うのではなく、核ミサイル開発に注いでいる。韓国の文在寅政権からの人道支援のための交流も拒否しているほどだ。

 北朝鮮国内では、「早く南北間で戦争が起きてほしい」という声をたびたび耳にするという。韓国との戦争で勝ち、経済的な恩恵を横取りしようというのではなく、「もうどうなってもいいから、早く戦争が起きて、今の生活が終わってほしい」と考えているというのだ。指導者から見捨てられた国民の悲劇である。

国内で弱みを見せれば反逆者を生みかねない

 こうした状況で、金正恩自身も追い詰められている。

 自分たちを犠牲にして進めてきたにもかかわらず、開発をやめてしまえば国民はどう思うか、少しでも弱みを見せれば反逆が起きてしまうのではないかなどと考えている可能性がある。だから、どのような困難に直面しても、強い指導者で居続けなければ、生き残ることができないと考えていると見られる。

 したがって、制裁によって開発資金が不足しても、国際社会と手打ちして保身を図るよりは、国民に犠牲を強いてでも、資金がなくなる前に核ミサイル開発をやり遂げようとするのが自然な見方ではないだろうか。

 こう考えてくると、北朝鮮に対し、圧力と対話で核問題を解決するのは困難ではないかと思えてならない。仮に対話で問題が解決されるとしても、金正恩政権ではなく次の政権にならざるを得ないであろう。

いかに中国を巻き込むかがカギ

 前回の寄稿(「北朝鮮への石油禁輸や斬首作戦は成功するか?元駐韓大使が論評」)で、北朝鮮に核ミサイルを放棄させるためには、金正恩をトップから降ろす以外にないと書いた。米国のキッシンジャー元国務長官は、米中合意が得られれば、その機会は増すであろうと述べたようである。

 中国は、北朝鮮が崩壊し、中朝国境が不安定化することは望んでおらず、まして中朝国境付近まで韓国や米国が入って来ることは、決して許すことができないだろう。習近平政権も北朝鮮の行動には辟易しており、そうした懸念さえ払拭されれば政権交代に関して、あるいは少なくとも石油の禁輸で、協力を得ることができるかもしれない。

 これは、少なくとも北朝鮮との対話よりは、実現の可能性が高いだろう。北朝鮮に対する中国の影響力の拡大は、東アジアの地政学にとって好ましからざる事態ではあるが、北朝鮮との戦闘や核ミサイルを保持する国との共存よりはましだ。

 北朝鮮の核ミサイル問題に正しい答えはない。どの選択肢が「最も犠牲が少ないか」という視点から考えていかざるを得ないのではないか。





【衆院解散】「無所属でも出馬」 中曽根元首相の孫、中曽根康隆氏が正式表明
 中曽根康弘元首相の孫で、弘文元外相の長男、康隆氏(35)が21日、前橋市の群馬県庁内で記者会見し、次期衆院選で群馬1区から立候補する考えを正式表明した。中曽根氏が出馬すれば同区は保守3分裂となる可能性が出てきた。

 中曽根氏は会見で「1区から自民党の公認を目指して出馬する。県連前橋支部に公認申請を出す。自民が唯一の国政政党。群馬から羽ばたきたい」と語った。

 自民党県連は同区で、女性問題を抱えた現職の佐田玄一郎氏を諦め尾身朝子氏(比例北関東)を公認として推薦することを既に決めている。ただ、佐田氏も現職として出馬に意欲を捨てておらず、そこに中曽根氏の動きが活発化していた。 中曽根氏は党公認を得られなかった場合でも、「不退転の覚悟で挑んでいく」と無所属での出馬も辞さない考え示した。

 中曽根氏は慶応幼稚舎から慶応大まで進学。高校、大学中はゴルフ部で活躍した。同級生には人気グループ「嵐」の桜井翔さんがいる。米コロンビア大大学院では、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長と机を並べた。JPモルガン証券に務めた後、弘文氏の秘書を務めていた。





谷垣氏の引退、翻意は困難「気持ち固い」 面会で慰留も
政界を引退する意向を固めた自民党の谷垣禎一・前幹事長が21日、谷垣グループの会合に「全員が(衆院選を)勝ち抜いてお互いに話し合ったり、支え合ったりして、元気で活動してもらいたい」とのメッセージを寄せた。谷垣氏と面会した中谷元・元防衛相が紹介した。

 谷垣グループ幹部の逢沢一郎・元国会対策委員長は本人との面会で慰留したが、「ご自身のお気持ちはいささか固いところもあるように見えた」と語り、翻意を求めるのは難しいとの認識を示した。

 谷垣氏は党幹事長だった昨年7月、サイクリング中に転倒し、現在はリハビリ中。衆院選が10月22日に投開票される方向となり、二階俊博幹事長らに「後進に道を譲りたい」との意向を伝えていた。





安室奈美恵、「引退理由わからない」とエイベックス困惑!! 以前から「要注意タレント」だった?
9月20日に、来年9月の芸能界引退を発表した安室奈美恵。デビュー25周年の節目を終える2018年9月16日をもって表舞台から去るというが、引退の理由については明らかにしていない。そんな中、業界関係者から「安室は“取り扱い注意タレント”だった」との証言が聞かれた。

 安室は、自身の公式サイトを通じて引退を決意したことを報告し、「引退までのこの1年 アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」「皆様、安室奈美恵の最後の1年を、どうぞよろしくお願い致します」などとコメントしている。

「しかし、引退理由には触れておらず、エイベックス関係者に聞いても『わからない』と繰り返すばかり。というのも、安室は1992年のデビューから2015年まではライジングプロダクションに所属しており、その後はエイベックス系列のレーベルに移籍したものの、実質的には安室の個人事務所が全てをコントロールしている状態。そのため、エイベックス内部でも、引退の理由を把握できていないようです」(テレビ局関係者)

 当然、引退理由を探っているマスコミも少なくないようだが、もともと安室の情報には“厳しい制限”があったそうで……。

「安室は95~03年まで『NHK紅白歌合戦』に連続出場していますが、最後に出場したあたりから、マスコミは彼女の扱いに細心の注意を払わなければならなくなりました。というのも、安室が02年にTRFのSAMと離婚した際、また14年に音楽関係者による“洗脳疑惑”が浮上した際にも、報道規制が敷かれるようになったんです。SAMや音楽関係者のことを取り上げるメディアには、安室サイドから強い抗議が入るといいます」(スポーツ紙記者)

 同時期には、過去の写真や映像使用をかなり厳しく制限するようになり、ことWebメディアに関しては、ほとんど許可が出なかったとのこと。

「その厳重体制は、ジャニーズ事務所に匹敵するレベルと言われるほど。さらに、安室はバラエティ番組にもまったく出演しないなど、いわゆる“芸能人”としてのテレビ仕事を受け付けないようになりました。マスコミに対して神経質な面もありますし、近年では、芸能界への興味関心がどんどん薄れていたのかもしれませんね。もちろん、引退宣言には、“アーティスト”としてやりきったという達成感もあると思いますが」(同)

 引退を迎える最後の日まで、安室は自身のスタイルを貫くのだろうか。






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_625360.jpg

    3.11東日本大震災  福島第一原発爆発  楢葉町 244
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-22 05:25 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月21日(木 ):東芝幹部「鴻海なら楽だった」 半導体売却、迷走8カ月

「東芝メモリ」の売却先が20日、「日米韓連合」に決まった。東芝が売却方針を表明してから8カ月。迷走の末に、しびれを切らした取引銀行に期限を区切られ、「見切り発車」での決着となった。売却差し止めの訴訟を抱え、独占禁止法上の審査もこれからだ。

特集:東芝の巨額損失問題

 「契約までは安心できない」。20日、買い手に決まった「日米韓連合」を主導する米投資ファンドのベインキャピタル関係者は気を引き締めた。これまで東芝は方針転換を重ねてきただけに、不安が残る。

 東芝が決断したのは、支援を受ける三井住友、みずほ、三井住友信託の主力3銀行に「20日決着」を約束していたからだ。3行などが設定した東芝の融資枠は今月末が期限。財務基盤の弱い東芝にとって、更新されなければ大きな痛手だ。

 今月上旬、主力行幹部から「月内の売却先決定が更新条件」とも迫られた。もともと銀行団から指定された「8月中の決定」は、すでに破っている。

 銀行は東芝メモリの売却益をあてにして東芝に融資している。売却が遅れ、来年3月末までに債務超過が解消されないと、各行の決算に響きかねないのだ。

 東芝が半導体メモリー事業の売却方針を表明したのは今年1月。6月に「日米韓連合」を優先交渉先に選んだが、8月に一転して米半導体大手ウエスタンデジタル(WD)が加わる「新日米連合」と売却で大筋合意。ところが結局、「日米韓」に戻った。

 東芝と協業するWDは、国際仲裁裁判所に東芝メモリの売却差し止めを申し立てている。銀行団が東芝に推してきたのは実は、WDの新日米連合だった。WDが提訴を取り下げ、買収が白紙になるリスクがなくなるためだ。

 だが、WDは大筋合意後に、東芝メモリの経営に強くかかわることを示唆。主力のHDD(ハードディスク駆動装置)に代わるメモリー事業が経営を左右するからだ。これに東芝が猛反発。交渉が行き詰まった。

 19日朝、その新日米連合から修正案が東芝に届いた。買い手からWDが外れ、経営にも関与しない大幅な譲歩だった。主導したのは政府系ファンドの産業革新機構だ。ただ、東芝も買い手を外れ、売却後の経営に関与できなくなる。

 東芝は世界に先駆けてNAND(ナンド)型フラッシュメモリーを発明した。思い入れは強い。交渉で募った不信感もぬぐえず、「言ったことと、契約書案に書いてあることがいつも違う」「訴訟で脅してくる」。19日深夜まで検討したが、譲歩案の採用は見送られた。

 機構幹部は嘆く。「ビジネスと感情は切り離すべきなのに、東芝は持ち込んでしまった」

 東芝の「迷走」の裏で動いたのは経済産業省だ。「安全保障面でも半導体技術は重要。海外流出は避けなければならない」(幹部)との考えからだ。国内雇用の維持や日本主導の半導体経営にこだわった。

 東芝が米半導体大手のブロードコムへの売却をめざしていると伝わった6月、傘下の革新機構を核に「日米韓連合」をつくって買い手として立候補させた。ブロードコムは「主導権を握れなくなった」(関係者)として撤退した。

 日米韓連合が、WDとの係争リスクを抱えて交渉が頓挫すると、WDをとりこんだ新日米連合づくりへと動いた。

 ちょうど7月の人事異動の時期と重なり、新たに就任した寺沢達也・商務情報政策局長が、得意の英語でWDのスティーブ・ミリガンCEO(最高経営責任者)とじかに渡り合ったとされる。東芝幹部も「国産の半導体を守りたいという問題意識は同じだ」と経産省に寄り添った。

 ログイン前の続きだが、別の東芝幹部は「台湾の鴻海精密工業に売れれば楽だった」とこぼす。鴻海は買い手候補で最高額を提案したとされる。東芝の再建を急ぐなら鴻海に売るのが最善だが、技術流出を懸念する経産省が待ったをかけていた。経産省にとって鴻海は、シャープ再建の担い手を争って競り負けた相手でもある。

 「東芝メモリはみんながほしい技術を持つ。売り手が強いのだから、もっと買い手を競わせればよい」。経産省幹部は売り急ごうとする東芝を、そう戒めていた。

 だが、これで東芝の経営が一息つくわけではない。

 売却差し止めの国際仲裁裁判所の審理はまもなく本格化する。買い手から外れたWDが、訴訟を乱発する可能性もある。

 長期の売却交渉を演じた代償も小さくない。同業企業の合併・買収でシェアが増す場合、公正な競争がゆがめられないか、各国の独占禁止当局に審査される。審査期間は半年が目安とされ、これを通らなければ、売却は完了しない。東芝は来年3月末までに売却益を得て債務超過を解消できないと、上場廃止になる。

 日米韓連合には半導体大手の韓国SKハイニックスも加わる。審査対策で買収当初は東芝メモリの議決権を持たない方向だが、金融関係者は「SKが将来的に出資するなら、潜在的に議決権を持つとみられて審査が長引く」と心配する。

 これとは別に東芝は、東京証券取引所から上場企業にふさわしいか審査も受けている。不正会計問題で2015年9月に「特設注意市場銘柄」に指定され、内部管理体制の改善を命じられている。東証は改善の進み具合をみて、年内にも判断を示すもようだ。

 上場廃止を回避できたとしても、東芝を待ち受けるのはいばらの道だ。手放す東芝メモリは、東芝の営業利益の9割をたたき出す稼ぎ頭。白物家電や医療機器は売却済みだ。残る水処理事業やエレベーター、原発の廃炉などで成長できるのか。綱川智社長は「核となる事業はないが、確実にやり遂げる」と話している。

     ◇

 〈東芝メモリ〉 東芝の半導体メモリー事業を分社化して4月1日に発足。米原発事業の失敗で生じた巨額損失によって、東芝が債務超過に陥ることになり、これを穴埋めするために売却を迫られた。スマートフォンの記憶媒体などに使われる半導体「NAND(ナンド)型フラッシュメモリー」の世界シェアは2位。

■「東芝メモリ」売却先選びは迷走した

17年1月27日 半導体事業の売却を決定

  2月14日 分社化した新会社の株式の過半を売る方針を表明

  4月1日 分社化した「東芝メモリ」が発足

  5月14日 WDが売却中止を国際仲裁裁判所に申し立て

  6月21日 優先交渉先を「日米韓連合」に決定

  8月10日 WDや台湾の鴻海精密工業とも売却交渉を再開すると発表

    下旬 WDを含む「新日米連合」への売却で大筋合意

    31日 取締役会で決定先送り

  9月13日 再び「日米韓連合」を軸に交渉すると決定

    19日 「新日米連合」の修正案を検討

    20日 「日米韓連合」に売却決定

  10月下旬 臨時株主総会で売却を報告?

18年3月31日 売却益で債務超過解消、株式上場維持?





ノーベル化学賞候補に日本人研究者 米の学術情報会社

米国に本拠を置く学術情報会社「クラリベイト・アナリティクス」は20日、10月に発表されるノーベル賞の新たな有力候補22人を発表した。日本人では化学賞候補に、新型太陽電池として期待される「ペロブスカイト太陽電池」を研究する、宮坂力(つとむ)・桐蔭横浜大学特任教授(64)を選んだ。

 宮坂さんは神奈川県出身。特殊な結晶構造の一種「ペロブスカイト」が太陽電池として使えることを発見し、2009年に報告した。材料を塗るだけでつくれたり、曲げたり半透明にしたりできるのが特徴で、次世代太陽電池の一つとして期待されている。


初期のペロブスカイト太陽電池(手前)と、宮坂力さん=2014年、小堀龍之撮影© 朝日新聞 初期のペロブスカイト太陽電池(手前)と、宮坂力さん=2014年、小堀龍之撮影
 現在は耐久性などに課題があるが、コストが低く、窓や壁に貼るなど、従来のシリコン太陽電池とのすみ分けも目指せる技術だ。宮坂さんは「多くの人のつながりが研究を成功させたと考えています。研究が産業実用化に発展し、社会貢献を果たすのを見届けたい気持ちです」とコメントした。同じペロブスカイトの研究で韓国と英国の研究者も選ばれた。

 クラリベイト社は論文の引用データを分析し、2002年から毎年ノーベル賞の有力候補を発表している。このうち、43人が実際にノーベル賞を受賞。日本人では医学生理学賞を昨年受賞した東京工業大の大隅良典栄誉教授や、物理学賞を14年に受賞した中村修二氏などがいる。

 クラリベイト社は昨年10月、トムソン・ロイターから独立した。(小堀龍之)





安室奈美恵が電撃引退発表の直前にみせた“異変”とは?

 歌手・安室奈美恵(40)の突然の“引退宣言”で芸能界に衝撃が走っている。

 自身の公式サイトで1年後の引退を発表した20日は、安室の40歳の誕生日。今月16日にデビュー25周年を迎えたばかりだった。

「ファンの皆様へ」と題された文章では、「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」との前置きから、「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます」と記した。

 引退コメントの発表を受けて、安室が所属するエイベックス関係者は「寝耳に水だった。公式サイト以外はわからない」と話していることから、引退発表はごく一部の人のみに知らされていたと思われる。

 一方、引退発表の前から安室には“異変”の兆候があったという。芸能評論家の三杉武氏はこう分析する。

「今月16、17日に開かれたデビュー25周年の沖縄凱旋ライブでは、ソロデビュー曲の『太陽のSEASON』、SUPER MONKEY’S時代のデビュー曲『ミスターU.S.A.』は22年ぶりに歌うなど、ふだん歌わない曲を披露したことが印象的でした」

 それだけではない。アーティストとしての意識が高い安室は、個人のSNSのアカウントを持たず、ライブでもMCはほとんどしない。だが、この日は違ったという。

「ライブの最後ですが『ありがとうございました! また遊びに来てね! バイバーイ!』と観客に声をかけたことに驚かされました。また、ライブ後には『台風の中、会場にたくさんのファンの方々が来てくださって無事、デビュー日に沖縄ライブが出来たことを心から感謝しています』というコメントも発表しました。引退表明の文章では『私が長年心に思い』と書いていますので、すでにこの日には決心をしていたのではないでしょうか」(三杉氏)

 1990年代に流行したダンスミュージックの代表的存在で、茶髪に細い眉毛、厚底ブーツの姿をした女性たちは「アムラー」と呼ばれ、社会的現象にもなった。

“平成の歌姫”は引退後、どんな人生を歩むのだろうか。

(公式サイトに公開された引退コメントの全文)

ファンの皆様へ

ファンの皆様、

いつも応援していただきありがとうございます。

先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。

皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に

心から感謝しております。

ありがとうございます。

今日は、私が長年心に思い、

この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。

「わたくし安室奈美恵は、


引退を発表した安室奈美恵さん=1997年撮影 (c)朝日新聞社© dot. 引退を発表した安室奈美恵さん=1997年撮影 (c)朝日新聞社
2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、

この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」

引退までのこの1年

アルバムやコンサート、

最後にできる限りの事を精一杯し、

有意義な1年にしていきたいと思ってます。

(AERAdot.編集部 西岡千史)





療養中の谷垣前幹事長 政界引退の意向
 自転車事故によるケガで療養中の自民党の谷垣禎一前幹事長が、来月の衆議院総選挙に立候補せず、政界を引退する意向を党の幹部に伝えた。

 谷垣氏は去年7月、自転車で走行中に転倒し、その後、都内の病院に入院し、療養を続けている。先月には事故後、初めて同僚議員と面会し、医師から退院の許可が出ていることや、臨時国会での復帰に向けてリハビリに取り組んでいることなどを伝えていた。しかし、自民党幹部によると来月の総選挙までの復帰は難しいと判断し、政界引退を決めたという。




国連総会演説「トランプ節」全開 人権状況で真実突く、「無用論」説得力増す?
【ニューヨーク=黒瀬悦成】トランプ米大統領による初の国連総会での一般討論演説は、他の歴代大統領であればとても考えられなかった「挑発的発言」をちりばめた、「トランプ節」全開の内容となった。

 演説の白眉は、トランプ政権が安全保障上の最大懸案と位置づける北朝鮮問題に関する部分で訪れた。

 トランプ氏は、核・弾道ミサイル開発に固執する金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の行動を「ロケットマン」による「自殺行為の任務」と切り捨てた上、軍事攻撃に踏み切れば「北朝鮮は完全に破壊される」と断言し、総会の議場をどよめかせた。

 先の「北朝鮮は炎と怒りに見舞われる」との発言同様、北朝鮮を無用に挑発しかねないという意味で、今回の発言も決して得策とは言い難い。

 しかし、「挑発こそわが人生」を身上とするトランプ氏が、あえて国連総会という場でこのような言葉を使ったことは、国際社会が好むと好まざるとに関わらず、世界は「トランプ語」によって動いていくのだという現実の受け入れを迫るものでもある。

 ただ、一連の挑発的発言の中から、時に「真実」が垣間見えることもある。

 トランプ氏は「偉大な潜在力がある」とする国連の問題点の一つとして、国連人権理事会の理事国には、過去に国内の人権状況を批判された国々が含まれているとし、国連にとって「大いなる恥だ」と述べた。トランプ氏の指摘は、理事国であるサウジアラビアや中国、キューバなどを指しているとみられる。

 「他国の主権尊重」を繰り返し強調したトランプ氏の演説からは、国連が中心的役割を果してきた「世界の人権状況の改善」などにどう取り組んでいくのかは見えてこない。

 しかし、人権侵害国が人権問題を担当するといったゆがんだ状況や、国連の官僚機構の肥大化や非効率な運営を是正し、迅速な合意形成を行えるようにしない限り、「国連無用論」のような批判が説得力を増していくのも事実だ。

 トランプ氏が国連総会で落とした「爆弾」は想像以上に大きかったといえる。




民進の解散批判に「政権交代狙わないのか」
安倍首相が衆院解散・総選挙に踏み切る意向を固めたことに対し、民進党は「大義がない」と批判を強めている。

首相の解散戦略を否定して野党のペースに持ち込む狙いがあるが、与野党には「政権交代を目指しているのに解散に後ろ向きなのはおかしい」と冷ややかに見る向きもある。

民進党の松野頼久国会対策委員長は19日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、「臨時国会を開いて代表質問、予算委員会、できれば党首討論をやってから解散しないと争点が分からない。大義なき解散だ」と抗議した。

民進党は、安倍首相が8月の改造で発足した内閣を「仕事人内閣」と称しながら、新たな閣僚のほとんどが国会答弁に立っていないことなどを批判し、衆院解散が時期尚早であると世論に訴える戦術をとっている。19日の自民、民進両党の参院国会対策委員長会談で、民進党の那谷屋正義・参院国対委員長は「内閣改造から一回も国会が開かれていない。『何もしないかく』だ」と皮肉った。

首相が解散理由に掲げる北朝鮮への政府対応についても、「選挙で政治空白が生じる」と指摘。山井和則国対委員長代行は19日、記者団に「勝てそうな時にやっておこうという無責任解散だ」と語った。

ただ、民進党のこうした反発の背景には、選挙態勢が整っていないことや、「離党ドミノ」で混乱する党内情勢があるとみられている。党の支持率低迷に苦しんだ蓮舫前代表も、早期解散について態度を鮮明にしなかった経緯があり、自民党からは「どちらが党利党略か」(幹部)と指摘する声が出ている。

民進党の枝野幸男代表代行は自らのツイッターで「選挙がないと議席が増えないから、野党にとって解散は歓迎だ」と書き込んだが、党内ではこうした意見は少数だ。

日本維新の会の松井代表(大阪府知事)は19日、「大義も何も、自分たちの政策に自信を持って選挙を戦うしかない。いまさら言い訳しても仕方ない」と民進党の姿勢を当てこすった。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_6223142.jpg

     3.11東日本大震災   福島第一原発爆発 楢葉町 242
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-21 05:39 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月20 日(水 ):トランプ氏:北朝鮮対応「傍観許さぬ」 初の国連演説

【ニューヨーク高本耕太】トランプ米大統領は19日午前(日本時間同日夜)、国連総会の一般討論で初めて演説した。核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮やイランを世界の「脅威」だと非難し、「歴史の傍観者」になることは許されないと強調。国際社会の一致した対応を強く促した。


国連総会の一般討論で演説するトランプ米大統領=ニューヨークの国連本部で2017年9月19日、AP© 毎日新聞 国連総会の一般討論で演説するトランプ米大統領=ニューヨークの国連本部で2017年…
 トランプ氏は、餓死などを取り上げて「北朝鮮ほど自国民の幸福を軽視した国はない」と指摘した。圧力強化に慎重な中国、ロシアを念頭に、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の支配体制への「武器の供与や経済面での支援は、あってはならないこと」とけん制した。

 また、弾道ミサイルの発射実験を指導している金委員長をやゆするかのように「ロケットマンは自爆行為に走っている」と述べ、「米国と同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を完全に破壊する以外に選択肢はない」と激しい口調で警告した。

 トランプ氏は一方、イラン政府に対しても「民主主義の皮をかぶった、腐敗した独裁体制」と酷評。「暴力と流血、混乱を世界に供給している」と非難した。米国がオバマ前政権時に欧州諸国などと結んだイラン核合意については「米国が結んだ中で最悪で一方的な合意の一つ」と述べ、従来述べてきた合意についての否定的な見方を改めて示した。

 一方、トランプ氏は国連の枠組みを中心にした国際協調のあり方について「各国の主権尊重を前提にした協力関係」が重要との認識を示し、7月のワルシャワでの演説に続いて、米国が「他国に生き方を押しつけることはない」と強調。また、政治姿勢については「米国を第一に考える。各国も自国第一を考えるべきだ」と述べた。トランプ政権が掲げてきた「他国不干渉主義」と「米国第一主義」を改めて強調し、国際社会での指導的地位の追求が矛盾しないことを示す狙いがある。




小池百合子氏ブレーンの小島敏郎氏が都顧問を辞職 都民ファーストの事務総長へ
築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(江東区)への移転問題を中心に小池百合子都知事のブレーンになっていた青山学院大元教授で都顧問の小島敏郎氏が19日、顧問職を辞職した。「一身上の都合」としているが、関係者によると、小池氏が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」のブレーンになるために同会の政務調査会事務総長に就くという。

 小島氏は市場問題プロジェクトチーム(PT)の座長を務め、移転を行わない築地再整備を提唱。その後に小池氏が打ち出した豊洲移転・築地再開発の基本方針策定にも関わったとされている。

 小島氏は7月に築地市場の水産仲卸の有志らの勉強会に出席し、再開発を経て業者が戻る「帰還時期」として5年後の平成34年秋を提示するなど積極発言。都顧問の肩書を持った小島氏が、都とは別に情報発信することに対して、都議会の一部から「混乱をもたらしている」と批判が上がっていた。




豊田真由子議員の「謝罪会見」は問題だらけだ 「謝り方」でバレる!デキない人の6大欠点

「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。

 『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて25万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。

 彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』は、早くも20万部を突破、翔泳社主催の「ビジネス書大賞 2017」の大賞を受賞し、世界6カ国で翻訳も決定するなど、世界中で注目を集めている。

 本連載では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々、および「日常生活にあらわれる一流・二流の差」を、「下から目線」で謙虚に紹介していく。

 本連載の感想や著者への相談、一流・二流の体験談・目撃談はこちら

「二流すぎる絶叫」

 「このハゲェ~~~!! お前は、私の心をたたいている!!」

 秘書に対する暴言を報じた『週刊新潮』の記事と音声によって一躍有名になったのが、豊田真由子衆議院議員だ。

 その豊田議員が9月18日、自身の選挙区である埼玉県新座市で記者会見を開いた。約90分に及んだこの記者会見に問題を感じた方も多いのではないだろうか。

 謝罪会見というものは非常に難しいものだ。世の中には、謝罪した途端化けの皮が剝がれて二流の暗闇に転落する恥ずかしい人がいる。「二流の人の謝罪」は、何かと言い訳がましく、核心の部分はぼやかされ、活動の再開のための「便宜上のパフォーマンス」であることが、バレバレにバレてしまうものなのだ。

 一方、一流の人は、その謝り方も潔い。そして謝った途端、その人格の高さに震撼し、畏敬の念すら持たれるものである。「学歴やIQの高さ」と「肝心なときに立派に謝れるかどうか」は関係ない。その人の人間的本質は、一発謝らせるとすぐにわかるものである。

 それでは、謝った途端、二流がバレる人々の特徴とはいったいどのようなものだろうか。豊田議員の会見をもとに早速紹介していこう。

 「二流の謝罪」の1つ目のポイントは、謝るまでのタイミングを完全に逸していることである。

一流の人ほど「すぐ」「ごまかさずに」謝る

 【1】謝るまでに時間がかかる

 謝罪で誠意を伝えるには、すぐに謝ることが大切だ。たとえば最近の出来事だが、パン屋でパンを購入したとき、店員の屈強なお兄さんが、せっかく手袋をはめていて衛生面への配慮が行き届いているかと思いきや、床にある5円玉を拾った手で私が買ったパンを触るという、けしからん事件が発生した。

 「清潔第一」をモットーにしている私が「ひょっとして、それは汚いのではないですか」と抗議したところ、その店員さんに、むっとされてしまった。

 しかしその数カ月後、ふたたび訪れると、「あの時はすみませんでした」と言われたのだが、せっかくの謝罪も3カ月遅れてされると、こちらはすっかり忘れているだけに、いやな思い出がよみがえるだけで終わるのだ。

 一流の人は、問題が大きくなり、人間関係が破壊される前にしっかりと謝る。これに対し、二流の人は「いつになったら謝るのか」などとさんざん責められたのち、最後忘れた頃の3カ月後に突然謝るのだから、そんなタイミングで誠意が伝わるわけがないのである。

 【2】核心のポイントはそらす

 「二流の謝罪」の特徴は、問題になっている核心に関しては謝罪をしないということである。

 今回の豊田議員の謝罪に関してだが、暴行を働いたかどうかに関しては、「捜査にかかわるから言えない」「顔が腫れ上がるほど殴ったことはない」などと、核心のポイントを徹底してぼやかしていた。

 二流の謝罪者に限って、「部分否定で全体の印象を操作しよう」とするものだが、「顔が腫れるほど殴っていない」というのは、まったくもって、「殴ったかどうか」という核心のポイントへの回答にはなっていない。

 「警察による事実関係の緻密な操作が必要」だから答えられないということだが、殴ったかどうかは別に、警察の捜査がなくても答えられるのではないだろうか。

 「私は非力であり、格闘技スポーツを習っていたわけでもなくケンカしたこともない。大ケガさせたというのは違う」という発言が、「暴力を振るったのか」という問いへの答えをそらしていたことは、明らかではないか。

 加えて、問題の核心に関しては「それは司法の場で争うこと」と回答を避けるのも、典型的な二流の謝罪方法といえるだろう。

 さらに大きな問題。二流の謝罪者は、謝罪をしているように見えても、心から反省をしているわけではない。表面的には謝っているように見えるものの、どさくさにまぎれて、自分は悪くないとばかりに、自己アピールばかりが激しいものである。

 そんな自己アピールが炸裂したのが、豊田議員の謝罪会見だった。

謝罪の場で「頑張っている私」をアピール

 【3】どさくさに紛れて自己アピール

 「『お前ほど頑張ってきた人はいないのに、5年間の頑張りが、あの10日間の本来の姿ではないあなたの振る舞いで誤解されているのが悔しい』といって涙する支援者もいた」

 「『報道で言われていることは裏付けない』というのは、私が言っているわけではなく、多くの支援者の方が言ってくれている」という“支持者の声”。

 しかし豊田議員の口以外からはこのような説が聞こえないとしたら、「それは『エア支持者』では?」との疑惑を免れないのではないか。

 なお、よく見ると「頑張っていることのたとえ」で使われてきた内容がしょぼいのも、いささか気になる。

 お祭りや式典に1日20回参加したこともあるようだが、「本来のコアな仕事ではない」ことに忙殺されている姿からは、議員活動時間の優先順位をつけられていないことも、バレてしまっている。

 「永田町の格差社会の底辺で、厚労省プロジェクトアクションだったらいけたことを一般の社会に当てはめたのがだめだった」「あれほど少ない人数で、あれほど多くのことをしようとした自分が……」などと、謝っているように見えて、その実、「頑張っている私」の激しすぎる自己アピールに転落しているのも、「二流の謝罪」の大いなる特徴といえるだろう。

 【4】「本来の自分ではない」と「一時性」を強調

 二流の謝罪の4つ目の特徴は、「これが本来の姿ではない」「一時の外れ値」であることをアピールするものである。

 「睡眠時間が2時間の激務で、10日間の間でトラブルが多くて苦情やおしかりが多く、自分がゼロから作ってきたものが壊されてきたショックでパニック状態になりました」

 「自分であんな言葉を日常使うことはなくて、あの異常なテンションで異常な言葉での叱責というのは初めてだった」と、その「一時性」をアピールする、二流の謝罪者たち。

 豊田氏によるとある支持者が話したという、「5年間一生懸命頑張ったが、あの10日間で台なしになってしまった」ことをことさら強調していたのも、「本来の自分ではない」アピールの典型例であろう。

 また、「体調が悪くて薬をたくさん飲んでいたし、パニックで正常ではなかった。医師の方も冷静に分析していて、次からは余裕をもって薬をきちんと飲んで治療を続けて、としかられました」などと、信頼性不明の医者コメントを持ち出すのも、よくある二流の謝罪方法である。

 しかし、世の中の犯罪の多くは「一時の気の迷い」で行われるものである。「通常の自分ではない一時の過ち」という言い訳が、免罪符を与えることは決してないのだ。

 二流の謝罪者とは、反省を演じているように見えて、結局は自己弁護にあふれているものである。

 豊田議員は記者会見では、「いいひと路線」で謝罪会見を開こうと努力していたのであろう。ところが、最後の記者からの質問に対して「一部を切り取って報道した!」などと怒気ばむシーンも見られた。

二流の人ほど「自己弁護」「かわいそうアピール」に走る

 【5】「実は理由があったのだ」と自己弁護 

 用意していた謝罪プレゼンは涙の迫真の演技だが、質疑応答になると「怒りの本音」が噴出することも、二流の謝罪者の特徴である。

 元秘書が、「いろんな失敗を、わざとではありません、と話すので、それに対し、わざとでなければ許されるのか、その例示としてあなたの娘が巻き込まれて謝られたら許されるのか、という主旨で話したのだと、元秘書は理解している。お嬢さんを脅迫しているわけではない」と強調していたが、このシーンではかなり語気を荒らげており、最後の最後に「元秘書が悪いんだ」という本音が出た感じをぬぐえない終わり方であった。

 【6】「かわいそうだけど、再チャレンジする自分」をアピール

 二流に転落した謝罪の最後の特徴が、なんといっても「可哀そうな自分アピール」である。

 「体重が減ってしまって」「生きていても仕方ないと思って」「脅迫状も受けているし、怖い思いをしている」などなど、かわいそうな自分を大アピールする人々。

 「私はもともと自分に自信がなく、自己肯定感が低く、なんでもすごく頑張らないと自分はここにいてはいけない、自分をエリートだとも立派だとも思ったことはなく、まだまだまだまだと思って生きて仕事してきた」という発言からも、「自己肯定感が低く頑張っている私」を強調する狙いが透けて見える。

 揚げ句の果てに、辞任を尋ねられても「辞めるほうが楽だよ、でも恥をかいて表に出るのも私の役割」などと、これまた「けなげに頑張る自分」のアピールに変えるのだから、私もあんぐり開いた口が、まったくふさがらない。

 さらには追撃砲で、「一度失敗を犯したら、再チャレンジできない人生はおかしい」などと、これまた「世の中の失敗者に希望を与える存在」であるかのようなアピールをするところが、すごすぎるではないか。

 「過去は変えられないけど、未来は変えられる。失敗や過ちをして今後失敗した人がもう一度頑張れるように、私も頑張る」という壮大なご決意に、大いなる違和感を覚えた人は少なくないだろう。

 「それはそれでいいのだが、辞任してから再出発するのが筋ではないですか」と。

 ここまで、豊田氏の謝罪会見について批判的に分析をしてきた。しかし、この会見がすべてダメかといえばそうではない。実は豊田氏の謝罪会見には、一部評価できる姿勢ないしパフォーマンスが見られた。

 やたらと質問を打ち切ろうとする司会者に対して何度も「まだまだ受けます」という姿勢を見せたのは、最初から仕組まれた段取りではなかろうかという疑念を感じながらも、一定の立派な印象を与えた。

「不屈の意思の表れ」とみることも可能

 また、これほどの失態をさらしつつも、選挙で負けるのがわかっているのに出馬するあたり、「今回負けて恥をかいて禊(みそぎ)を済ませ、将来の選挙に備える」という力強い不屈の意思の表れとも感じられる。

 また、このような失態をさらした人は、その名誉を挽回するために意外と努力する可能性もある。

 それにしても、「二流の謝罪」であったと断罪してきた私だが、「お前も豊田氏も同じ『炎上仲間』じゃん」というこの一点における共感で、私は豊田議員を熱烈に支持することをここに宣言する。

 私に支持されても何の票にもつながらないので、有難迷惑な支持である気がするが、「これほどの恥をかいた人が、選挙で勝つ見込みも限りなく薄く見えるが、どのような社会貢献をして挽回するのか」を「下から目線」で、高みの見物をさせていただく次第である。





北朝鮮が日本の方向にばかりミサイルを撃つ理由=中国
北朝鮮が15日朝に発射した中距離弾道ミサイルは北海道上空を通過し、襟裳岬から東に約2200キロの沖合に着水した。北朝鮮は8月29日にもミサイルを発射しており、その時も北海道上空を通過している。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、北朝鮮のミサイル問題について考察する記事を掲載したうえで、「なぜ北朝鮮は日本の方向にばかりミサイルを撃つのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、北朝鮮が15日に発射したミサイルが北海道上空を通過したことを伝えつつ、「最近、北朝鮮は日本の方向に向けて立て続けにミサイルを発射している」とし、それは北朝鮮にとって日本は「敵対国」であるからだと主張した。

 また、仮に弾道ミサイルが何らかのトラブルで北海道に落ちることがあっても、人口密度が低い北海道であれば死傷者の数が少なくなる可能性が高く、それは外部からの圧力軽減につながると推測。こうしたことを見越したうえで、北朝鮮は北海道上空を通過するようミサイルを発射しているのではないかと論じた。

 さらに記事は、日本と米国は同盟国であり、北朝鮮は日本に向けてミサイルを撃つことで「米国に容易に手出しをさせないようけん制し、自国の安全を確保しようとしている」と考察したうえで、北朝鮮の核問題に対して、関係国は冷静さと理性を持って対処することが必要であると指摘。ミサイルが日本上空を通過したとはいえ、日本が過度な反応を示せば問題がエスカレートし、悪循環に陥る可能性があるとして、日本に対して冷静な対応を取るよう呼びかけた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)




「9条に自衛隊」、自民選挙公約に明記へ 首相の改憲案
 10月22日投開票の公算が大きくなった衆院選をめぐり、自民党は安倍晋三首相(総裁)が打ち出した憲法9条に自衛隊を明記する改正案を選挙公約に盛り込む方針を固めた。党内には首相案への反発も残ったままだが、党憲法改正推進本部が近く公約の素案作成作業に入る。

 安倍首相は5月、9条1項、2項を残しつつ、自衛隊の存在を新たに書き加える改正を提案。臨時国会で党の改憲原案として各党に示すため、党推進本部が9条を含む4項目を議論していた。推進本部の保岡興治本部長は19日、高村正彦副総裁と会談。推進本部が主導して、改憲についての公約素案をつくる方針を確認した。

 推進本部幹部は「首相の9条改正案は現実的だ、と党内はみんな理解している。公約に入れ、国民に示さなければならない」と明言。20日に開かれる推進本部執行役員会で議論を始める見通しを示した。官邸幹部も「自衛隊明記の改憲は公約に入れる。党で作業してもらう」と語った。

 自民党は2012年に、2項でうたう交戦権の否認や戦力の不保持を削除する内容の改憲草案をまとめている。今月の推進本部であった9条改正の議論では、草案にこだわる石破茂・元防衛相らから首相提案を優先することへの異論が出ていた。石破氏は19日のテレビ番組でも「(衆院選の)公示までに『自民党の案だ』と党議決定できるか、時間的に難しい」と述べ、首相提案通りに公約化することに難色を示した。

 自民党は14年の衆院選公約の憲法改正の部分では「憲法改正原案を国会に提出し、国民投票を実施、憲法改正を目指す」としているが、具体的な改正条文には触れていない。





トランプ氏の国連演説に横田早紀江さん「本当に驚いた」 拉致被害者帰国に期待
 国連の演説で、横田めぐみさん(52)=拉致当時(13)=を念頭に「(北朝鮮は)13歳の日本人の少女を拉致した」などと厳しく批判したトランプ米大統領。異例の言及に、拉致被害者の家族らからは「大きな意味がある発信。被害者帰国という結果につながることを期待する」と発言を歓迎する声があがった。

