6月6日(金 )・・・東日本大震災から3年2ヶ月と26日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と1ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月21日(月)・・・宮城―避難所名簿(9) ライフライン情報21日
避難所に避難していることが分かった方々は次の通りです。避難された時点での名簿をもとにしていますので、すでに避難所にはいない可能性もあります。名前が重複している場合もあります。避難所がすでに閉鎖されているところもあります。名前はカタカナや平仮名で表記されている場合があります。●は読み取れない字、名前の前の★は、既に退去されたことが判明している方々です。敬称略。

 【宮城県気仙沼市・青龍寺】

 吾妻良子▽大井憲一▽大井秀子▽大内京子▽大内貴▽大内千賀▽大内昌幸▽大内亮▽小山幸子▽小山茂▽工藤音佳▽工藤大孝▽工藤龍人▽工藤海真▽工藤圭子▽工藤佳子▽工藤霊龍▽熊谷とき▽熊谷ヒデ子▽熊谷三喜子▽紺野明子▽紺野睦雄▽斉藤証明▽斉藤定子▽佐々木修▽佐々木幸子▽佐々木隆▽佐々木尚美▽佐々木美智子▽佐々木恵▽鈴木まさ子▽千葉京子▽千葉勝▽永沢久美子▽永沢恵子▽永沢研一▽永沢忠一▽永沢紘士▽永沢友理香▽永沼より子▽新沼鋼一▽新沼八重子▽門馬純▽門馬紀子

 【宮城県気仙沼市・太田二区自治会館】

 阿部昭▽阿部勝男▽阿部政子▽牛渡轍士▽牛渡素子▽内山岩男▽尾形健彦▽尾形祐子▽小川恵美子▽小川拓也▽小野寺和子▽小野寺久美▽小野寺芳枝▽小野寺里子▽菅野重人▽菊池正行▽熊谷清治▽小林巧夫▽小林智枝子▽小松浩信▽昆野清子▽西城のり子▽西城政巳▽斎藤きよ子▽斎藤きゑ子▽斎藤毅▽斎藤豊三郎▽斎藤未知子▽佐藤悦子▽佐藤悦子▽佐藤晋▽佐藤正次郎▽佐藤政治郎▽志田浩▽七宮英徳▽菅原京子▽菅原司▽鈴木あや子▽鈴木幸治▽鈴木広志▽鈴木まさ子▽鈴木涼太▽千田忠司▽千葉瑞雄▽千葉康江▽沼倉啓子▽沼倉安男▽野村徹▽長谷昇▽長谷川▽長谷川幸則▽半沢広士郎▽半沢直子▽半沢康行▽藤井キヨ子▽藤村順一▽三浦あき子▽村上幸子▽村上幸弘▽村上善章▽吉田幸子

 【宮城県気仙沼市・ワンテンビル】

 石田るな▽伊藤葉月▽尾形さえ▽小野寺ゆうこ▽菊地いくえ▽熊谷あずさ▽熊谷ふうか▽小松あや▽小松華子▽昆野あやか▽佐々木明歩▽佐々木美波▽佐々木美穂▽佐藤ちひろ▽佐藤ひろな▽末吉まゆ▽菅原ゆい▽須藤りな▽千葉しおみ▽千葉美紅▽戸羽あいか▽畠山美加代▽畑中杏奈▽バレー部4人▽保坂れいか▽三浦美波▽三浦ゆうね▽水上このみ▽皆川大空▽村上あやか▽山内美鈴▽渡辺きあき▽渡辺まほ
馬場康二▽広野典子▽広野文一郎▽広野昌紀▽広野美恵子▽藤木直夫▽藤木幸子▽藤木浩▽藤木真弓▽三浦帆花▽三浦美玖▽三浦美奈子▽湊恵子▽村上章夫▽村上勲▽村上信子▽村上洋樹▽村上洋子▽八木ハツ子▽横山靖和▽吉田昭二▽吉田真喜子▽吉田美江子▽青木博実▽青野保夫▽石川幸子▽石川大策▽石川主税▽石川富美▽石川雅治▽石川万里子▽石川康弘▽石川由里子▽伊東千鶴▽稲葉清治郎▽牛渡カンジ▽牛渡徹二▽牛渡モト子▽蛯原愛子▽蛯原健▽蛯原七郎▽及川真子▽小野寺斌▽小野寺倉治▽小野寺治美▽小野寺久子▽小野寺まさみ▽小野寺稔▽小野寺百合子▽小山明夫▽垣下智世▽垣下直史▽垣下真尉▽垣下美紀▽梶原理沙▽加藤朗▽加藤きん▽加藤千恵美▽加藤美貴子▽川原昌▽神田登▽菅野英子▽菅野清一郎▽菅野寿則▽菅野トヨ子▽菅野美津子▽菅野雄一郎▽菊田友市▽木幡雅記▽熊谷猛郎▽熊谷将▽村上政浩▽熊谷真里▽熊谷よね子▽ゴトウキエ▽ゴトウリン▽ゴトウルカ▽小松禎▽小松慎也▽小松武美▽小松貞子▽斉藤勝恵▽斎藤きゑ子▽斎藤きえ子▽斎藤きよ子▽斎藤隆雄▽斎藤毅▽斎藤ナヨ▽斉藤宏子▽斎藤未和子▽堺清美▽堺直重▽佐賀宏▽佐賀文子▽坂本一子▽サカモトマサヨシ▽サカモトマンジロウ▽坂本雅子▽サイトウマサハル▽佐々木文秀▽佐々木文二▽佐々木道子▽佐藤重秀▽佐藤きよ▽佐藤ソノ子▽佐藤トク▽佐藤靖子▽白幡良子▽菅原英一▽菅原賀代美▽菅原宰▽菅原隆文▽菅原米子▽鈴木愛子▽鈴木敦雄▽鈴木四郎▽鈴木昌子▽鈴木正則▽鈴木やい▽鈴木康子▽関政子▽宝住京子▽滝上すみよ▽武田登喜枝▽武山せい子▽武山陽子▽玉木加寿子▽玉木扶美▽玉木繭子▽千葉敦子▽千葉格郎▽千葉恵子▽千葉丈▽千葉徳一郎▽トオマノボル▽千葉秀男▽津島智▽津田望美▽中里敏樹▽鍋島英子▽鍋島千代子▽成沢洋子▽葉柴勝雄