 「本当に驚いた」。めぐみさんの母、早紀江さん(81)はこう前置きした上で、「国際社会で大きな危機のうねりが起きる中、トランプ大統領が拉致問題にも思いを寄せ、発言してくださったことは大きな意味がある」と力を込めた。

 「ブッシュ大統領を含め、米国の指導者にも長く問題を訴えてきた」と早紀江さん。「北朝鮮には人権の側面からも解決すべきことがたくさんある。壊滅的な暴走が起こる前に、トランプ氏の発言が前向きな結果になることを祈っている」と話した。

 11〜15日に超党派拉致議連などとともに訪米しためぐみさんの弟、拓也さん(49)は「安倍(晋三)首相の力添えや、日米同盟の力が発揮されたと思う。訪米に手応えを感じていたが、ひとつの形になったのでは」と話した。

 訪米団は米政府関係者や上下両院議員、国連各国代表部などを訪問。精力的に拉致問題の深刻さを訴えた。訪米団に同行した救う会副会長で福井県立大の島田洋一教授は、面会した米国家安全保障会議のポッティンジャー・アジア上級部長が会談で「拉致問題の重要性を間違いなくトランプ大統領に伝える」と言及したと説明。さらに、ポッティンジャー氏が自らが米海兵隊員だった経験をあげ「海兵隊は1人の仲間も残さない。拉致被害者も1人も残さない」などと語っていたことを明かした。




東芝半導体、日米韓連合に売却決定 2.4兆円の見通し
東芝は20日午前、取締役会を開き、半導体子会社「東芝メモリ」の売却先を米投資ファンドのベインキャピタルが率いる「日米韓連合」に正式に決めた。売却額は設備投資負担分も含めて2・4兆円の見通し。来年3月末までに売却益を得て債務超過を解消し、株式上場を維持したい考えだ。

 「日米韓連合」はほかに、大口顧客の米アップルや、韓国の半導体大手SKハイニックスなどが加わる。光学機器メーカーのHOYAなど日本企業も出資を検討。東芝も出資し、雇用の維持などで影響力を残す考えだ。議決権は日本勢が過半を握る方向。政府系ファンドの産業革新機構と日本政策投資銀行は当初は加わらないが、後に出資して経営に関与する方針だ。

 ただ、四日市工場(三重県四日市市)で半導体メモリーを共同生産する米ウエスタンデジタル(WD)は、第三者への売却を「協業契約違反」だとし、国際仲裁裁判所に差し止めを申し立てている。この結果によっては、買収は白紙になりかねない。革新機構と政投銀は、この係争が解決するまで出資を見合わせる。

 東芝は1月、米国の原発事業で生じた巨額損失の穴埋めのため、利益の大半を稼ぐ半導体メモリー事業の売却方針を決定。6月に「日米韓連合」をいったん優先交渉先に選んだが、革新機構などがWDとの係争の行方に懸念を深め、交渉が暗礁に乗り上げていた。その後はWDが加わる「新日米連合」と売却に向けて集中的に交渉したが、将来の経営に強く関与したいWDとの対立が表面化した。


東芝本社ビル=東京都港区© 朝日新聞 東芝本社ビル=東京都港区
 このため今月13日、再び「日米韓連合」を最有力候補として交渉する方針を決定。革新機構が19日になってWDを外した「新日米連合」の修正案を示したが、将来のWDによる東芝メモリへの関与を巡り不信感がぬぐえなかったもようだ。

 売却先は決まったが、WDは今後も売却に強く反対し、係争は続く見通し。同業の韓国SKへの売却で、各国の独占禁止法の審査が長期化する可能性もある。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_601161.jpg

    3.11東日本大震災 福島第一原発爆発 楢葉町 241
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-20 06:13 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9 月19 日(火 ):安倍首相:「北朝鮮からの脅威に連帯を」NY紙が寄稿掲載

【ニューヨーク國枝すみれ】米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は17日、「北朝鮮からの脅威に連帯を」と訴える安倍晋三首相の寄稿を掲載した。

 安倍首相は、北朝鮮はこれまでの交渉で、支援や制裁解除などの対価を得ると「約束をほごにしてきた」と歴史を説明。仮にいま北朝鮮と対話をしても「無駄骨に終わるに違いない」ばかりか、北朝鮮が「ミサイル発射や核実験をしたから、諸外国は対話を求めてきた」と受け取りかねないと警告し、国際社会が連帯して北朝鮮への圧力を最大限に強めるべき時だと主張した。

 安倍首相は20日、国連総会で演説し、北朝鮮に対する圧力強化を国際社会に向けて訴える予定だ。






民進・前原代表「憲法改正、マニフェストに盛り込む」
■前原誠司・民進党代表(発言録)
 私は「安倍政権のもとで憲法改正の議論はしない」というスタンスには立たない。しっかりと憲法改正の議論をしていきたいと思っている。我が党が考える憲法改正の大事な条項、あるいは必要な中身について、早急に党内議論を進め、そして(衆院選の)マニフェストの中にも、そういった考え方を盛り込ませていきたいと考えている。

 党の憲法調査会は代表直属のものにしようと考えている。武正公一衆院議員に会長をお任せしようということで、ご本人にも了解を得ている。(東京都内で記者団に)





豊田真由子衆院議員「恥をさらして生きていく」 議員活動継続を表明

元秘書への暴行・暴言問題で自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)は18日、地元の埼玉県新座市で記者会見し、「許していただけるなら地域、国、世界のために働く仕事を引き続きやりたい」と述べ、議員辞職せず政治活動を続ける意向を表明した。「恥をさらして生きていくことが、償いにも責任を取ることにもつながる」とも語った。

 安倍晋三首相は衆院を解散する意向だが、豊田氏は自身の次期衆院選出馬については「議員活動を続けるには衆院選に出る方向になるが、私一人が『出ます』ということではない」と述べ、意欲をにじませた。

 会見に先立ち、豊田氏は同市内で支援者を集め、一連の騒動について経緯を説明、謝罪した。支援者からは厳しい意見が相次いだ。豊田氏が暴言・暴行報道以来、騒動に関する記者会見を開いたのは初めて。




会場外、有権者「ちがうだろ!」 豊田氏、続投に意欲
元秘書への暴言・暴行疑惑で自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が18日、約3カ月ぶりに地元支持者らとの会合に姿を見せ、「議員を続けたい」と続投へ意欲を示した。支持者からは「応援する気持ちは変わらない」との声が上がったが、一方で、会場の外には辞職を求める人らも駆けつけ、騒然とした雰囲気になった。

 後援会幹部によると、会合は今月に入り、豊田氏自らが後援会幹部に電話し、「10人でも20人でも連れてきて」と依頼したという。

 会合に出た男性(62)は、豊田氏について「3分の1ぐらいの時間は頭を下げていた。本当に反省していた。優しい言葉に涙をこらえきれない場面もあった。全員が理解者。応援する気持ちは変わらない」と話した。次期衆院選に出るかどうか、出席者側から言及があり、豊田氏は「私はここで育ててもらった。ここで一生懸命に頑張ります」と答えたという。


地元後援会の会合に向かう豊田真由子衆院議員=18日午後5時3分、埼玉県新座市、小玉重隆撮影© 朝日新聞 地元後援会の会合に向かう豊田真由子衆院議員=18日午後5時3分、埼玉県新座市、小…
 その後、豊田氏は記者会見し、暴行疑惑については「報道されていることはちょっと違うという思いはある」「やっていないことはやっていない」などと語ったほか、暴言も「あんな言葉で叱責(しっせき)したのは初めて」などと話した。

 一方、会合場所の外には「辞めないのお?」「ちがうだろ~!!」と書かれた紙を掲げた有権者らも駆けつけた。

 元秘書の男性は、朝日新聞の取材に「事実を正直にすべて認めて謝罪するなら評価できるが、私をおとしめる姿勢で反省しているように思えない」と話した。(斯波祥、松浦新、加藤真太郎)





a0044103_455792.jpg

米軍機6機、朝鮮半島上空を飛行 韓国軍と合同演習
【AFP=時事】米軍のステルス戦闘機4機と爆撃機2機が18日、朝鮮半島上空を飛行した。韓国国防省が同日発表した。

 韓国軍との合同訓練で米軍が展開したのは、最新鋭のF35Bステルス戦闘機4機とB1B戦略爆撃機2機。韓国側はF15K戦闘機4機が参加した。


米韓合同演習中、韓国・ソウルの東方に位置する江原道の演習場で爆弾を投下する米軍のF35Bステルス戦闘機(2017年9月18日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News© AFPBB News 提供 米韓合同演習中、韓国・ソウルの東方に位置する江原道の演習場で爆弾を投下する…
 前回に米軍機が朝鮮半島上空を飛行したのは8月31日。今月3日に北朝鮮が実施した6回目にして過去最大規模の核実験、および15日に日本上空を通過した中距離弾道ミサイルの発射実験後、緊張が高まる周辺地域を米軍機が飛行したのは初めて。韓国国防省は「通常の」演習だとし、「北朝鮮の核とミサイルの脅威に対する米韓同盟の抑止力を示し」たと述べた。

【翻訳編集】AFPBB News







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_80969.jpg

     3.11東日本大震災   津波 483
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-19 04:56 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月18 日(月 ):森友・加計問題「論戦しないのか」 有権者から厳しい声

安倍晋三首相が年内の衆院解散を検討していることが報じられたことについて、有権者からは厳しい声もあがる。

 安倍政権の支持率は、学校法人森友学園への国有地売却や加計学園の獣医学部新設を巡る問題などで低下した。28日召集の臨時国会ではこれらの問題が議論される見通しだが、冒頭解散となれば政権の説明の場は遠のく。NPO法人「情報公開クリアリングハウス」の三木由希子理事長は「問題の核心に関する文書もなく、定型文のように『一点の曇りもない』と繰り返す姿勢が政権の支持率の下落につながった。国会論戦になればイメージを悪くするだけで、やりたくないというのが政権の本心だろう」とみる。

 「説明が尽くされていない点を国会で明らかにした上で、有権者に選択を求めるのがあるべき姿。国会論戦のないまま解散するとすれば、説明責任を尽くさない政権の体質が端的に表れた判断だ」

 北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射も相次いでいる。今年3月、領海へのミサイル落下を想定して政府と住民避難訓練を行った秋田県男鹿市で地区の自主防災会長を務める高野進さん(77)は「ミサイル発射がやまない危機的な状況下での解散はもっての外。民進党がゴタゴタするのに乗じて党利党略のみを考えた行動だ」と怒りを隠さない。「ここは体の不自由なお年寄りも多く、みんな不安を感じている。解散よりも危機対応を進めてほしい」と話した。





【衆院解散】与野党動き出す 首相、北問題長期化を懸念 自公「このタイミングしかない」 民進は「民共共闘」結論迫られる
安倍晋三首相が28日召集の臨時国会の早い段階で衆院解散の方針を固めたことを受け、与野党は17日、一気に臨戦態勢に突入した。内閣支持率が回復傾向にある中、自民党は「首相の決断に従う」と理解を示し、野党は北朝鮮情勢を念頭に「政治空白をつくるべきではない」と批判を強める。ただ、民進党は共産党との共闘路線の可否が焦点となり、対応を誤れば党崩壊の危機が迫る。(小川真由美、水内茂幸)

 首相は17日夜、自民党の塩谷立選対委員長を私邸に呼び、衆院解散など今後の日程について、18〜22日の訪米予定を踏まえ「帰国してから決める」と述べた。

 解散をする理由に、核実験や弾道ミサイル発射を強行する北朝鮮の問題を挙げ、「今より緊迫化して解散しにくい状況になるかもしれない」と語った。小池百合子東京都知事に近い勢力による国政新党の準備が整っていないことも理由の一つに挙げた。

 自公両党は18日に幹事長会談を開催する。公明党の支持母体の創価学会は17日、方面長会議を開き、臨時国会冒頭にも解散があることを念頭に準備を進めることを確認した。

 首相に近い自民党の萩生田光一幹事長代行は17日、都内で記者団に、衆院解散に関し「首相が決断すれば従いたい」と述べた。その上で「北朝鮮の脅威とどう向き合うかも含め、国民に説明する必要がある。大義なき、党利党略であってはならない」と指摘した。

 内閣支持率が回復傾向である上、民進党は離党者続出で混乱していることもあり、自民党からは「このタイミングしかない」「勝てるときにやるものだ」と評価の声が相次いだ。

 公明党には年内の衆院選に慎重な意見も出ていたが、ベテラン議員の一人は「与党が3分の2以上の勢力を失うかもしれないが、このまま解散せずにいたら安倍首相では戦えないという声が強くなりかねない」として、首相の衆院解散の決断に理解を示した。



 「受けて立ち、国民の意思はどこにあるかを見せつけなくてはいけない」

 民進党の前原誠司代表は17日、党本部で記者団に、安倍晋三首相が衆院解散の方針を決断したことについてこう述べた。同時に「北朝鮮が核実験や弾道ミサイルを撃つ中、本気で政治空白をつくるつもりか。学校法人『森友学園』や『加計学園』の問題の追及から逃れるための『自己保身解散』だ」と述べ、首相を批判した。

 民進、自由、社民の3党は、臨時国会で統一会派を結成するために予定した17日の党首会談を中止した。代わって、前原氏は民進党本部に行き、大島敦幹事長らと協議を行った。

 大島氏は記者団に、協議の内容について「年内の衆院解散があるという報道を踏まえて、まずは現状をしっかり認識することがメインだった」と強調した。

 同日夜には、都内で前原氏と枝野幸男代表代行らが会談し、政権公約(マニフェスト)を早急に作ることを決めた。枝野氏は共産党との共闘路線の維持を求めるだけに、今後の党の方針も話し合ったとみられる。

 前原氏は、かつて共産党を「シロアリのようなもの」と批判し、党代表選では民共共闘を「是非も含め見直す」と明言していた。ところが、「地域の事情を踏まえる」と共闘に含みを持たせる発言をするようになり、代表選後に共闘を批判する衆院議員3人が離党届を提出した。

 前原氏は17日も、民共共闘について「理念や政策の一致し、共有できるところならどことでも協力していく」と述べるにとどめた。

 共闘を維持すればさらなる離党者が出かねない。逆に、共闘をやめれば非自民票が分散する厳しい戦いを強いられることになる。前原氏の真価がまもなく問われる。




衆院選、10月22日が有力 臨時国会冒頭解散が軸
安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭で衆院の解散・総選挙に踏み切る公算が大きくなった。10月22日の投開票が有力だ。年内の解散方針で政権幹部は一致しているが、臨時国会で森友・加計学園問題をめぐる野党からの追及を受ける前に解散したほうが得策との判断に傾いた。野党は「疑惑隠し」「大義なき解散」と反発している。

 安倍首相は17日夜、自民党の塩谷立・選挙対策委員長を都内の私邸に呼んだ。首相は「北朝鮮情勢への対応が長期戦になると、(解散時期の)判断が難しくなる」と述べ、早期解散に踏み切る理由に言及。冒頭解散が有力な選択肢であるとの認識も示した。小池百合子・東京都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」と連動した国政政党の準備状況についても分析したという。

 首相は国連総会出席のため18~22日に訪米する予定で、帰国後に最終判断する意向も示した。想定される総選挙の日程は、10月10日公示、22日投開票。ずれ込む場合でも17日公示、29日投開票となりそうだ。

 首相が冒頭解散に傾いたのは、臨時国会で代表質問や予算委員会を通じて森友・加計学園問題などで追及を受ければ、回復に転じた支持率への打撃が予想されるとの判断に加え、民進党の離党騒動が収まっていないことも大きい。閣僚の一人は「とにかく早くやるべきだ」と話す。選挙戦ではアベノミクスの継続のほか、教育や社会保障制度を抜本的に見直す「人づくり革命」を打ち出す見通しだ。

 野党は解散に向けた動きにさっそく反発。選挙戦では、解散のあり方も争点の一つにする考えだ。

 民進党の前原誠司代表は17日、党本部で記者団に「国会で追及されることから逃げるために北朝鮮の状況なども全く度外視。自己保身解散だ」と批判。共産党の小池晃書記局長は同日、朝日新聞の取材に「疑惑隠しだ。これほどまでに大義のない解散はかつてなかった」と語った。

 冒頭解散の公算が大きくなったことで、与野党は選挙準備を加速。この日予定していた民進、自由、社民の野党3党首会談は、解散に備えた選挙態勢づくりを優先するとして見送られた。





高齢者に迫る「大負担増時代」 じわり拡大、全体見えず
65歳以上の高齢者人口が推計で3500万人を超えた。医療や介護といった社会保障制度は見直しを迫られ、支払い能力に応じて高齢者にも負担を求める流れが続く。さまざまな負担が積み重なる「大負担増時代」を迎え、高齢者の家計はどんな影響を受けるのか。丁寧な検証が欠かせない。(編集委員・清川卓史)

 高齢者の負担増は、医療や介護で今年度から来年度にかけて段階的に進んでいく。今回の制度見直しがほぼ実施される来年8月時点の負担は、今年3月時点と比べてどうなるのか。

 東京都内で一人暮らし、年金収入が年211万円ある78歳の男性。こんなモデルを想定してみる。

 持病があって通院を繰り返し、さらに急病で入院。医療費が月60万円かかったとする。自己負担割合は1割だが、「高額療養費」の制度で負担する月額の上限は決まっている。この男性の所得と年齢では、今年8月に4万4400円から5万7600円に上がった。

 75歳以上が対象の後期高齢者医療制度の保険料も中程度の所得層で段階的に上がっている。この男性の所得なら月2千円以上の値上げに。医療費と合わせ、負担月額は計1万5千円以上増える計算だ。

 医療だけでなく、介護の負担も増す。

 次に、年金収入が年290万円で82歳の夫と年80万円で80歳の妻の夫婦世帯のモデルを想定する。

 夫は訪問介護や通所介護などのサービスを月25万円分利用。自己負担割合は2割だが、「高額介護サービス費」で月額に上限がある。この上限も今年8月に見直され、この夫の所得なら3万7200円から4万4400円に上昇した。

 妻はこの月、体調を崩して複数の病院に通い、20万円の医療費がかかった。自己負担の月額上限は1万2千円から段階的に1万8千円になる。夫婦では、合計約1万3千円の負担増だ。

 これらは社会保険労務士の井戸美枝さんの協力を得て試算した結果だ。いずれのモデルも中程度以上の所得層。医療や介護の負担が長期間にわたり重くなった場合、さらに軽減する仕組みもある。それでも月1万円余りの負担増は軽視できない。

 ログイン前の続き井戸さんは「制度の見直しがトータルで家計に与える影響は、専門家でもとらえにくい。特に年金から天引きされる社会保険料は上がり続け、手取りの生活費が減る。将来の負担増が見えず、不安が広がってしまう」と指摘する。

 負担感は社会保障以外にも広がる。消費税率は引き上げの途上だ。水道料金は上昇が続き、人口減などの影響で今後30年間で約6割の値上げが必要という日本政策投資銀行の試算もある。一方、年金は長期的に目減りしていく。

 負担増がじわりと広がり、高齢者の家計に低温やけどのような深刻な打撃を与える恐れがある。

■負担増、中間層にも

 負担増が押し寄せるのは、医療費や介護費が膨張し、今の税収や保険料で財源を賄いきれなくなっていることが背景にある。

 1人あたりの医療や介護の費用が多くなる75歳以上は急増。2025年には「団塊の世代」がすべて含まれ、全人口の18%を占めることに。社会保障の給付費は25年度で150兆円に迫る見込みで、12年度と比べて介護は2・3倍、医療は1・5倍に増える。

 保険料や税金を多く負担する現役世代は減っていく。だから、負担能力がある高齢者に応分の負担を求めることは避けられない。

 ただ、高齢者の負担増は「一定の所得がある」とみなされた中間層にも広がっている。介護サービスの自己負担割合は、15年8月から単身で年金のみの収入が年280万円以上あれば1割から2割に。年344万円以上なら来年8月から3割負担になる。

 介護保険の電話相談などを受けている市民福祉情報オフィス・ハスカップの小竹雅子さんは「2割負担を導入したとき、『毎月の負担に上限額があるから影響は抑えられる』と国は説明した。だが、今年8月からその上限額自体が引き上げられた。時間差攻撃のようなものだ」と懸念する。

 今後も75歳以上の患者の窓口負担など、さらなる負担増が検討されている。

 東海地方の50代の女性は、要介護5の認知症の母親の介護のため仕事に就いていなかった。母親の医療や介護の保険料は払っていたが、自らの国民健康保険料は滞納。子宮肉腫の受診が遅れ、亡くなった。

 約1800の病院や診療所などでつくる全日本民主医療機関連合会がまとめた16年の「経済的事由による手遅れ死亡事例調査」に記された事例の一つだ。

 介護保険料滞納のペナルティーとして自己負担割合が1割から3割になった人は15年度で1万人を超す。社会保障の安全網からこぼれ落ちる事例は今後、中間層にも広がりかねない。

 政府は13年、年齢を問わない「能力に応じた負担」の理念を明確に打ち出した。この理念に基づく制度見直しの影響が顕在化し始めた今こそ、その痛みの検証も真剣に考えるときだ。

 今年5月には国会で、介護の2割負担の影響分析を求める付帯決議がなされた。介護にとどめず、制度の枠を超えた多面的な分析が必要だ。「一定の所得」による線引きも含め、負担増の影響を専門に検証する常設組織を設けてもよい。

 その上で、まず障害福祉や保育も含めた社会保障の自己負担総額に上限を設ける「総合合算制度」を導入してはどうか。消費増税に伴い検討され、立ち消えになったが、制度ごとに縦割りの負担増を抑制できる仕組みの一つになる。

 それでも苦境に追い込まれる人は出てくる。「最後の安全網」である生活保護は、より柔軟に利用しやすくしなければならない。

 多重負担が避けられない時代だからこそ、こうした取り組みが不可欠だ。それを抜きには、老後破綻(はたん)への不安は抑えられない。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_7582139.jpg

    3.11東日本大震災     津波 480
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-18 05:53 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9 月17 日(日 ):首相、年内解散を検討 与党幹部に伝える 最短で今月末

安倍晋三首相は年内に衆院を解散する検討に入ったと与党幹部に伝えた。28日召集の臨時国会冒頭で踏み切ることも視野に、北朝鮮情勢などを見極めて最終決断する。報道各社の世論調査で内閣支持率が回復基調にある中、民進党は離党騒動で混乱しており、局面打開の好機と判断。衆参各院で3分の2を持つ現在の改憲勢力で憲法改正の発議をめざす戦略から方針転換する。

衆院解散、年内がチャンス? 自民議員「ここしかない」
安倍政権、拒み続けて3カ月 臨時国会ようやく召集へ
国会って何? 通常・臨時・特別…それぞれ役割があるんです

 複数の政権幹部が明らかにした。選挙戦ではアベノミクスの成果と継続を訴える見通しだが、国民に信を問う大義は幹部間でも共有されていない。野党の召集要求にようやく応じた臨時国会冒頭での解散は、森友学園・加計学園問題を隠すものだとして野党からの反発は必至。北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射が続く中、政治空白をつくることへの懸念もあり、首相は時期を慎重に見極める考えだ。

 解散時期は複数検討しており、最も早い場合は臨時国会召集日の28日。この場合は、10月10日公示~22日投開票、または17日公示~29日投開票の日程を想定している。22日投開票予定の青森4区、新潟5区、愛媛3区の衆院トリプル補選は10日の告示後でも解散した時点で中止になる。

 ログイン前の続き一方、衆院補選実施後、11月4~6日で調整しているトランプ米大統領の来日や9日予定の園遊会を終えたうえで解散する日程も検討。いずれの場合でも、衆院選は定数が現行より計10減って、19都道府県97の小選挙区を見直す新しい区割りで行われる。

 首相は当初、自民党、公明党、日本維新の会など現有の「改憲勢力」での改憲発議をめざしていた。解散時期は来年12月の任期満了近くにする段取りを描き、今年5月には9条に自衛隊を明記する提案を行い、議論を促した。ところが、「共謀罪」法の採決強行や森友学園、加計学園問題で支持率が下落。7月の東京都議選で自民が惨敗した。求心力が低下する中、首相の9条改正案には党内から異論が噴出。公明からも早期の発議に否定的な意見が出て、改憲に向けた動きは、行き詰まりつつある。

 一方で、民進は離党騒ぎで混乱が続き低迷。小池百合子・東京都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」と連動した国政政党の行方も不透明だ。8月の内閣改造後は支持率が回復に転じたことから、首相は衆院選で少なくとも与党で過半数を維持できる環境が整いつつあると判断。新しい勢力で改憲をめざす方針に転換した。来年9月に任期満了を迎える自民党総裁選の3選をめざすための戦略は練り直す。





台風18号、17日朝に九州上陸へ=西日本横断、北上予想-大雨暴風高波に厳重警戒
大型で強い台風18号は16日夜、九州の南西の海上を東北東へ進んだ。17日朝に強い勢力で九州に上陸し、西日本を横断した後、18日は北陸から東北、北海道の日本海沿岸か沖合を速度を上げて進む見込み。九州南部から本州の南海上に延びる前線も北上して活発化するため、気象庁は広い範囲で大雨や暴風、高波に厳重に警戒するよう呼び掛けた。  瀬戸内海沿岸を中心に高潮にも警戒が必要。気象庁の松本積主任予報官は「重大な災害が発生する恐れがあり、早めの安全確保をお願いしたい」と話している。  JR九州は鹿児島線や日豊線などで運転の見合わせや本数削減を行った。17日は在来線全線と九州新幹線の熊本-鹿児島中央駅間で、始発から運転を見合わせる。全日空と日本航空によると、16日は九州を発着する計20便が欠航。17日は関西や四国発着便を含め、計252便の欠航が決まった。  18号は16日午後11時、鹿児島県・屋久島の西南西約250キロの海上を時速15キロで東北東へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。北東側200キロ以内と南西側130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北東側560キロ以内と南西側440キロ以内が15メートル以上の強風域。  18日午前0時までの24時間雨量は多い所で、四国と近畿400ミリ、九州北部350ミリ、九州南部と東海300ミリ、中国と関東甲信200ミリ、北陸150ミリ、奄美と東北100ミリ。その後、19日午前0時までの24時間雨量は多い所で、中国と東北、北海道100~200ミリ、東海と北陸100~150ミリ、近畿と関東甲信50~100ミリと予想される。  17日にかけての最大瞬間風速は奄美と九州南部50メートル、九州北部と四国、中国、近畿45メートル、北陸35メートル、東海と関東甲信、東北30メートル。波の高さは奄美と九州南部・北部9メートル、四国と近畿8メートル、東海7メートル、中国と北陸6メートル、関東甲信5メートルの見込み。 (了)





【北ミサイル】トランプ米大統領 「またも世界を侮辱」と怒り 米政権、対北制裁の厳格履行へ国際社会と連携 国連総会で訴え
【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は15日、ワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地で演説し、日本上空を通過する弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮について「またしても近隣諸国と世界全体を完全に侮辱した」と非難した。

 トランプ氏はその上で、「北朝鮮の脅威に対処するための(軍事的)選択肢は効果的かつ圧倒的だ」と述べ、米国と同盟諸国の防衛に向けた決意を強調した。

 また、マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は同日、トランプ氏の演説に先立ちホワイトハウスで記者会見し、北朝鮮への対応で「時間切れが近づきつつある」と述べ、国連安全保障理事会が11日に採択した北朝鮮に対する追加制裁決議の「厳格な履行」を急ぐべきだと強調した。

 マクマスター氏は、北朝鮮に対する「現段階では選ばないが、軍事的選択肢はある」とした上で、国際社会に対して「戦争行為に至らない全ての措置を講じるべきだ」と指摘。トランプ大統領が19日からの国連総会の一般討論の場などを通じて各国に対北朝鮮での連携を呼びかけていくことを明らかにした。

 記者会見に同席したヘイリー国連大使も「先の制裁決議で北朝鮮に対する貿易の9割と石油の3割が遮断される」と米国主導の決議の成果を強調した上で、「挑発的で無謀な行為を繰り返す」北朝鮮に対して「あらゆる外交的選択肢で圧力をかける」と言明した。

 一方、米国防総省のマニング報道部長は15日、北朝鮮への対応は「今なお外交的取り組みが主導だ」と記者団に指摘しつつ、「北朝鮮からのあらゆる攻撃や挑発行為から米国や同盟国を防衛する態勢を維持している」と強調した。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_7562489.jpg

    3.11東日本大震災     津波 469
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-17 05:58 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月16日(土 ):Jアラート、なぜこれだけ広範囲? 政府内にも疑問の声

 15日早朝、ミサイルが上空通過した北海道のみならず、本州の青森県から長野県まで広範囲にわたってJアラート(全国瞬時警報システム)が鳴り響いた。ミサイルの通過地域から遠く離れた自治体では、戸惑いの声も漏れた。なぜこれだけJアラートの対象範囲が広いのか。

Jアラート配信、ミサイル発射3分後 12道県へ
特集:北朝鮮がミサイル発射

 「列島越え」する北朝鮮のミサイル発射が今後も続く可能性がある中、日本政府は冷静で効果的な国民への情報提供のあり方が問われている。その中心的な手段が、Jアラートだ。

 Jアラートは、周辺国から弾道ミサイルが発射された場合、政府が自治体などを通じて国民に避難を促す仕組み。今回は北朝鮮による8月末の発射に続き、東日本12道県に配信された。

 ただ、ミサイルの軌道から遠く離れた自治体からは、戸惑いの声も漏れる。

 埼玉、山梨との県境にある長野県川上村。15日早朝、政府のJアラートが配信され、職員たちが対応に追われた。総務課の男性職員は「隣はJアラートの対象地域になっていないのに、なぜうちで対応しなければいけないのだろう、と不思議に思う」と話した。

 ログイン前の続き長野県は前回同様、Jアラートが鳴った地域でミサイルの軌道からもっとも遠い自治体だった。前回はJアラートを受けて休校した学校もあった。阿部守一知事は15日、政府の対応を信頼しているとしつつ、「現場の感覚と異なっていることがあれば、国にしっかり伝えなければ」と語った。

 これだけ広範囲に配信されるのはなぜか。ミサイル発射直後の防衛省の軌道予測をふまえ、内閣官房が「異常飛翔(ひしょう)」の可能性も織り込み、流す範囲を広めに決める。北朝鮮のミサイル開発技術の実情が明確でない中、弾頭が領土や領海に落ちなくても、上空を通過すれば落下物の恐れがあるとみているからだ。

 防衛省幹部は「長野や栃木までは広すぎる。もう少し範囲を絞れないか」と疑問を呈する。一方で、内閣官房幹部は「領土に落ちる時は10分以内。被害のリスクを減らすため速やかな判断を優先しており、範囲を絞り込む余裕はない」と話す。

 そんな状況だけに、政府の呼びかけ方は手探りだ。前回の第一報は「頑丈な建物や地下に避難して下さい」だったが、今回から「頑丈な」が消え、「建物の中、または地下に避難して下さい」となった。前回の配信後、「頑丈な建物や地下がない場合はどうすればいいのか」「家の中にいてもより頑丈な建物に移らないといけないのか」などといった問い合わせが相次いだためだ。内閣官房幹部は「不断の見直しをしていくしかない」と話す。

 だが15日に開かれた自民党の対策会議では、出席議員から「学校が休校し、交通機関がストップしたところもあれば、そうでなかったところもある。基準を作らないと気の毒だ」などの意見が出た。別の出席議員はこう指摘した。「オオカミ少年みたいなことになると、情報の信頼性が失墜する」(藤田直央、辻隆徳)





ふざけるな! 日本人が中国高速鉄道を「パクリ」って言ってるぞ=中国報道
アジアを中心に新幹線と受注競争を展開する中国高速鉄道は日本やドイツから導入した技術が基礎となっていることは周知の事実だ。だが、中国側は導入した技術は「あくまでも購入したものであり、その技術を消化・吸収したうえで再構築した中国高速鉄道には知的財産権をめぐる問題は存在しない」という立場を取っている。

 日本では中国高速鉄道は新幹線のパクリであるという論調も見られるが、中国メディアの今日爆点は11日、台湾のテレビ番組に出演した日本人が「中国高速鉄道は新幹線のパクリ」だと発言したと怒りを示す記事を掲載した。

 記事は、中国高速鉄道は開発段階こそドイツの協力を得たが、その後は自主開発したものだと主張。中国では高速鉄道の開発の経緯には「何一つとして落ち度はなく、知的財産権をめぐる紛糾もない」という中国側の立場を踏襲したうえで、日本人が台湾のテレビ番組で「中国高速鉄道はパクリ」であると指摘したことに反発した。

 さらに、同番組では日本人の発言に対し、台湾人から「世界には中国の発明をパクったものが数多くある」という指摘があったことを紹介。確かに火薬や紙、羅針盤、印刷は中国4大発明とされており、これらは今日の世界でも必要不可欠なものばかりで、今なお重要な役割を果たしている。

 だが、火薬や紙、羅針盤、印刷は中国で生まれたものであることは間違いないが、誰か特定の人物や企業が発明に対する知的財産権を持っているわけではない。

 中国国内では「中国高速鉄道はあくまでも日本などから技術を莫大な金額を支払って購入し、それに改善を加えたもの」だという主張が一般的で、パクったとは微塵も思っていないためか、記事は、日本人が中国高速鉄道に対して「パクリ」であると指摘したことがどうしても許せなかったようで、様々な反論を展開している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Ping Han/123RF)




保守派が少数派となり社民党化する民進党 泥舟と分かって乗りたがる人はいない 9月16日
失礼なたとえかもしれないが、「ネズミは沈む船を見捨てる」という言葉が思い浮かぶ。4月の長島昭久元防衛副大臣に始まり、だらだらと続く民進党の離党ドミノのことである。15日も笠浩史、後藤祐一両衆院議員が離党届を提出したが、予備軍はまだまだ控えているという。

 ▼「この場で政権交代を言っても、国民は『何を言っているんだ』となろう」。前原誠司代表は1日の就任あいさつで、こう率直に認めた。そのうえで、改めて国民の選択肢となることを呼びかけたが、党所属議員が次々に別の道を選択するありさまでは話にならない。

 ▼長島氏、細野豪志元環境相、笠氏…と顔ぶれを振り返ると、民進党にあって「改憲派」とされていた人たちである。党内の保守派はいよいよ少数派となり、政策・体質の社民党化は進むことだろう。それで自民党に代わる受け皿となれるのか。

 ▼前原執行部メンバーを見ても、枢要ポストの幹事長代行は元社民党で、かつて著書で皇室について「気持ち悪い」と書いていた辻元清美元国土交通副大臣が就いている。那谷屋正義・参院国会対策委員長は、北朝鮮と何かと交流の深い日教組出身である。

▼前原氏自身は保守派とされてきたが、6日のBSフジ番組では集団的自衛権の限定行使を容認した安全保障関連法を「憲法違反」と断じ、政権を取ったら廃止して新たな法律を作ると主張した。今そこにある北朝鮮の脅威に対し、随分と悠長に構えている。

 ▼国会議員の一番の仕事は、国民の生命と財産、自由を守り抜くことではないか。それなのに、国際社会の現実に背を向けて社民党化していくようでは、国民はとても大船に乗った気持ちで国政を任せられまい。泥舟と分かって乗りたがる人はいない。





「地方巡業」の増加で、力士が壊れてしまうかもしれない
大相撲秋場所の熱戦が連日、両国国技館で続いている。しかし、やはり幕内力士がこれだけ不在となると今までよりも盛り上がりにかけてしまう感は否めない。

 3日目の12日には大関高安と西前頭4枚目宇良が前日の取組で負傷し、休場が決まった。今場所は白鵬、稀勢の里、鶴竜と3横綱が昭和以降で初めてそろって初日から休場という異常事態。3横綱と1大関の休場も18年ぶりだ。初日から休んでいる西前頭二枚目碧山と西前頭十二枚目佐田の海、そして宇良を加え、これで幕内力士の同時休場は7人となり、公傷制度が廃止された2004年以降では最多タイの人数に達してしまった。

 なぜ、ここまでケガ人が増えてしまうのだろうか。確固たる因果関係は残念ながら証明できないが、関係者の話を総合すると、これは近年の地方巡業数の増加とあながち無関係ではないように思われる。

 地方巡業とは春から冬の年間4度行われる本場所とは別の興行のこと。基本的に春は関東、夏は東北、北海道、秋は中部、近畿、冬は九州で行われ、過去にはインドネシアのジャカルタ、モンゴルのウランバートル、米国のロサンゼルス、ハワイなど海外で開催されたこともある。

 本場所が行われることのない地域での開催によって大相撲の醍醐味を体感してもらい、普及を図ろうというのが、その狙いだ。力士たちによって普段の取組では禁じ手とされている技をショー感覚で披露される「初切(しょっきり)」が行われることも多々あり、本場所とは違った余興も楽しめる舞台として人気を集めている。

 この地方巡業の数が近年の大相撲人気の復活とともに激増していることは数字を見ても明らかである。14年に37日間だった地方巡業数は翌15年で64日間に大幅アップ。60日間以上の開催は01年以来で、同年の61日間をも上回った。昨年は75日間にまで増え、70日間以上の開催は実に22年ぶりとなった。

●力士会が待遇改善を要望する動き

 日本相撲協会が17年3月31日に発表した16年度決算によると、経常収益から経常費用を差し引いた額は約6億4000万円のプラスで2年連続の黒字となった。前年の15年よりも約3億9000万円増の黒字となり、この内訳として巡業数の増加も1つの要因となって興行収益は前年比で約7500万円アップとなったことが明らかにされている。

 確かに収益増加にはつながっているが、この地方巡業数の増加は力士たちの過密日程に歯止めがかからず拍車をかけているのも事実だ。これだけタイトなスケジュールになると休養期間はほとんどなく、仮に何らかのケガをかかえてしまってもリハビリに費やす期間は限られてくる。目に見えて大きな負傷であればまだしも軽度であれば、そう簡単に休むわけにはいかない。地方巡業に穴を開ければ「地方のファンをなめている」「どうせサボっているのだろう」などと猛烈なバッシングを浴びるのがオチだ。

 無論、軽度の負傷を我慢しながら強行出場し続ければ、それが後に大ケガを招く危険性もある。本来ならば本場所こそが力士たちの要とならなければならないはずだ。しかしながらこのような危険と背中合わせのハードスケジュール化が、その足かせとなりつつあることは憂慮されるべき事態と言っていい。

 地方巡業が力士たちにとって厳しい環境であることは、あまり知られていない。新幹線や飛行機など公共交通機関を利用するだけでなく、狭い車内に押し込められてのバス移動は巨漢の力士たちにとっては我々の想像以上にこたえる。「本場所に向けて体調を万全に整える意味でもあらゆる面でハードな地方巡業に行くのではなく、稽古をしたい」との思いを本音として抱く力士も当然ながらいる。

 15年12月には十両以上の関取で構成する力士会が日本相撲協会巡業部へ待遇改善を求める提案書を提出したこともあった。過密日程などで忙殺されがちな巡業における稽古の質の向上を主な目的とされていたが、そこにはいわば年々タイトになっていくスケジュールをいま一度見直して欲しいという要望も込められていたのは明白だ。

 この要望書には移動時間の短縮に加え、稽古の手順を番付の東西交代制に切り替えて休養を取りやすくする環境を整えることや、巡業手当の増額及び稽古を怠った力士に対する手当ての減額などが明記されていた。力士会が協会に待遇改善を要望する動きは過去を振り返ってみても極めて異例。それだけ、力士会の不満が募っていた証拠である。