 【宮城県気仙沼市・新月中学校】

 赤坂友政▽足利エビソン▽足利ゆうき▽阿部東吾▽アベフキコ▽アベヨシエ▽阿部佳子▽伊藤吾妻▽伊藤うた子▽伊藤恵美▽伊藤和幸▽伊藤貴久子▽伊藤クミ子▽伊藤正二▽伊藤高文▽伊藤政美▽伊藤実▽伊藤勇希▽伊藤理一▽伊藤良子▽磐下忠幸▽岩下元子▽ウスイシウ▽ウツミショウイチ▽及川淳史▽及川絵美▽及川和子▽及川智▽及川慎▽及川澄子▽及川大樹▽及川丈男▽及川多美子▽オイカワタリズ▽及川のり▽及川博文▽及川充希▽及川みわ▽及川義一▽大木夢▽オオジロクニオ▽大谷明美▽大谷萌子▽大谷桃子▽大谷律子▽尾形キヨエ▽尾形七郎▽尾形伸二▽尾形登美子▽奥山敏枝▽音生洋▽小野あき子▽小野しめ子▽オノデラアケミ▽小野寺泉▽小野寺音生▽小野寺和恵▽小野寺勝子▽小野寺勝義▽小野寺勝義▽小野寺可南▽小野寺伽音▽小野寺久美▽小野寺静江▽小野寺祥希▽小野寺庄子▽小野寺大輝▽小野寺大樹▽小野寺千夏▽小野寺忠充▽小野寺司樹▽小野寺哲也▽オノデラテルコ▽小野寺利子▽小野寺とみ江▽小野寺知樹▽小野寺朋文▽小野寺信道▽小野寺のりえ▽小野寺春枝▽小野寺裕恵▽小野寺博之▽小野寺昌子▽小野寺美香▽オノデラミキコ▽小野寺美喜子▽小野寺南生▽小野寺美和▽オノデラヤスコ▽小野寺靖代▽小野寺勇一▽小野寺祐希▽小野寺ゆうき▽小野寺裕子▽小野寺洋二▽小野寺よしき▽小野寺理恵▽小野寺理記▽小野寺利子▽小野寺理託▽オノデラリョウコ▽男乕諒▽小山幸雄▽小山恵美▽小山エミコ▽小山克美▽小山啓子▽小山さやか▽小山しようた▽小山峻男▽小山とみお▽小山知子▽小山はま子▽小山ひさえ▽小山浩昴▽小山真史▽小山美恵▽小山みか▽小山光生▽小山ミツ子▽小山やゐ子▽小山佑輔▽小山佑輔▽小山由美▽小山ゆみ子▽梶原恵美子▽梶原喜美子▽梶原仁美▽梶原美恵子▽春日麻希▽片山志▽片山志真▽加藤君子▽加藤久美▽加藤富久▽加藤嘉輝▽金澤愛子▽金澤貴洋▽金澤武志▽鎌田志津香▽鎌田菜緒▽鎌田美咲▽カワムラモモコ▽菅野和子▽菅野喜久子▽菅野久仁子▽菅野桂▽菅野源一▽かんのこうき▽菅野千恵▽カンノチヨミ▽菅野ほのか▽菅野正勝▽菅野優▽キクタキクミ▽菊田健斗▽菊田ひろか▽菊田美恵子▽菊田礼子▽菊地しげのり▽菊地美千代▽菊地礼子▽木村亜希▽経澤克子▽金千武美▽熊谷あけみ▽熊谷篤志▽熊谷えい子▽熊谷英子▽熊谷江里子▽熊谷海琉▽熊谷かおる▽熊谷果奈▽熊谷加葉▽熊谷徽▽熊谷公美▽熊谷理▽熊谷悟▽熊谷早苗▽熊谷庄一▽熊谷笑香▽熊谷生喜▽熊谷大輝▽熊谷妙子▽熊谷たくよし▽熊谷知恵子▽クマガイチヨコ▽熊谷つや子▽熊谷つや子▽クマガイテツエ▽クマガイトキ▽熊谷敏子▽熊谷奈郁美▽熊谷奈都美▽熊谷昇▽熊谷典子▽熊谷のり子▽熊谷春輝▽熊谷英明▽熊谷英幸▽熊谷洋▽熊谷ひろと▽熊谷文子▽熊谷正文▽熊谷瑞恵▽熊谷瑞希▽クマガイミトリ▽熊谷みどり▽熊谷やすお▽熊谷裕二▽熊谷陽子▽熊谷洋子▽熊谷佳子▽熊谷莉子▽熊谷良市▽熊谷廉▽熊倉快斗▽熊倉桜子▽熊倉徳勝▽熊倉葉月▽小家恵理香▽小家真琴▽小家正春▽小出不二子▽小岩佐喜子▽小岩真嘉▽小岩悠真▽小岸和弘▽後藤かおる▽後藤しげ子▽後藤菜々花▽後藤由美▽後藤善文▽小林理英▽コマツキヨシ▽小松邦子▽コマツセツ▽小松ちえ子▽小松学▽小松美沙▽小松盛繁▽金野あつ子▽金野絵理▽コンノケイコ▽コンノテツ工▽昆野幸文▽コンノヨシミ▽金野良介▽西城きよ子▽西條繁▽西城八尋▽西城由紀子▽西城義浩▽サイトウアイコ▽斉藤きよ子▽サイトウクミコ▽斉藤定夫▽サイトウシゲル▽斉藤樹理▽斉藤孝行▽サイトウタケノ▽斉藤チエノ▽サイトウツカサ▽斉藤富治▽斉藤友和▽斉藤朋子▽斉藤浩之▽斉藤正子▽斉藤真江▽斉藤美怜▽斉藤勇真▽斉藤由美▽斎藤理恵▽斉藤理恵子▽斉藤理沙▽櫻田希美▽櫻田正勝▽櫻田正俊▽佐々木香織▽佐々木加寿子▽佐々木香琳▽佐々木俊輔▽佐々木正美▽佐々木良子▽佐々木琳太

 ▽佐藤江久子▽佐藤賢一▽佐藤好●▽佐藤咲喜▽佐藤志希▽佐藤タマ子▽サトウチキヨ▽佐藤ツヤ子▽佐藤ツヤ子▽佐藤トキミ▽佐藤敏明▽佐藤敏明▽佐藤とみき▽佐藤のぞみ▽佐藤紀雄▽佐藤浩之▽佐藤文哉▽サトウマサコ▽佐藤円佳▽佐藤美佐子▽佐藤優子▽佐藤友紀▽佐藤裕実▽佐藤由美子▽佐藤好羽▽佐藤りか▽佐藤瑠美▽佐藤和香▽三野宮栄一▽三野宮進▽三野宮妙子▽三野宮ツヤ子▽三野宮文男▽三野宮充▽清水雅恵▽菅原藍子▽スガワラアツコ▽菅原植子▽菅原和人▽菅原一之▽菅原敬子▽菅原早織▽菅原幸子▽菅原しげ男▽菅原繁雄▽菅原祥子▽菅原千恵▽スガワラツヤノ▽菅原てる子▽菅原富枝▽菅原陽向▽菅原裕美▽菅原真紀子▽菅原正人▽菅原結衣▽菅原結女▽菅原良子▽菅原ヨシシ▽菅原里果▽菅原理紗子▽菅原里奈▽菅原渉▽鈴木明彦▽鈴木キリ子▽鈴木けんいち▽鈴木こずえ▽鈴木さとし▽鈴木純子▽鈴木七海▽鈴木はるね▽鈴木秀樹▽鈴木日向子▽鈴木真由美▽須田一聖▽須田奈美▽須田夕介▽大学純子▽大学康弘▽高崎翔太▽高崎真悟▽高崎由美子▽高橋維社▽高橋維杜▽高橋和寿人▽高橋勝雄▽高橋順一▽高橋純真▽高橋月子▽高橋としえ▽高橋望▽高橋未羽▽高橋未羽▽高橋基子▽竹葉茜▽竹葉れな▽竹葉れな(祖母)▽竹葉れな(母)▽竹葉旅人栄子▽立花▽立花淳一▽千葉貞子▽千葉大樹▽千葉孝則▽千葉次夫▽千葉信子▽千葉仁▽千葉博也▽チバフジヘ▽千葉勝▽千葉真美▽千葉三枝子▽千葉宗昭▽千葉幸江▽千葉陽色▽千葉礼子▽ツネザワマサアキ▽寺田拓也▽寺田唯人▽寺田佳子▽戸刺律子▽ナガクワカツミ▽中地一子▽ナリサワサワコ▽沼田航太郎▽沼田真紀▽芳賀広子▽箱石喜枝子▽箱石正美▽箱石良子▽橋立幸子▽橋立秀也▽橋本佳奈▽橋本宏治▽橋本幸子▽橋本浪子▽橋本和佳▽ハタケヤマアサキ▽畠山健▽畠山千秋▽畠山弘子▽畠山弘子▽畠山稔▽畠山稔▽馬場勝基▽日出涼夏▽平野ひふみ▽広瀬誠▽広瀬勝▽広瀬勝▽広瀬美佐子▽藤田カナ▽藤村あいり▽藤村あいり(母)▽藤村たけみ▽藤村ともひろ▽藤村ひとし▽藤村仁▽藤村みちと▽藤原愛子▽藤原晃佳▽藤原あきよし▽藤原あゆみ▽藤原理恵▽藤原りえ▽星和浩▽前田和子▽前田志づか▽前田清幸▽前田紘志▽松下初男▽松下裕子▽松下優里▽間宮たか子▽三浦久美▽三浦繁晴▽三浦征太郎▽三浦利男▽三浦奈々▽三浦春子▽三浦ヒデ子▽三浦仁▽村上悦子▽村上恵子▽村上舞▽ムラカミミチコ▽村上璃奈▽茂木ひなた▽茂木ひなた▽茂木良雄▽茂木裕子▽モリヤケンタロウ▽ヤマウチキヨシ▽山内志乃▽山内直哉▽横山果歩▽横山文子▽横山萌▽横山芳恵▽横山芳平▽吉田班目求▽吉田彩奈▽吉田歩▽吉田いっせい▽吉田えり▽吉田一将▽吉田克義▽吉田賢信▽吉田幸次▽ヨシダサチコ▽吉田千夏▽ヨシダトミコ▽吉田にいな▽吉田のりお▽吉田治記▽吉田治記▽吉田ひとし▽吉田ゆーき▽吉田裕美▽吉田るか▽ワクナヨシエ▽渡邉大輔▽渡辺富恵▽ワタナベマンエ
相沢幸真▽相沢愛美▽相沢宣明▽青井茜▽青井ひとみ▽青井好江▽青野花▽青野由紀▽青野哲大▽赤間和則▽阿部祝子▽阿部俊一▽阿部きよみ▽阿部康児▽阿部利秋▽阿部雅代▽阿部登美子▽阿部麻依▽阿部義則▽安藤洋子▽石川明人▽石川純▽石川翼▽石川優貴▽石川由美子▽石田俊一▽石田トモ子▽泉田光子▽伊勢直子▽伊藤厚司▽伊藤和博▽伊東健一▽伊藤主税▽伊藤潤一▽伊東俊子▽伊藤政義▽伊藤桂▽伊東知佳▽岩井光一▽岩崎絢一▽岩崎利行▽岩崎舞美▽岩田有羽▽岩田浩美▽岩田麻季▽岩槻邦