●大相撲の環境が大きく変化している

 17年6月末に行われた力士会の会合に協会側の尾車事業部長(元大関琴風)が参加した。協会幹部が力士会に参加することは非常に珍しいケースで、近年の過密日程化などに不満を募らせて待遇改善を求める力士たちの動きに協会側が神経を尖らせているフシも見え隠れする。この場で力士会側からは巡業開催地への移動や日程面などに対してあらためて考慮してほしいとの要望が出されたというが、それが反映されるかどうかは正直不透明だ。

 もしかすると昔を知る大相撲ファンの中からは「地方巡業は今から23年前に70日間以上、開催されていたのだから今の力士たちが過密日程うんぬんを理由に文句を言うのは腑抜けだ」などとイチャモンを付ける人が出てくるかもしれない。だが今と昔は大相撲の環境面が大きく変化している点も忘れてはいけない。

 外国人力士が隆盛を誇る今、力士たちは以前よりも大型化している。パワー一辺倒の相撲を取る力士も増えつつあり、それに対応する意味でもトレーニングやコンディショニング調整、そして稽古に没頭する時間は昔よりも格段に必要だ。

 あえてタブーの面に触れれば「八百長の根絶」という部分も近年の環境の変化として絡んでくるだろう。協会側はかつて人気低下の大きな要因となった11年の八百長問題発覚以降、それまでタブーとされていた事項に真剣に取り組んでいる。

 問題発覚前にも一部週刊誌などで「元力士○○が八百長を告発」という話題が掲載されるケースが幾度となくあったが、それも今は昔。「7勝7敗の三役力士がほぼ決まって千秋楽に勝ち越す」という“奇妙な流れ”の取組も昨今、見られない。これら過去の出来事はあくまでも「疑惑」だが、そういう疑わしき取組にも目を光らせる協会側の強い姿勢によって近年の大相撲は「ガチンコ」の勝負が人気再興の大きな柱となっている。

●ケガと背中合わせとなっている過密日程

 相撲協会関係者からも「昔がどうこうということではなく、今の力士たちは周囲の目もあって以前とは比べられないほどに『真剣勝負』という意識を必要以上に持たなければならない環境下だから常に全力で手を抜くことなく取組もうとしている。

 疑いをかけられたくないからケガを恐れて動きをセーブすることもしにくくなるだろう。そうなれば本場所の一番一番がよりハードになるのは明白。ケガと背中合わせとなっている過密日程の改善を求めるのは当然と言えば、当然かもしれない」との声も上がっている。

 どん底から一丸となって人気絶頂期を迎えた今だからこそ、日本相撲協会はこのマイナス面を警鐘ととらえて日程や待遇面を見つめ直し、長期的ビジョンを持ってプラス材料へと転じさせることが必要だろう。

(臼北信行)







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_558746.jpg

      3.11東日本大震災   津波 467
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-16 06:19 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月15 日(金 ):台風18号、24年ぶりの勢力で上陸のおそれ

a0044103_55992.png

© ウェザーマップ 14日午後3時の台風18号の位置と5日間進路予想。

三連休を直撃する台風18号、タイミングとコースだけでも大きな影響が避けられませんが、さらに、「非常に強い勢力」のまま、土曜日から日曜日にかけて九州に上陸するおそれが出てきました。
もし非常に強い勢力で上陸すれば、24年ぶりのこと。その1993年13号台風では、九州で60メートル近くの風と、500ミリを超える日降水量を観測し、土砂災害や浸水害によって多くの人命も奪われました。上陸時(直前)の中心気圧は、第二室戸台風、伊勢湾台風と歴史に名の残る台風に次ぐ低さでした。それ以来の強さになるおそれがあるため、警戒を強めなければいけません。(14日15時の予想)
また、台風の接近に先行して、秋雨前線による大雨が始まる点にも注意が必要です。

(気象予報士・美濃岡 洋子)



北朝鮮、「核兵器で日本を海へ沈め国連を廃墟に」と威嚇
[ソウル/日本 14日 ロイター] - 北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は14日の声明で、日本列島を核兵器で「沈める」と警告するとともに、最近の核実験に対する追加制裁決議を行った国連を破壊して「廃墟と暗黒」にすると威嚇した。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が報じた。


北朝鮮、「核兵器で日本を海へ沈め国連を廃墟に」と威嚇© REUTERS 北朝鮮、「核兵器で日本を海へ沈め国連を廃墟に」と威嚇
北朝鮮の対外関係やプロパガンダを担当する同委員会は、国連安全保障理事会の解散を要求し、安保理を「賄賂を受けた国々」から成る「悪魔の手段」と批判。

日本については「4つの列島でできた国は、主体(チュチェ)思想の核爆弾で海に沈めるべきだ。日本はもはや、わが国の近くに存在する必要がない」とした。

主体思想は故金日成(キム・イルソン)主席が唱えた、北朝鮮で指針となっているイデオロギー。





インド高速鉄道建設、他路線に意欲 安倍晋三首相が起工式出席 日本先行…中国は「領土」で逆風
【ガンディナガル(インド西部)=岩田智雄】安倍晋三首相は14日、インド西部グジャラート州アーメダバードで、日本の新幹線方式を導入したインド高速鉄道の起工式にモディ印首相とともに出席し、インドでの“新幹線建設”が動き始めた。インドの高速鉄道事業には中国も別路線への参入を目指しているものの、最近の領土問題での対立が影を落としている。

 この高速鉄道はアーメダバードとムンバイの約500キロを結び、来年の着工と2023年の開業を目指している。終点駅となるアーメダバードのサバルマティ駅近くの運動場で行われた起工式で、安倍首相は「新幹線は、ここサバルマティから全インドへ広がる。インド中をめぐる新幹線のために、すべてのインド人のために、日本の官民が汗をかく」と述べ、インドが計画する別の6路線への新幹線導入に対する意欲を示唆した。

 インドでは、こうした高速鉄道の整備拡大への期待がある中で、既存の鉄道の近代化を求める声も大きい。大規模な列車事故が相次いでいるからだ。インド政府が2路線目への青信号を出すには時間を要するとみられるが、日本は、先月28日から今月1日まで鉄道安全専門家チームを派遣して安全強化に協力し、将来へのレールも敷いている。

 一方、中国は首都ニューデリーと南部チェンナイを結ぶ高速鉄道計画への参入を目指してきた。PTI通信によると、中国外務省報道官は13日、日本の新幹線方式導入について問われ「中国は、地域の国々で高速鉄道など社会基盤施設を見ることをうれしく思っている」「鉄道での協力は、中印間の実用的なものの一部だ」と強調した。

 しかし、中印両国は、多くの地域で国境が画定しておらず、8月下旬までの約2カ月半、国境付近で両軍が対峙する事態が発生した。この最中には中国製品の不買運動も起きた。印メディアには、「インドはいくつかの分野で中国より日本に目を向けた。この動きは高速鉄道事業でもみられる」(エコノミック・タイムズ)との分析もあり、中国は逆風にさらされているといえそうだ。





ミサイル飛距離3700キロ、最高高度800キロ 菅氏
北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、菅義偉官房長官は15日午前、国家安全保障会議(NSC)後に首相官邸で2回目の記者会見を行い、「飛翔(ひしょう)距離は3700キロ、最高高度は約800キロと推定している」と述べ、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の可能性については「必ずしもそうではない」との認識を示した。

特集:北朝鮮がミサイル発射

 国連安全保障理事会の緊急会合の開催の要請に向け、米国、韓国と調整を始めたことも明らかにした。

 菅氏は、今回の弾道ミサイルは通常よりも発射角度を上げる「ロフテッド軌道」ではないと説明。落下地点は、1回目の会見では襟裳岬の東約2千キロと説明していたが、約2200キロに修正した。自衛隊による破壊措置の実施はなかったという。日本の領域への落下物、航空機や船舶への被害報告もないという。

 菅氏は「8月29日に引き続き、我が国上空を通過する弾道ミサイルを発射したことは地域の緊張を一方的にさらに高める深刻な挑発行為だ。何らの事前通報もなく着弾させたことは航空機や船舶の安全確保の観点からも極めて問題のある行為だ」と批判した。

 NSCでは、国際社会との協力を強化して北朝鮮に強く自制を求め、国連安保理を含めて「断固たる対応をとっていく」と確認したという。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_5561435.jpg

     3.11東日本大震災    津波 466
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-15 06:06 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9 月14 日(木 ):都民ファ代表に知事元秘書 「密室で決めた」批判の声も

東京都の地域政党「都民ファーストの会」の新代表の荒木千陽(ちはる)都議(35)が13日、記者会見し、「都政が新しく変わるシンボルとして頑張りたい」と抱負を述べた。同会を事実上率いる小池百合子都知事もエールを送るが、小池氏ら幹部だけで代表を決めたことに同会内部でも批判がある。小池氏元秘書の荒木氏が都政をチェックできるのか危ぶむ声もある。

 同会代表は、地域政党として活動を始めた1月以降、荒木氏で3人目。荒木氏は衆院議員時代の小池氏の公設秘書で、7月の都議選で初当選。同会の総務会長を務めた。小池氏は、新代表が公表された今月11日、「大変信頼できる、若いが度胸ある女性なので期待している」と報道陣に話した。

 代表交代について、増子博樹幹事長(都議)らの説明によると、野田数(かずさ)前代表(44)が10日に「行政・政治課題が増えている」と辞意を申し出たため、特別顧問の小池氏や増子氏ら幹部3人が11日に荒木氏を選定。小池氏秘書として会発足にも関わった経歴などを評価し、別の役員数人も加えた同日の役員会などで承認された。

 ログイン前の続き都議会(定数127)で最大会派の同会都議55人の多くには11日にメールで伝えられ、13日の会派総会で幹部が説明した。出席者によると、大半の都議は新代表就任に拍手を送ったが、「密室で決められた」と批判も出たという。同会は都議選で、対立する自民党都連の運営を「一部の幹部で決めるブラックボックス」と批判しただけに、総会後、今回の選定方法を「許せない」と漏らす都議もいた。

 荒木氏は、幹部らが代表を選ぶと定める同会規約などを理由に「瑕疵(かし)はない」と会見で説明。「意思決定の場に関わることは基本的にない」と述べていた小池氏が代表選考に参加したことについて、荒木氏は「絶対的な権限で代表を指名したのではない」と述べた。

 荒木氏と野田前代表がともに小池氏の秘書経験者であることから、都議会自民の幹部は「会の代表が知事の身内ばかり。知事と一体化しているとしか思えない。(都政を)チェックできるのか疑問だ」と批判する。荒木氏はこの点について、「(小池氏に)ものを言える秘書だった。都政の検証と提言を行っていく」と語った。(石井潤一郎、伊藤あずさ、野村周平)





顔認証、ヒゲや眼鏡もOK iPhoneⅩの使い心地は
日本時間13日未明、米アップルがカリフォルニア州クパチーノで開いた新製品発表会では、iPhoneが3種類発表されるなど、盛りだくさんの内容だった。実際に新型iPhoneⅩ(テン)を手に取って新機能を確かめた。

 事前に現地で話題となったのは、「機能」ではなく「価格」だった。「とうとう1千ドル超えのスマホが出るらしい」。そんなうわさが広がっていた。

 発表された「iPhoneX」は「999ドル」とぎりぎり3桁に。それでも、日本ほど高級志向が強くない米国では、もともと高めのアップルがここまで来たか、という感覚だ。なにせ、パソコンが買える値段。米国の記者は「いい機能だ」「すごいね」などと言いつつ、最後は「1千ドルかあ」と苦笑していた。

 「Ⅹ」を手に取ると、ややほっそりとしている。「7プラス」が大きいと感じる人には使いやすいだろう。ホームボタンはなく、ボタンを押す代わりに画面を下から上に素早く触ると、アプリを閉じたり、ホーム画面に戻ったりと、ボタンを押したのと同じ動作になる。下から上に指を動かしたまま画面から指を離さずに止めると、複数の画面が開く。最初は慣れないが、しばらく動かしていると要領がわかってくる。

 顔認証は便利だ。画面を見つめるだけですぐにロックが解除され、画面から顔をそらすとまたロックされる。発表のデモンストレーションでは、目を開けた状態の顔をセンサーが徐々に認識する様が示された。

 眼鏡や帽子、ひげがあっても認識するという。顔を立体的に認識する技術が使われ、顔写真でロックが解除されることはない。決済サービスのアップルペイなども画面を見ただけで支払い手続きができ、クレジットカードを持ち歩くより安全に思える。

 8と8プラスは背面がガラスで、色が抑えめできれいに見える。ガラスになった分、7や7プラスより10グラムほど重く、ずっしりと感じる。「落としたらヒビが入らないか」と心配する声もあった。

 アップルウォッチの外見はほとんど変わらない。iPhoneが近くになくても単体で使えて、用途はぐんと広がりそうだ。

 発表会の直前、会場には故スティーブ・ジョブズ氏とともにアップルを作ったスティーブ・ウォズニアック氏の姿があった。「新製品はどうですか」と話しかけると、「まだ見ていないよ。本当だよ。まずはちゃんと自分で触って動かしてみないと、評価は言えないね」と笑った。アップルの一時代を築いたウォズニアック氏。彼の目に、今回の発表はどう映っただろうか。(宮地ゆう)





F35A:国産部品搭載進まず 米からの移転が難航
防衛省が米国との有償軍事援助(FMS)で調達を進める最新鋭戦闘機F35Aについて、会計検査院が調査したところ、調達の条件とされた日本企業が製造した部品の搭載が進んでいないことが分かった。国内企業と海外企業との各種手続きが整わなかったことなどが一因とみられる。検査院は防衛省に対し、国内企業が円滑に製造分野に参画できるよう米国政府などと連携を図ることを求めた。

 F35Aは米など9カ国が共同開発し、レーダーに探知されにくいステルス性能などに優れるとされる。防衛省は2011年度に次期主力戦闘機に選定、計42機を順次調達することにした。その際、防衛技術や生産基盤の強化のため、国内企業参画を前提に13年度からIHIがエンジン、三菱電機がレーダーなどの部品製造、三菱重工が機体組み立てを手掛けることになった。3社の製造作業に必要な設備投資費などは防衛省側が全額負担しており、13~16年度で計約1716億円に上る。

 だが、検査院が13、14年度に契約した計6機の状況を調べたところ、IHIと三菱電機は16年度末時点で海外メーカーとの間で下請け契約締結に至らず、エンジンも部品も三菱重工に納入されていない状況だった。海外メーカーから部品素材の提供が遅れたり、米国が機密保持を強化したりするなどの要因が重なっていた。防衛装備庁は「遅延の原因を確認し、米国側に働き掛けたい」としている。

 契約段階の1機当たりの価格は円建てで13年度129億円、14年度139億円、15年度156億円、16年度157億円と上昇していた。円安傾向が進んでいることに加え、作業に習熟していない国内企業の参画で製造原価が上がることが原因とみられる。国内企業の部品が搭載されない場合は「前払い金の精算段階で、1機あたりの価格が安くなる可能性が高い」(同庁)という。【松浦吉剛】


F35A戦闘機=2017年6月、兵藤公治撮影© 毎日新聞 F35A戦闘機=2017年6月、兵藤公治撮影
 【ことば】有償軍事援助(FMS)

 米国が武器輸出管理法に基づき、同盟国や友好国に最新鋭の武器や装備品を有償で提供する契約。購入国は米国側の価格見積もりや代金の原則前払い、提供時期は確定ではなく予定に過ぎないことなど、米国から提示される条件を受け入れなければならない。会計検査院はこれまでも提供時期の大幅な遅延や、前払い金の精算で生じる余剰金の返還の遅れなどの問題を指摘してきた。




北朝鮮「列島、核で海に沈める」=制裁に便乗と日本非難
【ソウル時事】14日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は13日、報道官声明を出し、国連安保理での対北朝鮮制裁決議に関し「日本は米国の制裁騒動に便乗した」と非難した。その上で「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と威嚇した。

 声明は「わが軍や人民の声」として、「日本の領土上空を飛び越えるわれわれの大陸間弾道ミサイル(ICBM)を見ても正気を取り戻さない日本人をたたきのめさなければならない」と主張した。

 さらに、米国を「決議でっち上げの主犯」と決めつけ、「わが軍や人民は、米国人を狂犬のように棒で打ち殺さなければならないと強く主張している」と警告。声明の英語版は日本人を「ジャップ」、米国人を「ヤンキー」と蔑称でののしっている。 







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_5533290.jpg

       3.11東日本大震災    津波 465
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-14 05:38 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月13 日(水 ):台風18号 関東もこの先の天気に影響

a0044103_602525.jpg

台風18号の進路は「く」の字を描くように急カーブ。関東地方も台風の進路次第では三連休中に雨や風が強まる可能性があります。今後の台風18号の動きから目が離せません。

12日午後3時50分発表の5日間予報によると、台風18号は13日(水)に沖縄の先島諸島に最も接近して東シナ海を北上した後、15日(金)頃から進路を東よりに変え、「く」の字を描くように急カーブ。16日(土)には九州など西日本へ接近・上陸の恐れがあります。17日(日)の予報円は特に大きく描かれており、進路はまだ定まっていませんが、台風の進路次第では、関東も三連休に雨や風が強まる可能性があります。台風が直撃しなくても、台風周辺の湿った空気が本州付近にたっぷり流れ込むため、雨の量が多くなることも考えられ、今後の台風の進路から目が離せません。この先、週間予報が大きく変わる可能性がありますので、最新の台風情報と気象情報を確認してください。





なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
先週、「W不倫疑惑」という文春砲を直撃して民進党を離党に追い込まれた政治家の山尾志桜里さんに対し、「ダブスタ」批判が寄せられている。

 自民党議員の不倫など不祥事を厳しく追及し、真摯に説明せよとご高説を垂れていたわりに、ご自身の疑惑については、同じく文春砲でゲス不倫が暴かれたベッキーさんのように、一方的な主張を読み上げて質問は一切受け付けないというスタンスが「ダブルスタンダード」(二重規範)なことこの上ないというのだ。

 確かに、「保育園落ちた、日本死ね!」で注目を集めた山尾さんは「子供と女性を徹底的に守る」という「ママフェスト」なるものを掲げ、子育て母親の代弁者として有権者の信頼を得てきた政治家である。「ママ代表」をうたって今のポジションを得たわけなのだから、その信頼を大きく損ねる疑惑に対して、ある程度の説明が求められるのは当然であろう。

 しかも、「ダブスタ」はけしからんということを少し前にも熱弁していたこともある。今年の頭、テロ等準備罪成立を推し進める安倍首相を以下のように厳しく追及していたのだ。

 「今言ったような、子どもの権利だとか人種差別禁止だとかヘイトスピーチだとか、人権を守るための条約の問題について、必ずしも新しい法律は要らないという態度をとり、一方で、今回のように、権力側の権限をどんどん拡大するような条約については、新しい法律、共謀罪が必要不可欠だと、こういうダブルスタンダードはおかしいのではないかと思いますけれども、総理、いかがですか」(1月26日、予算委員会)

 人の過ちや「ダブスタ」は許せないけど、自分に同じ批判が寄せられた場合は見逃してくださいな、というご都合主義感がどうしても漂ってしまうのだ。

 ただ、そんな山尾さんの「ダブスタぶり」がかわいく見えてしまうのが、マスコミや文化人の「ダブスタ擁護」である。

 自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミや、情報番組のコメンテーターやら立派な方々が、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」「政治家は結果を出せばいい」「いまの山尾叩きは異常だ」なんて調子で態度を豹変しているのだ。

●「ダブスタ擁護」に走るマスコミ

 コメンテーターや文化人のみなさんも人間なので当然、好き嫌いがあるだろうし、生きていれば考え方も変わっていくのでしょうがない部分もあるが、常日頃から「我、中立公正なり」とふんぞりかえっているマスコミが、「ダブスタ擁護」に走っているというのはハタから見ていてあまり気持ちのいいものではない。

 例えば、「不偏不党の地に立って言論の自由を貫き」というご立派な綱領を掲げる「朝日新聞」の報道が分かりやすい。

 2016年、宮崎謙介・前衆議院議員がやはり「文春砲」でゲス不倫を暴かれたとき、朝日新聞では「宮崎議員に不倫疑惑『育休拡大へ足引っ張られた』枝野氏」(2016年2月10日)と自分たちが突き止めた特ダネでもないのに、野党の批判コメントと抱き合わせて、はりきって盛り上げていた。

 翌日、社会面の「ニュースQ」というコーナーでも、「育休宣言の議員に不倫疑惑報道、影響は」(2016年2月11日)と以下のように小躍りしそうな感じでふれている。

 「国会議員もイクメンに――。男性の育休取得問題に、そんな一石を投じた自民党の宮崎謙介衆議院議員(35)。ところがその宮崎氏の不倫疑惑を10日発売の週刊文春が報じた。事実なら波紋はどこまで広がるのか」

 しかし、今回はうってかわって、あからさまにテンションが低い。

 「山尾氏、民進に離党届 交際問題報道」(2017年9月8日、朝日新聞)とそもそも「不倫」という表現さえ使わず、「同日発売の『週刊文春』が山尾氏と既婚男性との交際問題を報じたことを受け」なんて感じで、まるで反社会勢力と交際をしたかのような扱いとなっている。

 1年半前に宮崎氏をこきおろした「ニュースQ」はもっと露骨で、「不倫報道、なぜこんなに過熱?」(2017年9月8日)という見出しで、「それにしても、いまの報道の過熱ぶりは異常だ」とか「不倫は褒められたことではないが、批判できるのは身内だけではないのか」という有識者のコメントを取り上げて、世の山尾バッシングを沈静化させているようにさえ見える。

●自分たちが「正義」だという信仰

 自民党議員の場合は「不倫疑惑」という扇情的な見出しでボロカスに叩くのに、山尾さんは「交際問題報道」として騒動の沈静化を呼びかける。この「温度差」を見ると、どうしても我々のような一般庶民の頭には「ダブルスタンダード」という言葉が浮かんでしまう。

 そんなもん、山尾さんの場合は本人が不倫を否定しているから「交際問題」という表現なんだよという反論があるかもしれないが、つい最近、「新潮砲」の餌食になった自民党の今井絵理子さんについては「今井絵理子氏『軽率な行動おわび』『略奪不倫』は否定」(2017年7月27日、朝日新聞デジタル)という見出しで、本文も「同日発売の週刊新潮で同党の橋本健・神戸市議との不倫疑惑が報じられたことを受け」として、ご本人が否定しようがなんだろうが「不倫」という言葉を使っている。

 いやいや、そういうことではなく、単に文春の記事タイトルが「山尾志桜里 9歳下イケメン弁護士と『お泊まり禁断愛』」となっていて「不倫」の文言がなかったからだ、という意見もあろうが、「禁断愛」の類語を辞書で調べても、「不倫」「浮気」「情事」などが並ぶだけで「交際問題」などという奥歯にものが詰まったような表現はない。

 そもそも、不倫だけではなく、甘利明・前経済再生相の疑惑も含め、政治スキャンダルの大半が週刊誌の記事を「報道引用」させてもらっている立場であるにも関わらず、ニュースソースが「禁断愛」だと報じているものを、勝手に「交際問題」と言葉を変え、本家が報じた内容よりもトーンダウンした印象を世の中に広めるのはいかがなものかという気がする。

 少し前、安倍首相が野党の追及をかわす際に使っていた「印象操作」という言葉を「天声人語」などがうれしそうにけなしていたが、「情報操作」(スピンコントロール)の世界では、このようにメディアが原文を自分たちの都合のいいように解釈し、「意訳」して広めることも「印象操作」と呼んでいる。

 では、なぜマスコミといい、山尾さんといい、「ダブスタ」にまんまとハマってしまうのか。いろいろなご意見があろうが、マスコミの言動などをつぶさに観察している身からすると、自分たちが「正義」だという信仰にも近い思い込みが深く関係していると思う。

 マスコミも山尾さんも「権力=悪」で、「それと対峙する我々=善」という、「アベンジャーズ」などのマーベルヒーローたちも真っ青な、単純な善悪二元論にとりつかれているのだ。

 自民党議員も民進党議員も背中についているゼッケンの色が違うだけでも、同じ政治システム、同じ選挙制度のなかで生まれた同じ穴のムジナに過ぎないのに、その事実が受け入れられない。だから、民進の批判はそのまま「ブーメラン」になる。

 マスコミも同様で、とにもかくにも「反権力」をうたうが、実は自分たちも絶大な特権をもっている。一般庶民だったら警備員のみなさんに取り押さえられてしまうようなところでも、マスコミの記者というだけで顔パスで入れる。フリーのジャーナリストではアクセスできないような情報も得られる。幹部になると、総理大臣やら政治家と会食をして、ああでもないこうでもないと国家天下を論じることもできる。権力者が権力者にいろいろ注文をつけながら、時にボロカスに叩くという「内ゲバ」のような構図なので、庶民にはどうしても気の抜けたプロレスを見せられたような八百長感が漂う。

 そういう「同じ穴のムジナ」問題に加えて、「ダブスタ」に拍車をかけているのが「特権意識」だ。

 テレビ局の場合、新規参入業者を国が阻んでくれているし、新聞は「公共」の名のもとで、軽減税率のお目こぼしもある。こういう特別待遇を受けながら、一方で「権力叩き」を何十年も続けていれば、「自分たちは選ばれし特別な存在だ」という勘違いするなという方が無理な話だ。

●「正義」をこじらせた結果……

 ちなみに、この「勘違い」こそが、大きな震災が起きるたび、現地でマスコミが被災者から大ブーイングの「報道被害」を繰り返す最大の理由である。

 ご存知のように、山尾さんは元検察官だ。悪を断罪する「正義」の番人だったくらいだから我こそ正義だという自負があるというのは容易に想像できよう。そんな山尾さんを擁護しているマスコミも、そこで働く人たちは己を「正義」だと信じて疑わない。

 こういう人たちが「ダブスタ」のワナに陥りやすいというのは、「正義」が大好物なアメリカなど西側諸国の言い分を見てみると、よく分かる。

 おととい、フランスが北朝鮮の核を「欧州の脅威」だと批判した。それを聞いた北の高官は、「核兵器がそんなに悪いものだというなら、まずは核の脅威に全くさらされていないフランスが核兵器を放棄せよ」(9月10日、AFP)と西側諸国の「ダブスタ」を持ち出して反論したという。日本人としては北のやっていることは決して容認できるものではないが、「国際社会」という名の一方的な正義を押し付けられ、意固地になっている北の姿はかつての日本と妙に重なる。もちろん、共感はしないが、彼らの言いたいことも分からんでもない。

 お前らは悪者だからダメだけど、我々は善人だから許される――。「ダブスタ」のワナとは、「正義」をこじらせたところから始まるのかもしれない。

(窪田順生)





アップル「iPhoneX」発表 11万2800円から
米アップルは12日(日本時間13日未明)、カリフォルニア州クパチーノの新社屋で新製品の発表会を開き、スマートフォン「iPhone」の最上位モデル「X(テン)」と、従来モデルの後継となる「8」「8プラス」を発表した。

まず新型「ウォッチ」「TV」を発表 アップル発表会

 今年は、アップルのiPhone発表から10周年で、これを記念したモデルの「X」は、鮮やかな色彩が特長の有機ELを初めて使った。画面の大きさは5・8インチと、現行の「7プラス」の5・5インチと比べてやや細長くなった。

 従来モデルで下についていた「ホームボタン」がなくなり、表面全体を画面が覆うようなデザインになった。ケーブルにつながなくても充電器の上に置くだけで充電できる機能や、人の顔を認識してロックを解除する機能もつけた。

 重さは174グラムで、「シルバー」「スペースグレー」の2色。記憶容量は64ギガ、256ギガの2種類を用意。価格は日本では11万2800円(税別、以下同じ)から、米国では999ドルからと、超高価格のスマホとなる。日米ともに10月27日から注文を受け付け、米国では11月3日に発送し始める。

 現行の「7」と「7プラス」の後継機に当たる「8」と「8プラス」も発表。画面の大きさは現行の7、7プラスとほぼ同じで、カメラの性能などを向上させた。背面はガラス張りで、「X」と同じくワイヤレス充電ができる。

 「ゴールド」「シルバー」「スペースグレー」の3色で、容量は64ギガと256ギガ。価格は「8」が7万8800円(米国では699ドル)から、「8プラス」が8万9800円(同799ドル)から。日米などで9月15日から注文を受け付け、22日に発送を始める。(ニューヨーク=江渕崇)




トランプ大統領来日へ 就任後初、11月4~6日で調整

日米両政府がトランプ米大統領の来日日程について、11月4~6日を軸に調整を始めていることが分かった。安倍晋三首相と首脳会談を開催する。トランプ氏の来日は、今年1月の大統領就任以来初めてとなる。

特集:ドナルド・トランプ米大統領
連載「トランプ王国」熱狂のあと

 日本政府関係者が明らかにした。安倍首相は2月の訪米でトランプ氏と初の首脳会談を行った際、年内の訪日を招請していた。

 トランプ氏は、11月10~11日にベトナムで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議に向かう途中で日本を訪問すると見られる。中国など他のアジア諸国も歴訪する見通しで、日米両政府は今後、トランプ氏来日の具体的日程について詰めの調整を行う。

 来日した際の日米首脳会談では、日米同盟の強化をうたうほか、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対して自制を求めることが大きな議題となりそうだ。両首脳は、北朝鮮が弾道ミサイル発射や核実験を強行するたびに電話で協議し、日米韓が連携して対応することを確認してきた。一方、トランプ氏が日本の自動車市場や農業分野の閉鎖性を指摘し、対日貿易赤字の削減に言及する可能性もある。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_5504040.jpg

     3.11東日本大震災    津波 462
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-13 06:12 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9 月12 日(火 ):原発事故対策に新冷却装置 沸騰水型に義務化を検討

 原子力規制委員会が東京電力福島第一原発と同型の「沸騰水型」原発で、重大事故時に原子炉格納容器の圧力が高まって破裂するのを防ぐ新たな循環冷却システムの導入を電力会社に義務づける検討を始めた。現在の新規制基準では、圧力を下げるために放射性物質を含んだ水蒸気をフィルターを通して外部に出す設備を義務づけているが、新たに第一の選択肢と位置づける。新基準を見直す方針だ。

電力会社には厳しい姿勢 原子力規制委員長後任の更田氏

 新たな冷却システムは、東電が柏崎刈羽原発(新潟県)に設置し、規制委も有効性を認めた。新基準は、新たな知見が得られれば速やかに反映することを柱にしている。義務化されれば、東北電力女川原発(宮城県)や中部電力浜岡原発(静岡県)、北陸電力志賀原発(石川県)、中国電力島根原発など他社の沸騰水型原発の審査にも影響しそうだ。

 核燃料が溶け落ちる重大事故が発生した際、格納容器の底にたまっている水を配管を通して外部に引き出し、臨時の冷却装置で冷やしてから再び格納容器に戻して核燃料などの冷却に使う仕組み。冷却を継続することで水蒸気の発生を抑えられるほか、もともと内部にあった水を循環させるため、格納容器の圧力を低く保てるという。

 ログイン前の続き福島第一原発事故では、核燃料が溶け落ちて格納容器内の冷却水が水蒸気になって圧力が上昇した。東電は格納容器の破裂を防ぐために、放射性物質を大量に含んだ水蒸気を外部に放出(ベント)。広範囲に放射能汚染が広がった。

 福島第一原発事故後に定められた新基準は、フィルターを通してから放出する「フィルター付きベント」の設置を義務づけた。格納容器を守る最終手段と位置づけたものの、フィルターがあっても外に出る放射性物質をゼロにはできない。新たな冷却システムは、核燃料が溶け落ちるような状況になっても格納容器の内圧を低く保ち、ベントが必要になる事態の発生を防ぐことができるとされる。

 規制委は東電柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に向けた審査で、東電のシミュレーション結果などを検討し、「ベントと同等以上の効果がある」と評価。電源喪失していても、電源車を複数配備しておくことで対応できるとみる。全ての沸騰水型原発に導入を義務づける検討も始めた。(東山正宜)




尖閣国有化「容認できない」 胡氏は野田氏に詰め寄った
日本政府が沖縄県・尖閣諸島を国有化してから11日で5年。3島の購入費の支出を閣議決定する2日前、国際会議の際に顔を合わせた当時の中国国家主席、胡錦濤(フーチンタオ)氏から「国有化は到底、容認できない」と厳しく詰め寄られたことを、当時の首相、野田佳彦・民進党衆院議員が朝日新聞のインタビューで明らかにした。少人数で秘密裏に進めた交渉を「ベストシナリオではなかったが、決断せざるを得なかった」と振り返った。

「尖閣、絶対に国有化を」石原氏との会談で決めた野田氏
尖閣国有化、不安視していた米国 長島氏明かす舞台裏

 2012年9月9日、ロシア・ウラジオストクでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議。昼食を取りながら会議をする場の控室に、胡氏が入ってきた。野田氏が近寄り、2日前に中国雲南省で起きた地震へのお見舞いの言葉を伝え、「いつでも支援する」と述べた。

 だが胡氏はそれには答えず、開口一番、尖閣国有化を批判したという。「目も合わせず、能面のような表情だった。お見舞いへの返す言葉がこれかと思ったが、尖閣は我が国固有の領土。所有権を国に移転させるだけのことだと答えた」

 


尖閣問題で「死者出れば沖縄観光は終わる」 翁長知事
■翁長雄志・沖縄県知事(発言録)

 (11日で沖縄県・尖閣諸島の国有化から5年になることを報道陣から問われ)ニューヨークで(2001年9月に)飛行機がビルに突っ込んで、その1週間後から沖縄への修学旅行がぴたっと止まった。米軍基地があるから危ないと。観光客を取り戻すのに3~4年かかった。もし尖閣でいざこざがあり、死者でも出れば、沖縄観光は一発で終わる。もう石垣に行く人はいなくなる。日本の立場を維持しつつも、平和外交で物事を解決してもらわなければ、私たちは立つ瀬がない。(東京・防衛省で日米地位協定改定の要請後、記者団に)






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_547401.jpg

    3.11東日本大震災   津波 461
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-12 05:39 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月11日(月 ):北朝鮮の核開発「技術の進展、早すぎる」 専門家が警鐘

北朝鮮が6回目の核実験に踏み切った。地震の規模から推定すると、爆発規模は過去最大とみられる。朝鮮中央テレビは、大陸間弾道ミサイル搭載用の水爆実験に「完全に成功した」と発表した。核弾頭とミサイルの開発はどこまで進んでいるのか。

特集:北朝鮮が6度目の核実験

 長さ1メートルほどの、ひょうたんのような銀色の物体――。北朝鮮は3日、金正恩・朝鮮労働党委員長が核兵器研究所を視察した様子を配信した。物体は、ミサイルの先端部に収める水爆の容器に似た形。映像は、弾頭の小型化に成功し、ミサイルに積める段階に近づいていることをアピールしたものとみられる。

 北朝鮮は昨年9月、水爆の前段階といえる「ブースト型」の原子爆弾の実験に成功したと考えられている。ブースト型爆弾は、ウランやプルトニウムなどの核分裂反応を効率良く起こすことで、長崎に投下された「爆縮型」の原爆を大幅に小型化したものだ。

 水爆は、さらに威力を高めるために、2段階で爆発する。まず1段目は、高性能火薬を使ってプルトニウムを一気に圧縮し、核分裂を起こして中央にある重水素と三重水素のガスを核融合させる。この爆発で容器内に閉じ込められた放射線は、周りの樹脂が吸収して高温のプラズマ状態になる。

 そこで発生した衝撃や熱が、今度は2段目の高濃縮ウランに伝わり、核分裂を起こす。放出された中性子は、重水素化リチウムに取り込まれて核融合反応が起き、膨大なエネルギーを放出する。この過程は100万分の1秒ほどだ。

 東京工業大先導原子力研究所の澤田哲生助教は「水爆の爆発の力は2段目が8~9割を担う。(1年前の)前回は2段式を確かめるための実験だったと考えられるが、今回は威力の桁が上がった。米と旧ソ連が約30年前に到達した地点には来たのでは」と話す。

 水爆を収める容器は、放射線を反射して樹脂に吸収させるために重金属の劣化ウランなどが使われるが、内部の構造や形状は明らかになっていない。他国からの技術情報を元に、短期間でノウハウを習得した可能性がある。

 日本エネルギー経済研究所の黒木昭弘常務理事は「技術の進展が早すぎる。試行錯誤だけで、ここまでたどり着くのは難しい。この水準まで達していれば、高濃縮ウランなどを増して、さらに威力を増すこともできるだろう」と話している。

ログイン前の続き■ミサイルの精度確認か

 ミサイルの開発で注目されるのは、大気圏再突入の技術だ。

 米本土を射程に収めているとみられる大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」は、これまでに2回、迎撃ミサイルが届きにくい高高度に打ち上げられた。再突入時も形を保っていたとみられるが、目標地点への着弾の精度は明らかになっていない。

 ICBMは打ち上げ時、先端部はシュラウドというケースに覆われている。シュラウドは大気圏外で外れ、弾頭が収められた再突入体(RV)と呼ばれる円錐(えんすい)形の物体がむき出しになる。RVは大気圏に再突入する時に生じる数千度の高温から弾頭を守る。

 RVはアブレータと呼ばれる耐熱材で覆われている。炭素繊維やガラス繊維に樹脂を染みこませたもので、高温になると樹脂が燃えて内部に熱が伝わるのを防ぐ。

 九州工業大の米本浩一教授(航空宇宙工学)は「弾頭は厳しい空力加熱や大きな荷重を受ける。これまでの実験で、再突入時に機体が分解したという観測も流れた。耐荷重などの技術の完成度が大きな鍵となる」と指摘する。

 RVは、スピンしながら飛ぶことで、着弾の精度を高める役割もある。北朝鮮は、グアム沖30~40キロの、米国領海外の接続水域を狙う計画を明らかにした。ミサイルからのデータを受信できる限界点の近くに落下させ、精度などを確かめようとしている可能性がある。

 元海将の金沢工業大虎ノ門大学院の伊藤俊幸教授は「(RVの)データが乏しいため、グアムに向けて打とうとしていると推測できる。姿勢制御や着弾の精度を確認するため、データを受信できる限界はグアムまでの約3500キロと考えられる」と話している。(田中誠士)





緊急停車の直後、車両屋根に燃え移る 小田急の沿線火災

10日午後4時5分ごろ、東京都渋谷区代々木5丁目のビル付近から出火、ボクシングジムが入る3階建てビル延べ約150平方メートルのうち、約80平方メートルが焼けた。出火時に現場の手前を走っていた小田急電鉄小田原線の新宿行き上り列車(8両編成)が現場脇で緊急停止し、一時車両にも火が燃え移った。乗客約300人は避難し、けが人などはいなかった。

小田急線で沿線火災、車両に一時燃え移る 乗客は避難

 小田急は新宿―経堂間で約5時間半運転を見合わせたが、午後9時33分に運転を再開した。11日朝は通常通りに運行する予定という。

 現場は、小田原線の参宮橋―代々木八幡間の線路脇。警視庁や小田急電鉄によると、消防から「火災があったので電車を止めてほしい」と要請を受け、代々木署員が現場近くの踏切の非常停止ボタンを押したところ、列車は自動的に非常ブレーキがかかり、火災現場脇で緊急停車した。

 現場の火が車両に燃え移りそうだったことから、警察官らは停車した位置から列車を移動させるよう運転士に要請。これを受け、運転士が列車を動かし始めたところ、前から2両目の屋根に火が移っているのが確認されたため、列車を再び停止させた。乗客は先頭と最後尾の車両から降りて、線路を歩いて避難した。

 東京消防庁によると、列車の屋根約15平方メートルが焼けたが、まもなく鎮火した。




山尾“不倫”離党は「魔の7(な)2(に)4(よ)号室」の呪い? あの豊田議員も…
悪魔の724号室──。秋の夜長に永田町界隈で失笑含みに囁かれている「怪談」だ。というのも、衆議院第一議員会館724号室の主は「このハゲー」発言の豊田真由子衆院議員。そして第二議員会館では、不倫疑惑の渦中にいる山尾志桜里衆院議員だからだ。「な(7)に(2)よ(4)!」と読めると語り草になっているいわくつきの部屋なのだ。