彦▽岩槻利恵▽岩渕信明▽岩渕安司▽臼井英恵▽宇田川仁▽宇田川智賀子▽宇田川恒雄▽宇田川遼▽内山卓▽宇津木晃徳▽宇津木有咲▽宇津木京子▽宇津木遥斗▽内海礼三▽内海勝行▽内海勝郎▽内海千春▽内海てつよ▽内海秀幸▽内海房子▽内海平一▽梅田純▽梅田宝生▽遠藤豊子▽遠藤雅美▽遠藤幸雄▽及川篤▽及川一子▽及川健也▽及川貞子▽及川慎平▽及川民子▽及川菜々美▽及川文晶▽及川政吉▽及川睦美▽及川敦子▽大崎智代▽大野敬子▽大野繁一▽大野繁和▽大野みよ子▽大橋才子▽尾形良子▽尾形恭史朗▽尾形多美子▽尾形のぶ子▽尾形良信▽尾形令子▽緒方恒彦▽小野宣子▽小野昭一▽小野寺厚也▽小野寺彩佳▽小野寺栄子▽小野寺悦雄▽小野寺悦子▽小野寺一司▽小野寺孝太▽小野寺詩歩▽小野寺祥太▽小野寺せつえ▽小野寺孝明▽小野寺千明▽小野寺はま子▽小野寺春枝▽小野寺春美▽小野寺美津枝▽小野寺安司▽小野寺雄太▽小野寺百合▽小野寺良一▽小野寺一志▽小野寺たき子▽小野寺琢真▽小野寺敏文▽小野寺春菜▽小野寺ひふみ▽小野寺真理子▽小野寺美咲▽小野寺祐喜▽小山俊▽小山匡▽小山絢子▽小山克茂▽小山勝郎▽小山恭子▽小山宏一▽小山定子▽小山潤一▽小山敏子▽小山苗子▽小山宏明▽小山博子▽小山正敏▽小山みち江▽小山貢平▽小山幸正▽小山トミコ▽小山由紀▽加々美文恵▽加々美保隆▽梶原美平▽梶原永桜▽梶原一洋▽梶原賢市▽梶原健太郎▽梶原孝子▽梶原つや子▽梶原浩子▽梶原風有子▽梶原洋久▽梶原恵▽春日美海▽春日篤子▽春日裕幸▽春日真理▽加藤カヲ子▽加藤清志▽加藤規子▽加藤道雄▽鎌田由利子▽亀谷功▽亀谷昇子▽川口美栄子▽川口梨香子▽川村みよ子▽川村優香▽川村憲子▽川村泰章▽菅野和彦▽菅野みよ子▽菅野和加子▽菊田アヤ子▽菊田健二▽菊田幸三▽菊田幸夫▽菊田幸子▽菊田範子▽菊田弘美▽菊田誠▽菊田みとり▽菊田八重子▽菊田浄光▽菊田千鶴子▽菊田真道▽菊地俊▽菊地清▽菊地賢治▽菊地浩二▽菊地セキ▽木下茂美▽木村啓輔▽木村絹代▽木村知子▽金千代美▽熊谷滋記▽熊谷金利▽熊谷茜▽熊谷イツミ▽熊谷英子▽熊谷和子▽熊谷勝志▽熊谷きのえ▽熊谷きよえ▽熊谷サヨ▽熊谷貴則▽熊谷チヤ子▽熊谷智子▽熊谷秀夫▽熊谷秀幸▽熊谷洋▽熊谷美玖▽熊谷ヨウ子▽熊谷かなえ▽熊谷まき子▽熊谷正人▽熊谷正美▽後藤登喜子▽小林誠嗣▽小林大▽小林日菜▽小林布由子▽小林実羽▽小林ゆき江▽小松菊枝▽小松公子▽小松きみ子▽小松幸一▽小松清七▽小松忠男▽小松つや子▽小松輝文▽小松奈保子▽小松真喜子▽小松みつ子▽小松八千代▽小松かず子▽小松東吾▽小松美亜子▽昆愛瑠▽昆彩▽昆大輔▽近藤伸一▽紺野明美▽昆野勝男▽今野キヨタカ▽昆野健治▽今野梢▽昆野紗恵子▽昆野忠▽紺野浩▽今野康子▽昆野芳徳▽昆野義博▽金野りき▽昆野勝義▽今野タカキヨ▽昆野亮太▽西條秀也▽西城宏紀▽西城ひろみ▽西城良恵▽斎藤高史▽斎藤彦幸▽斉藤修▽斉藤けい子▽斎藤強子▽斉藤敏宏▽斉藤秀子▽斎藤太一▽斉藤二三代▽斉藤正枝▽斉藤守▽斉藤まるみ▽斉藤実▽斉藤美由紀▽斉藤靖子▽斎藤優樹▽斉藤里砂▽斉藤修▽斉藤―寿▽斎藤京子▽斎藤しげ子▽斎藤昭治▽斎藤太一▽斎藤隆▽斎藤健夫▽斉藤智枝子▽斎藤みき子▽斉藤本一▽斉藤洋介▽境牧子▽桜田勝宣▽桜田みね子▽佐々木勇▽佐々木和代▽佐々木勝明▽佐々木佳奈▽佐々木清美▽佐々木翔太▽佐々木弘子▽佐々木浩二▽佐々木忠▽佐々木紀子▽佐々木正晴▽佐々木真寿美▽佐々木雄一▽佐々木雄矢▽佐々木理佳