 急転直下の失脚劇だった。山尾氏は子どものころに人気ミュージカル「アニー」で主演し、東京大学法学部卒の元検察官という才媛だ。華麗な肩書と美貌を備えた民進党次世代の「顔」。2回生ながら政調会長経験者で前原誠司新代表体制下の幹事長にも内定していた。しかし、政策ブレーンの倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑が報じられるとわかると、人事は白紙になり、山尾氏は9月8日、あえなく離党した。会見では弁護士との男女関係は否定しつつも、「誤解を生じさせるような行動で迷惑をかけた」と釈明。倉持弁護士も、同じく男女関係を否定しつつ、謝罪のコメントを出した。

 山尾氏を一躍有名にしたのは、待機児童問題をつづった匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」を取り上げた国会での論戦だった。子育て世代の代弁者として容赦なく安倍首相を追及する姿は共感を呼んだ。

 山尾氏は本誌が昨年末、企画した野田聖子・現総務相、金子恵美、三原じゅん子両議員との「国会議員女子会」に参加。大先輩の野田氏を前にしても「タメ口」で割り込み、待機児童問題などを訴えた。この対談で山尾氏は女性の抜擢についてこう話した。

「いまは政治でもビジネスでも力ある女性の登場が期待されています。それでもなお、稲田朋美さんが防衛相、蓮舫さんが民進党代表の地位に就いたとき、『お手並み拝見』といった空気をヒシヒシと感じた」


無念の表情で離党届を提出した山尾氏(c)朝日新聞社© dot. 無念の表情で離党届を提出した山尾氏(c)朝日新聞社
 異例のスピード出世を果たした山尾氏だったが、民進党幹部はこうもらす。

「うちの党は甘やかしすぎだ。男だったら2回生で政調会長、幹事長はあり得ない。もっと雑巾がけをさせてから要職に起用したらよかった。若手には慕われていたので残念です」

 10月22日には、新体制の試金石となる青森4区、新潟5区、愛媛3区の衆院トリプル補選が控える。政治アナリストの伊藤惇夫氏は言う。

「愛媛3区の事務所開きに駆けつけ、とんぼ返りで弁護士と密会と報道された。党としても、それをやられたらたまらない。補選で負ける可能性は高くなった」

 別の民進党幹部も嘆く。

「若手女性論客として、反転攻勢の起爆剤になるはずが、見事にずっこけた。補選もこのままでは3連敗だろう。把握している中で数十人の離党予備軍がおり、解党まっしぐらかもしれない」

 民進党と山尾氏に「トゥモロー」はあるのか。(本誌・直木詩帆、村上新太郎)

※週刊朝日   2017年9月22日号




北朝鮮の暴走、国連安保理がすったもんだする「三つ理由」 こんなに強い権限あるのに…
北朝鮮の核・ミサイル問題への対応で、国際連合の安全保障理事会が注目を集めています。とても強い権限があるのですが、これまで8本を数える制裁決議の効果は定かでありません。そもそもどういう組織で、なぜなかなかまとまれないのでしょう? すったもんだが続く理由を三つにまとめてみました。(朝日新聞専門記者・藤田直央)


そもそも「5常任理事国」って何?
 アメリカのニューヨークに本部がある国際連合は、20世紀の二度の世界大戦の反省をふまえ1945年に誕生しました。

 いま北朝鮮を含む193カ国が加盟しています。注目を集めている安全保障理事会は、国連の中にあります。国連憲章の中で「国際の平和及び安全の維持に関する主要な責任」を負わせています。

 安保理は15理事国からなります。改選されない常任理事国が5カ国で、第2次世界大戦の戦勝国である米英中仏ロ。

 2年ごとに地域別の枠で改選される非常任理事国は10カ国で、日本はこれまで加盟国中最多の11回も当選しています。


「制裁」ってどれだけ強いの?
 安保理は国連憲章によって強い権限を与えられています。国際紛争などがあれば「平和に対する脅威」について決定し、その脅威をもたらす国に経済制裁を科すことができます。

 それでもだめなら、武力行使のために国連軍を組織したり、多国籍軍の攻撃にお墨付きを与えたりしたこともあります。

 こうした経済制裁や武力行使に国連加盟国は協力することになっていますが、その根拠として決議が必要なのです。

 安保理の意思決定の形式で一番重いもので、15理事国のうち5常任理事国を含む9カ国の賛成が必要です。つまり5常任理事国には1カ国の反対で決議案を否決する権限があり、これを「拒否権」といいます。


【すったもんだの理由:その1】安保理の国同士が対立している
 北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射をした時の制裁をめぐって安保理がよくもめるのは、拒否権を持つ5常任理事国が牽制し合ってまとまれないからです。

 その姿勢は大きく「圧力」と「対話」に分けられます。

 「圧力」陣営は、アメリカ、イギリス、フランスです。北朝鮮から挑発の矛先を向けられるアメリカや、冷戦期にともに西側陣営にいて立場の近いイギリス、フランスは「圧力」を重視します。ここへ非常任理事国から日本が率先して加わります。

 「対話」陣営は、中国、ロシアです。圧力に北朝鮮が反発して朝鮮半島が不安定になることを嫌う隣国の中国は「対話」を唱えます。ロシアは基本的に中国に同調します。


北朝鮮の金正恩委員長=ロイター© withnews 北朝鮮の金正恩委員長=ロイター

なんで対立するの?
 世界中の問題に対処を迫られる5常任理事国の間には様々な駆け引きがあります。

 北朝鮮問題では中国をロシアが支え、ロシアに近いイランの核開発疑惑ではロシアを中国が支えるなど、安保理で中ロは連携してきました

 ロシアは最近は対米関係の悪化から、北朝鮮に対するアメリカの圧力に反発するという姿勢も見せています。

 なので、北朝鮮が問題を起こすたびに、制裁をめぐって特にアメリカと中ロが対立しがちです。

 核実験だとさすがにひどいということで制裁決議へ足並みがそろいますが、内容をどこまで厳しくするかの詰めは大変です。

 アメリカが決議案を日韓と調整してたたき台を作り、中国と交渉するというパターンですが、2016年9月の5度目の核実験に対する決議には2カ月半以上かかりました。


実はそんなに関心が高くない?弾道ミサイル
 弾道ミサイル発射の場合はさらに厄介です。発射を規制する国際的なルールはありません。北朝鮮が非難されるのは、核開発との結びつきを懸念して北朝鮮だけに発射を認めない安保理決議が根拠です。

 核実験の場合は、常に安保理で対北朝鮮制裁決議が採択されます。しかし、弾道ミサイル発射に対する国際社会の関心は、核実験ほど大きくないのです。

 発射が射程の長い長距離弾道ミサイルであっても、安保理の対応はこれまで様々でした。

 06年や13年のように日米主導で決議が出たこともあれば、2009年のように米中が妥協して決議より一段下の議長声明になったこともあります。

 北朝鮮が核実験をする前の1998年には、「衛星打ち上げ」との北朝鮮の主張に中国などが理解を示し、数段下の報道向け談話に終わりました。


経済制裁でカギを握る中国
 しかし06年以降、核実験と弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮のエスカレーションは止まらず、5常任理事国は妥協しながら8本の制裁決議を採択してきました。

 「対話に向かわせるための圧力」というわけですが、北朝鮮は対話どころか今月3日に6度目の核実験をしました。

 安保理では制裁強化へ9本目の決議案について交渉中ですが、そもそも制裁の効果はあるのでしょうか。

 カギを握るのは、北朝鮮の貿易の9割を占める中国です。

 北朝鮮からは主要産品の石炭を輸入し、逆に北朝鮮へは石油を輸出しています。国連加盟国に対し、石炭は8月の8本目の決議で輸入が禁じられました。石油は9本目の決議案でアメリカが輸出禁止を主張しています。

 中国は、石炭輸入を制限した16年の決議をめぐるアメリカなどとの交渉では、北朝鮮に圧力をかけすぎることへの懸念に加え、北朝鮮と取引する中国企業への影響や、広大な中国のすべての港で輸入制限を監視する難しさに触れています。

 次の決議に向けては、米中交渉で石油輸出禁止に中国がどこまで応じるかが焦点です。


制裁破っても罰則あるわけでもない
 決議の効果という意味では、すべての国連加盟国を縛ると言っても罰則があるわけでもなく、必ず実施されるわけではないという弱みもあります。

 決議実施に関する加盟国から安保理への報告は、アジアから遠い中東やアフリカなどの途上国で芳しくありません。

 日本は他国で経済制裁の態勢が整うよう、東南アジアで税関などの「能力構築支援」をしています。


【すったもんだの理由:その2】「圧力」だけかけても…
 制裁決議を主導するアメリカは「対話に向かわせるための圧力」を国際社会に呼びかけますが、その対話の場がないまま圧力が強まっています。

 そのため、制裁をすることが北朝鮮に「アメリカ主導の圧力から自衛するために核・ミサイル開発を開発する」という口実を与えている面もあります。

 北朝鮮の核問題に関する米中ロ日韓との6者協議は08年から、米朝の直接対話は「戦略的忍耐」のオバマ政権当時の12年から動いていません。

 金一族が世襲する体制を守ろうとすでに核保有を宣言した北朝鮮と、非核化へ具体的に動かない限り対話に応じないという今の日米の間には溝があります。

 ただ、過去の決議では、数十の項目が並ぶ制裁による圧力だけではなく、「6者協議の再開を」と対話も求めています。

 4月に安保理の閣僚級会合が開かれた際、中国の王毅外相は「対話がある時は朝鮮半島は安定していた。すべての関係国は決議に従い、対話へさらに努力をしてほしい」と訴えました。


【すったもんだの理由:その3】核兵器を持っている国に言われても…
 安保理という組織が核問題に対応する限界として、国連で指摘されてきた「そもそも論」があります。

 安保理の決定を左右する5常任理事国が、核不拡散禁止条約(NPT)で「核兵器国」として認められた5カ国と重なることです。

 核兵器を持つ5大国が軍縮の努力を尽くさずに、他国の核開発に安保理決議で制裁を科すというのはご都合主義ではないかという趣旨です。


「核兵器禁止条約」日本もアメリカも不参加
 「核なき世界」を掲げた前米大統領のオバマ氏は国際政治の舞台を去りました。

 そんな世界はNPTの下ではいつまで経っても実現しないということで、国連での交渉会議を経て、7月に核兵器禁止条約が122カ国の賛成を経て採択されました。

 人道的見地から核兵器の存在を否定するなど踏み込んだ内容で、「核兵器国」や、アメリカの核の傘の下にある日本は参加しませんでした。


悪循環から抜けるには?
 この核兵器禁止条約は、NPTの「核兵器国」=常任理事国である安保理に核問題を解決できるのか、という国際社会からの挑戦状と言えます。

 安保理がいくら制裁決議を重ねても北朝鮮の核・ミサイル開発を止められない悪循環から、どうすれば抜け出せるのでしょうか。

 スウェーデンにあるストックホルム国際平和研究所は今年の報告書で、世界中にある約1万5千の核兵器のうち92%をロシアとアメリカが持ち、英仏中を入れた上位5カ国では97%を占めると推定しています。

 これと重なる常任理事国が核軍縮をさらに進め、安保理が担う「国際の平和及び安全の維持」を、核の力に頼らずに実現するよう努めることが必要ではないでしょうか。

 常任理事国がそうした姿勢で率先すれば、多くの国が共感し、安保理による制裁決議への協力も進むでしょう。それこそが北朝鮮に対する「対話に向かわせるための圧力」になると思います。




北朝鮮高官、核開発「続ける」=猪木議員、帰路北京で語る
【北京時事】7日から北朝鮮を訪問していたアントニオ猪木参院議員は11日午前、経由地の北京に到着し、北朝鮮滞在中に会談した李洙※(※土ヘンに庸)朝鮮労働党副委員長が核・ミサイルについて「開発は続ける。われわれは最後の目標まで頑張る」と述べたことを明らかにした。空港で記者団に語った。同日の帰国後に記者会見する。

 猪木議員によると、李副委員長は「これからいろいろな情勢がある」とも述べた。国連安保理の制裁をめぐる議論などを指すとみられる。

   猪木議員は、9日の北朝鮮建国記念日に合わせて招待を受け訪朝した。(了)






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_1041247.jpg

 3.11東日本大震災    津波 460
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-11 05:38 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月10 日(日 ):対北サイバー攻撃検討、中国銀行制裁も…米報道

【ソウル=宮崎健雄】米NBCニュースは8日(現地時間)、複数のホワイトハウスや国防総省高官の話として、6回目の核実験をした北朝鮮に対し、米国がサイバー攻撃を含めた外交・軍事措置を準備していると報じた。

北朝鮮と取引のある中国の銀行に対する制裁や、日本と韓国のミサイル防衛(MD)網強化も検討。「多くの人がありえないと考えている」としながらも、韓国の野党やメディアから要望が出ている戦術核兵器の韓国再配備も排除していないという。

安全保障担当の補佐官たちは、先制攻撃や核使用を含む軍事的な選択肢をトランプ米大統領に提示しながら、深刻な報復を受ける可能性があるとも説明した。

一方、中国はトランプ政権に対し、北朝鮮を先制攻撃した場合、北朝鮮を支援し、中国企業への制裁についても報復すると警告したという。




加計疑惑めぐる安倍官邸の抗議に東京新聞の望月記者が反論
菅義偉官房長官の会見をめぐり、首相官邸報道室が9月1日、東京新聞官邸キャップに抗議書を送ったことが波紋を広げている。

 官邸が問題視したのは、加計問題で菅官房長官へ厳しい質問を浴びせ、注目された東京新聞社会部の望月衣塑子記者の発言だ。

 官邸資料によると、8月25日午前の菅官房長官会見で望月氏は、「加計学園獣医学部設置の認可保留」に触れ、次のように質問していた。

望月氏「最近になって公開されています加計学園の設計図、今治市に出す獣医学部の設計図、52枚ほど公開されました。それを見ましても、バイオセキュリティーの危機管理ができるような設計体制になっているかは極めて疑問だという声も出ております。また、単価自体も通常の倍くらいあるんじゃないかという指摘も専門家の方から出ています。こういう点、踏まえましても、今回、学校の認可の保留という決定が出ました。ほんとうに特区のワーキンググループ、そして政府の内閣府がしっかりとした学園の実態を調査していたのかどうか、これについて政府としてのご見解を教えてください」

菅官房長官「まあ、いずれにしろ、学部の設置認可については、昨年11月および本年4月の文部科学大臣から大学設置・学校法人審議会に諮問により間もなく答申が得られる見込みであると聞いており、いまの段階で答えるべきじゃないというふうに思いますし、この審議会というのは専門的な観点から公平公正に審査している、こういうふうに思っています」

 官邸は望月氏の質問が、文科省が加計学園に「認可保留」を正式発表(解禁)する前であったことを問題視した。

 7日後の9月1日、東京新聞官邸キャップ に対し、官邸は文書で〈官房長官記者会見において、未確定な事実や単なる推測に基づく質疑応答がなされ、国民に誤解を生じさせるような事態は、断じて許容出来ません〉〈再発防止の徹底を強く要請いたします〉と厳重注意した。

 官邸の抗議書に対して望月氏は、こう反論する。

「文科省の正式発表前に質問しましたが、加計学園獣医学部設置の『認可保留』という事実関係自体が誤っていたわけではありません。うちの担当記者が取材で大学設置審議会の保留決定の方針を詰めて、記事も出ていたため、菅官房長官会見で触れたのです。ただし文科省の正式発表であるかのような印象を与えたとすれば、私の落ち度といえるでしょうが……」

 官邸のこの抗議書に対し、加計問題を取材した多くの報道関係者、国会議員らが違和感を覚えたという。

「認可保留」という公知の事実を、文科省の正式発表よりも少し前に質問で触れたところで、国民に誤解を生じさせるとは考えられないからだ。

 ちなみに文科省の正式発表は8月25日午後で、望月氏の質問はわずか2時間足らずのフライングに過ぎない。

 しかも加計学園に対し、「認可保留」を決定した文科省の設置審議会が開かれたのは8月9日で、テレビや新聞はすでにその直後から「認可保留」の方針決定を繰り返し、報じている。


官邸から抗議を受けた東京新聞の望月衣塑子記者(撮影・横田一)© dot. 官邸から抗議を受けた東京新聞の望月衣塑子記者(撮影・横田一)
 官邸の抗議文を一刀両断に批判したのは、民進党の小西洋之参議院議員だ。ツイッターで官邸が送った書面を公開し、〈不当な言論弾圧そのもの。東京新聞は断固抗議すべきだ〉と記している。

 東京新聞に対し、官邸はなぜ、このような抗議書をわざわざ出したのだろうか。

 “謎”を解くカギは、望月氏が質問した8月25日から抗議文が出る9月1日までの7日間のタイムラグだ。

 望月氏は8月31日の菅官房長官会見で、北朝鮮のミサイル発射前夜に安倍晋三首相が公邸に過去2回(8月25日と28日)、宿泊したことなどについて次のように質問している。 

「(安倍首相が公邸で待機したということで)前夜にある程度の状況を政府が把握していたのなら、なぜ事前に国民に知らせなかったのですか」

「Jアラートの発信から逃げる時間に余裕がない。首相動静を見て、(首相が)公邸に泊まると思ったら、次の日はミサイルが飛ぶのですか」

 こうした望月氏の発言を「トンデモ質問」と一部のメディアが取り上げ、批判した。この日の質問について望月氏は、こう補足解説をする。

「金正恩委員長が米韓合同軍事演習の中止を求めたのは『斬首作戦』が含まれていたからです。アメリカの攻撃で国家が崩壊したイラクやリビアの二の舞いにならないように、自国防衛のために核武装をしようとしている。相手の立場に立って考えることが重要。北朝鮮に核ミサイルを連射されたら日本全土を守り切ることは難しい。悪の枢軸として圧力をかけるだけではなく、北朝鮮との対話を模索してほしいとの考えから質問をしたのです」

 北朝鮮情勢が緊迫する今、安倍政権と異なるスタンスで記者が質問をしたとしても何ら問題はない。

 官邸の抗議に屈せずに望月氏が今後、菅官房長官会見でどんな質問を続けていくのか。注目される。(横田一)




「米朝軍事衝突なら朝鮮半島はほぼ壊滅する!」 元在韓米軍大尉が分析 ソウルは灰燼に帰す 日本にミサイル飛来も
【ワシントン=黒瀬悦成】北朝鮮と米国との緊張が臨界点に達し、軍事衝突が起きたとき、何が起きるのか。在韓米軍で対北朝鮮軍事演習のシナリオ策定に携わったチェタン・ペダッダ退役陸軍大尉は米外交専門誌「フォーリン・ポリシー」(電子版)への寄稿で、「北朝鮮は間違いなく敗北するが、朝鮮半島の大半が壊滅する」と警告する。

 寄稿で描かれた想定では金正恩体制は国際社会の制裁で危機に陥り、体制の維持が困難になったと判断した場合、「韓国への奇襲攻撃」で活路を見いだそうとする。ただ、北朝鮮軍は弾薬や食糧不足などから戦闘能力は「数日間」しか持続せず、一気に決着をつけようと、最初の数時間で南北非武装地帯周辺や在韓米軍駐屯地、日本の海空防衛施設にミサイルで集中攻撃をかけてくるとみられる。

 北朝鮮は約2500〜3千立方トンのサリンやVXガスなどの化学兵器、炭(たん)疽(そ)菌などの生物兵器を保有し、これらをミサイルに搭載して米韓の空軍基地や補給ルートに撃ち込み、米韓の作戦遂行や兵力の移動能力の減衰を図る可能性が高い。

 同時に北朝鮮のサイバー部隊121局が米韓の銀行や韓国の送電施設にサイバー攻撃を展開。停電や通信遮断による社会混乱への対処で米韓軍や警察が人員を割かれる状況となる。

 北朝鮮による攻撃開始から数時間で死者は数万人に達し、ソウルの大半が灰燼(かいじん)に帰する。数百万人が国内避難民と化すとみられる。

 在韓米軍は初日で数百人〜数千人が犠牲になるが反撃。米軍は日本や豪州、米本土から増援部隊を数日以内に送り込む一方、航空機や巡航ミサイルで非武装地帯周辺の砲兵部隊や北朝鮮全土の空海軍基地を攻撃。数時間後、北朝鮮の陸海空軍は事実上壊滅する。

 しかし、北朝鮮は沖合の潜水艦から特殊部隊を韓国沿岸に上陸させ、非武装地帯に掘られた地下トンネルを通じて部隊を韓国領内に侵入させる。トンネルは一時間に8千人を移動させることが可能とされる。

 韓国潜伏の北朝鮮工作員が韓国政府要人暗殺やサボタージュなどのゲリラ戦術も展開。最後は米韓軍に撃退され金正恩体制も崩壊するが、死者は数十万人に達することが確実視される。

 中国に難民が流入し、日米は南北から大量の受け入れを強いられる。朝鮮半島の復興には数十年かかる。

 これは北朝鮮が核兵器使用に踏み切らない場合のシナリオで、日本や米西海岸に核弾頭搭載の弾道ミサイルを撃ち込んだ場合、被害は桁違いに増大する。






9秒台、アフリカ系以外は数人だけ 桐生、一流の証明
4年前、京都・洛南高3年の桐生が10秒01をマークしてから、期待が高まっていた9秒台がついに実現した。国際陸上競技連盟のホームページによると、世界歴代99位となる桐生の記録は、世界的に見てもごくまれなケースといえる。

 1968年にジム・ハインズ(米)が電気計時で人類で初めて「10秒の壁」を破る9秒95を記録して以降、公認の9秒台は世界で過去120人を超える。ほとんどがアフリカにルーツをもつ選手で、例外は2010年に20歳で9秒98、9秒97を出した「白人初」のクリストフ・ルメートル(仏)、15年にアジア出身選手として初めて9秒台に突入する9秒99を出した蘇炳添(中国)ら数人しかいないと言われる。

 日本選手の最初の電気計時日本記録は、68年の飯島秀雄の10秒34だった。30年近い年月をかけ、朝原宣治が97年に初の10秒0台となる10秒08をマーク。翌年、伊東浩司が10秒00を出した。その後、朝原は10秒02、03年世界選手権200メートル3位の末続慎吾が10秒03で走ったが、9秒台に到達できなかった。

 今年現役を引退したウサイン・ボルト(ジャマイカ)の世界記録9秒58にはまだ遠いが、9秒台は、一流の証明であることに変わりはない。五輪および2年に一度開催される世界選手権の男子100メートルにおいて、準決勝で9秒台で走って決勝へ進めなかった選手は、過去に一人もいない。

 日本選手が3年後の東京五輪で決勝に進めば、五輪・世界選手権を通しても1932年ロサンゼルス五輪6位の吉岡隆徳以来、実に88年ぶりとなる。桐生に次いで、山県亮太(セイコー)、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)、多田修平(関西学院大)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)ら10秒0台の有力選手が競い合う日本の男子短距離陣。夢は大きく膨らむ。






戦略爆撃機やステルス機展示=航空祭で、北朝鮮けん制?-三沢基地
航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)で10日、航空祭が開かれ、米軍のB1戦略爆撃機や最新鋭ステルス戦闘機F35Bが展示された。いずれも米軍の抑止力を担う戦力で、来場者の目を引いた。公開は、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いもあるとみられる。

展示されたのは、このほか、最新鋭の電子戦機グラウラーや対潜哨戒機P8ポセイドンなど。自衛隊の航空祭で米軍機が展示されることは多いが、「ここまで米軍の航空戦力がそろうのは珍しい」(自衛隊幹部)。

B1爆撃機は米領グアムから飛来。B1は9日に東シナ海で空自戦闘機と共同訓練を実施した。F35は岩国基地(山口県岩国市)に配備されている。8月末に日韓と訓練している。 (了)


[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_10381058.jpg

      3.11東日本大震災   津波 458
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-10 04:28 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9 月9 日(土 ):真夜中を襲ったメキシコの大地震「過去100年で最大」

メキシコ沖を7日深夜に襲ったマグニチュード(M)8・1の巨大地震は、メキシコで26人の死者が確認され、住民らが生き埋めになったとの情報が流れるなど深刻な被害をもたらしたとみられている。真夜中の惨事に現地では被害の全容が明らかになっておらず、懸命な救助活動が続けられている模様だ。

メキシコでM8.1 死者30人超、多数生き埋めの情報

 「生き埋めになっている人がいる。まだ生きています。助けてください」

 メキシコの地元メディアは、震源に近いメキシコ南部オアハカ州からそう懇願する女性の映像などを伝えた。CNNスペイン語版などによると、震源に近い同州フチタンなどで多くの人が建物の倒壊などで生き埋めになったという。

 地元メディアはツイッターにフチタン中心部の広場の現状として、暗闇の中にがれきが積み上がっている画像を投稿した。広場周辺の建物のうち、市庁舎を含む半数ほどが倒壊したとの情報もある。同州のマティアスロメロではホテルが倒壊しているという。現地は停電し、携帯電話も通じにくい模様だ。

 同州と隣接するチアパス州には約900万人が住んでいる。メキシコの中でも比較的貧しい地域とされる。建物の倒壊などで少なくともオアハカ州で20人、チアパス州で3人の死者が確認された。AFP通信によると、タバスコ州でも子ども2人が死亡した。1人は崩れた壁の下敷きになり、もう1人は地震による停電でつけていた人工呼吸器が止まったという。

 「もうベッドの中で休んでいた。家も家財も何もかもなくなってしまった」

 米CNNは、電話口に出たチアパス州の男性の声を伝えた。メキシコ時間の深夜に襲った巨大地震。同州政府によると、多数の建物が倒壊しており、機能を失った病院も含まれる。ベラスコ知事は地元メディアの電話取材に「チアパスの歴史で最も大きな地震だ」と述べた。本震の後、余震が続いているとして「命を守ってほしい」と呼びかけている。

 メキシコのペニャニエト大統領は、「今回の地震は過去100年で最大」と宣言した。同国の地震研究機関は当初、地震の規模をメキシコ観測史上最大のM8・4と発表していた。

 ログイン前の続きロイター通信などによると、オアハカから北西に約350キロ離れたメキシコ市も大きな揺れに見舞われた。町には警報が鳴り響き、人々がパジャマ姿で路上に飛び出した。毛布にくるまって寒さに耐える人たちや、泣き声を上げる子どもたちの姿も見られた。また国際空港が閉鎖され、周辺を含む停電で100万人以上に影響が出た。

 メキシコ市のホテルに長期滞在している田辺志朗さん(50)は電話取材に「突然揺れがおそった。横揺れが1~2分続き、建物の中にいた人は外に避難した。建物や塀が崩れるようなことはなかった」と話した。

 田辺さんによると、SNS上にはオアハカ州の写真が多く出回っていて、建物が潰れたり、人が生き埋めになったりしているものがあったという。「オアハカ州は観光地でもあるので心配だ」とも語った。

 太平洋津波警報センターによると、メキシコ沿岸では約70センチの津波が観測され、当局が沿岸の住民を避難させた。

 オアハカ、チアパス両州があるメキシコ南部は、複数のプレートが重なり合った地震の多発地域で、これまでもたびたび大規模な地震を引き起こしている。

 1985年には、付近を震源とするM8・1の地震があり、同国で1万人以上が死亡した。この時は湖を埋め立てた地盤の上につくられたメキシコ市でも、多数の高層のビルが倒壊。被害を教訓にビルの建築基準の見直しや、地震の発生を検知して揺れを感じる前に警報を鳴らす警報装置の整備などの対策が進んだという。(ボゴタ=田村剛)




記者会見の質問めぐり、官邸が東京新聞に抗議
首相官邸報道室は、東京新聞記者が菅義偉官房長官の記者会見で、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設の可否を検討する「大学設置・学校法人審議会」の答申をめぐって不適切な質問をしたとして、東京新聞に抗議した。記者会見での個別の質問に文書で抗議するのは異例だ。

 8月25日の官房長官会見で、東京新聞記者が質問で「今回、学校の認可の保留という決定が出た」と言及。質問した時点では政府が正式に結果を公表していなかったため、官邸報道室は9月1日、「未確定な事実や単なる推測に基づく質疑応答がなされ、国民に誤解を生じさせるような事態は断じて許容できない」との書面を同社に出した。

 菅氏の8日の記者会見で、他メディアの記者が、東京新聞の質問時点では各社が認可保留の見通しを報じていたと指摘し、「東京新聞記者だけが厳しく注意されるのか」と質問。菅氏は「政府の立場で改めて答えることは控えさせていただくが、記者会との間で報道解禁日を約束した上で、その前に丁寧に説明を行うことがある」と述べた。




【山尾志桜里氏不倫報道】密会の日「主人の勧めで実家で病気療養」 弁護士の妻が「モーニングショー」で証言
 民進党を離党した山尾志桜里衆院議員(43)の不倫疑惑問題で、交際相手とされる倉持麟太郎弁護士(34)の妻が、8日放送の情報番組「モーニングショー」(テレビ朝日系)で、2人が密会したとされる日に倉持氏の勧めで病気療養のため実家に帰っていたと証言した。

 不倫問題を報じた週刊文春によると、山尾氏は8月28日と31日に倉持氏の都内のマンションに宿泊。今月2日に名古屋市内のイベントに2人で参加し新幹線で帰京後、ホテルへ向かったとしている。

 番組によると、妻は「私に一過性の脳梗塞の前触れが出ていた」と説明し、「主人の勧めもあって療養のために子供と実家に帰っていた」と証言。2人が密会していたとされる8月28日や31日には「(8月)中旬からいなかったので状況は分からない」と答え、実家から戻ってきたのが、2人が名古屋から帰ってきた今月2日としている。

 このテレビでの証言に、ツイッター上では「絶対許せ無い。妻に対する背信行為」「病気療養中に密会を重ねるとか、これこそゲス不倫」「子供が可哀想だわ」といった批判の声が寄せられた。

 (WEB編集チーム)





[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_10355534.jpg

     3.11東日本大震災    津波 457
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-09 06:34 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月8 日(金 ):田原総一朗氏、安倍首相に「冒険」を提案 その内容とは

安倍晋三首相に持ちかけた「冒険」は、北朝鮮に乗り込む日朝首脳会談だった――。ジャーナリストの田原総一朗氏は7日、国会内で開かれた自民党国会議員の会合で講演し、北朝鮮と日米韓中ロで話し合う6者協議の復活を目指し、訪朝する案を首相に示していたことを明かした。

田原総一朗氏、首相に面会 内容「そのうち分かる」

 田原氏は7月28日、首相官邸で安倍首相と面会。記者団の質問に「政治生命をかけた冒険をしないか」と提案したと語ったが、内容は伏せていた。

 複数の出席者によると、田原氏は講演で「まずトランプ米大統領と会い、6者協議の復活を提案。トランプ氏が条件を出してきたら、中国の習近平(シーチンピン)国家主席やロシアのプーチン大統領に伝え、全員が了承すれば、安倍首相が訪朝し、金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長に話す」との腹案を示したと説明。「首相は『ぜひやりたい』と答えた」とした。






離党届の山尾氏「男女の関係はありません」 文書全文
民進党の山尾志桜里・元政調会長(43)=衆院愛知7区=が7日夜、記者団の前で読み上げた文書の内容は次の通り。

民進・山尾氏が離党届提出 既婚男性との交際問題報道で
「裏切られた」「脇が甘い」…山尾氏の地元、批判と困惑

     ◇

 本日発売の週刊誌報道に端を発し、国民の皆様、愛知7区地元有権者の皆様、ともに闘ってきた同士でもある子育てに奮闘するお母さんをはじめ応援いただいてきた皆様、同僚議員、自治体議員、民進党の党員・サポーターの皆様に、大変なご迷惑をおかけする事態になってしまいました。

 本当に申し訳ありません。

 今回の事態を受けて、本日離党届を幹事長に提出してまいりました。

 この週刊誌に記載のある○○(原文は実名)弁護士には、憲法問題や共謀罪、雇用問題など極めて幅広い政策分野において、政策ブレーンとして、具体的な政策の立案・起案作業や質問・スピーチ・原稿などの作成作業をお手伝いいただいてきました。こうした政策立案や質問作成などの打ち合わせと具体的な作業のため、○○弁護士とは頻繁にコミュニケーションをとってまいりましたし、こうした打ち合わせや作業は、二人の場合もそれ以上の複数人である場合もありました。打ち合わせ場所については、双方の事務所や会食の席上である場合が相当多数回ありますが、同弁護士のご自宅の場合もありました。

 また、本件記事記載のホテルについては、私一人で宿泊をいたしました。

 ○○弁護士と男女の関係はありません。

 しかし、誤解を生じさせるような行動で様々な方々にご迷惑をおかけしたこと、深く反省しおわび申し上げます。

 そのうえで、このたび、民進党を離れる決断をいたしました。

 まずは、冒頭に記載しましたとおり、国民の皆様、地元有権者の皆様、支援者の皆様、民進党同僚議員、自治体議員、党員・サポーターの皆様に改めておわびを申し上げます。

 また、とりわけ前原・民進党新代表には、新しい執行部を立ち上げるタイミングで、多大なご迷惑をおかけすることになったこと、先日の党大会で、党再生のために結束を誓いあった仲間の皆様の思いに、水を差す形になってしまったことに、心からおわび申し上げます。

 私は、民主党・民進党に育てられ、職責を果たすためのたくさんのチャンスをいただき、落選中を含めて支え続けていただきました。私自身、約10年前に政治の世界に挑戦を決めたときから現在にいたるまで、この国に必要な二大政党制の一翼を担う使命を負っているのは民主党・民進党であると確信し、離党を考えたことはこれまで一度もありません。感謝の気持ちで一杯であるのと同じだけ、苦しく、悲しい思いがあふれます。

 民進党が掲げてきた理念、取り組んできた政策への思いは今も変わりません。

 しかし、まもなく始まる臨時国会、国会論戦の場に、今回の混乱を持ち込むことは、民進党、そしてご支援いただいた皆様にさらなるご迷惑をおかけすることになると判断し、離党する決断をいたしました。

                  平成29年9月7日 衆議院議員 山尾志桜里




北朝鮮にとって核計画中止は「墓場への招待状」=プーチン大統領
[ウラジオストク(ロシア) 7日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は7日、米トランプ政権は北朝鮮との関係の緊迫化を緩和したいとの姿勢を示した、と述べた。プーチン大統領は、北朝鮮を取り巻く軍事的興奮の加速は逆効果だと主張。北朝鮮は核やミサイル計画を安全保障の唯一の手段とみなしており、中止することはないだろうとの見解を示した。


北朝鮮にとって核計画中止は「墓場への招待状」=プーチン大統領© REUTERS 北朝鮮にとって核計画中止は「墓場への招待状」=プーチン大統領
プーチン大統領はウラジオストクでの経済フォーラムで「北朝鮮を怖がらせることは不可能だ」と指摘。北朝鮮は武器凍結の見返りとして制裁の終了をほのめかされているが、同国の立場から見れば、安全保障リスクの方が制裁終了によるメリットより重大だとした。

さらに大統領は「北朝鮮には、われわれは経済制裁は課さない、だから暮らし向きは良くなり、おいしい料理が食卓に並び、もっと良い服を着ることができるようになると話している。ただ北朝鮮は、次の段階(である、核計画の中止)は墓場への招待状と考えており、これに決して同意しないだろう」と述べた。

大統領は、北朝鮮問題は外交手段によって解決できるとの見解も示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)





【北朝鮮核実験】対北石油禁輸は大打撃 北朝鮮、飢餓や社会混乱起ころうとも核・ミサイル優先
【ソウル=名村隆寛】国連安保理の対北制裁決議案の切り札とされる石油禁輸が実現した場合、北朝鮮に与える経済的ダメージは極めて大きい。

 石油精製品としてのガソリンの供給を断ち切ることによって自動車や船舶、航空機の稼働がさらに困難となる。また、戦闘機などの通常戦力、ミサイルはもちろん、移動式弾道ミサイルの運搬車両にも影響が及ぶことは必至だ。

 石油禁輸に反対するロシアなどが指摘するように、病院など一般市民の生活が深刻な影響を受けることも予想される。社会混乱が起き、大量の難民が発生することや、政権崩壊までもが中国などでは懸念されている。

 ただ、プーチン露大統領が指摘したように、「北朝鮮は草を食べても核を放棄しない」ものとみられる。人民の生活よりも、金正恩(キム・ジョンウン)政権の維持に直結する核やミサイルが重要であるためだ。人民を飢えさせても核開発にこだわった金正日(キム・ジョンイル)政権下の1990年代後半での出来事が、それを証明している。

 それよりも問題は、対北石油禁輸が米国などの要求通り実現するかだ。

 北朝鮮の石油需要は年間90万トンで、うち50万トンが中国に頼っているといわれる。約20万トンがロシアから輸入されているとされ、プーチン大統領も対北輸出を認めている。

 石油の供給を完全に停止せず、抜け道がある限り、金正恩氏が人民を餓死させても核・ミサイルを手放すことはなさそうだ。








[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_10335610.jpg

       3.11東日本大震災    津波 454
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-08 04:30 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9 月7 日(木 ):南シナ海の島に魚市場 日本、中国牽制で建設支援

インドネシアを訪問中の和泉洋人首相補佐官は6日、同国のスシ海洋水産相と会談し、両国が合意していたインドネシアの離島開発や水産業振興への日本の支援の具体案として、中国が広域に領有権を主張する南シナ海にあるインドネシア領ナトゥナ諸島で漁港や魚市場の建設を来年にも始めることを確認した。

 ナトゥナ諸島の排他的経済水域(EEZ)は、中国が領有範囲だと主張する「九段線」と一部が重なり、中国側とのあつれきが生じている。日本には同諸島の開発に力を入れたいインドネシア政府を支援することで、中国を牽制(けんせい)する狙いがある。

 具体的な協力案として、水産物を離島から主要港へ運ぶ船や漁業監視船の建造、海洋データ観測における日本の衛星技術の活用なども挙げられた。

 両国は昨年12月、インドネシアの海洋立国化を支援するために閣僚級で話し合う枠組み「日本インドネシア海洋フォーラム」を発足させ、海洋における安全保障や産業育成の協力について話し合ってきた。(ジャカルタ=古谷祐伸)





山尾志桜里 幹事長撤回の理由は「9歳下弁護士との禁断愛」
前原誠司新代表率いる民進党で幹事長に一度は内定したものの、9月5日の両院議員総会当日、一転無役となった山尾志桜里衆院議員(43)。前代未聞の人事撤回の背景には、「週刊文春」9月7日発売号に掲載される山尾氏の「禁断愛」の記事があるという。

 9月2日、幹事長に内定した夜、山尾氏は都内の高級ホテルにひとり姿を見せた。白いシャツにデニムパンツというラフな格好で現れ、チェックイン。それから約20分後、黒いキャリーケースを引いたイケメン男性がホテルのエントランスに姿を見せた。この男性はテレビのコメンテーターなどでも知られる弁護士の倉持麟太郎氏(34)だ。赤ワインやビールを買い込んだ彼は、彼女が待つ36階のダブルルームへと消えて行った。

 2人がチェックアウトしたのは翌日早朝のことだった。


後部座席にはチャイルドシートが…… ©文藝春秋© 文春オンライン 後部座席にはチャイルドシートが…… ©文藝春秋
「9月3日、週刊文春から取材をうけた後、山尾氏は前原氏から事情聴取を受けた。山尾氏は『そのようなことはありません』と頑なに否定したそうです。一度は代表代行に据える方針に決まりかけましたが、結局、前原氏はスキャンダルから守り切れないと判断。山尾氏の執行部入りを断念しました。両院総会にヒラ議員として出席した山尾氏は明らかに不満げな様子でした」(民進党関係者)


前原氏は彼女の釈明を信じた!? ©文藝春秋© 文春オンライン 前原氏は彼女の釈明を信じた!? ©文藝春秋
「週刊文春」取材班は、9月1日の代表選の最中を含め、2人の密会を週4回確認している。山尾氏の事務所は文書で次のように回答した。「(倉持氏との男女関係について)そのような事実は一切ございません。仕事上の関係です」。

 YouTubeの「週刊文春公式チャンネル」では直撃時の映像を配信中(https://youtu.be/ZJ6AhnlAOUk)。

「週刊文春」9月7日発売号では、デートの様子、2人への直撃取材を写真つきで詳報している。





元横綱朝青龍、モンゴル大統領特使に 首脳会談に同席
 安倍晋三首相は東方経済フォーラムが開かれているロシア・ウラジオストクで6日夜、7月に就任したモンゴルのバトトルガ大統領と初会談し、北朝鮮をめぐる核・ミサイルや拉致問題の解決に向けた協力を確認した。

 日本政府の説明によると会談は約50分間。モンゴルと北朝鮮は古くからの友好国で、安倍首相は「核実験の強行は断じて容認できず、実効的な圧力を強化する必要がある」と訴えた。両首脳は、国連安全保障理事会決議の厳格で全面的な履行を確認した。

 会談には、モンゴル出身で大相撲の元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏が同席。バトトルガ氏は「日本との協力関係を進めるため、大統領特使に任命した」と紹介したという。(ウラジオストク=板橋洋佳)




国循「残業300時間まで」の労使協定 過労死基準3倍

臓器移植や救急など高度医療を担う国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)が、勤務医や看護職員の時間外労働を「月300時間」まで可能にする労働基準法36条に基づく労使協定(36(サブロク)協定)を結んでいたことが、弁護士による情報公開請求でわかった。国の過労死認定基準(過労死ライン)の「月100時間」の3倍にあたる長さで、国循は今後協定内容を見直す方針という。

過労死の看護師の母「悲しみ再び誰かに…」国循労使協定

 府内の主要病院が労働基準監督署に届け出た36協定の開示を、過労死問題に取り組む松丸正弁護士(大阪弁護士会)が国に請求。国循の36協定(2012年4月1日付)では、非常勤を含む勤務医や一部の看護師、研究職ら約700人について、特別な事情がある場合、「月300時間、年間2070時間」まで時間外の労働時間を延長できる(年6回まで)内容となっていた。

 病院側と「労働者過半数」の代表とが取り交わしたもの。ほかの病院は上限100時間前後までの協定が多かった。

 国循は取材に、実際の勤務は「(36協定の上限時間までに)十分余裕はある」と説明。長時間労働の場合は所属長に勤務の分担を求めたり、職員に産業医との面談を勧めたりしているとした上で、「国で議論されている(働き方改革の)内容を踏まえ協定内容を見直す予定だ」と明らかにした。





学区の小学校から14人卒業、なのに公立中に入学者ゼロ
三重県松阪市の山あいの中学校で1年生がゼロという異例の事態になっている。通学区域の小学校からは今春14人が卒業したのに、1人もこの中学校には進まなかったという。一体、なぜ?