 ▽佐藤千也▽佐藤綺野▽佐藤幸江▽佐藤幸枝▽佐藤冴夏▽佐藤明美▽佐藤久美▽佐藤さつき▽佐藤純一▽佐藤真也▽佐藤千也▽佐藤忠義▽佐藤たみ子▽佐藤花連▽佐藤春菜▽佐藤洋幸▽佐藤文子▽佐藤ふみ子▽佐藤マキ▽佐藤まさ子▽佐藤雅子▽佐藤勝▽佐藤学▽佐藤マリ子▽佐藤よしみ▽佐藤明美▽佐藤功▽佐藤栄一▽佐藤たえ子▽佐藤貴洋▽佐藤風太▽佐藤房枝▽佐藤文子▽佐藤史弥▽佐藤マキ▽佐藤みつ江▽佐藤義春▽沢井久美子▽柴田歩▽柴田由佳▽庄司奏太▽庄司麗子▽白井浩司▽白崎梢枝▽白崎文夫▽白崎美智子▽末永正光▽菅原城▽菅原富久美▽菅原仁▽菅原好成▽菅原和義▽菅原拓也▽菅原千春▽菅原敏子▽菅原利則▽菅原フク子▽菅原真理愛▽雪原安子▽菅原大基▽菅原務▽菅原奈美▽菅原美保▽菅原優奈▽菅原洋一▽鈴木海喜▽鈴木朱美▽鈴木彩文▽鈴木治▽鈴木佳奈子▽鈴木国功▽鈴木進作▽鈴木せい子▽鈴木輝子▽鈴木輝見▽鈴木ふゆ子▽鈴木三枝子▽鈴木由莉▽鈴木礼子▽鈴木暁子▽鈴木海斗▽鈴木愛海▽鈴木光男▽鈴木やえ子▽鈴木やよ子▽鈴木有理▽鈴木洋平▽鈴木るみ▽須東朝日▽清野孝子▽セツセイ▽村上敦子▽高橋栄子▽高橋和子▽高橋希美香▽高橋利枝▽高橋敏雄▽高橋文彦▽高橋真理▽高橋みな子▽高橋稔▽高橋豊▽高橋としみ▽高宮富士子▽竹下広樹▽竹田キヨ▽武山茂信▽田島憲司▽橘木志織▽立花未夢▽立花未来▽立花勝時▽立花伊吹▽立花膳時▽立花良子▽立花克也▽立花恵子▽立花秀一▽谷村高太郎▽谷村直美▽玉川淳子▽玉川真由美▽玉沢ふみ香▽垂石正雄▽垂石みよ子▽千葉愛奈▽千葉一子▽千葉謙治▽千葉静子▽千葉経夫▽千葉仁▽千葉祐介▽千葉志津子▽千葉とし子▽千葉美江子▽チョウホウ▽徳田亮▽徳山守▽戸田重子▽戸田雄二▽富田一洋▽長岡久美子▽長岡正利▽中川まき子▽中沢優▽中沢広美▽中沢かつみ▽中沢美津子▽中根圭一▽長洞敦子▽中村和子▽中村木一▽中村智彦▽新沼正幸▽西野正和▽芳賀佳織梨▽芳賀順子▽芳賀真利子▽芳賀睦雄▽橋本英雄▽秦将富▽畠山呂▽畠山勲▽畠山イトエ▽畠山雄真▽畠山香織▽畠山啓子▽畠山恵子▽畠山結女▽畠山早紀▽畠山庄治▽畠山翔太▽畠山貞二▽畠山雅由▽畠山松子▽畠山美香▽畠山稔宏▽畠山朋子▽畠山みか子▽馬場やえ子▽馬場勉▽林孝輔▽林静▽東裕宏▽東千裕▽東雅裕▽東裕季子▽日野博▽平野昌照▽平山康子▽藤田紗希▽藤村明美▽藤村健一▽船木敏実▽細川佳代▽松井貴宏▽守富七▽丸田恵津子▽三浦昭子▽三浦幸枝▽三浦泉▽三浦栄子▽三浦勝治▽三浦きみ子▽三浦倉雄▽三浦健一郎▽三浦慎二▽三浦セン子▽三浦隆宏▽三浦ちか子▽三浦千代子▽三浦豊記▽三浦伸子▽三浦ノリ子▽三浦正義▽三浦美佐子▽三浦洋子▽三浦和也▽三浦ちや子▽三浦敏行▽三浦のり子▽三浦正彦▽三浦米子▽三上たけ子▽水上ひろみ▽水上和明▽湊千代一▽武蔵ます子▽村上結佳▽村上景洋▽村上茜▽村上綾▽村上くに子▽村上じん▽村上辰徳▽村上富雄▽村上典子▽村上ましよ▽村上敦子▽村上絵里奈▽村上つねよ▽村上誠▽村上正人▽村上正信▽村上正彦▽村上光男▽村上れいこ▽山口智愛▽山田里枝▽山田千鶴▽遊佐なお▽横山博文▽吉田明加▽吉田幸恵▽吉田安里▽吉田明加▽吉田梓▽吉田和彦▽吉田恵一▽吉田祥子▽吉田妙子▽吉田貴広▽吉田忠之▽吉田信広▽吉田邦恵▽吉田みどり▽吉田洋子▽吉田陸▽吉田―伊▽吉田圭佑▽吉田健一▽吉田さくら▽米倉紘子▽米倉有紀▽李朱正君▽李増▽渡辺理沙▽渡辺友美▽渡辺理沙