 ポーン、ポーン……。

 8月。緑に囲まれた松阪市立大江中の校庭に、テニスボールの音が響いていた。「ちょーギリギリや」「ごめん」。声を掛け合うソフトテニス部員は、男女8人。すべて2年生だ。

 3年生が7月に引退して女子は2人になり、団体戦に出場できなくなった。「ほかの中学より(練習で)ボールを打つ機会は多い。個人戦で結果を出せるようがんばりたい」と谷口瑠菜さん。男子は今季に県大会に進み、安田廉生さんは「内容の濃い練習をしている」と自信を見せた。

 大江中は2、3年生で23人の小規模校だ。「先生が一人ひとりの生徒に接する時間が長く、学習面でメリットがある」と中西裕之校長。授業で発言や発表をする機会が多く、行事もリーダー役を任されやすい。

 ログイン前の続きただ、通学区域は小中1校ずつ。9年間ほぼ同じ顔ぶれになる。「生徒同士の上下関係や友だちへの評価が固定しないよう配慮している」と中西校長は話す。

 大江中は昨年10月、地域の保護者81世帯に対して、統廃合についてアンケートを実施。具体的に近隣の中学の名前を挙げて、統合する希望先まで聞いた。この結果、統廃合が「必要」「仕方ない」という回答が7割を占めた。

 こうした動きの後、学区の小学校を巣立った14人の子どもたちは一人として大江中に進まなかった。

 市教委によると、3人は志望する部活動がない場合などに認められる特例を使って隣接学区の中学に進学。7人は住民票を移す形で隣の多気町の中学に進学した。私立中に進んだ生徒もいた。

 小学校のある保護者は「(卒業前の)6年生の保護者の間で『うちの子だけ大江中に取り残されるんじゃないか』という不安が広がった」と、大江中が避けられた背景を打ち明ける。

 「入学ゼロ」の衝撃は大きかった。

 今年6月には、小中の保護者や自治会関係者、校長、市教委などで協議会ができた。あらためて小中の保護者に意見を聞くと、今度は存続に前向きな声が大勢を占めた。ただ、会合に足を運んだのは保護者の半数ほどだった。

 市教委は存続を願う地元の意向に沿う形で、小中一貫教育など四つの取り組み案を8月の会合で示した。年約30コマの「合同授業」案は、バスで他校に集まり、大勢でサッカーや合唱、討論ができるといった具合だ。

 委員からは「(次に入学予定の)5、6年生の親御さんをどう納得させるか。即効性を考えないと」といった声も上がった。

 来春の進学シーズンに向けて、模索が続く。(高木文子)




a0044103_19343692.jpg

大規模な太陽フレア発生=GPS、通信影響の恐れ-情報機構
情報通信研究機構は7日、大規模な太陽フレア(表面の爆発現象)が観測され、全地球測位システム(GPS)や電波通信などに影響を与える可能性があるとして、注意を呼び掛けた。

 情報機構によると、大規模フレアは6日に2回発生した。このうち午後8時53分(日本時間)に発生したフレアは、2006年12月5日以来、11年ぶりの規模という。

 機構はフレアに伴って放出された放射線や高エネルギー粒子が8日午後3時ごろ、地球に到達すると予想。到達後の数日間は、GPSの測位誤差増大や地上の電波通信の障害、人工衛星の故障などの恐れが高まるとしている。

 (了)






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_1031223.jpg

      3.11東日本大震災     津波 453
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-07 06:07 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月6日(水 ):米にさらに多くの「贈り物」、北朝鮮高官が警告

[ジュネーブ 5日 ロイター] - 北朝鮮の韓大成駐ジュネーブ国際機関代表部大使は5日、当地で開催された国連主催の軍縮会議で、米国にさらなる「贈り物」を届ける用意があると言明した。

韓氏は、北朝鮮が「9月3日に大陸間弾道ロケット向けの水素爆弾実験を行い、成功したことに満足している」と語った。


北朝鮮高官、米国に「さらに多くのプレゼント」贈ると警告© REUTERS 北朝鮮高官、米国に「さらに多くのプレゼント」贈ると警告
さらに、北朝鮮の最近の自衛措置は米国に宛てた「贈り物」とし、「北朝鮮に圧力をかけようとして無謀な挑発行為や無益な試みに頼るのであれば、米国はさらに多くの贈り物を受け取る」と語った。

北朝鮮が行使した軍事的手段は、米国による北朝鮮の孤立化を目的とした核の脅威や敵対的政策に対する「制限的かつ正当化される自衛権」と主張。そのうえで北朝鮮に対する「圧力や制裁に効果はない」とし、「どのような状況下においても北朝鮮が核抑止力を交渉の席で討議することはない」とした。

米国のロバート・ウッド軍縮大使は、北朝鮮の核実験は国際社会への新たな挑発とし、「国連安保理の枠組みで他国と協力し、北朝鮮にできる限り厳格な制裁を課すことを期待している」と語った。

さらに「(核)実験や脅威、(世界を)不安定にする行動はもはや容認されないと言明する時が来た」とし、「北朝鮮の現体制とはもはや通常の交渉を行うことはできない」と語った。

また、「核兵器や弾道ミサイルに多額の資金をつぎ込むのではなく、隣国との和平や経済発展、国際社会への復帰の機会という贈り物を国民に捧げるべきというのが私の北朝鮮に対する提言だ」とした。

*内容を追加して再送します。





山尾氏の幹事長起用、週刊誌取材受け断念 本人は否定
民進党の前原誠司代表は5日の両院議員総会で、役員人事案を示し、了承された。幹事長は、内定していた山尾志桜里・元政務調査会長から大島敦・元総務副大臣に差し替えた。前原氏は記者団に「山尾さんを(幹事長に)という気持ちはあったが、総合的に判断した」と述べた。


民進党の両院議員総会に出席した山尾志桜里・元政務調査会長=5日午後4時14分、東京・永田町、山本裕之撮影© 朝日新聞 民進党の両院議員総会に出席した山尾志桜里・元政務調査会長=5日午後4時14分、東…
 大島氏のほかに了承されたのは、代表代行に代表選を争った枝野幸男・元官房長官を、選挙対策委員長に枝野氏陣営の選対本部長だった長妻昭・元厚生労働相を、政調会長に階猛(しなたけし)・元総務政務官を、国会対策委員長に松野頼久・元官房副長官を起用する人事。

 前原氏は当選2回の若手ながら、国会で匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」を取り上げたり、共謀罪法の問題点を指摘したりして安倍晋三首相を追及した山尾氏を登用することで刷新感を打ち出し、低迷する党勢の回復につなげようとした。

 代表選で前原氏を支持した議員を中心に、山尾氏の政治経験の少なさや調整力を懸念する声が相次ぐなかでも、前原氏は山尾氏を登用する意向だったが、その後、「週刊誌が山尾氏の男性との交際問題を取材している」(党関係者)との情報を得て、起用を断念した。

 山尾氏は交際問題を強く否定しており、前原氏は代表代行への横滑りも検討したが、党に与える影響を考慮し、執行部入り自体を見送った。前原氏は記者団に、「(週刊誌の)記事も読んでいない。有為な人材なので、活躍の場をしっかり探していきたい。どういうポジションがいいか、少し時間をおいて考えたい」と述べた。

 幹事長に決まった大島氏は民間企業に勤めた後、2000年衆院選で埼玉6区から民主党公認で初当選し、現在6期目の60歳。今回の代表選では、前原氏陣営の選対本部長を務めた。記者団には「代表のもとで、党をしっかりとまとめていく」と話した。(別宮潤一)



a0044103_5395444.jpg


石坂浩二 若手時代フジから1千万円前借り「2年ぐらいただ働き」で返済

 俳優の石坂浩二(76)が5日、都内で自身が出演するBSジャパンの新番組「石坂浩二のニッポン凄い人名鑑」(10月8日開始、日曜、後9時)の収録に臨み、取材に応じた。自分だけのお宝をゲストが持ち込む内容になっているが、石坂にとっては「ギュスターヴ・モローの絵」だといい、その絵を買うために四十数年前にフジテレビから約1000万円もギャラの前借りをし、しばらくただ働きをしていたという思い出を語った。

 石坂は94年の番組発足当初から「開運!何でも鑑定団」の司会を担当。16年4月からBSジャパンの姉妹番組である「開運!何でも鑑定団 極上お宝サロン」を司会していた。この10月から発展する形になった新番組では、各界の凄い人を「凄人(スゴビト)」と位置づけて招き、石坂に「自分だけのお宝」を披露する。歴史的、美術的な価値にとどまらず、それぞれの思い出が詰まった品が紹介される。


俳優の石坂浩二© デイリースポーツ/神戸新聞社 俳優の石坂浩二
 石坂にとっては19世紀のフランスの画家、モローだったという。「中学生のころからずっと好きな画家で、一生のうちにどんな絵でもいいから持ちたいと思っていた」と考えていたという。石坂が三十代のころ、フジテレビで放送されていたトーク番組「スター千一夜」を70年代に担当していた際に、1枚の作品が売りに出されたことを聞きつけた。

 しかし、当時、絵を買うお金がない石坂はフジテレビと直談判。「1000万円ぐらい貸していただいた」と融資してもらい、その代わりに「スター千一夜」や、以後のドラマナレーションの仕事を「2年ぐらいただ働きで」こなして返済していったという。

 今も自宅にその作品は飾ってあり、眺める度にお金を貸してくれたことを思い出すという。「ありがたかったなあ。これからのテレビ局もそうなってもらいたいなと思いますよ。ちょっと1000万って言ったら、『ん、そうか。ただで働けよ』となったら、どんなにいいか」としみじみ。「借りまくって死んでやる」と落ちをつけてスタジオの笑いを誘った。

 特別にタイトルはついていないというこの絵が宝物である理由は、協力してくれた人との思い出があるからだと話す。「貸して下さった方とか、それを減らすために努力をしてくださった方は今でも忘れられませんし、そういう人たちと過ごした自分の青春時代、というには年をくっていましたけど、それが絵よりも宝物のような気がします」と語った。

 初回のゲスト、草笛光子はミュージカルの台本を持参し思いを語る。一方、毎回ゲストに対して考え抜いたおもてなしをする「石坂プレゼンツ」も用意され、草笛が好きだというシャンパンが用意される。






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_9484235.jpg

     3.11東日本大震災     津波 452
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-06 05:41 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月5 日(火 ):前原氏、「山尾幹事長」撤回を検討 民進党内の反発強く

 民進党の前原誠司代表は4日、幹事長に内定していた山尾志桜里・前政務調査会長を大島敦・元総務副大臣に差し替える検討を始めた。大島氏は代表代行にあてる方針だったが、山尾氏の幹事長登用への党内の反発が強まり、混乱回避を迫られた。人事の承認を求める5日の両院議員総会前に最終判断するが、目玉人事を撤回すれば前原氏にとって大きな痛手になる。

 前原氏は1日の代表選の翌2日、山尾氏の幹事長起用を含めた執行部の骨格人事を固め、関係者に伝えた。党勢が低迷するなか、当選2回の若手で、次世代のリーダー候補と目される山尾氏を登用することで、刷新感を打ち出すねらいがあった。

 ところが、前原氏を支持した議員を中心に、「政治経験が少ない山尾氏に党務を仕切れるのか」といった不満や資質を懸念する声が続出。前原氏の側近からも「人気取りは往々にして失敗する」との指摘があったという。

 大島氏は埼玉県出身の60歳。民間企業に勤めた後、2000年衆院選で埼玉6区から民主党公認で初当選し、6期目。民主党政権時代は内閣府副大臣や総務副大臣を歴任した。今回の代表選では、前原氏陣営の選対本部長を務めた。

 幹事長人事をめぐっては、昨年の代表選を制した蓮舫氏が野田佳彦元首相を起用したところ、党内の反発を受けて求心力を低下させた経緯がある。




対北朝鮮「最強の制裁措置を」 安保理緊急会合で米大使
北朝鮮の6回目の核実験を受け、国連安全保障理事会は4日午前(日本時間4日深夜)、ニューヨークの国連本部で緊急会合を開いた。米国のヘイリー国連大使は「最強の(制裁)措置をいま採らねばならない」と訴え、近く新しい決議案を配布し、11日の採択をめざす意向を表明した。北朝鮮への石油の輸出制限が焦点となるが、北朝鮮の不安定化を望まない中国が反対した経緯があり、協議は難航する可能性もある。

 緊急会合は米国と日本、英仏の4理事国に、利害関係国の韓国を加えた計5カ国が要請。公開で開かれ、各国が北朝鮮の核実験について演説を行った。

 制裁決議の交渉を主導するヘイリー氏は、24年間の国際社会の努力を経ても北朝鮮の核・ミサイル計画は進展し「これまでになく危険になった」と指摘。米国は戦争を望んでいないとしつつ、「忍耐に限界がないわけではない。我々は同盟国と領土を守る」と述べ、北朝鮮を強く牽制(けんせい)した。

 日本の別所浩郎・国連大使は「安保理はこれ以上時間を浪費してはならない」と訴え、制裁強化策を含む新たな決議を求めた。

 一方、中国の劉結一・国連大使は北朝鮮の核実験を「強く非難する」と述べたが、情勢を改善するのは対話の再開だと主張。また、北朝鮮の核・ミサイル開発の停止と同時に、米韓にも大規模な軍事演習の停止を求める従来の主張を繰り返した。中ロ首脳が7月の会談で合意した方針で、両国は安保理でも一貫して繰り返し、他の理事国に賛同を募っている。

 ロシアのネベンジャ国連大使も、朝鮮半島の問題を包括的に解決できる「唯一の道」は対話であると強調し、「全当事者に対話を即座に再開するよう求める」と演説した。




YouTubeから再生数に応じ著作権料 楽曲管理会社

EXILE、スピッツ、浜崎あゆみらの楽曲を管理する国内2位の音楽著作権管理会社NexTone(ネクストーン、東京都渋谷区)は4日、動画サイト・YouTubeから著作権料を徴収する際に、楽曲ごとの再生回数など利用実態を反映させる変動制とする新たな契約を結んだと発表した。

 N社は、自社が管理する楽曲(約10万曲)について、一般ユーザーらが投稿動画で使うことをYouTubeに包括的に許諾する一方、YouTubeから著作権料を徴収し、アーティスト側に分配してきた。これまでは、N社が受け取る年間の著作権料は定額とする契約で、楽曲がどれだけ使われてもその額を超えては支払われなかった。新契約では、管理楽曲が利用された分だけの著作権料を受け取ることができる。

 アーティスト側は、自身の楽曲が使われた動画の再生数に応じて上限なく分配されるようになった。

 楽曲利用の正確な把握が可能になったのは、YouTubeが持つ「データエクスチェンジ」というシステムによる。登録された作品情報を元にメロディーなどを分析して、動画の中で使われた楽曲を特定できるようになった。

 「著作権管理の透明度を100%に限りなく近づけるための大きな一歩」とN社の荒川祐二代表は話す。YouTubeの音楽部門総責任者リオ・コーエン氏は「アーティスト、音楽出版社、ソングライターが公平に保証されるよう力を注いでいきます」とのコメントを発表した。(赤田康和)





【北朝鮮核実験】菅義偉官房長官、アントニオ猪木参院議員に訪朝見送り求める
菅義偉官房長官は4日の記者会見で、アントニオ猪木参院議員(無所属)が7〜11日の日程で北朝鮮訪問を予定していることについて「全ての国民に北朝鮮への渡航の自粛を要請している。この政府の方針を踏まえ、適切に対応すべきだ」と述べ、訪朝見送りを求めた。

 猪木氏は、朝鮮労働党幹部ら要人との対話を通じ、核・ミサイル開発問題で打開の道を探る意向とみられる。




有村架純 「ひよっこ」撮影終了し号泣…「私の宝物。すごく誇りに思う」
女優の有村架純(24)が4日、ヒロインを務めているNHK朝ドラ「ひよっこ」のクランクアップ取材会に出席した。同局内のスタジオで共演者、スタッフからの花束を贈呈され、ハンカチで何度も目元をぬぐっていた。

 有村はラストシーンのチェックが終わり、編集も終わった自身の出演場面を見てハンカチで何度も目元をぬぐった。あいさつでは「毎日毎日、『ひよっこ』のことだけを考えて過ごしてきました」とヒロインとしての責任を負ったことを告白。「こんなにもあたたかい皆さんと、こんなにもあたたかい作品を作ることができて何よりも幸せです」と周囲に感謝した。また、「『ひよっこ』は私の宝物。すごく誇りに思います」とも述べた。

 「ひよっこ」は1964年の東京オリンピック前後の時代、茨城県を舞台にした架空の村・奥茨城村で育った、有村が演じる谷田部みね子の成長と人との出会いを描いたドラマ。出稼ぎのために東京へ行った父・実を追って上京し、様々な出来事を乗り越えていく。

 ドラマは昨年の11月2日に茨城県内のロケでクランクイン。約10カ月の撮影を完走した。

 放送は今年の4月3日から始まった。ビデオリサーチ調べによる関東地区の世帯平均視聴率は、初回が19・5%、9月2日までの期間平均は20・1%で、最高は8月8日放送回の23・7%だった。






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_947039.jpg

      3.11東日本大震災   津波 451
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-05 06:48 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9 月4 日(月):対北朝鮮、三つのシナリオ 圧力か対話か、軍事力行使か

北朝鮮がトランプ米政権の発足後、初めての核実験に踏み切った。米国の首都を直接攻撃できる核弾頭搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の完成が現実になりつつあるなか、米国や日中韓などの国際社会はどう対応するべきなのか。いずれのシナリオにも困難が待ち受けている。(編集委員・佐藤武嗣、ワシントン=峯村健司、ソウル=牧野愛博、北京=西村大輔)

北朝鮮、6度目の核実験 人工地震とみられる揺れ観測

■シナリオA 圧力強化なら?

 「北朝鮮の政策を変えるために圧力を強めていく、政策行動を変えさせる。そのことが大事だ」。菅義偉官房長官は3日、北朝鮮の核実験実施を受け、原油の取引規制を含む対北制裁を強化する考えを強調した。

 米国が北朝鮮への軍事攻撃に踏み切れば、日本や韓国が北朝鮮からの反撃を受け、甚大な被害は避けられない。一方、挑発を加速する北朝鮮との対話に米国が応じたところで、北朝鮮が核・ミサイル開発を放棄する保証はない。トランプ米政権もそんなジレンマから、対北経済制裁など圧力強化に力点を置いてきた。

 マティス米国防長官は8月末、「我々は外交的解決を決してやめていない」と発言している。日米両国が制裁強化によって圧力を強めることで、朝鮮半島の非核化に向けた対話に応じるよう北朝鮮に迫る構えだ。

 米政府は、石油の禁輸を最も有効とみている。韓国政府関係者によれば、北朝鮮には年70万~90万トンの原油需要がある。中国から約50万トン、ロシアから20万~25万トン、残りを中東諸国などから輸入している。非常用の備蓄量は約100万トンとみられている。

 石油を禁輸とすれば、中長期的に軍の車両や航空機が使えなくなるとみる。国連安全保障理事会で北朝鮮への石油禁輸を盛り込んだ追加制裁決議を提案することを検討している。

 ただ、安保理は8月に石炭の全…





トランプ氏が軍事行動選ぶかも…日本政府内に懸念
北朝鮮の6回目の核実験を受け、日本政府は3日午後、首相官邸で2度にわたり国家安全保障会議(NSC)を開催した。安倍晋三首相は外務、防衛両省などに対し、「特に日米、日韓などで綿密に関係を構築しながら対応を」と指示した。

特集:北朝鮮の核実験

 「これまでよりはるかに大きな規模の核実験。国際社会全体への脅威だ」。河野太郎外相は外務省でハガティ米駐日大使と約20分間会談した後、記者団にこう強調。ハガティ氏も会談後記者団に「北朝鮮がやっていることは誤算だと強制力でわからせる必要がある」と同調した。河野氏はその後、韓国の康京和(カンギョンファ)外相とも電話で協議し、北朝鮮に最大級の圧力をかける時期だとの認識で一致した。

 防衛省でも、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長とマルティネス在日米軍司令官が電話で協議し、日米の協力を確認した。

 日本政府が米韓との緊密な連携を強調するのは、軍事的挑発を強める北朝鮮に「対話をする意思がない」(河野氏)現状で、攻撃能力を持たない日本は、日米同盟をタテに外交的圧力を強めるほか打つ手がないからだ。米国がひとたび軍事的手段に出れば、日本も巻き込まれる恐れが高まる。

 ログイン前の続き外交防衛の司令塔である国家安全保障局の谷内正太郎局長は、マクマスター米大統領補佐官と電話で協議。日本政府は発表で、マクマスター氏から「拡大抑止を含めた安全保障上のコミットメントは揺るぎないことが強調された」と指摘した。

 だが、こうした外交圧力も実効性を欠くのが実情だ。昨年1月と9月の核実験でも、政府は外交ルートを通じて北朝鮮に抗議。国連安保理の緊急会合を要請して制裁強化を呼びかけたが、北朝鮮の挑発行為を止めるには至っていない。

 安倍首相が個人的な関係を強調するトランプ米大統領に対しても、政府内には北朝鮮の核実験強行を受け、軍事行動に踏み込みかねないとの懸念が出始めている。米国のレッドラインの見極めを含め、同盟国としてどこまで協力すべきか、安倍政権は難しい判断を迫られる可能性がある。

 こうしたなか、日本政府が注視するのが中国の出方だ。外務省幹部は「中国は『核実験は別問題』として、弾道ミサイル発射より重くみていた」と指摘。

 折しも核実験が行われた3日は、中国・アモイで習近平(シーチンピン)国家主席がホスト役を務めるBRICSサミットが開幕した当日。北朝鮮は昨年9月5日に中距離弾道ミサイルを発射したが、中国・杭州で主要20カ国・地域(G20)首脳会議の最中で、今年5月14日に弾道ミサイルを発射した時も、中国で習氏肝いりの「一帯一路」首脳会議の直前だった。外務省幹部は「中国は怒り心頭だろう」と指摘する。

 中国を含む各国の非難が高まったことで、政府内からは「脅威はもはやこれ以上上がらないところまで来ている。あとは政治的な駆け引き次第だ」(高官)との声も漏れる。(倉重奈苗)




高齢者の移動手段、どう確保?「車がないと生活が…」
「高齢者と運転」についてのご意見で目立つのが、「運転が不安でも車がなければ生活が成り立たない」という声です。車を手放した人に、買い物や通院に利用できる移動手段を確保できるかどうかは差し迫った課題です。どのような方法があるのでしょうか。各地で始まっているさまざまな移動支援の取り組みを取材しました。

【アンケート】便利すぎる?社会

■町民が運転者 安く送迎

 三重県菰野(こもの)町では住民がドライバーとなり、高齢者らを有料で送迎する「あいあい自動車」が昨年2月から走っています。

 バスやタクシーなどの公共交通機関が不十分な地域で自治体や交通関係者らが合意すれば、国土交通省に登録したNPO法人などが移動サービスを提供できます。この道路運送法に基づく制度を使い、菰野町でも社会福祉協議会が運営しています。町は事業費を補助します。今年度当初予算の額は約268万円です。

 リクルートホールディングスが開発した、運転者と利用者をマッチングするシステムを活用。利用者が希望する2日前までに専用タブレットか電話で予約すると、運転者のタブレットに予約状況が反映されます。運転者は都合のいい予約を選択します。利用者に電話で当日の流れを確認し、予約が成立します。

■使用車 社協が管理

 使用する車は社協が管理する軽自動車1台。41~74歳の男女20人が運転者として社協に登録しています。運行時間は日曜を除く午前8時半~午後5時。発着地のどちらかが、国交省に登録した町内の2地区であることが条件です。

 利用できるのは高齢者と障害者。いまは67~95歳の高齢者12人が社協に登録していて、多くが通院に使っているそうです。料金は15分ごとに500円で、複数で使った場合は料金を頭数で割ります。社協に支払われ、このうち175円が運転者への「謝礼金」になります。利用者は運行料金と1296円の月会費が毎月指定口座から引き落とされます。電話予約は月5回目以降から手数料270円が必要です。

 ドライバーを務める中田健二さん(73)は8月の平日午後、男性(88)を自宅で乗せ、10分足らずの温泉施設に送りました。予約時間に再び温泉施設へ迎えに行き、自宅まで戻りました。

 一人暮らしの男性は車の免許は持っておらず、「愛車」の原付きバイクは昨年、手で押していた時に転倒してから使うのをやめました。「路線バスは近くを通らず、コミュニティバスは1日3本。あいあい自動車は必要な時に迎えに来てくれ、タクシー料金より割安です。生活に欠かせない『足』」と言います。一方の中田さんは「好きな運転をして人の役に立ち感謝される。とてもやりがいを感じます」と話しています。ハンドルを握るのは月に平均8~10回。8月は19回に上ったそうです。

 三重県運転免許センターによると、菰野町の65歳以上で今年、運転免許を自主返納したのは7月末までに73人。昨年1年間の49人をすでに上回っています。

 あいあい自動車の運行は最初の月が9回。それが今年5月は56回になりました。ただ、2地区のうち一つは「予約が面倒」「町外に行けない」などの理由で利用が半年間ゼロだったこともあります。社協の担当者・松永直起さんは「移動手段の選択肢が多いことは、豊かな町づくりにつながる。地域の助け合いの一つとして、運転する人も乗る人も満足できるような方法で定着できるようにしていきたい」と話しています。

■アプリ通じて依頼

 こうした住民ドライバーによる移動サービスは、各地に広がりつつあります。京都府京丹後市丹後町のNPO法人が道路運送法の制度を使い昨年始めた「ささえ合い交通」は、配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズのアプリを利用し、自分のスマートフォンなどで車を呼びます。運転者の車で、町民のほか観光客などの利用者を運んでいます。

 一方、北海道天塩町は、国内で会員約3万9千人を有する相乗りマッチングサービス会社「notteco(ノッテコ)」と今年提携。生活圏域である約70キロ離れた稚内市との区間を走ります。運転者に払われるのはガソリン代のみで、道路運送法に基づく登録を要しない形態で運行しています。

■買い物支援の無料バス

 神奈川県の逗子市と鎌倉市では、隣接する両市の一部自治会と高齢者施設が協力し、2015年12月に「買い物支援バス」を導入しました。

 逗子市久木8丁目にある西友逗子ハイランド店で買い物を終えた人を、近くの特別養護老人ホーム「逗子清寿苑」の送迎用のバンで自宅の玄関前まで無料で送り届けます。運行は週2回で、無料。平均1回6、7人が使い、乗り切れず2往復する日もあります。

 車は清寿苑が無償で提供し、運転手も同苑のスタッフです。高齢者の乗り降りを手伝うため、自治会役員もボランティアで1人同乗します。

 7月中旬、ティッシュペーパーなどを抱えてバスに乗った女性(81)は「歩いたら家まで20分。助かります」と話しました。夫の運転する車で買い物をしていましたが、3年前に夫が運転をやめたそうです。

 逗子ハイランド自治会の大森啓亘会長は「傾斜地なので、坂の途中で気息奄々(きそくえんえん)となっている高齢者をよく見かける。何ができるか、考えた結果です」と話します。清寿苑は同自治会に加入しています。隣接する鎌倉市の鎌倉ハイランド自治会も含め、認知症高齢者の捜索などで、もとから協力関係があったそうです。

 北海道赤平市には通院にも使える買い物支援バスがあります。市立病院となりの「コープさっぽろあかびら店」の開店は午前9時。組合員対象の無料バスの第1便は、それより早い午前8時27分に到着します。平日の朝早く病院に通う組合員の利便性を考えてのことだそうです。

 コープさっぽろ旭川地区本部長の村上伸吾さんは「病院の帰りに買い物してもらえれば、お店にとってもメリットがあります」と言います。

 運行は地元のバス会社に委託。34人乗りバスが店を発着点に二つのコースを走り、路線バスの停留所と同じ場所で乗り降りできます。平日と日曜は店行きが計6便、店発が計5便。土曜日は減便か運休です。来店する人の約5%がバスを利用しているそうです。

■介護予防事業で市が補助

 茨城県神栖市は、介護保険の総合事業(要支援の人らを対象にした生活支援や介護予防)を活用したサポートに取り組んでいます。市内には、介護予防のための高齢者の交流の場として、保健・福祉会館での「いこいこかみす」などがあり、健康体操や音楽、マージャンが楽しめます。

 2015年9月に始まった移動支援の中心は、自宅からこの拠点への送迎。運行を担うのは地元のNPO法人「シニアネットワークかみす」(石原雅啓理事長)です。利用者は、自宅からの直線距離で計算したガソリン代を実費負担、現在はキロ24円です。5人乗りの車を使い、「いこいこかみす」は月水金に、もう1カ所は火木に送迎。車両リース代と保険料、通信費などを介護予防事業として市が補助しています。

 16年5月からは週1回の買い物支援サービスを追加しました。「いこいこかみす」などの参加者で、希望する人を活動時間中に近所の大型スーパーまで送迎します。アンケートの結果、買い物をしたいとの要望が多かったためで、今後は買い物支援の実施日を増やすことや、送迎先を銀行などに拡大していくことを検討しているそうです。

 一番の課題はボランティア運転手の不足。いま男女13人いますが、全員50歳以上で最高齢は79歳。事業計画担当の樋口義則さんは「全然足りず、増やす必要があるが、『運転は危ない』と家族に反対される人も少なくない」と話します。市とNPOでは、衝突防止など安全運転サポート機能がついた車両のリースを検討中といいます。(編集委員・清川卓史、森本美紀、友野賀世)

■「公共交通整備を」「自動運転導入して」

 読者からも様々な意見が届いています。「私と妻は確実に交通弱者になる予感があります」。茨城県に住む男性(71)は言います。買い物やボランティアに車は欠かせず、妻と1台ずつ持っているそうです。3人の子は首都圏で暮らしています。

 県庁所在地の駅まで車なら片道15分ほど。それほど不便はありません。実はバス停は家のすぐそばにあります。しかし通勤・通学時間帯以外の日中は極端に本数が減ってしまうそうです。料金も片道400円以上かかります。

 男性は今後、公共交通の再整備が必要だと考えています。「ワゴン車で十分なので、10分に1本ぐらい走り、料金も今の半額ぐらいに抑えられたら、利用しやすくなります」

 滋賀県の自治体に勤める男性(48)は、政府が新たな成長戦略で自動運転の実証実験を進める方針を打ち出したことに「高齢者のために将来は自動運転バスやロボットタクシーの導入を進めてほしいし、それ以外では抜本的な解決は難しいと思う」と期待します。一方で、「自動運転の誤りによる事故は防げないのではないかという不安もぬぐえないのです」とも話します。

     ◇

 運転が難しい高齢者の移動を支えるドライバーも、中核は60代、70代のシニア層。これからの日本の現実だと思います。意欲ある元気なシニアは頼りがいがあり、その力は欠かせません。一方で、公的補助や人材などをきちんと投入しなければ、いずれ住民らの負担が重くなりすぎるとも感じました。今後は、運転免許の自主返納を巡る課題についても取材していきます。みなさまの体験、ご意見をお待ちしています。(清川卓史)

     ◇

ご意見はasahi_forum@asahi.comメールするか、ファクス03・5541・8259、〒104・8011(所在地不要)朝日新聞オピニオン編集部「高齢者と運転」係へ。




【北朝鮮核実験】揺れた中朝国境、服着ず逃げる子供も… ネットには「金家滅ぼせ」の怒声

【北京=西見由章】北朝鮮が核実験を行った3日、核実験場のある咸鏡北道と接する中国吉林省延辺朝鮮族自治州では広範囲にわたって揺れが発生し、住民らが建物の外に避難した。

 北朝鮮・豊渓里の実験場から約200キロ離れた同州延吉に住む男性会社員(30)は産経新聞の電話取材に「自室にいたが、30秒近く揺れを感じた」と話した。「みな建物の外に飛び出した。慌てて服を着ないまま逃げてきた子供もいた」といい、「過去の(北朝鮮による核実験で起きた)揺れよりも激しかった」と強調した。

 同州琿春の男性(38)も「家が揺れた。国境近くはもっと強く揺れたはずだ」と話した。

 中国のインターネット上では、吉林省のほか隣接する遼寧省でも揺れを感じたとの書き込みが相次いだ。「すぐに建物から飛び出した。祖国は庶民の平穏な生活を守ってくれるのか」と当局への不信感をにじませた声のほか、「核汚染」を懸念する意見も。「金家を滅ぼせ」「野放しにするのは一種の犯罪だ」と北朝鮮への強硬な対応を求めるユーザーも目立った。

 中国当局は国境地帯で放射線量の監視にあたっているもようだ。




「やっほー」とキャンパスであいさつする佳子さま 将来のお相手は?
姉の眞子さまが婚約の運びとなり、気になるのは、“美しすぎるプリンセス”秋篠宮家の次女・佳子さま(22)の行く末だ。

 学習院大を2年で中退し、姉の眞子さまと同じ国際基督教大学(ICU)に2015年に入学。教養学部アーツ・サイエンス学科に在籍し、現在は3年生だ。

 来年6月まで英リーズ大学に留学する予定で、9月12日には日本を出発。

 英国では大学学生寮に入られるという。ICU同級生がこう証言する。

「『今度、英国に留学へ行くんだってね』と聞いたら、心理学を勉強したいと言っておられました。心待ちにしている様子でした」

 ICUは入学時、英語のテストで4つのレベルのクラスに分かれるという。

 佳子さまは4段階中、下から2番目のクラスに所属し、英検準1級程度のレベルとされる。

「学内では英語のクラスは『ストリーム』という呼び方をされ、略して『スト』。『スト1』『スト2』は帰国子女が多いですね。佳子さまは『スト3』で、帰国子女が少数で純ジャパ(日本育ちという意味)が多いクラスです」

 しかし、留学のため、公務の移動の合間にもテキストを広げて猛勉強。帰国子女に交って試験をパスしたという。

 そんな佳子さまはキャンパス内では気さくで、同級生たちも敬語抜きで日常会話をするという。こんなエピソードがある。

「私の知り合いの女子学生が、佳子さまの前をたまたま通って、『あっ、佳子さまですか?』と話しかけたら、『別に”さま”とかいらないから。佳子でいいよ』っておっしゃったそうです」(3年生女子)


もうすぐ英国へ留学する佳子さま(C)朝日新聞社© dot. もうすぐ英国へ留学する佳子さま(C)朝日新聞社
 どのようなキャンパスライフなのか。佳子さまと交友のある同級生の3年男子はこう話す。

「佳子さまの周囲には私服のSPが何人かついていますが、同級生の間では皇族だから特別扱いという雰囲気はないですね。うちの大学は外国人留学生も多いので、いろんな個性を持った学生の一人として見られている感じです。特別扱いされないから、佳子さまもICUは過ごしやすいのではないでしょうか」

 ぱっと見には佳子さまとわからないようなくらい、食堂でフツーに座っているという。

「普段、顔をあわせた時に、『ヤッホー』と軽く挨拶すると、彼女は『ヤッホー、元気』と応じます。どの学生に対してもそうです」(前出・3年男子)

 ICU近くの飲食店の店員は学生からこんな話を聞いたという。

「佳子さまはダンスサークルに所属し、ある日、カバンを開けっ放しにして練習に熱中。周囲から『危ないよ』と注意されたこともあったそうです。ICUの学生さんが言っていました」(店員) 

 入学時のオリエンテーション合宿やイベントで、ホットパンツやタンクトップなど大胆な服を身に着けたことから、母の紀子さまと「どこでこんな服を買ったの?」「うるさい」とケンカを繰り広げたことも。前出の女子学生はこういう。

「臨床心理学の科目で一緒でした。授業はまじめに受けてます。メイクはすっぴんではないですが、厚化粧でもないですね。最近はそんなハデでもないのかも」

 天真爛漫な佳子さまもお年頃。眞子さまや秋篠宮ご夫妻のようにキャンパスで恋が芽生えることはあるのだろうか。ICUにはベンツで通う男子学生もおり、裕福な家庭のおぼっちゃまタイプが多いという。

 佳子さまと同じ3年生女子が、気になる証言をしてくれた。

「屋内のテラスの自動販売機の前で、男子学生と2人で親密そうに話しているのを見かけましたよ」

佳子さまはこれまで、「富士急行」の御曹司がお相手では、と報じられたことがある。

 マスコミの取材に対し、両親は交際を否定したが、母方は大久保利通につながる血統の良さからうわさは今も消えていない。

 ICU男子学生らも淡い希望は捨てていないようだ。

「学内で佳子さまが一人でいるのを何度か見かけました。でも、『高嶺の花』ですよ。大学4年間の思い出に一度は話しかけてみたいとは思いますが、なかなか。気が合って盛り上がったらいいのですけど……」

 佳子さまの将来のお相手になるのは、どんな男子なのだろうか。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日 オンライン限定







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_945639.jpg

    3.11東日本大震災     津波 450
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-04 06:10 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月3 日(日 ):民進幹事長に山尾氏起用へ 枝野氏は代表代行 新執行部

民進党の新代表に選ばれた前原誠司・元外相(55)は2日、幹事長に山尾志桜里(やまおしおり)・前政務調査会長(43)を起用する方針を固めた。代表代行に代表選を争った枝野幸男・元官房長官(53)と、代表選で前原氏陣営の選対本部長を務めた大島敦・元総務副大臣(60)を充てるほか、選挙対策委員長に、野党共闘路線の維持を掲げた枝野氏陣営の選対本部長を務めた長妻昭・元厚生労働相(57)を起用する意向で、新執行部の骨格人事が固まった。

【withnews】民進党が伸び悩む理由を1分で超解説

 政調会長に階猛(しなたけし)・元総務政務官(50)、国会対策委員長には松野頼久・元官房副長官(56)をそれぞれ起用する方針も固めた。党勢回復に向け、挙党態勢の構築を重視した人選といえる。

 山尾氏は、検察官を経て、前身の民主党が政権交代を果たした2009年衆院選で愛知7区から立候補して初当選。12年に落選したが、14年に返り咲いた。昨年の国会で、匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」を取り上げ、安倍晋三首相を追及した。

 前原氏は2日、東京都内のホテルで側近議員らとともに執行部人事の検討に着手。枝野氏とも電話で連絡を取り合い、意見交換を重ねた。同党では代表選を前に党を離れる議員が相次いでおり、挙党態勢づくりが当面の焦点になっている。前原氏は5日にも両院議員総会を開き、骨格人事の了承を得る考えだ。

■民進党の新しい執行部(敬称略)

代表 前原誠司

代表代行 枝野幸男、大島敦

幹事長 山尾志桜里

政務調査会長 階猛

選挙対策委員長 長妻昭

国会対策委員長 松野頼久





麻生副総理、講演で差別表現 指摘に「不適切でした」

麻生太郎副総理は2日、10月の衆院愛媛3区補選の応援で訪れた愛媛県西条市での講演で、祭りの参加者を「きちがいみたいな人ばかりだ」と述べ、精神障害者を差別する表現を使った。補選は祭りと時期が重なり、麻生氏は「ここのお祭り大変だ。そういった時に選挙なんてやれる。選挙を一生懸命やっている人はお祭りを一生懸命やっている人。俺のとこ(の選挙区の祭り)は7月14日だけど、この時になったら、ほとんどきちがいみたいな人ばっかりだ」と語った。

麻生副総理「ヒトラー、いくら動機正しくてもダメ」
麻生氏、ヒトラー巡る発言を撤回 「誤解招き遺憾」

 麻生氏は講演後、記者団から指摘され、「不適切でした」と述べた。

 麻生氏は先月29日、横浜市で開いた自らの派閥の研修で「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と問題発言。翌日、不適切だったとして撤回したばかりだった。




北朝鮮、陸上イージスで日本非難=「危機に陥る」と警告
【ソウル時事】2日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は、日本政府が米陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入を目指していることなどについて、「地域情勢を激化させる妄動」と非難した。

 その上で「日本は自重する必要がある」と主張。「先鋭化した地域情勢をあおっていると、危機に陥りかねない。日本列島は朝鮮半島から遠く離れていない」と警告した。 (了)






【北ミサイル】日韓も独自の核武装? 米国専門家らに広がる議論…北の核放棄メド立たず拍車
【ワシントン=黒瀬悦成】北朝鮮が核戦力体制を着々と確立しているのを受け、日本や韓国が対抗して独自の核武装に踏み切ることに関する議論が米国の元政府高官や専門家の間で静かな広がりを見せている。北朝鮮に核を放棄させるのは今や不可能であるとする、「実利的立場」(スーザン・ライス元米国連大使)に基づく北朝鮮の核保有容認の主張が一部で台頭していることも、こうした議論に拍車をかけている。

キッシンジャー氏「一気に活発化する」

 「北朝鮮の核の脅威が深刻化すれば、ベトナムや韓国、日本で、自前の核兵器で自国を守ろうとする動きが一気に活発化する」

 キッシンジャー元国務長官は米紙ウォールストリート・ジャーナル(8月12日付)への寄稿で、北朝鮮の核保有の既成事実化が東アジアでの「核保有ドミノ」につながる恐れが高いと強く警告した。

 オバマ前政権下の2010年に策定された核政策の指針「核戦略体制の見直し」(NPR)は、東西冷戦の終結に伴い撤去された、アジア・太平洋地域に米軍が前進配備していた戦術核戦力について、「東アジアの危機に際し、必要な場合は再配備できる態勢を維持する」と明記した。

 こうした方針は、北朝鮮の核の脅威をにらんで初めて言及され、トランプ政権が今秋にも発表する新たなNPRでも踏襲される見通しだ。その含意は、実施の可能性は別として、北朝鮮の核の脅威に対して「拡大抑止」を最大限まで提供する用意を示すことで、日本や韓国の独自核武装の機運を封じるというものだ。

「北の核戦力に上限」が本音?

 しかし、北朝鮮がこのまま核兵力を実戦配備するようであれば、米国の「核の傘」の威信は大きく損なわれることになる。

 こうした中、オバマ前政権下で大統領補佐官(国家安全保障担当)と国連大使を務めたライス氏はニューヨーク・タイムズ紙(8月10日付)への寄稿で「北朝鮮が体制の生存に不可欠と見なす核兵器を放棄する可能性は極めて低い」と指摘し、「伝統的な(核)抑止」によって北朝鮮と対峙(たいじ)すべきだと主張した。

 クラッパー国家情報長官(当時)も昨年10月、同様の立場から「望み得るのは(北朝鮮の)核戦力に上限を設けることだ」とし、非核化政策の転換を訴えた。

 オバマ陣営の政権移行に携わった情報機関の元幹部は09年当時、「米国は北朝鮮の核保有を前提に政策を進めるべきだ」と打ち明けており、一連の発言は前政権関係者の間で長らく存在していた「本音」を反映した可能性もある。

 これに対しマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は「ライス氏の発言は正しくない。北朝鮮に伝統的な抑止理論をどうやって適用できるのか」と反論し、北朝鮮の核放棄を追求する立場を強調した。

日本の核武装に「賛成論」も

 一方、政策研究機関「ブルッキングス研究所」のトーマス・ライト上級研究員は、北朝鮮が核放棄する見通しがないからこそ、場合によっては日韓の核武装も容認し、局地的な軍事衝突も辞さない構えで今後数十年にわたって北朝鮮の「封じ込め」を図るべきだと主張する。

 軍事専門家のアンダース・コー氏は「日本が自前の核兵器を持てば、全ての民主国家は安全になる。強い日本は中国の膨張を阻止するし、米軍が各地に駐屯しなくて済むようになる」と述べるなど、一部では日本の核武装への積極的な「賛成論」も浮上しつつある。




a0044103_5553262.jpg

© 産経新聞 提供 塔のようにそびえ立つ宇都井駅。ホームは地上20メートル。まさに「天空の駅」だ
【今週の注目記事】地上20メートル、さらば「天空の駅」 三江線・宇都井駅…最後の夏 来春に廃線
中国山地を江の川沿いに走るJR西日本のローカル線「三江線」が最後の夏を迎えている。利用客の減少で来年4月1日付での廃線が決まっているからだ。ほとんど利用者のいない秘境駅や大自然を感じられる車窓など見どころは多く、中でもファンや観光客に人気なのが宇都井(うづい)駅。ホームと待合室は地上から高さ約20メートルにあり、山間の地にそびえ立つその姿から「天空の駅」と呼ばれている。

116段の価値あり

 島根県の江津と広島県の三次を108.1キロで結ぶ三江線。江津から74.8キロの地点、島根県邑南(おおなん)町にあるのが宇都井駅。単線でホームは片面。それだけなら何の変哲もない田舎の無人駅だが、しばしばテレビ、雑誌にも取り上げられ、知る人ぞ知る存在になっているのは駅の構造が珍しいからだ。

 山の中腹あたりに掘られた左右のトンネルの出入り口を高架でつなぐ形でレールは延びているが、宇都井駅はその高架上に作られている。トンネルの間が約200メートルほどしかないため、谷間にある集落の地上に路線を降ろすことができなかったためだ。

 駅舎はコンクリート製の塔のような建物で、入り口は昭和の団地のような雰囲気。1日に上下8本の列車しか止まらない無人駅にエレベーターがあるわけがなく、そこから地上20メートルのホーム、待合室まで116段の階段を上らねばならない。途中の踊り場には残りの段数のほか、地元の子供たちによる「あと少しでゴール」などの言葉が掲示されていてほほえましい。ようやくホームにたどりつくと、さわやかな風やのどかな風景が心地良く、116段を上った価値はある。

つながった北と南

 三江線は戦前から江津、三次双方を起点に建設され、昭和38年には江津-浜原間が三江北線、三次-口羽間が三江南線と呼ばれる状況となった。空白区間として残っていた浜原-口羽間が完成し、三江線全線開通となったのが50年8月。国鉄時代に北線、南線でそれぞれ部分開通し、全線開通を待ったケースは福井県の越美北線、岐阜県の越美南線、北海道の興浜北線、興浜南線があるが、どちらもつながることはなかった。「越美線」は越美南線が第3セクターの長良川鉄道になり、「興浜線」は60年に廃止。北と南がつながった三江線はラッキーなケースだったといえる。

 宇都井駅を含む浜原-口羽間の完成が比較的遅かったことが「天空の駅」誕生の要因だ。かつて線路は遠回りになろうとも、地形に沿って敷かれる場合が多かったが、この区間は川の流れも山の形もほぼ無視し、直線で建設されている。トンネルや鉄橋の技術が進歩したからで、もし戦前や戦後の間もないころに宇都井の集落に駅を作ったなら、トンネルの間の高架に建設という考えには至らなかっただろう。

全国有数の過疎路線

 昨年9月、JR西日本は三江線を平成30年4月1日付で廃止することを国土交通大臣に届け出た。理由はやはり利用者の減少だ。1日1キロ当たりの利用客数を示す「輸送密度」という数字があるが、三江線の27年度の数字はわずか58人だ。JRに移行した昭和62年度は458人。いかに利用者数が減少したかがわかる。昨年12月に廃線となったJR北海道の留萌線(留萌-増毛、平成27年度)でさえ67人。三江線は全国有数の過疎路線なのだ。

 また、三江線を取り巻く自然環境の厳しさも廃線の要因のひとつ。江の川が氾濫した場合、集落に川の水が流れ込まないように、線路に水門が設けられているほどだ。自然災害により、18年と25年には長期間にわたって不通。廃線理由のひとつにJR西日本は「バスにて代替可能な鉄道に対し、被災と復旧の繰り返しは社会経済的に合理的でないこと」を挙げている。

「なくなるのは残念」

 廃線が決まってから、三江線はちょっとした「バブル」状態だ。休日になると列車の席は埋まり、三次と江津のホテルは早朝発の始発に乗ろうというファンの利用で予約が取りにくい状況。宇都井駅では途中下車する人や車で訪れる観光客が多くみられ、待合室にある自由に書き込めるノートには「なくなるのは残念」「やっと訪れることができた」などのメッセージが残されている。

 それでも春になれば、三江線、そして宇都井駅との別れはやってくる。宇都井の集落にディーゼルカーのエンジン音が響くことはもうない…。(8月25日掲載)





北朝鮮:朝鮮中央テレビが「水爆実験に完全成功」発表
【ソウル米村耕一】北朝鮮国営朝鮮中央テレビは3日午後3時(日本時間午後3時半)、北朝鮮が水爆実験に完全成功したと発表した。北朝鮮による核実験は6回目。




【北朝鮮核実験】安倍晋三首相の声明(全文)

 安倍晋三首相は3日、北朝鮮の核実験を受け、声明を発表した。全文は次の通り。

 1 本日午後0時31分頃、気象庁が北朝鮮付近を震源とする、自然地震ではない通常の波形とは異なる可能性のある地震波を探知した。これを含む諸情報を総合的に勘案した結果、政府としては、北朝鮮が核実験を実施したものと判断している。

 2 我が国を含む関係各国及び国際社会は、北朝鮮に対し、これまで累次にわたり関連の国連安保理決議の完全な遵守を求めるとともに、度重なる核実験や弾道ミサイルの発射等の挑発行動を非難し、核・弾道ミサイルの放棄を求めてきた。また、北朝鮮が本年も累次にわたり弾道ミサイルの発射を強行したこと等を受けて、国連安保理はこれらを強く非難してきた。こうした中、今回、北朝鮮が核実験を強行したことは、我が国として断じて容認できない。

 3 北朝鮮が、今回含め、これまで6度にわたり核実験を強行したことや、7月の2度のICBM級の弾道ミサイル発射や8月の我が国上空を通過させた弾道ミサイル発射を含め、本年に入っても大量破壊兵器の運搬手段となり得る弾道ミサイルを10発以上発射し、その能力を増強していること等を踏まえれば、北朝鮮の核・ミサイル開発は、我が国の安全に対する、より重大かつ差し迫った、新たな段階の脅威であり、地域及び国際社会の平和と安全を著しく損なうものになっている。

 今回の北朝鮮による核実験の実施は、関連する国連安保理決議の重ねての明白な違反であり、核兵器不拡散条約(NPT)を中心とする国際的な軍縮・不拡散体制に対する重大な挑戦である。また、日朝平壌宣言や六者会合共同声明にも違反するものである。我が国は、北朝鮮に対して厳重に抗議し、最も強い言葉で断固として非難する。

 4 我が国は、北朝鮮による更なる核実験の場合には、更なる重要な措置をとる決意を表明した国連安保理決議第2371号を念頭に、国連安保理が速やかに協議を実施するよう、調整を開始している。北朝鮮に対しては、改めて、関連する国連安保理決議を即時かつ完全に履行するとともに、拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的な解決に向け具体的な行動をとるよう、強く求める。

 5 政府としては、自分の指示を踏まえ、引き続き、本件を含む北朝鮮情勢に関する情報収集・分析に徹底を期するとともに、国民に対して的確な情報提供を行う。また、不測の事態の発生を防ぎ、発生した場合、これに万全の対応を行うため、我が国として不断に必要な態勢をとるとともに、米国等と緊密に連携し、もって我が国の平和と安全の確保、国民の安全・安心の確保に万全を期す。核実験に伴う放射性物質の我が国に対する影響については、政府の放射能対策連絡会議を中心に、関係各国と連携しモニタリング態勢の強化等に全力を挙げる。

 我が国としては、本年7月及び8月に決定したものを含めた我が国独自の措置及び関係国連安保理決議に基づく措置を着実に実施していく。また、米国、韓国、中国及びロシアを始めとする関係各国や国際社会との協力を更に強化し、国連安保理決議第2371号及び関連国連安保理決議の実効性の確保を図るとともに、国連安保理における更なる対応を含め、北朝鮮に対する対応を検討する。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_9433155.jpg

     3.11東日本大震災     津波 448
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-03 05:57 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9 月2 日(土 ):北朝鮮情勢、大規模紛争に発展する恐れ=ロシア大統領

[モスクワ 1日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は1日、大統領府のウェブサイト上で、米国と北朝鮮の対立が大規模な紛争に発展する恐れがあると警告し、北朝鮮に圧力をかけるのは誤りとの見解を明らかにした。

「全ての関係国が前提条件なしに直接対話を行い問題を解決することが不可欠」とし「挑発や圧力、敵意に満ちた攻撃的な発言はどこにもたどりつかない」と強調した。

その上で朝鮮半島情勢は「大規模な紛争に発展する手前」まで悪化したと指摘した。

「北朝鮮の核ミサイル開発計画を圧力のみで中止させられるとの見方は間違いで無益だ」とし、北朝鮮がミサイル開発を凍結する代わりに米国と韓国が大規模な共同軍事演習を中止するというロシアと中国の提案が緊張緩和につながると主張した。



天皇陛下、メイ英首相と会見 留学する佳子さまが話題に
天皇陛下は1日、皇居・御所で英国のメイ首相と会見した。宮内庁によると、今月から英国のリーズ大学に留学する秋篠宮家の次女佳子さま(22)の話題になり、陛下が「英国での大学生活が良いものとなることを期待しています」と話すと、メイ首相は「私の父も同じ大学に通っていました。良い大学生活を送られることを確信しています」と述べたという。

 メイ首相は、九州北部豪雨についても言及し、お見舞いの言葉を述べた。






【北ミサイル】中国、日本の制裁に反対 河野氏、中露外相と電話会談
河野太郎外相は1日、北朝鮮による先月29日の弾道ミサイル発射を受け、中国の王毅外相、ロシアのラブロフ外相と相次いで電話会談を行った。ミサイル発射を受けた日中外相間の電話会談は初めて。

 河野氏は王氏に「北朝鮮に対しては国際社会が圧力を強めていく必要がある」と述べ、北朝鮮に強い影響力を持つ中国に圧力の強化を求めた。王氏は北朝鮮と取引を行っている中国企業の資産凍結など、日本が独自に行っている対北制裁に反対した。

 河野氏は電話会談後、外務省で記者団に対し、それぞれの電話会談で「朝鮮半島の非核化と、国連安全保障理事会が採択した対北制裁決議を履行していくことで一致した」と強調した。一方で「アプローチは多少違うところがある」とも述べ、日本と中露両国との間で、温度差があることを示唆した。




小池都知事の「正体見たり」と築地関係者が猛反発 豊洲市場ではカビ発生
「築地は守る、豊洲を活かす」(6月20日)という基本方針を発表した小池百合子都知事の“変節”に、築地市場関係者や専門家らが猛反発している。

 知事就任直後の昨年8月に豊洲移転延期を決定し、「安心安全の確保」「築地ブランドを守る」と繰り返し、石原慎太郎元知事や自民党都連などの移転推進派と対決してきた小池知事。

 しかし、市場移転問題で協力的だった人たちが最近、小池知事と次々と袂を分かち、批判する側へと回っているのだ。 


基本方針について記者の質問に答える小池都知事(撮影/横田一)© dot. 基本方針について記者の質問に答える小池都知事(撮影/横田一)
「盛り土がない」と小池知事が記者会見をした際、情報提供したのは、豊洲移転問題を追い続ける東京中央市場労働組合の中澤誠・執行委員長と一級建築士の水谷和子氏の2人だ。中澤氏がこういう。

「築地再整備を模索していた小池知事が変節したのは理解できない。都と市場関係者の約束である『無害化』を反故にし、豊洲移転(築地解体)と五輪用駐車場整備の日程のゴリ押しに邁進し始めた。今では自民党や石原元知事と同じ立場で、愚かなことをしている。側近が正確な情報を伝えていないのではないか」

 豊洲移転中止の申入れを8月29日、小池知事にした水谷氏も、その直後の記者会見でこう批判した。

「追加対策で敷き詰めるコンクリート床では有害ガス侵入を防ぐことは困難。市場問題PTは8月10日に出した第二次報告書で、追加対策に効果が認められないことや地下水管理システムの事実上の破綻を認めていました」

 昨年の都知事選の折、小池知事に移転見直し政策を“パク”られた宇都宮健児弁護士も豊洲移転問題のシンポジウム(8月26日)でこう怒りの声を上げた。

「知事に『移転見直しを頑張って下さい』と言って期待していたが、裏切られた。ただ戦いはこれから。辺野古のように仲卸業者が座り込みをすれば、移転中止に追い込める。都が無害化の約束を破ったのだから強制執行に対抗可能だ」

 移転慎重派だけでなく移転推進派も「一部が築地に戻って両市場が機能するはずがない」と小池知事の基本方針に納得していない。

 7月の都議選で都民ファーストの会が圧勝し、臨時都議会で追加対策工事の予算も通った。しかし、計画が進む保証は全くないと中澤氏は指摘する。

「来年6月までに工事が完了しても、無害化が達成できるわけではなく、安全宣言も出来ない。このことは『市場問題プロジェクトチームPT)』(座長・小島敏郎・東京都顧問)も、8月10日に出した第二次報告書の中で認めています。これでは、市場関係者の理解が得られるはずがない。科学的見地に基づく万全の対策実施や消費者等への説明と理解が必要と表明している農水省が中央卸売市場開設(豊洲新市場開設)を許可しない可能性もあります」

 市場関係者の不信感に拍車をかけたのが、豊洲市場で発覚したカビの大量発生だ。豊洲市場に新店舗を構えた業者はこう話す。

「都の発表後、すぐに豊洲市場に見に行きましたが、壁一面にカビが発生している状況でした」。

 都の担当者は「真摯に対応したい」と懸念払拭に躍起だが、水谷氏は「地下水の上に建物が立っている豊洲新市場には地下に湿度の供給源がある」と構造的欠陥がカビ大量発生の原因の可能性を指摘。

 水谷氏と共に知事に申入れをした畑明朗・日本環境学会元会長(元大阪市立大学大学院教授)も会見でこう強調した。

「カビにベンゼンや水銀などが付着している可能性がある。大阪の地下駐車場でも同じ現象が起き、有害物質が付着した。都は調査すべき。都がやらないのならば、民間が調査する必要がある」

 都が環境アセスメントの再実施をしないことに対しても無害化断念と同様、疑問の声が上がっている。

 かつて市場問題PTのメンバーだった森山高至氏(建築エコノミスト)は、先のシンポで次のように批判している。

「環境アセスメントの第一人者の原科幸彦・東工大名誉教授に協力を依頼、アセスを実施しないことを検証してもらおうと考えている。無理強いされてもいないのに、小池氏自身が築地市場解体・五輪用駐車場整備に積極的になったのは不可解」

 かつて市場問題PTのメンバーとして小池知事に協力してきた森山氏だが、都議選前にPTメンバーを辞め、中央区から立候補し、落選。今では、知事批判の急先鋒になっているのだ。

 一気に広がった反発を抑えるべく、小島顧問は市場関係者向け勉強会を開いて基本方針を説明、理解を得ようとしている。

 小池知事がどう対応していくのかが注目される。(横田一)




日野皓正「俺とアイツは息子なわけ」“中学生ビンタ”を釈明
ジャズトランペット奏者の日野皓正(74)が1日、仕事先の韓国から帰国。羽田空港で取材に応じ、先月20日のコンサート中に中学生をビンタした件について、あくまで教育として行ったと話した。

 日野は、ドラムの腕前を評価しているという当該の中学生について「1年前から深い関わりがあった」と説明。当日はドラムソロを他の生徒と順番に行うはずが、その生徒が制止を振り切って続けたという。日野は「『他にも待ってるだろ?』と言ってもやめないから、『バカヤロー!やめろ!』と」と注意したといい、ビンタについては「軽く触っただけ」と意図的ではなかったとした。

 生徒は反省し、終演後に楽屋まで謝罪に来たという。日野は「俺とあいつは、父親と息子なわけ。他の生徒には絶対に手を上げない」とした上で、「ヤツの心を立て直してやらなきゃという思いがある。だから、これからもやるよ。ビンタもね、アントニオ猪木の方が数段痛いと思うよ」と、愛情を持った教育の一環であることを強調した。

 さらに「音楽や集団行動っていうのは、和を考えないと。周囲をリスペクトしないと」と持論を展開。結果として、手をあげたことについては「行き過ぎたところは分かる。それは謝る」としつつ、「でも、必要な時もあるんだよ。それだけのこと」と主張した。






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_11272994.jpg

      3.11東日本大震災     津波 447
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-02 04:47 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年9月1日(金 ):サッカーW杯予選:日本、6度目の本大会出場決定

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選は31日、埼玉スタジアムで日本代表対オーストラリア代表戦を行い、日本は2ー0でオーストラリアを降し、6大会連続6度目の本大会出場を決めた。

 日本は前半からシュート数で相手を上回り、試合を優勢に進めた。前半41分には、浅野のゴールで先制。後半37分にも、井手口の豪快なシュートが決まり、値千金の追加点を挙げた。




【民進党代表選】前原誠司元外相を選出へ 枝野幸男元官房長官は地方票でも苦戦 1日投開票
民進党は1日、東京都内で開く臨時党大会で党代表選の投開票を行う。前原誠司元外相(55)が優位に立っており、枝野幸男元官房長官(53)を引き離し、新代表に選出される見通しだ。低迷する党勢を回復するための挙党態勢の構築や、蓮舫代表が進めた共産党との共闘路線の見直しなどが今後の課題となる。

 前原、枝野両氏は31日、態度未定の国会議員らに電話で支持を訴え、票の上積みを図った。夜にはそれぞれ支援者を集めた決起集会を国会周辺で開いた。

 代表選は国会議員(142人)と国政選挙の公認内定者(127人)、地方議員、党員・サポーターの投票をポイント制で争う。

 党関係者らへの取材によると、前原氏が国会議員の7割にあたる約100人の支持を取りつけ、約35人の枝野氏を圧倒している。公認内定者の半数強も前原氏に傾いているもようだ。

 総ポイントの約半数を占める地方議員と党員・サポーターに関しては、国会議員票ほどの大差は開いていないとみられる。ただ、前原氏の優勢は揺らいでおらず、枝野陣営は労働組合の組織内議員らを通じて追い上げを図っている。





金正恩に2年の軍隊経験説、成功体験重ねる33歳指導者の不気味
8月29日に、“日本列島越え”の弾道ミサイルを発射した金正恩だが、最高指導者の地位を継承した経緯には謎が多い。そうした金正恩が、朝鮮人民軍に身分を秘匿して入隊し、一兵卒として軍隊生活を送ったと指摘する専門家がいる。朝鮮総連出身で、今はフリーライターとして活躍する李策氏が取材した。

2005年の初めから2年間身分を隠して朝鮮人民軍に入隊か

 故金正日総書記の三男である金正恩朝鮮労働党委員長が、どのような過程を経て父親から最高指導者の地位を継承したかについては謎が多い。

 彼が父親の後継者に決まったのは2009年頃のこと。金正恩の誕生日は1984年1月8日とされているから、25歳の時ということになる。

 金正恩は、スイスに留学して小中学校に通い、2000年に帰国して以降、金日成総合大学と金日成軍事総合大学で教育を受けたとされている。ただ、国家の指導者となるべく特別な経験を積み、実績を築くには十分な時間がなかったことは確かだ。

 だが、金正恩の経歴の“空白部分”について、興味深い指摘がある。

 韓国のNGO「北韓戦略情報センター」(NKSIS)の代表で、自身も脱北者である李潤傑(イ・ユンゴル)氏によれば、金正恩は2005年の初めから約2年間、朝鮮人民軍に身分を秘匿して入隊し、一兵卒として軍隊生活を送ったというのである。

 李氏によると、スイス留学から帰国して以降、勉強が手につかなかった金正恩の将来を案じた母・コ・ヨンヒが、いずれ父親の権力を継いだ時の助けになればと「武者修行」に送り込むことを決断。コ・ヨンヒは2004年8月に病死するが、その遺志を受け継いだ党と軍の幹部らが、金正恩の極秘入隊を決行したというのだ。

 最高権力者の息子として何不自由なく育ち、海外留学まで経験した「世間知らず」な金正恩は、軍隊生活になかなか馴染めず、他の兵士と同様に上官からの「シゴキ」や「イジメ」を経験した。それでも何とか順応し、2006年末に除隊したという。

 筆者の知る限り、このようなエピソードを紹介しているのは李氏だけだが、事実なら、金正恩の思考や行動を理解する上で欠くべからざる情報と言えよう。

 いずれにせよ、何の実績もなく最高指導者となった金正恩だったが、今となってはもう、そのように言うことはできない。

 朝鮮人民軍が弾道ミサイルなどの新兵器を試射するたびに、金正恩は現場で指揮を取り、成功へと導いている。それも、米韓が金正恩に対する「斬首作戦」を進める状況下で、米軍の偵察衛星に自分の身をさらしながらだ。

 つまり、一連のミサイル発射は、それ自体が米軍を向こうに回しての軍事作戦なのであり、少なくとも短期的な意味では、金正恩は「勝利」を重ねてしまっているのである。

 こうした状況について、現役の自衛官に意見を求めたところ、「朝鮮人民軍の中で、金正恩の権威は高まらざるを得ないでしょう」との返答だった。

 今の世の中、まだ33歳の若者がこのような経験を重ねて国家指導者として成長していくというケースは、他に類を見ないものと言える。

ミサイルが列島越えしても慣れて穏やかな日本

 片や、北朝鮮と向き合うわれわれ日本の側はどうか。

 金正恩が8月29日に強行した弾道ミサイルの「日本列島越え」の暴挙は、金正日も1998年にやったことだ。あの時に巻き起こった日本世論の猛反発ぶりと比べると、今回はずいぶんと穏やかであり、金正恩によってすっかり「慣らされてしまった」と言わざるを得ない。

 安倍晋三首相は「これまでにない深刻かつ重大な脅威だ」と言って非難したが、「ではどうするのか」といった問いには答えを持ち合わせていないのである。

 これが何を意味するかと言えば、経済制裁で国と国民が傷つくのを顧みず、決然と行動する金正恩に対し、「核武装の完成」という当面の目的を達するために必要とする“領域”を、徐々に譲り渡す形になってしまっているわけだ。

 このような「成功体験」を重ねている金正恩は、果たしてどこに向かって突き進んでいくのか。

 彼は今、決然と行動することこそが勝利のカギであると確信しているのではないか。筆者は、金正恩がこのままより大きく成長してしまうことに、非常に不穏なものを感じる。

 将来の災いの芽を摘むためにも、日米韓はなるべく早い段階で、金正恩の意思と行動をくじいておかねばならない。弾道ミサイルがロフテッド軌道を取らず、通常の軌道でこちらへ飛んでくるのなら、むしろ迎撃し易くなったはずだ。

 日米韓は、北朝鮮が遠からず発射するであろう弾道ミサイルの迎撃に全力を挙げ、「物事は必ずしも自分の思い通りにならない」ということを、金正恩に思い知らせるべきだ。

(フリーライター 李策)




ハリル魔術ズバリ!Wエース外し新生ジャパンで“突破率0%”から歓喜W杯決定
 サッカー・ロシアW杯アジア最終予選B組(31日、日本2-0豪州、埼玉)ハリル・ジャパンが奇跡を起こした!! 国際連盟(FIFA)ランキング44位の日本が同45位の豪州を2-0で下し、6大会連続6度目の本大会出場を決めた。バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は、勝ったチームがW杯切符を得る大一番でFW浅野拓磨(22)=シュツットガルト、MF井手口陽介(21)=G大阪=ら若手を大胆起用。本大会出場の可能性0%から見事に巻き返し、W杯予選で過去勝利がなかった宿敵を完封した。

 あふれる涙。65歳の指揮官が必死で目頭を押さえた。苦しんでつかんだW杯切符。ハリルホジッチ監督がベンチ前で歓喜の雄たけびをあげる。W杯予選で7戦勝利なし(5分け2敗)だった難敵豪州を倒し、ロシアへの扉をこじ開けた。

 「メルシー、ボークー。ありがとうございました。これは日本国民のための勝利。素晴らしいサポーターを誇りに思う。スタッフと関係者にも感謝したい」

 気温22・0度、湿度63%。秋風を感じる夜に熱いタクトを振った。前線にFW浅野、FW乾。中盤にボール奪取力が高いMF山口、MF井手口を配置。昨年10月のアウェー豪州戦から先発8人、今年6月のイラク戦からも先発4人を入れ替え、FW本田&MF香川のダブルエースを外す大胆な選手起用を図った。

 前半から猛烈な押し上げで豪州に圧をかけ続けた。同41分に浅野の左足ボレーで先制。後半37分にはMF井手口が貴重な追加点をもぎ取った。2人とも20代前半。勝ったチームがW杯切符を決める大一番でみせた覚悟の采配だった。

 最終予選は、アラブ首長国連邦(UAE)にホームで敗れる波乱の幕開け。1998年W杯フランス大会のアジア予選以降、初戦黒星のチームが出場権を獲得した例はなく、日本協会は「次の試合に負ければ監督解任」の方針だった。

 常に解任危機と隣り合わせの戦い。ベテランとてコンディション次第で容赦はしなかった。視察をもとに、調子が上向きな順に青→緑→黄→橙→赤と約55人の代表候補を色分けにし、生きのいい選手を一目瞭然にした。最終予選でただ一人、全試合に先発したDF吉田は「誰もが安泰ではない。競争が激しいチーム」と振り返った。

 現役を引退していた1990年代、故郷ボスニア・ヘルツェゴビナで民族紛争が勃発。妻子を国外に逃し、2年が過ぎたころ、フランス2部のクラブから初めて監督就任の話が届く。当時41歳。「助かった。フランスに向かった次の日、(クロアチア兵が)私を殺しにきたそうだ」。経営していたカフェと住居は焼き払われた。

 ハビエル・アギーレ前監督が八百長疑惑で退いた後に「ロマンより目の前の相手に勝つリアリストが必要」との選考基準から日本に招かれた。勝負に徹し、この日も抗議を制しようとする通訳と一触即発の事態を引き起こすなど、感情を表に出し、激しい言葉で選手とも何度もぶつかった。

 「今夜の選手を誇りに思う。若手を信頼することが正しいことも示せた。選手が英雄のような姿をみせてくれた」

 15年前、フランス・リールの自宅の庭に夫人が桜を植えた。2015年3月。桜が満開の季節に日本のオファーを受け「運命を感じた」。就任から2年半。種をまき、育てた若い芽が見事にいぶいた。 (浅井武)

キリン株式会社代表取締役社長・磯崎功典「総力戦で勝ち取った予選突破だと思います。これからもファンやサポーターとともに、サッカー日本代表を全力で応援していきます」

★日本中が沸いた!過去のW杯出場決定プレーバック

 ◆1998年フランス大会 日本のW杯初出場を決めた一戦は、「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれる。岡田監督が率いる日本はアジア第3代表決定戦に回り、97年11月16日にマレーシアのジョホールバルでイランと対戦。2-2で延長に入り、途中出場のFW岡野が得点して劇的な勝利を収めた。

 ◆2006年ドイツ大会 05年6月8日の北朝鮮戦で出場を決めた。北朝鮮への制裁で第三国での無観客試合としてバンコクで行われ、サポーターは会場の外から声援を送った。ジーコ監督が指揮を執る日本はFW柳沢、FW大黒のゴールで2-0と快勝。世界各地での予選突破第1号となった。

 ◆2010年南アフリカ大会 09年6月6日にアウェーのタシケントで行われたウズベキスタン戦で決めた。MF長谷部が退場し、岡田監督も退席処分となる中、前半にFW岡崎が挙げたゴールをDF中沢&DF闘莉王が中心になって守り1-0で逃げ切り。2戦を残し、再び世界で最も早く予選を突破した。

 ◆2014年ブラジル大会 13年6月4日の豪州戦で出場を決めた。後半36分に相手のクロス気味の浮き球が入って先制されたが、0-1の試合終了間際、相手の反則で得たPKをMF本田がゴール中央に豪快に蹴り込んだ。ホームでのW杯出場決定は初めて。3大会連続で予選突破第1号となった。






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_11255454.jpg

     3.11東日本大震災    津波 445
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-09-01 08:15 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年8月31 日(木 ):安倍首相公邸泊、ミサイル把握か=野党が指摘-衆院委

「安倍晋三首相が公邸に宿泊したのは、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した前日だけだ」。民進党の後藤祐一衆院議員は30日の衆院安全保障委員会で、政府の初動態勢に関しこう指摘した。西村康稔官房副長官は「常日頃から緊張感を持って情報分析をしている結果だ」とかわしたが、後藤氏は北朝鮮に見抜かれるとして「普段から公邸に泊まった方がいい」と助言した。

 今月、首相が公邸に泊まったのは25、28両日のみ。いずれも翌早朝に北朝鮮がミサイルを発射しており、事前に兆候を察知していたとみられる。25日は夜の会合などを入れず、28日夜も公邸内で自民党役員らと会食したのみ。出席者の1人は「首相はあまり酒を飲まなかった」と話していた。 

(了)




【北ミサイル】「迅速で正確な日本の対応」「韓国の対応は悲しくなる」「3時間迷った」 韓国メディア、日本称賛の一方で韓国政府に批判集中
【ソウル=名村隆寛】北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルへの日本政府の対処に、韓国メディアは「迅速で正確な対応」(主要各紙)と評価する一方、韓国政府の対応には「3時間も迷った」(東亜日報)といった批判が集中している。

 韓国各紙が日本政府の対応でとくに注目したのは、ミサイル発射を受けて発令された全国瞬時警報システム(Jアラート)による迅速な情報発信だ。「韓国軍の自国メディアへの文字メッセージ伝達よりも日本は8分も早かった」(朝鮮日報など)と、その素早さを肯定的に伝えた。

 また、日本政府の対応にも関心が集中。安倍晋三首相が通常より2時間早く出勤し国家安全保障会議(NSC)を招集したことや、首相自らのメディア対応、菅義偉官房長官による緊急記者会見などを取り上げている。

 日本の迅速さと比較された韓国政府への評価は酷評一色だ。「文在寅(ムン・ジェイン)大統領がNSCを主宰しなかった」「安倍首相はトランプ米大統領と電話で40分間も話したのに、文大統領は日米首脳とは話さず、外相らとの15分の通話で終わった」「右往左往しているような様子」などと批判的な内容が並ぶ。

 ミサイル発射があった29日、韓国のネット上では日本の反応に対し「また騒いでいる」「大げさだ」などの否定的な意見が目立った。30日付のハンギョレ紙は、安倍首相がトランプ米大統領に泣きつく風刺画を掲載した。

 30日付朝鮮日報は論説委員のコラムで日本の対応を「大げさ過ぎると感じないこともない」としつつも、「危機や災害に予告はない。核とミサイルを頭上に抱え生活している韓国の安易な姿勢や対応の方が逆に心配になる」と韓国の危機意識の薄さに警鐘を鳴らした。




首相「北朝鮮に圧力へ一致」日米首脳、2日続け電話協議

北朝鮮が北海道上空を通過する弾道ミサイルを29日に発射したことを受けて、安倍晋三首相は30日深夜、トランプ米大統領と異例の2日連続となる電話協議を行った。協議は約30分間。両首脳は、国連安全保障理事会で北朝鮮に対する制裁をさらに強める決議をめざす方針で一致した。

北朝鮮へ圧力強化「国連で緊急会合」 日米首脳が一致
特集:北朝鮮ミサイル発射

 終了後、安倍首相は首相公邸前で記者団に「トランプ大統領と昨日に続き、北朝鮮の最新情勢について分析し、今後の対応について話をした」と説明。その上で、「対応(の中身)について話はできないが、日本上空を飛び越えるミサイル発射を強行したことは極めて危険な行為であり、国際社会で圧力を高めていかねばならないことにおいて完全に一致した」と述べた。

 電話協議に先立ち、トランプ氏は30日朝(日本時間30日夜)、自身のツイッターで「(北朝鮮との)対話は解決策ではない」と指摘したほか、「米国は25年間にわたり北朝鮮と対話をして、カネをゆすり取られてきた」と主張。北朝鮮への食糧援助などを指すとみられる。北朝鮮が一時、ミサイル発射を控えたことにトランプ氏は期待感を示していたが、再び態度を硬化させた形だ。

 一方、北朝鮮の朝鮮中央通信は30日朝、29日に実施したミサイル発射について新型の中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」(射程4500~5千キロ)の試射に成功したと発表。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は太平洋上への更なる弾道ミサイル試射を指示した。北朝鮮は9月の国連総会に李容浩(リヨンホ)外相を派遣し、自国の主張を繰り返すとみられる。(久木良太、ワシントン=峯村健司、ソウル=牧野愛博)





英国のメイ首相が初来日 京都でお茶会、首相と懇談
英国のメイ首相が30日、特別機で伊丹空港に到着した。京都で安倍晋三首相と合流。両首脳は茶道表千家「不審菴(ふしんあん)」(京都市上京区)でのお茶会や京都迎賓館での非公式夕食会で懇談を重ね、親密さをアピールした。同日夜、新幹線で東京都内へ移動した。

 メイ首相の来日は就任後初めて。日本外務省によると、夕食会では、北朝鮮が29日に日本を飛び越える形でミサイルを発射したことを安倍首相が説明。両首脳は「北朝鮮の挑発行動はこれまでにない深刻かつ重大な脅威で、断じて容認できない」との認識で一致したという。北朝鮮への圧力を一層強めるため、国連などの場で日英が連携することや、中国にさらなる役割を求めていくことも確認したという。

 31日には正式な日英首脳会談があるほか、メイ氏は海上自衛隊横須賀基地での護衛艦の視察や国家安全保障会議(NSC)4大臣会合への参加も予定している。英首相の来日は昨年5月の主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席したキャメロン前首相以来。安倍首相とメイ氏の会談は4回目となる。




米大統領、北朝鮮との対話「答えではない」=ミサイル発射に強い不満
【ワシントン時事】トランプ米大統領は30日、北朝鮮への対応について「対話は答えではない」とツイッターに投稿した。北朝鮮が弾道ミサイル発射による挑発を再開したことに、強い不満を表明したものとみられる。

 トランプ氏は「米国は25年間にわたり、北朝鮮と対話し、ゆすられてカネを渡してきた」とも書き込んだ。北朝鮮による核開発を阻止できなかった過去の合意を念頭に、核・ミサイル計画放棄につながらない対話は無意味だという姿勢を示し、譲歩を迫った形だ。

 トランプ氏は一時、北朝鮮がミサイル発射を控えていたことを「われわれに敬意を払い始めた」と前向きに評価。米政権からは、対話による問題解決を期待する声が相次いだ。だが、同盟国である日本の上空を通過した29日の中距離弾道ミサイル発射で、期待は裏切られた。

 一方、北朝鮮の朝鮮中央通信によると、金正恩朝鮮労働党委員長は今回のミサイル発射後、米韓合同演習を非難し、「米国を言葉で相手してはならず、行動で見せなければならないというのが、今回改めて得る教訓だ」と指摘していた。 






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_1124090.jpg

     3.11東日本大震災   津波 444
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-08-31 05:38 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年8 月30 日(水):北朝鮮ミサイル:改めて「全ての選択肢」トランプ氏声明

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、トランプ米大統領は29日朝(日本時間29日夜)、声明を出した。北朝鮮について「近隣諸国、国連の全加盟国、国際社会で受け入れられている最低限の基準というものを侮蔑している。そのようなシグナルを発したと世界は受け取っている」と非難。そのうえで「脅迫したり、不安定化させたりする北朝鮮の行動は、(北東アジア)地域と全世界での孤立化を深めるだけだ」とし、米国の対応について「全ての選択肢が机上にある」との立場を改めて示した。【大前仁】




「ヒトラー、動機正しくても駄目」=麻生氏が再び問題発言
 麻生太郎副総理兼財務相は29日、自らが率いる自民党麻生派の研修会で行った講演で、「(政治は)結果が大事だ。何百万人殺したヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくても駄目だ」と述べた。ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺の「動機は正しい」と擁護したとも受け取れる発言で、野党などから批判が上がりそうだ。

 麻生氏の発言は、所属議員に政治家の心構えを説く中で出た。ヒトラーへの言及に続き、「国民に確たる結果を残して初めて名政治家だったと言われる。人がいいだけでやれるような職業じゃない」と語った。

 麻生氏は2013年に講演で「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。誰も気が付かなかった。あの手口に学んだらどうかね」と発言して批判を浴び、撤回している。 (了)



大型の台風15号 発達しながら北上
「大型」の台風15号は、今後も発達しながら北上し、「強い」勢力に。小笠原諸島は長い期間大荒れの天気となる恐れ。関東や東北、北海道も影響を受ける可能性があります。

台風15号は「大型」になり、現在、小笠原近海を北上しています。台風の大きさというのは強風域(風速15メートル以上の領域)の半径で決まり、下の表の通り500キロメートル以上800キロメートル未満のものです。今年、「大型」の台風になったのは台風6号に次ぎ、2個目ですが、日本付近を進むものは初めてです。台風が「大型」ということは、台風の中心から比較的離れている地域でも影響を受ける恐れがあります。

また、今後も海面水温が30度ほどと高いエリアを進むため、31日(木)には「強い」勢力に発達し、暴風域も伴う予想です。

小笠原諸島は30日(水)は次第に雨や風が強まり、海はうねりを伴い大しけとなるでしょう。9月1日(金)頃にかけて大しけや大荒れの天気になる恐れもあります。台風の動きがゆっくりになるため、大荒れの期間が長引く可能性があります。

その後の予報円は大きく、まだ予想に幅があるような状況です。予報円の西よりのコースを進めば、関東や東北でも大荒れの天気となり、北海道には接近または上陸する恐れもあります。予報円の中心を進めば、日本の東の海上を進む予想ですが、油断はできません。台風周辺の湿った空気が流れ込み、関東は31日(木)頃から、東北、北海道も今週末には活発な雨雲がかかる可能性があります。

●◆台風が秋をもたらす?