[世界と日本・今日この頃]

ママの子連れ海外赴任 打診に「えっ」、ある家族の決断
海運大手・日本郵船の女性社員が、子連れで、シンガポールに赴任した。夫を日本に残し、女性が子どもと海外に転勤するのは、国内企業では珍しい。男女とも同じキャリアを積ませようとした会社と、受け入れた家族の決断を追った。

 日本郵船社員の石井知子さん(38)は5月から、シンガポールにある現地法人のシニアマネジャーとして働き始めた。南アジアのグループ会社を統括する仕事だ。長女(3)は、地元住民が通う私立保育園に通わせている。

 平日は毎朝、保育園の送迎バスに娘を乗せてから、8時半に出社。夕方5時半まで働く。「年齢や性別にかかわらず、働くことが当たり前。みんな元気がある」と驚く日々だ。当初、中国語と英語が飛び交う生活に戸惑っていた娘も、少しずつ慣れてきた。

 「シンガポールに行ってもらえないか」。人事担当者から内々に打診を受けたのは、昨年暮れ。「えっ、今ですか。子ども、小さいですけど……」。驚きと戸惑いを隠せなかった。

 大学を出て、1998年の入社以来、ずっと東京の本社勤務だった。「海外で働く機会があるといいな」と漠然とは思っていたが、結婚、出産した女性が次々と退職した時代だ。自身も結婚、出産を経験するうち、「そんな機会はないだろう」と思いこんでいた。

 メーカーに勤める夫(41)に話すと、やはり「えっ」という反応だった。保育園に通う長女の送り迎えなどは、夫婦で分担してきた。長女を夫や親に預けて、単身赴任する選択肢もあるが、「私が子どもを連れて行こうと自然に思った」。だが、そうなると夫の協力は得られない。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-06 05:41 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