また、台風が北から冷たい空気を引きずり込み、北日本を中心に一気に季節が進みそうです。仙台管区気象台から東北に低温に関する気象情報も発表されました。31日(木)から9月4日(月)頃にかけて気温が平年よりかなり低く、9月下旬並みの気温となることも。体調管理や農作物の管理にご注意下さい。また、関東でも9月1日(金)は気温が低い予想で、東京都心の最高気温は10月中旬並みになりそうです。その後はまた次第に暑さが戻りますが、気温のアップダウンが大きくなりますので、服装選びにご注意下さい。





【北ミサイル】射程、なぜ2700キロ止まり? 「3分離」の真偽は…急ぐ解析

政府は、北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルについて「これまでにない重大で深刻な脅威」(安倍晋三首相)と捉えている。ミサイルの種類や空中分離の有無など解明すべき点は多く、米国とも協力して詳しい解析を急いでいる。

 「飛距離などを考えた場合、5月14日に発射された中距離弾道ミサイルの可能性がある」

 小野寺五典防衛相は29日、記者団にこう語り、今回のミサイルが「火星12」である可能性を強く示唆した。

 火星12の最大射程は約5千キロ。ただ、今回の発射では約2700キロだった。最大射程に届かなかった理由については、識者らの間で見解が分かれる。

 防衛省幹部は「燃料を減らしたり、途中で燃焼を止めて意図的に距離を抑えたりした可能性もある」とみる。これに対し、元自衛艦隊司令官の香田洋二氏(元海将)は「最大射程を狙って失敗したのではないか」と指摘。ミサイルを推進させるブースターを切り離すタイミングが遅れたなどの理由で距離が延びなかった可能性を挙げた。

 一方、今回の発射で、日本海に展開したイージス艦などのレーダーは3つの航跡を捉え、すべて太平洋の同一海域に落ちたことが確認された。このため政府は「日本海上空で3つに分離した可能性がある」(菅義偉官房長官)として分析を進めている。

 香田氏は、3つに分離したとすれば(1)弾頭(2)ブースター(3)その両者をつなぐ接合部か弾頭部の覆い-だったと推測する。元航空支援集団司令官の永岩俊道氏(元空将)は、ミサイルの飛行データを地上基地に送信するテレメーターが分離した可能性もあるとみる。防衛省は「分離しなくても航跡が3つに見えることはある」(幹部)と慎重に分析を進める構えだ。

 ただ、いずれにせよ今回の発射が北朝鮮の核・ミサイル開発に必要なデータをもたらしたことは否定できない。5月14日の火星12は通常より高い角度で打ち上げる「ロフテッド軌道」で発射され、最高高度は約2100キロに達した。これに対し、今回のミサイルは最高高度約550キロの通常軌道だった。

 ロフテッド軌道では大気圏に再突入する角度が直角に近いため摩擦が少なくなり、高温や振動で弾頭が損傷する度合いは小さい。永岩氏は、今回は通常軌道で発射することで「北朝鮮が(着弾直前の)終末段階の精度を高めるデータの取得を図ったのではないか」とみている。

 北朝鮮が目指す核弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイル(ICBM)配備には、こうした再突入技術の確立や弾頭の軽量化、推進エンジンの強化が欠かせない。

 河野太郎外相は29日、記者団に「北朝鮮の核の小型化が進んでいるだろうと思う。ミサイルに使われているエンジンの大型化も現実になっている」と述べ、今回の発射が北朝鮮の核・ミサイル技術進展につながるとの認識を示した。(千葉倫之)





哲学者怒る「日本の公共空間はうるさすぎだ」 遅れた飛行機内での熱唱は「美談」なのか?
 これまで政治家のウソをテーマに連載を書いてきましたが、もうこれをテーマにしてもむなしくなるだけですので、この辺でやめにしようと思いますが、最後に1つだけ取り上げると、国会閉会中審議のはじめに神妙な顔つきでなした安倍首相の「お詫び」はとても感じの悪いものでした。自分の傲慢な姿勢のみ反省して、傲慢な姿勢の背景にある真実を追求する要求には一切答えないという「お詫び」でしたから。

お詫びからは「ソン・トク」ばかりが透けて見える

 一般に、お詫びしても実際の損失が何もないような場合、お詫びをすればトクだからという計算だけが透けて見えて、言葉はからからと滑っていきます。政治家だけではない。官庁や会社や病院などの、公式的お詫びはみんな同じであって、いまお詫びすればトクだから、いまお詫びしなければソンだから、という功利的計算のみ見えてしまう。

 私は、よって、人間関係において、いかに相手から損害を受けたとしても、謝罪を要求することはほとんどなく、自分も真意の伴わない謝罪はしたくない。謝罪したほうがトクであることがわかっていればいるほど、謝罪するのには抵抗が伴います。人間は、そんなにすぐに自らの過去の行為を「反省する」ものでしょうか? 私の70年にわたる人生において、そうではないと断言できます。

 こう言い換えたほうがいいかもしれない。われわれは、相手の足を思わず踏んでしまったとか、相手の名前を間違えてしまったとか、待ち合わせで相手を待たせてしまったとか……相手に軽い損害を与えたときは「心から」反省する。しかし、ある人を練りに練って振り込め詐欺でだました場合、練りに練って保険金目当てで殺してしまった場合などは、逮捕後ただちに反省するほうがおかしい。反省するとしたら、「捕まったこと」に対してではないでしょうか?

 このことは、誰でも知っているのに、社会ゲームとして、被害者は直ちに加害者に「反省」を求め、それがないと「反省の声さえない」と怒り、では、と加害者が反省すると、今度は「まったく誠意が見られない、本当に反省しているとは思われない」と追及するのです。いわゆる「慰安婦問題」において、韓国(政府・国民)が、日本(政府・国民)の反省がまだ足りない、まだ足りない、まだ足りない……と言い続けているのも、同じ構図です。

 夫婦間でも国家間でも、加害者に「真の反省」などほとんどありえないのですから、それを要求することはむなしいように思われますが、被害者はこの真実を知っていても、加害者がこの真実を語ることを許さない。加害者は、1点の混じり気もない絶対的に真の反省に至らなければならない。その結果、加害者は被害者にとって永久に反省が足りないということになり、被害者は永久に相手を責め続けることになるわけです。

 この話は、ここまで。最近のニュースでカチンときたのは、もう1つありますが、たぶんほとんどの人が問題にもしないことでしょう。それは、8月20日に札幌発大阪行きの全日空機の出発が遅れた際に、乗り合わせていた歌手の松山千春さんが乗客のイライラを解消するために、客室乗務員のマイクで「大空と大地の中で」を歌った、という話。

 翌朝のワイドショーでは、このエピソードを取り上げて、キャスターなどみな絶賛していましたが、私は賛成できません。こうした「騒音」については、30年以上も闘い続けましたが、ほんとうにこれほどむなしい闘いはなかった。相手は、私の意見に反対なのではなく、私が何を言いたいのかまったく意味が通じないのです。

日本の公共空間に溢れる音、音、音……

 私は広い意味における公共空間(飛行機の中も含めて)では、なるべく音を発しないことが「正しい」と思っている。いわゆる大声でのおしゃべりや個人的に音楽を流すこと(これは多くの人が嫌っているからいいでしょう)のみならず、その空間を管理している責任主体(この場合は全日空)も、むやみに「音」を流してはならない。飛行機の中ですと、安全確認やさまざまな機内設備の案内や連絡などはいいとして、しつこいマイレージなどの宣伝放送も、機内販売の宣伝放送もダメ。すなわち、なるべく無音に保ち、その空間をいかに音で彩るかは各乗客に任させる。

 これは、飛行機の機内では、ほぼ理想的に保たれています。座席の前に据えられているモニター画面を見る場合でもレシーバーが配られ、BGMもありません。そこで、眠りたい人は眠り、読書したい人は読書し、音楽を聴きたい人はイヤフォンを利用する。

 しかし(今回は空港内に限りますと)、飛行機の機内以外ではこうはいきません。空港ビルのあらゆる店には音楽や宣伝放送が流れ、ダイナースなどの待合室にもBGMが流れ、エレベータには「1階です、こちらのドアが開きます」、エスカレータには「エスカレータにお乗りの際、手すりにつかまり……」という金属的なテープ音が入る。トイレに近づくと、「右が男子トイレ、左が女子トイレです」という放送が入る。もちろん、銀行のATMは「いらっしゃいませ、毎度ありがとうございます」というキンキラ声で迎えてくれる。

 そして、搭乗口では、液体や危険品の持ち込みを注意する放送が流れ、出入国審査の場所では、(場合によって)「日本人は日本人と書いてある窓口にお並びください」という放送が流れ、空港内の動く歩道には「まもなく終点です、ご注意ください」というテープ音が流れ、帰国の際に、ベルトコンベア上を流れてくる荷物を待っているあいだずっと、「入国カードをご記入ください、入国の際にはパスポートと一緒に入国カードを示してください」という放送が流れる。

 実は、こうした「あああせよ、こうせよ」という放送が、もっともっとあるのですが、このすべてがヨーロッパの空港にはないのです。

ヨーロッパで注意喚起の放送がない理由

 これは、趣味の問題ではなく、思想の問題でしょう。日本人は、老人、旅慣れない人、不注意な人など、「弱者」に視点を合わせ、注意放送によって彼らを救おうとする。

 しかし、ヨーロッパでは、そうではなく、そういう「弱者」は自分で努力して事故や不注意を防ぐようにすべきだ、という思想が徹底している。キリスト教の思想が行きわたったヨーロッパで、弱者に対するこうした注意放送(看板)が皆無なのです。

 それ以外にも、ヨーロッパには、床に敷き詰められた盲人用の黄色いポチポチがどこにも(電車のホームにも)ないし、障害者用の男子用トイレの鉄パイプもありません(私はこれまでこれを使っている人を見たことがない!)。じゃ、どうするのか? 近くにいる個人がそのつど助ければそれでいい。日本では、これが行きわたっていないから、放送だらけになるのです。

 わが国では、周囲の盲人や車いすの人をよく見ず、率先して彼らを助けることをせず、みんなこうした観念的放送を観念的弱者のために必要だと思い込んでいる。そこで、私が「こういう放送は必要ない」と抗議すると、まったく意味がわからないということになるわけです。

 次に、あえて言いにくいことを言いますが、これほどずっと前からありとあらゆる仕方で注意しているのに、それでも振り込め詐欺にかかる人は、(犯人が悪いのは当然として)その人も悪いのだと思います。にもかかわらず、パトカーで「振り込め詐欺に注意しましょう!」という大音響をまき散らして町内を走り周り、地域によっては、防災行政無線で注意を勧告することもあり、警察官が銀行のATMのところに待機していることもある。ほとんどの人は振り込め詐欺にかからないのですから、そういう人にとっては、騒音(耳障り)以外の何ものでもないのですが、現代日本ででは、こういう「思想」がまったく通じないのです。

 私はこのことをかつて「優しさの暴力」と呼んで、そうした単行本も書きましたが、わずかの賛同者は得られましたが、「日本人を目覚めさせる」ことはできなかった。放送を流す側も聞く側も「善意」と確信しているのですから、それをなくすのは大変なことなのです。

 というわけで、松山千春さんの「善意」ですが、少数かもしれないけれど。迷惑に思った人は必ずいるはず。私など松山千春って聞いたことがある、という程度の知識しかなく、彼の歌は何も知らない。それなのに、突如その歌を「聞かされる」ことに大いなる苦痛を覚えたことでしょう(私がその場に居合わせていたら、あとで必ず客室乗務員に訴えたと思います)。

 松山千春さんがどのくらい有名なのか知りませんが、冷静に考えてみても、同じ時間に政治家が政見を述べても宗教家が講話をしてもブーイングが出るでしょうし、(そうでなくても)嫌がられるでしょう。まあ、毎日新聞によると、松山さんが、「出しゃばったことしているなと思うけど」と語っていたらしいことを知って、ちょっと救われましたが……。




安保理が議長声明、北朝鮮のミサイル発射を非難 素早い対応で結束示す
【AFP=時事】北朝鮮が日本を飛び越して太平洋(Pacific Ocean)にミサイルを発射したことを受けて緊急会合を開いた国連安全保障理事会(UN Security Council)は29日、北朝鮮によるミサイル発射を非難し、北朝鮮にミサイル開発計画の中止を求める議長声明を出した。声明は中国とロシアを含む全会一致で採択され、安保理理事国15か国はこの問題で結束を示した。

 米国が草案を作成した声明は今回のミサイル発射が過去の複数の安保理決議に違反していることを指摘しているが、北朝鮮に対する制裁の強化や新しい制裁に直接つながるものではない。しかし複数の外交筋はAFPに対し、安保理が素早く声明を出したことは結束して北朝鮮に対応しようという各国の強い意思を示していると述べた。

【翻訳編集】AFPBB News






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_11222554.jpg

      3.11東日本大震災    津波 442
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-08-30 05:38 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年8月29 日(火 ):再びうごめく白人至上主義 米国、デモ衝突で犠牲者

人種や民族による差別を撤廃する1964年の公民権法制定から半世紀。米国で白人の優位を訴える団体が再びうごめいている。石炭業が衰退したアパラチア地方など、昨年の大統領選でトランプ氏を熱心に支持した地域で、貧困におびえる白人層を狙って勧誘を活発化している。そんな中、白人至上主義団体と対抗デモが衝突し、女性が犠牲になる悲劇が起きた。(パイクビル=金成隆一)

米、白人至上主義グループと反対派が衝突 3人死亡
特集:ドナルド・トランプ米大統領

 バージニア州シャーロッツビル。白人至上主義団体側の男が車で突っ込み、抗議デモにいた弁護士補助職員ヘザー・ヘイヤーさん(当時32歳)を殺した現場には、事件から10日が過ぎた22日も、追悼に訪れる人の姿が絶えなかった。

 しゃがみこんで涙していたニューヨーク出身の男性は「今の時代にこんな事件が起こるなんて信じられない」と首を横に振った。事件に巻き込まれた黒人の男性は車いすで訪れ、介助者に背中をさすられながら現場を静かに見つめていた。

 事件が米社会に残した傷はあまりに深い。

 数百メートル先の公園には、奴隷制存続などを主張して南北戦争(1861~65)を戦い、敗れた南部連合の英雄リー将軍の銅像がある。この街で白人至上主義者らが集会を開いたのは、市議会が銅像の撤去を決めたことに抗議するためだった。

 この集会に参加した一人が、自ら白人民族主義団体を率いる造園業マシュー・ハインバック氏(26)。米メディアに「過去20年で最大の集会。とてもエキサイティングだ」と語った。

 ログイン前の続き彼らの不満は何か。トランプ政権をどう見ているのか。アパラチア地方の山奥で4月末に開かれた集会で、記者はハインバック氏らを直接取材していた。

■貧困層狙い活発に勧誘

 アパラチア山脈の山あいの町、ケンタッキー州パイクビル。4月末、黒ずくめの約140人が町を行進した。男性が圧倒的に多いが女性の姿もある。タンクトップ姿の若い女性は、ナチスドイツのシンボル、ハーケンクロイツ(カギ十字)の大きなタトゥーを入れていた。カメラを構える記者に、笑顔で手を振った。

 武装した者が目立つ。腰に銃やナイフを携行し、ライフル銃を担ぐ姿も。白人至上主義で知られるKKK(クー・クラックス・クラン)や、ナチスと似た「国家社会主義」、「神の兵士」「戦うキリスト教徒」を名乗る団体もいる。

 短銃を身に着けていた自動車修理工のジョンさん(68)は「白人の同胞を守るためにやって来た。このままでは白人の立場が弱くなるばかりだ。存在を示す必要がある」と話した。

 人口7千人ほどの町では店の多くが臨時休業に。警官が隊列を組む中、白人主義者とほぼ同規模の抗議者も集まり「差別主義者は出ていけ」と叫ぶ。車両の進入が禁じられたこともあり、この日は深刻な衝突には発展しなかった。

 ここが行進の場所に選ばれた理由は明快だ。「住人の98%超が欧州系白人」「子どもの3人に1人、高齢者の5人に1人が貧困層」「トランプ氏の得票が8割を超えた」。そう案内に記されている。

 現状に不満を抱える白人労働者が、白人主義団体の勧誘のターゲットだ。

 団体幹部マット・パロット氏(34)は言う。「米国で白人は優遇されてきたと言われるが、この一帯を車で走れば、違うとわかる。彼らの声は代弁されていない。エリートに見捨てられた白人だ」「白人やユダヤ人のエリートに虐げられているのは(黒人やヒスパニックら)人種的な少数派と思い込む人が多いが、この産炭地では白人も被害を受けている。まるで第三世界の途上国だ。石炭という資源を大企業に奪われ、利益は州外へ。白人労働者は捨てられた。帝国主義時代の植民地のようだ」

 パロット氏はインディアナ州南部の小さな町からやってきた。10歳代の前半に人種問題に関心を持ち始め「白人にも差別されている人々がいる」と気づいたと主張する。20歳代の前半に白人主義団体に加わった。活動歴は10年になる。

 一方、地元パイクビルの住人は迷惑顔だ。

 ひときわ大きな声で白人主義に抗議していた失業中のブレット・デボードさん(48)は「失業、薬物汚染、精神疾患。やつらは貧困にあえぐ我々につけ込もうとしている」と憤る。自身も18年間勤めた木材会社を解雇されたばかり。「KKKは1990年代にもこの町で集会を開いた。私はあの時もここに立って抗議した。当時から何も変わっていない。ここはずっと貧困地域だ」

■「戦前の日本を尊敬」

 行進の後、白人主義団体のメンバーらは更に車で1時間ほど離れた山奥の私有地での集会に移動した。住民の貧困率が3割を超え、トランプ氏が8割を得票した地域。ハインバック氏のインタビューができると言われ、記者も向かった。

 山が険しくなると、舗装道が途絶え、砂利の一本道になった。「この先、私有地 要注意」。看板が警告を発する。さらに薄暗い山道を走ると視界が開けた。

 平地に大型テントが張られ、町で行進した人々が集まっていた。100人近くいるだろうか。多くはビールを片手にリラックスしている。集会では「グローバル化から白人コミュニティーを守れ」という演説に拍手が湧く。貧しい白人を蔑視する「ホワイト・トラッシュ」という言葉を連呼する歌を披露する青年には笑いも起きた。ただ写真撮影は「私有地」との理由で制止された。

 会場は白人ばかり。記者は好奇の目にさらされたが、日本から来たと自己紹介すると彼らの態度が変わった。敬礼する者もいる。

 KKKの名刺を差し出してきた若者が言った。「私は(戦前の)帝国主義時代の日本を尊敬している。みんなも同じだ。どの民族にも固有の文化があり、尊重されるべきだ。日本は模範だ」

 彼らは、白人の人種的優位を主張する「白人至上主義者」とみなされることが多い。白人の優越を信じているのかと質問すると、口々に否定した。「日本人にIQテストで勝てないのは自明だ」。一人が冗談っぽく答えると、隣の男性がまじめな顔で続けた。「私の本業は自動車の修理工だが、日本車の方が米国車よりも優秀だ。白人の方が優れていると言うつもりはない。ただ、それぞれの民族が固有の土地を持つべきだと言っているだけだ」

■「勢力拡大の好機だ」白人民族主義団体の創設者語る

 白人民族主義団体を創設したハインバック氏が、集会の場でインタビューに応じた。昨年3月のトランプ氏の集会で、黒人女性を怒鳴りつけ、乱暴に押しながら会場から追いだそうとする映像が全米に流れ、注目を集めた人物だ。運動の狙い、トランプ政権誕生の意義などの考えを聞いた。

――なぜケンタッキー州東部で集会を?

 米国の中でも特に見捨てられた地域だからだ。白人労働者が無視され、彼らを代弁する政党がない。私たちは、この地域で候補者を集め、政党として支持を広げたい。

――目標は政界進出か?

 その通り。連邦選挙管理委員会にも登録した。アパラチア地方とラストベルト(さび付いた工業地帯)の白人労働者コミュニティーで集会を重ね、地方レベルの候補者を探す。失業率が高く、薬物汚染が深刻な地域で、政治的なインフラの整備をしたい。

 私はトランプ氏に投票した。ロシアとの関係改善、移民停止、自由貿易への反対を明確に打ち出したからだ。彼は選挙戦で民族主義に訴えて勝ち、私たちが勢力を広げる余地を示してくれた。一般の人々がナショナリズムを重視していることを証明してみせた。

 しかし就任後、多くの点で支持者を裏切った。シリア空爆をやった。他国への介入主義だ。また国境の壁の建設費が(政権の)予算案に十分に入っていない。貧困地域への財政支援も打ち切ろうとしている。

 私たちには好機到来だ。共和党が白人労働者のことなど真剣に考えていないことが明らかになり始めた。彼らが代弁するのはウォール街と大企業で、この地域は間もなく見捨てられる。今こそ我々が動くときだ。トランプ氏に投票した人には大勢の元民主党支持者や無関心層がいる。彼らは、自分たちを代表している政党がないと不満を持っている。共和党も民主党も彼らの声など聞いていないと知っている。だから私たちは彼らに働きかける。絶好の機会だ。

――トランプ氏の予算案で軍事費は10%増の一方、貧困層対策は削られたが?

 支持した白人労働者の顔をピシャリとやったようなものだ。軍拡路線で爆弾や軍用車両の購入のためには金を回すが、貧困層の食料や病人の薬には回さないということだ。裏切りだ。

――グローバル化をどう捉える?

 自由貿易と移民流入でコミュニティーが壊された。利益を得たのは大企業と株主だけ。株価が史上最高値をつけても、多くの労働者は貧しくなった。白人労働者の利益になっていない。

 グローバル化のせいで、今や米政府は国内情勢すらコントロールできない。労働者の賃金低下を止められない。労働者は多国籍企業の歯車だ。私の地元でも工場閉鎖で400人が解雇される。さらに画一的な消費社会になっている。東京でもアテネでもハンバーガーを食べる。グローバル展開する多国籍企業のせいで、伝統的な文化は破壊され、代わりに魂も人種も宗教も関係ない、消費文化が広がっている。

 同時に米社会では、以前は9割を占めた白人がいずれ過半数を切る。グローバル化は労働者の雇用の場だった工場を海外移転することでラストベルトの共同体を破壊した。そして、その共同体に低賃金の移民労働者も入れる。何が起きたかと言えば、多国籍企業の利潤の最大化と労働者の賃金低下だ。

 多国籍企業は「根なしのコスモポリタン」だ。首都ワシントンからサンフランシスコに飛び、ニューヨークに戻る。さらには東京やブリュッセルにも行く。でも米国の地方には行かず、興味もない。政治と経済のエリートは都市だけで暮らし、どの特定の土地にも根ざしていない。地方は今や「飛び越えられる街々」。選挙で示されたのは、無視されてきた地方の声だ。

――運動は広がっている?

 手応えを感じている。トランプ氏が出馬表明した2015年時点でのメンバーは約100人だったが、今はラストベルトやアパラチアを中心に600人を超えた。海外からも連携を求められ、ギリシャやドイツ、チェコ、ルーマニアに行った。日本からも招待されている。どの民族にも固有の場所があるべきだと訴える、グローバル化に抵抗する世界各地の民族主義者と協調したい。

――トランプ氏の集会で何があったのか? 何の罪に問われている?

 集会中に抗議者が騒ぎ、悪態をつき始めた。トランプ氏が「彼ら(抗議者)を追い出せ」と繰り返したのに、会場の警察官が何もしなかったので、私は抗議者を押して警察官の近くに移動させただけだ。軽犯罪に問われている。

――あなた自身のことを教えて欲しい。

 米東部メリーランド州で育った。両親は高校教師。私は学生時代に90年代の大統領選候補ブキャナン氏の著書「病むアメリカ、滅びゆく西洋」(邦訳あり、成甲書房)を読み、白人が減る人口動態やキリスト教文化の喪失という問題に目覚め、米国の伝統を守る活動を始めた。大学を上位10%の成績で卒業後、インディアナ州政府の職を得たが、民族主義の活動を理由に解雇された。この活動からの収入はない。寄付金などは勢力拡大のイベント開催費用などに使っている。今は造園業で暮らしている。






「区切り、今ではないか」苦悩の終止符 伊達公子引退へ

 2度目の現役引退を発表したテニスの伊達公子。関係者によると、引退を決めたのは今月に入ってからだったという。「完全復活」の可能性をあきらめず、悩み抜いた末の決断。近頃は「なかなか埋まらないギャップ」と闘う日々だった。

伊達公子、2度目の引退へ 自身のブログで公表

 昨年、ひざにメスを入れた。バウンド直後の球を、低い姿勢で打ち返す「ライジングショット」が武器なだけにひざは生命線。それでも「(自分のプレーに)もどかしさを感じるのは、そこまで戦えているということ」。今年5月、約1年4カ月ぶりの公式戦で手応えを語っていた。

 意欲も衰えなかった。手術後は足腰を中心に鍛えた。スピードやパワー、可動範囲。46歳という年齢的な衰えを補うためラケットの面を広げるなど試行錯誤も繰り返した。肩の痛みで出場をやめたが、全米予選にエントリーするなど復活への道筋を模索していた。





はねられたヒナ捜す母ガモのため、高速道路封鎖

【ベルリン=井口馨】ドイツ西部ケルンで、警察が車にはねられたヒナを捜す母ガモのため、高速道路を約30分間封鎖したと発表し、話題になっている。

悲劇が起きたのは23日午前。ヒナ5羽が次々とはねられて死んだ。母ガモを先頭に横断中だったとみられる。母ガモは、難を逃れた何羽かのヒナと共にいったんその場を離れたが、しばらくして走行車線に戻った。わが子を捜そうとしたのに違いない。気付いた警察が急いで道路を封鎖。母ガモは、まもなく道路脇の森に姿を消した。

ドイツでは、森を突っ切る高速道路をカモの行列が渡ることが珍しくない。5月には西部ドルトムント郊外の高速道で、警官が親ガモからはぐれたヒナ4羽を制帽に入れて保護した。




号外:北朝鮮が、平壌付近から日本海に向けて弾道ミサイル発射。韓国軍合同参謀部発表 (06:21)





号外:北朝鮮が、平壌付近から日本海に向けて弾道ミサイル発射。韓国軍合同参謀部発表 (06:21)


ミサイル、日本上空通過か=平壌から発射-北朝鮮
【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は日本時間29日午前5時57分ごろ、平壌の順安付近から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を発射した。弾道ミサイルで、日本の上空を通過した。

 韓国軍によると、北朝鮮が発射したミサイルの飛行距離は約2700キロと推定され、最高高度約550キロに達したとみられる。

 米軍もミサイルが日本上空を通過したことを確認。ミサイルの種類などは分析中だが、「米本土に脅威をもたらすものではない」と指摘した。

 1998年8月には、長距離弾道ミサイル「テポドン1号」の2段目や弾頭部分が日本列島を通過し、三陸沖に着弾した。2009年4月にも北朝鮮のミサイルの2、3段目が東北地方上空を通り、太平洋に落下。12年12月と16年2月には、沖縄県上空を通過している。

 北朝鮮は7月4日と28日に大陸間弾道ミサイル「火星14」の発射実験を強行。今月26日には、短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体3発を東部から発射している。

 また、米領グアム島沖を狙って中距離弾道ミサイル「火星12」4発を同時に撃ち込む計画を公表。発射準備を完了したとされるが、金正恩朝鮮労働党委員長は「米国の行動をもう少し見守る」と述べ、発射を先送りしていた。 




北朝鮮ミサイル:中国・新華社通信が速報 強い関心示す
【北京・浦松丈二】中国国営・新華社通信は29日朝、北朝鮮のミサイル発射を至急報で速報し、強い関心を示した。中国政府の公式コメントはまだ出ていないが、過去の発射に対しては「国連安保理決議に違反するミサイル発射に反対する」と北朝鮮を批判する一方、日米など関係国には事態の緊張を避けるよう促してきた。






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_11204935.jpg

     3.11東日本大震災   津波 441
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-08-29 06:05 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年8 月28 日(月 ):【茨城県知事選】自公推薦新人の大井川和彦氏が初当選 現職の7選阻む

茨城県知事選は27日、投開票され、無所属新人の大井川和彦氏(53)=自民、公明推薦=が、いずれも無所属で、現役知事最多となる7選を目指した現職の橋本昌氏(71)と、新人の鶴田真子美氏(52)=共産推薦=を破り、初当選を果たした。投票率は43・48%(前回31・74%)だった。3日の内閣改造後初の大型地方選を制した自民党は10月22日投開票の3つの衆院補欠選挙に向けて弾みをつけた。

 7月の東京都議選で大敗し、与野党対決となった同月の仙台市長選でも敗れた自民党は、茨城県知事選を青森4区、新潟5区、愛媛3区の「衆院トリプル補選」の前哨戦と位置付けていた。負の連鎖を断ち切るため、閣僚や党幹部を大井川氏の支援に続々と投入し、国政選挙並みの総力戦を展開した。

 公明党も都議選で対立した自民党と関係修復を図るため、党本部主導で大井川氏の推薦を決定し、自公両党が足並みをそろえて支援態勢を固めた。

 選挙戦は、6期24年にわたる橋本県政の評価や多選の是非が争点になり、自公両党と大井川氏は多選の弊害を強調。大井川氏は「大きな挑戦には国との連携が必要だ」と政府・与党とのパイプをアピールした。

 与党の攻勢にさらされた橋本氏は安倍晋三政権による「介入」と批判を強め、対決構図を作り出した。さらに日本原子力発電東海第2原発(同県東海村)の再稼働を認めない方針も訴えて反原発層の取り込みを図ったが、及ばなかった。






メルケル氏側「こんなことまで…」 米大統領からの電話

1本の電話が、ドイツのアンゲラ・メルケル首相(63)にかかってきた。

 「州議会選挙での勝利、おめでとう」。電話の主はドナルド・トランプ米大統領(71)。3月27日のことだ。その前日、メルケル氏率いるキリスト教民主同盟(CDU)は独西部ザールラント州の州議会選挙で勝利していた。ドイツ16州のうち、2番目に人口が少ない州。大国の首脳が電話で祝福するのは異例だ。

 メルケル氏に近い関係者は驚いた。「ドイツがいまや欧州の中心として認識されていることはよくわかる。しかし、こんなことまで伝えてくるとは」

 米ホワイトハウスの公式発表によると、トランプ氏が就任100日間でメルケル氏と電話で話したのは6回。「橋渡し役」を自任する安倍晋三首相の5回、トランプ氏の就任後に最初に首脳会談した英国のメイ首相の3回を上回る。

 「自国第一」を掲げ、気候変動対策や自由貿易などのテーマでことごとくメルケル氏と対立するトランプ氏にとっても、その存在感は無視できない。7月に独ハンブルクで開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議では、議長を務めたメルケル氏によって、米国と他の国の「1対19」の構図に追い込まれた。

■ドイツ総選挙まで1カ月

 ドイツでは9月24日に総選挙がある。4期16年の長期政権に向け、メルケル氏の与党は選挙戦を優位に進めている。

 ログイン前の続き敗戦国ドイツは長く、国際政治で常に控えめな存在だった。だが欧州金融危機や難民危機は、欧州最大の経済大国であるドイツの存在感をいや応なく高めた。

 国際情勢が不透明さを増す中、人権や自由、民主主義を重視するメルケル氏の姿勢や、安定した手腕に注目が集まる。欧米メディアは「リベラリズムの最後の守り手」と評する。

 「今の立場は、決してドイツが望んだものではない。ドイツは何も変わらないのに、周りの国がどんどん変わっていくんだ」。ドイツ政府関係者は戸惑いも口にした。

■人権・民主主義重視 メルケル氏に信頼

 「肌の色や宗教、性別などを問わず、民主主義や自由、法の支配を尊重するという価値観を共有した上でともに働きたい」

 昨年11月9日。米大統領選でトランプ氏の当選が決まった際、メルケル氏が送った言葉に首相府の関係者らは驚いた。事務方が用意した「台本」が大きく書き換えられていたからだ。

 当初は、外交儀礼的で無難な内容だったという。

 人権や自由、民主主義に対するメルケル氏の思い入れは、自由に話せなかった旧東独時代の体験や、抑圧されながらも牧師として活動した父親の影響があるとされる。

 トランプ氏が「(ドイツが難民を受け入れたのは)破壊的な過ちだ」「(貿易黒字を稼ぐ)ドイツはひどい」といった言葉でやり玉に挙げれば挙げるほど、国内外でのメルケル氏への評価は高まった。

 米調査機関ピュー・リサーチ・センターが6月に発表した世界37カ国対象の調査でも、メルケル氏の信頼感はトランプ氏を大きく上回る。独世論調査会社フォルザのペーター・マトゥシェク氏は「トランプ氏の米国や、欧州連合(EU)離脱を決めた英国の政治が混乱すればするほど、ドイツの有権者はメルケル氏への信頼を高めていった」と語る。

 トランプ氏は4月、AP通信のインタビューで就任100日を振り返り「最も相性が合う一人がメルケルだ」と語った。その存在感が無視できないことのあらわれだった。

 だがメルケル氏に、国際政治を自ら主導しようという「野心」は見られない。

 首相4選への意向を表明した昨年11月の会見でも、「リベラリズムの守り手」といった期待に対して「グロテスクでばかげている」と拒んだ。

 「人口8千万あまりの国にとっては荷が重すぎる」(政府関係者)との意識も、根底には横たわる。

 メルケル氏が頼りにするのが、戦後ともに欧州統合を進めてきたフランスだ。

 「我々が他国を完全にあてにできた時代は終わりつつある」。トランプ氏と対峙(たいじ)した5月の主要7カ国(G7)首脳会議の翌日にこう語ったメルケル氏が強調したのは、「親欧州」を掲げるマクロン大統領との結束だった。

 ただ、どこまで連携できるかは予断を許さない。

 マクロン氏がユーロ圏の成長や安定、雇用の創出を目的に提唱する「ユーロ圏予算」は、仏独連携の試金石とされる。だがメルケル氏の与党、キリスト教民主同盟(CDU)の公約はこの件に触れていない。「議会の承認が必要」(メルケル氏)などとして議論は選挙後に先延ばしされた。

 ドイツは国内で節約志向が強く、他の国への財政移転には慎重な立場だからだ。ドイツ政府関係者は「フランスとは考え方が違う。大事なのは産業の競争力で、財政支出の拡大ではない」と話す。

■世論読む現実主義

 メルケル氏の与党の支持率は24日発表の独公共放送ARDの調査で38%。ライバルの社会民主党(SPD)の22%に大差をつける。難民問題などもくすぶる中、政権安定の最大の理由は好調な経済だ。ユーロ安を背景に輸出を伸ばし、失業率は東西ドイツの統一以来、最も低い水準にある。

 だが、それだけが理由ではない。

 ドイツ史上初めての女性首相となった2005年の総選挙では、かろうじて第1党になった。当時、長期政権を予想する声は少なかった。メルケル氏は世論の風を読み、柔軟に立ち位置を変えてきた。

 6月26日、雑誌社主催の座談会。「個人の良心に従った(国会での)決定を望みます」。同性婚の合法化をめぐるメルケル氏の発言が大きな波紋を呼んだ。

 同性婚をめぐる議論はこれまで数年続いてきたが、メルケル氏は党内の保守派に配慮して発言を慎んできた。「私にとって結婚とは男女間のこと」と否定的な発言も繰り返してきた。

 態度を突然変えたのは、SPDがこの問題を争点化する姿勢を見せていたからだ。選挙後に連立相手として想定される他の政党は、いずれも合法化を公約に掲げる。続投のためには、ほかに選択肢はなかった。

 法案は発言の4日後に連邦議会にはかられ、可決された。メルケル氏本人は反対に回ることで、党内保守派の反発を乗り切った。

 徴兵制の廃止や脱原発など、メルケル氏が従来の党や本人の見解を突然変えた例は多い。脱原発は福島第一原発の事故で安全管理の限界を悟ったからだとされるが、事故直後にあったCDU牙城(がじょう)の州議会選挙で「緑の党」に敗北した影響も大きかった。

 「彼女が大切にするのは自由と人権、民主主義。難民受け入れを決めたのは、その価値観に基づく」と独紙ツァイトのマティアス・ナス主筆は語る。同時に、メルケル氏の徹底した現実主義をこうも評する。「しかし多くの問題で、彼女は『日和見主義』とも言える柔軟な姿勢を示す」





佐々木主浩、獲得金額はアメリカだけで48億円と告白!

26日放送の『ジョブチューン』(TBS)に、元プロ野球選手の佐々木主浩が出演。選手時代に稼いだという驚愕の収入額を明かした。
 番組には、大久保博元・槙原寛己・宮本慎也などの元プロ野球選手達が登場し、野球選手の収入事情を告白。20年程前から1億円プレイヤーの数も増えてきていると明かした。

 宮本も、「上を見ればキリがない」と語るほどで、有名選手でなくても3000万円や6000万円もの額を稼いでいる選手も多いとのこと。また、野球選手には報道で明かされる金額とは別に収入が入っていくるという驚きの事実が発覚。完封や一勝するごとに何百万というお金がもらえるというこの事実にスタジオからは驚きの声があがった。

 さらに、佐々木が特に高額な報酬をもらっていたと話題に。佐々木は日米ともに“ハマの大魔神”または“DAIMAJIN”の愛称で親しまれ、横浜ベイスターズ、シアトル・マリナーズに所属。当時の収入について佐々木からは「日本円にしたら10億円くらい」と予想をはるかに超える高額な報酬をもらっていたことが判明。

 さらに、報道による佐々木の生涯年俸は48億5000万円だったと、これまた桁違いな額が明かされたが、この金額について佐々木は「それはたぶんアメリカだけだと思います」と実はマリナーズ時代のみの額だと説明。「日本あわせたらもっとだと思います」と実際のところはそれ以上の報酬だった明かし、スタジオは再び驚愕の声に包まれていた。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_1394958.jpg

     3.11東日本大震災     津波 439
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-08-28 05:27 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年8月27日(日 ):校長含む教員ら18人、一斉退職…移転に反発か

大阪市阿倍野区の私立明浄学院高校の保護者らが25日、学校運営に問題があるとして、学校法人の理事全員の解任を求める上申書を文部科学省に提出した。

同校では3月末、教員ら18人が一斉に退職している。

同校などによると、退職したのは、当時の校長、教頭を含む教員17人と、事務職員1人。

複数の同校関係者によると、数年前から学校法人の理事らが大幅に代わる中で、敷地を売却して学校を移転する計画が浮上。教員の間で反対の声が上がり、理事らから教員に高圧的な言動もあったという。

今年7月には、同校の半分程度の敷地の登記簿に売買契約の仮登記がされた。不安を抱いた保護者らが今月24日、大阪府に保護者説明会を開くよう学校法人に指導を求める上申書を提出。府と文科省は近く法人側に事実確認する。

24日に記者会見した保護者は、「十分な説明を受けていない。健全な学校運営に戻してほしい」と訴えた。

同校の絵面(えづら)功二校長は取材に、一斉退職について「高圧的な言動は把握していない。臆測だが、改革についていけなかったのだろう」と話す。移転計画についても否定し、「現時点では、土地の売却収入を現地での建て替え費用に充てる計画で、保護者役員会には説明済みだ」としている。




豊田議員の関係者がテレビで怒りの様子を暴露 「携帯電話が飛んでくる」
自身の政策秘書だった50代男性への暴力行為が報じられた豊田真由子衆院議員(42)の事務所関係者と名乗る女性が26日、読売テレビのバラエティー「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演し、豊田議員について「車の後部座席から携帯電話が飛んでくる」「事務所の関係者は、録音は一度はしたことがある」などと暴露した。

 この女性「A子さん」は豊田議員の人柄について「付き合いが長くなると、この人はしょうがないなぁと、いとおしくなってくるが、みなさん(他の秘書は)1~2カ月で辞めるので、そこまでいかず、嫌いになって辞めていく。私は好きです」と話した。同議員が現在、どこにいるかは分からないとした。

 元秘書に対する暴力や罵声がさまざまに報じられているが、A子さんは「物を人に向かって投げることはそんなにないが、床に向けて投げたり、車で後部座席から飲み物や携帯電話が飛んでくるとは聞いている」など、その怒りの様子を生々しく明かした。

 司会の月亭八光が「A子さんは、録音機は持っておられるんでしょうか?」と尋ねると、A子さんは「私は携帯電話ですが、豊田事務所の関係者は、録音は一度はしたことがある」と明かし、スタジオは爆笑に包まれた。

 また、2人の子供の母親であるという豊田議員の普段の表情も紹介。「お子さんに対しては本当に優しいお母さんで『~でちゅ、~でちゅ』って感じ。仕事で遅い日は、お子さんにケーキを買って帰る」と、優しい母親の一面を持っていることを明かした。

 今後、釈明会見などをする予定などについては「頭の良い方なので、謝罪をするしかないと本人も分かっていると思います。臨時国会が始まる前には何かしらの決断をされると思う」とした。





3つの要素がそろうと赤信号! 孤独死予備軍“セルフネグレクト”からの脱出法
 今年2月、ゴミ屋敷から両足が壊死した高齢女性が救出され世間に衝撃が。きっかけは人それぞれでも、社会との関係を断ち切り、最終的に身の回りの世話もしなくなる“セルフネグレクト(自己放任)”が大きな社会問題となっています。

家族や自分も陥りかねない現代社会の成れの果て

 激しい疲労や落ち込みから、食事や入浴、掃除などの日常動作もやる気が起きず放置してしまうという経験は、誰しも1度くらいあるのでは? しかし、たいていはしばらくすると気を持ち直し、いつもの生活に戻れるもの。

 それに対し、生活や健康状態が自分では回復できないレベルまで悪化し改善する意欲も周囲に助けを求める気力もなくなってしまうことを「セルフネグレクト」と呼びます。中にはゴミにあふれた部屋の中で孤独死する深刻なケースも……。

「自己放任、自己放棄ともいわれるセルフネグレクトは、これまでひとり暮らしの高齢者に多いとされてきましたが、近年では働き盛りのサラリーマンから大学生まで、年齢を問わず増えています」と話すのは、地域医療やビジネスパーソンのメンタルケアに精通している医師・田中伸明先生(ベスリクリニック院長)

 セルフネグレクトの事例を見ると、ごく普通の生活をしていた人が陥ることも多いよう。まずはその原因と過程からひも解いていきます。


環境、反応、維持する仕組み3つの要素がそろうと赤信号


 田中先生によれば、セルフネグレクトに陥る過程には、3つの要素があるそう。

 まず1つ目は、きっかけとなる環境の変化。

「例えば、家族の死や恋人との別れ、仕事での大きな失敗、病気など。そうした出来事に対して、2つ目の要素である個人の反応が起こります。自分自身を守るために“社会との関わりを断つ”という状態に行き着くんです。反応の仕方は、その人のもともとの資質によっても現れ方が変わってきます。特に強く現れやすいのは、極端な執着思考の人や、物事を勝つか負けるかといった具合に両極にしか考えられない人、ネガティブな事柄の原因を自分ではなくすべて相手が悪いと考える人。また、もともと社会との関わりが薄く、孤立傾向の人。こうした人たちは、セルフネグレクトに陥りやすいといえます。そして3つ目は、社会との隔絶状態を維持できる仕組み。悪化した生活状態であっても、年金や家族の援助などによって経済的にはなんとか生きていける状況であるということ。この3つがつながることでセルフネグレクトが完成するのです」

 そのときの本人の状態は、自分だけの世界に閉じこもる“自閉”の状態に通じますが、その中でもセルフネグレクト特有なのが心身の分離。

「心は自分自分だけれども、身体は自分とは関係のないものだと思ってしまう。自分とは関係ないから、汚くなろうが、衰弱しようが全く気にならず無視する。この状態こそ自己放棄=セルフネグレクトというわけです」


周囲の接し方や現代社会の環境にも問題が潜んでいる


 3つ目の要素である“維持できる仕組み”は、家族など周囲の人間がよかれと思ってやっていることが、結果的にセルフネグレクトを助長してしまっている場合も。

「親が仕送りをしたり食事を運ぶことで、本人が社会と関わりを持たなくとも生きていける状況を作り上げてしまっているんです。また、親だけに限らず現代社会は外出して人と直接関わらなくても、インターネットで手軽に外部と接続できてしまいますよね。これにより自分が社会と隔絶しているという自覚がないまま、自閉状態が維持されてしまうという社会的背景もあります」

 改善するには、そんな状況を壊していくことが必要。

「例えば、同居している息子や娘がセルフネグレクト状態で閉じこもっている場合、部屋の前まで食事を運んではいけません。お腹が減ったでしょう? だったらダイニングで一緒に食べましょうと声をかけてください。そのとき、閉じこもっていることなんて、家族はまるで気にかけていないかのような、明るい雰囲気を保つのもポイントです。またネットの接続が切れてしまって自分たちでは修理できないから、専門業者さんのところへ行って自分で直してきてと外出を促したり。とにかく本人がセルフネグレクトの状態を維持できないよう、居心地の悪い状況をあえて作っていくように、周囲の人間も関わり方を変えていくことが解決につながります」

 本人が自分の意志で動き始めたら第1段階は突破。これが改善に向かう“変曲点”になります。解決への取り組みにおいて、この変曲点は重要なキーワード。

「治療は時間をかけてあれこれやっても、変化はごくわずかしか現れないことがほとんど。でも、それを繰り返し積み上げていき、変曲点に達したときに刺激を与えると、加速して変化が現れてきます。すぐにあきらめず粘り強く向き合うことも大切です」


抜け出すためにどうすれば? 正しい接し方と解決法


 悲惨な状況を目の当たりにし、どうしていいかわからず慌てるばかり……。もしも身近な人が陥ったとき、そうならないために、有効な対策や予防法をしっかりインプットしておこう。

■本人の状態や資質により有効な対策は違う

 心と身体が分離した状態は同じでも、本人に自尊心が残っているかどうかで対応の仕方は変わると田中先生。

「自尊心が残っている場合、昔ながらの友人や地区の民生委員などの第三者に協力してもらい、みんなも困っているよという話をすることでもともと社会的立場を気にかける人なら、特に自分も動かなければという気持ちを呼び起こせる可能性があります。一方、自尊心が残っていない人は治りたいという気持ちがそもそもないので、身体をきれいにしなさいなどと正面から説得しても意味がありません。治療方法としては強制的に身体をきれいにすることから始めます。本来、心と身体はつながっていますから、身体をきれいにしたり、女性なら化粧をさせたりすることで心が戻っていく効果が期待できます。つまり分離した心と身体を再び合体させるような治療を行っていきます」

 ただし、結果を焦るのは禁物。

「人間は心身の構造上、3回経験すると無意識が発動して行動できるようになっているんです。1回目は意識だけの領域に指示を与えて拒絶されても、2回目には前回の記憶があるため少しずつ無意識の領域にまで指示が下りていきます。そして3回目には、無意識が発動して自動的に動けるようになるんです。だから、一気に解決しようとしてはダメ。その人が現況に陥ったきっかけを理解し、自分を守るために自閉状態になっていることを受け入れたうえで心身が分離する状態に至るまでの道のりを、反対にたどる作業をしていかなければいけません。同じことを3回繰り返しながら、根気よく接していくことが必要なのです」

■人や社会との交流、自立を意識した教育も重要

 冒頭であげた、家族の死や恋人との別れ、病気といった環境の変化は、誰にでも起こりうること。では、そこからセルフネグレトに陥らないための予防策とは?

「一番は、人や社会との関わり、つまり社会性を大切にすることですね。人格というのは、他者との関わりによって形成されるものですから、地域社会や家庭の中で、自分の存在価値が明確になれば向上していきます。私がいなければ困る人がいる、という意識を持つようにするのもいいでしょう。また子どもに対して、親や周囲の人間がすべてやってあげるのではなく、ゴミ出しなど何かしら日課を与えるなどして、子どもの自立性を高めていくことも、健やかな心を育み、セルフネグレクトを防ぐ対策になります」

 なお、家族や友人だけに限らず、困ったときには専門家や行政サービスも活用したいところだが一部、問題点も。

「高齢者であれば、介護保険制度や民生委員など、ある程度対応してくれる窓口がありますが、若者や中年層には、今のところ社会にサポートする仕組みがないのが問題。この点は今後、早急に解決するべき課題ですね」

■1度で完治とはいえないから再発しない暮らし方を

 1度、脱することができても、また何かのきっかけで、容易に再発する可能性があるのがセルフネグレクトの怖いところ。特に、他者のサポートによって外に出した場合は、すぐに元に戻ってしまう危険性も。

「再発を防ぐために、こもっていた部屋をなくしてしまうなど先手を打って環境を整えておくのも手です。また、根本的な部分ですが、現代人は心の問題ばかりに注目して頭でっかちになっている人が多い。やはり人間は心身両面を働かせることでバランスがとれるんです。普段から身体を動かす習慣をつけるのも、再発予防に有効だと思います」

<話を聞いた人>

田中伸明先生◎日本神経学会認定医、日本東洋医学学会専門医、医師会産業医。諏訪中央病院(鎌田実院長)で地域医療に従事、その後、大学教授などを経てベスリクリニックを開設。薬に頼らないメンタルケアを提唱している。




朝鮮ミサイル発射、3発のうち「2発は飛行」 米軍が修正
【AFP=時事】米軍は26日、北朝鮮が同日に発射した短距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体3発について、うち2発は約250キロ飛行したと発表し、当初の分析を修正した。

 米軍は当初、今回発射されたのは短距離弾道ミサイル3発だったと明らかにし、このうち2発は「飛行中に不具合を起こした」と述べていたが、米太平洋軍(US Pacific Command)の報道官はその後、2発は「北東方向に約250キロ飛行した」と発表した。

 またこの報道官は、3発のうち1発は発射の「ほぼ直後」に爆発したとして、いずれのミサイルも北米や米領グアム(Guam)にとって脅威となるものではなかったと述べた。


韓国・ソウルの駅に設置された北朝鮮のミサイル発射について伝えるテレビの画面(2017年8月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News© AFPBB News 提供 韓国・ソウルの駅に設置された北朝鮮のミサイル発射について伝えるテレビの画面…
 今回のミサイル発射により、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が今週、北朝鮮は米政府を「尊重」し始めているとの見方を示していたにもかかわらず、両国間の緊張は再び高まる可能性がある。

 米韓両軍は今月21日から韓国で大規模な合同軍事演習を行っており、北朝鮮はこれを極めて挑発的な行為と捉えている。

【翻訳編集】AFPBB News



a0044103_6392213.jpg

菅野美穂:「ひよっこ」世津子役は「宿題」 岡田惠和作品の魅力…対峙シーン秘話も!
有村架純さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」に、女優の川本世津子役で出演している菅野美穂さん。脚本を手掛ける岡田惠和さんとは約25年の付き合いで、岡田さんから「戦友」と呼ばれるなど絶大な信頼を寄せられている菅野さんは、「今までの岡田さんの脚本の中で一番すてきだなって思っている」と「ひよっこ」への印象を語る。また、今回の役どころを「岡田さんからの“宿題”と感じた」という菅野さんに、これまでの撮影の日々を振り返ってもらった。

 ◇一視聴者として何度も涙「何、そのハンドルの切り方!」

 「ひよっこ」は96作目の朝ドラで、奥茨城の農家に生まれて、のんびりした少女に育った谷田部みね子(有村さん)が、出稼ぎで東京に行っていた父が行方不明になったことをきっかけに、集団就職で上京する……というストーリー。高度経済成長期に集団就職で上京した“金の卵”が、殻を破って成長していく姿を描く。

 これまで「イグアナの娘」(1996年、テレビ朝日系)、「君の手がささやいている」(97年、同)、「ちゅらさん」(2001年、NHK連続テレビ小説)といった岡田さんが脚本を手がけた作品に出演してきた菅野さん。最初の接点は15歳のときに出演した「ツインズ教師」(93年、テレビ朝日系)で、以来その付き合いは25年にも及ぶ。菅野さんの目にも今回の「ひよっこ」は、「今までの岡田さんの脚本の中で一番すてき」と映っているようで、「本当に優しい気持ちになる、涙が出てくるような朝ドラだなって。“親戚のおじさん”の気持ちです」と優しくほほ笑む。

 視聴者からも「見ていて心が温まる」「なぜだか分からないが、泣けてくる」という意見は多く寄せられているというが、菅野さんも一視聴者として「何度も涙が出た」と告白。「みね子さんがやっと(ラジオ工場の作業を)1回も失敗せずに終えたとき、すごく感動しましたし、愛子さん(和久井映見さん)が(“乙女”たちに)お菓子をあげているシーン、ただお菓子あげているだけなのに泣けてきて……。あと『トロイカ』の合唱も、最初すごく爆笑しちゃったんですけど、何か見るたびに『あれ、泣けてくる』となって、『何、そのハンドルの切り方!』ってなりましたね」と楽しそうに話す。

 ◇美代子との対峙「どう演じていいのか…」 暗中模索も本番は1発撮り

 岡田さんが今回、菅野さんに与えたのは“昭和の人気女優”という役どころ。課せられた使命は決して小さくなく、第17週「運命のひと」の最後で世津子は、みね子の記憶喪失の父・実(沢村一樹さん)と誰にも知らせず一緒に住んでいたことが判明した。父と娘の“悲しい再会”シーンを生み出すと、第18週「大丈夫、きっと」では、実の妻・美代子(木村佳乃さん)と世津子との対峙(たいじ)も描かれた。

 菅野さんは自身の役どころや物語の大きな分岐点になった対峙シーンについて「どう演じていいのか分からない、岡田さんからの“宿題”と感じた」と明かす。一方で「信頼して委ねてくれているんだって感じました。20代、30代で一緒にお仕事をしたときとは“違うボール”を投げてもらっているような感じはしました」と振り返る。

 また「はっきりと“こういうところ”って目指せるものがなかった」と言い、「それぞれの受け取り方が違うから……。ただ世津子としては、いつか実さんを返さなくちゃいけない、でも『明日にしようか、あさってにしようか』って、そんな小さな積み重ねが一つの家庭を本当に追い込んでいた。『そんなつもりじゃなかったのに、なんて罪深いことを』って、驚きと後悔というシーンになっている」と話す。

 さらに菅野さんは「美代子さんが木村佳乃さんだったっていうのは大きい。私も素直にぶつかることができた」と語ると、「沢村さんは『世津子さんと実さんは男女の関係じゃなかったと思う』と言っていて、『なるほど』って思った。本当にあのシーンは、リハーサルのときから異様な、特殊な雰囲気で粛々と進めて、本番は“1発撮り”だったし……。みんなでただ『呼吸を合わせよう』っていうのが良かったんでしょうね」としみじみと思い返す。

 ◇世津子を嫌われものにしない「岡田マジック」 今後の見どころは?

 真実が明らかになったあとも、世津子を擁護する声が視聴者から上がったことについては、「分からないですね。どう考えても美代子さんが正しい。でも、これが“岡田マジック”なんですかね」と話す菅野さん。「『ひよっこ』を4月から見てきた者としては“美代子派”じゃないですか(笑い)。『一緒にいる時間が楽しかった』とか奥さんの前で言うのも、もうダメですよ」と世津子の言動をいさめる一方、「世津子さんにとって実さんは精神的なよりどころで、それは素直な気持ちだろうし……」といまだ整理できない胸の内を明かした。

 22週目では、そんな世津子をあるスキャンダルが襲う。菅野さんは「みね子さんの勇ましいシーンがあって、あのほんわかしたみね子さんが“ジャンヌ・ダルク”になる」と予告。また世津子と愛子とのプロレスシーンもあるといい、「普通だったらぶっとんでいる設定なんですけれど、朝ドラではできてしまう。『60年代はプロレス!』みたいな。和久井さんの足とか触るの、前の日からドキドキして、変な緊張しちゃって。でもうれしかったです(笑い)」と話すなど、世津子とあかね荘の人々との関わり合いにも注目だ。

 「ひよっこ」はNHK総合で月~土曜午前8時ほかで放送。全156回を予定。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_1375442.jpg

      3.11東日本大震災    津波 437
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-08-27 06:35 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年8月26 日(土 ):北朝鮮が短距離ミサイル数発発射 日本海に向け

北朝鮮は26日午前6時49分ごろ、東部の江原道(カンウォンド)旗対嶺(キッテリョン)付近から日本海に向けて短距離ミサイル数発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。飛行距離は約250キロと推定している。米韓でミサイルの種類など詳細を分析している。




韓国大統領、徴用工「解決済み」と発言を修正
安倍首相は25日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と電話で会談した。

文氏は、1965年の日韓請求権協定で解決済みの「徴用工」の個人請求権が消滅していないとする17日の記者会見での発言を修正し、同協定で解決済みとの考えを示した。

文氏は17日の記者会見で、「両国間の合意(日韓請求権協定)が個人の権利を侵害することはできない」などと述べ、元徴用工の日本企業への個人請求権が消滅していないとの考えを示していた。韓国大統領府関係者によると、文氏は25日の電話会談で「この問題は韓日条約(日韓基本条約)で解決され、韓国政府も(元徴用工への)補償を行っている」と説明した。

日韓請求権協定は両国の国交を正常化した日韓基本条約とともに結ばれた。韓国政府はこれまで元徴用工の補償は請求権協定に基づいて日本が提供した資金に含まれているとの立場を示しており、文氏の電話会談での発言は韓国政府の従来の見解を踏襲する考えを表明したものだ。





テレビ業界「ジリ貧」視聴率競争、消耗する制作現場の実態
視聴率競争が激化するなか朝の時間帯に起きた「異変」

「血に飢えた視聴者」――。テレビ局の制作現場でよく聞かれる言葉だ。何をやれば高視聴率が取れるのか。確固たる方程式はなく、解明する術がない……。日々、悩み続ける彼らには、視聴者が「吸血鬼」に見えるらしい。

 インターネットが急成長し、メディア激変の時代を迎えるなか、視聴者のテレビ離れが言われて久しい。視聴率の低迷はテレビ局にとって死活問題である。民放の屋台骨を支えるのは、スポットCMなどを通じてクライアントに「視聴率を売る」ことによってもたらされる収益だからだ。事業の多角化も進んでいるとはいえ、テレビ局が売上を伸ばすには、基本的に番組の視聴率を上げ、広告単価を上げるしかない。

 それが以前よりも難しくなった今、テレビの現場にはこれまで以上に「視聴率至上主義」が蔓延し、様々な試行錯誤が行われている。企業にとっては目先の利益を追求することも大事だが、なかにはそれが高じて、テレビマンのモラル低下、ひいては番組の質低下を招いている、本末転倒な事例も見られる。

 視聴者を「吸血鬼」呼ばわりする現場の空気が、悩み深い状況を物語っていると言えよう。

 長年にわたってテレビの現場を見続け、そこで働くテレビマンの声を聞いてきた筆者は、こうした現状に強い危機感を抱いている。テレビの現場で今、何か起きているのか。その実態をお伝えしよう。

 はじめに、意外性や場当たり的なことが視聴率に大きな影響を与えることがわかるエピソードを1つ。各局がニュース・情報番組でガチンコ勝負をする朝の時間帯で、ある「異変」が起きたのをご存じだろうか。

 東京エリアでこの時間帯、20年以上も民放4位に甘んじていたテレビ朝日が、業界トップをうかがうまで視聴率を伸ばしているのだ。実はその立役者は、かの有名な時代劇ドラマ『暴れん坊将軍』だという。

 同社の朝のニュース・情報番組『グッド!モーニング』(午前4時55分~8時)は2013年9月にスタートした。以前同社は、この時間帯に新聞記事紹介の先駆的番組として知られた『やじうまワイド』などの「やじうまシリーズ」を約30年放送していた。不振が続き、何をやっても視聴率が取れない状況を打破するため、慣れ親しんだ番組タイトルと決別した。

 それでもしばらく『グッド!モーニング』の視聴率は鳴かず飛ばずだった。そこで同社は『グッド!モーニング』が始まる前の午前4時台に、ライバルの日本テレビやTBS、フジテレビが放送しているのと同様に生番組を放送することを検討した。

 番組の視聴率は、直前の番組から引き継ぐ視聴率に影響を受ける。少しでも高い視聴率で次の番組の放送になだれ込むことに越したことはない。早朝とはいえ、1日の助走となる時間帯は重要だ。ライバル局は生番組でニュースを流し、早起きの視聴者を引き付け、その後に放送される番組の人気につなげている。

再放送の『暴れん坊将軍』に威信をかけた生番組が負ける?

 テレビ朝日はといえば「ひまネタ」中心の収録番組だった。これを改善するための新番組案だったが、予算や人繰りなどの都合で生番組の計画は実現しなかった。そこで浮上したのが『おはよう!時代劇』(2015年3月スタート)と名付けた時代劇の再放送だった。この番組編成が示されたとき、「冗談だろ!?」と半ば呆れた声が局内に轟いたという。

 ところが、大方の見方に反してこれが当たった。布団の中で『暴れん坊将軍』の勇姿を見た高齢者は、布団を出てもそのまま『グッド!モーニング』を見続けるという流れができたのだ。

 時代劇の視聴率が他局を押しのけて堂々のトップになることもある。この時間に生番組を制作しているライバル局にとっては、おカネをかけて時代劇の再放送に負けるという、最も屈辱的な事態に陥った。時代劇からの視聴率を引き継いで、『グッド!モーニング』は主戦場となる朝7時台に10%を超える視聴率を記録する日もある。この時間帯は日本テレビの『ZIP!』、フジテレビの『めざましテレビ』の両巨頭が高視聴率を誇っているが、万年4位が首位レースに加わることとなり、大きな異変として一目置かれている。

 不思議なことに、時代劇ならなんでもいいというわけではないらしい。『暴れん坊将軍』でないと効果がないというのだから、テレビというのはわからないものである。局として番組内容全体の強化に取り組んだ成果はあるものの、「この意外性がテレビの醍醐味だ」と多くの業界人が口をそろえる。

 とはいえ、テレビ業界を取り巻く厳しい環境では、「意外性が醍醐味」などと悠長なことは言っていられない。『暴れん坊将軍』はテレビ朝日にとって、怪我の功名で生まれた成功事例。こうした手法に頼ってきた(頼らざるを得ない)制作現場の体質そのものを変えないと、彼らにとって真の競争力は身に着かないだろう。

鉄板は「うどん」と「スズメバチ」場当たり感は夕方の時間帯にも

「場当たり感」は、主婦層が主な視聴者となる夕方のニュース・報道番組でも見られる。朝と共に各局横並びの激しい競争を繰り広げているため、「報道の質重視」という建前とは裏腹に、視聴率が最優先される。各局とも2時間程度で、「ニュースゾーン」で落とした視聴率をグルメ情報などの「企画ゾーン」で取り戻し、番組全体として視聴率を維持するという戦法を取ってきた。

 企画ゾーンには視聴率の取れる「お決まり」ネタというものがある。意外かもしれないが、その代表格は「うどん」と「スズメバチ」だ。

 前述した『暴れん坊将軍』と同様、理由はよくわからないものの、うどんの名店を紹介すれば視聴率が伸びるので、全国の話題のうどん店を探し、何度となく食リポを流す。スズメバチは駆除業者の密着モノが中心となるが、怖いもの見たさなのか、毎回高視聴率を獲得できる。企画のネタに困ると安直にうどんやスズメバチに手を出すといったことが、民放の夕方のニュースで繰り返されている。

 業界には昔から「柳の下にドジョウ3匹」という格言がある。他局が放送し高視聴率を取ったネタを真似しても、3回くらいは同様の高視聴率が取れるという意味だ。これはニュース・情報番組だけでなく、バラエティやドラマにも当てはまる。テレビをつけて「どこを見ても同じようなことしかやってない」と感じるのは、テレビ局がこの考え方に染まっているからだ。

 他局を真似し、視聴率が取れれば同じネタを繰り返す――。こうした「お手軽な」姿勢は、やがてニュース現場の記者やディレクターにも影響し、人気取り優先のネタ選び・取材が幅を利かせ、ニュースの意味も分からぬ人たちが伝え手となってしまった。

 その結果、ニュースの価値判断を自らできないという状況が深刻になっている。テレビは速報性が重要なのに、速報よりもある程度視聴者が知っているニュースを優先するという、本末転倒な価値観が幅を利かせている。

忙しいのに「休め」の大合唱テレビ局にも労基署の目

 こうした制作現場の危機を克服するために、現場はせめて将来を担う若手・新人をきちんと教育するべきだろう。しかし、これさえままならぬ事情がある。今のテレビ業界の最大の課題は、社員に「休みをしっかりとらせる」ことだ。昨年、社会問題になった電通社員の過労自殺を受け、労働基準監督署はテレビ局に目を付けた。

 このため局側は「休め、休め」の大合唱だ。このタイミングで労基法違反や、社員・派遣スタッフの過労死など起きようものなら、会社は社会的に大きなダメージを受ける。業界はダラダラ就労の代表格と言われてきただけに、局内に「テレビ局だって休める」などの貼り紙を掲げた局もある。一生懸命働く社員よりも休む社員の評価や査定が上がるという、「矛盾」が吹き出しそうな状況だ。

 地上波で生番組が増え、インターネットでの生番組配信が本格化するなか、より多くの働き手を確保できなければ、会社は成り立たない。しかし、若者のテレビへの憧れはすっかりなくなり、人手は集まらず、「視聴率至上主義」でただでさえ疲弊している現場は、出口の見えない消耗戦を強いられている。

 現場の状況に追い打ちをかけるように、インターネットの台頭をはじめとする構造問題の影響で、足もとでは不況でもないのに広告枠が売れない。民放テレビ局の主な収入となっているスポットCMの売上高は、この第1四半期、在京5局のうち「独り勝ち」と言われる日本テレビを含む4局が前年割れとなった。そのため、番組予算削減の検討に入った局もあるという。

 こうした事態は2年連続で起きている。それでも昨年は夏以降、スポンサーの広告出稿が急速に回復し、なんとかやり過ごした。しかし関係者によると、「今年は10月クール以降も好転する兆しがない」という。

このままだと、誰もテレビを観なくなるのではないか?

 どこを向いても真っ暗闇なテレビ業界が再生するためには、どうすればいいのか。その解の1つは、極めてシンプルなことではあるが、社会に楯突く刺激的なメディアに戻ることだ。

 テレビ草創期、政治家は表情がそのまま映るテレビを恐れた。「テレビは新興メディアだ」と新聞からバカにされたが、その新興メディアはこれまでの慣例に囚われず、新しいことに次々と挑戦し、視聴者の大きな関心を呼んだ。

 しかし今、テレビはミスをしないこと、権力から文句を言われないようにすることばかりを気にしている。安倍首相が森友・加計問題の国会答弁で連発した「印象操作」という言葉は、テレビ局幹部にとって聞き慣れた言葉だった。

 安倍自民党はことあるごとにテレビ局にクレームをつけ、「報道内容が政権に悪い印象を持たせるような表現になっている」と局側に指摘してきた。選挙前に自民党から「バランスがとれた報道を求める」との文書を送り付けられた局もある。報道への圧力ともとれる文書を、テレビ局側は黙って受け取るだけだった。

 こんなメディアを視聴者は面白いと思って観るだろうか。テレビ業界はかつて、シャンパングラスのタワーに例えられた。宴会場の天井近くまで積み上げられたシャンパングラスの上からシャンパンを注ぐと、最下段のグラスにまで同じシャンパンで満ち溢れて潤うという意味だ。

 テレビが刺激的なメディアであった時代、視聴率が多少悪くてもおカネは十分入ってきた。しかし、世の中の経済構造が変化し、個人の価値観が多様化し、ネットメディアが急成長する時代となり、お金の「出し手」は必ずしもテレビを魅力的なメディアとは思わなくなっている。

 当時と今を単純には比較できないが、「暴れん坊」くらいでないと、もはや誰もテレビを見ないのではないだろうか。

(テレビ業界ジャーナリスト 池 恵子)





安倍首相と元首相3人、大笑い 笹川氏がブログで公開
安倍晋三首相と首相経験者の森喜朗氏、小泉純一郎氏、麻生太郎副総理兼財務相が夕食をとりながら歓談――。日本財団の笹川陽平会長が23日、自身のブログでこんな写真を公開した。

 安倍首相らは夏休み中の15日夜、山梨県鳴沢村の笹川氏の別荘で3時間半にわたって会食した。笹川氏は「現・元首相が大笑い!! 心からのリラックス。四人をお誘いしてよかったと、しみじみ思う」などとブログにつづった。

 首相は夏休みを終え公務に復帰した25日、首相官邸で記者団に「ゆっくりしたので、これからまた全力投球でいきたい」と話した。




警戒は不要! 日本に核武装なんて「不可能だ」=中国報道
日本が核兵器を保有することは現実的にあり得ないと考えられているものの、中国では日本の核武装の可能性について、「日本は高い技術力を持ち、その気になればあっという間に核兵器を製造できるはずだ」として、「日本に対する警戒を緩めることはできない」といった声が根強く存在する。

 しかし、中国メディアの今日頭条はこのほど、米メディアのナショナル・インタレストの分析をもとに「日本が核兵器を保有することは、技術的に可能かもしれないが、政治的に不可能」であるうえ、日本が核兵器を保有すれば中国による反撃を受けるだろうと主張する記事を掲載した。

 記事は、日本が持つ技術力の高さを考えれば、戦闘機に搭載できる核爆弾を製造することはできるはずだと伝え、理論上でも日本が保有する戦闘機を改造することで核兵器の搭載が可能だと主張。だが、中国には陸軍防空兵をはじめ、優れた対空兵器があるうえ、仮に日本が中国に核攻撃を仕掛けようとすれば、日本と中国は距離的に近いため、中国はすぐに日本本土を攻撃することができると主張した。

 また、日本にとっては原子力潜水艦と潜水艦発射弾道ミサイルで核兵器を運用するという手もあるとしながらも、これは決して簡単なことではなく、潜水艦発射弾道ミサイルの開発と運用は技術的に難しいと指摘。それは日本にとっても同様で、この手段は日本にとって現実的ではないだろうとした。

 さらに記事は、日本が核兵器を保有するうえでの最大の障害は米国だとし、これまで台湾や韓国が核兵器保有を模索したが、米国に阻止されたうえに首脳陣は引きずり降ろされたと主張。日本が核武装を模索すれば、やはり米国に阻止されることはほぼ間違いないだろうと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)




高校野球:広陵・中村のすごさは 清原や松井と違う万能型
今夏の甲子園で二つの大きな本塁打記録が更新された。大会通算68本塁打もすごいが、一人で6本放ち、PL学園時代の清原和博さんの最多記録を32年ぶりに塗り替えた広陵(広島)の3年生、中村奨成選手が日本じゅうを熱狂させた。「打高投低」の大会を象徴する“怪物”は、一体どれほどすごいのか。【福永方人】

 「のちにプロでホームランを量産した清原や松井(秀喜)とはタイプが違う。長距離砲というよりは万能型です」

 甲子園を春夏計5度も制覇した横浜高校の前監督、渡辺元智さん(72)が絶賛する。6本塁打のうち3本は左、2本は右、1本はバックスクリーンに、広角に打ち込んだ。「バットが最短距離で出てくるのでボールを引き付けられる。今大会は投手力が高くなかったとはいえ、甘い球は絶対に逃さない」


大会6本目の本塁打を放った中村奨成選手=阪神甲子園球場で22日、山崎一輝撮影© 毎日新聞 大会6本目の本塁打を放った中村奨成選手=阪神甲子園球場で22日、山崎一輝撮影
 同学年には、甲子園は逃したが高校通算108本塁打と最多記録を誇る早稲田実業の清宮幸太郎選手がいる。渡辺さんは「総合力では中村君の方が上ではないか」と言う。1998年に春夏連覇を果たした教え子の松坂大輔投手(ソフトバンク)を引き合いに、「甲子園で活躍する選手は何か持っていて、大舞台に強い。松坂以来の怪物でしょう」とスター性にも太鼓判を押している。

 中村選手が塗り替えたのは本塁打記録だけではない。

 甲子園6試合で28打数19安打17打点で、打率6割7分9厘。打点17は最多記録、安打数19は最多タイ記録だった。ちなみに、清原さんは5本塁打の記録を打ち立てた85年夏、5試合で16打数10安打8打点、打率6割2分5厘。早くから強打者として警戒され、四死球は中村選手の倍の8あった。

清宮と並ぶ今年のドラフト1位候補

 プロは彼をどう見るか。

 ヤクルトの元スカウトの片岡宏雄さん(81)は、打撃フォームが昨年のセ・リーグ首位打者、坂本勇人選手(巨人)に似ている点を挙げ、「参考にしているというだけあって同様の柔らかさがある。清原や松井ほどのパワーは感じないが、センスは清宮君と甲乙つけがたい」と指摘する。

 「捕手として強肩で送球が素早く、足もある。高校生でこれほど走攻守がそろった捕手は見たことがない」。こう高く評価し、自身が発掘して球界を代表する捕手となった古田敦也さんのアマチュア時代に比べ「スケールは上」と言い、「プロに進むならスピードボールや鋭い変化球にどう慣れるかがカギとなる」と話す。

 プロで即戦力と期待する声もある。ある現役スカウトは「今のプロ球界では捕手と遊撃手が人材難だ。清宮君と並ぶ今年のドラフト1位候補」と言い切った。中村選手は、カナダで9月1日に始まるU-18(18歳以下)ワールドカップの日本代表に清宮選手らとともに選ばれており、目が離せない。




朝鮮人追悼式の主催者が抗議声明、小池氏の追悼文中止
 1923年の関東大震災直後、被災地で虐殺された朝鮮人らを追悼する式に小池百合子・東京都知事が追悼文を送るのを取りやめた問題で、市民団体の日朝協会などでつくる式の実行委員会は26日、小池氏の対応に抗議する声明(25日付)を発表した。

 関東大震災直後には「朝鮮人が暴動を起こした」などのデマが広まる中、多数の朝鮮人らが虐殺された。声明では、小池氏が追悼文送付をやめたことについて「関東大震災時に引き起こされた在日朝鮮人に対する虐殺の事実から目を背けるものとしか見えない」と批判。さらに「歴史修正主義、排外主義の潮流に身を置くことを示しているように思われる。近隣諸国や世界の目からも厳しい批判が寄せられる事態を生むかもしれない」などと指摘した。

 朝鮮人犠牲者の追悼式は毎秋開催され、近年は都知事が追悼文を寄せてきた。小池氏も昨年は送付したが、今年は「特別な形での追悼文の提出は控える」などとして中止を決めた。(西村奈緒美)






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と5ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_1361128.jpg

     3.11東日本大震災    津波 436
[PR]
# by nsmrsts024 | 2017-08-26 08:38 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024