2015年4月21日(火)・・・東日本大震災から4年1ヶ月と10日

3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から4年と1ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能災難から直後の1年間を顧みる)

a0044103_853596.jpg














         3.11 東日本大震災          津波・41


2011年3月31日(木)・・・岩手・花巻で震度5弱 津波の恐れなし
31日午後4時15分ごろ、宮城県沖を震源とする地震があり、岩手県花巻市で震度5弱、同県大船渡市や宮城県気仙沼市、青森県階上町などで震度4を観測した。気象庁によると、震源の深さは約40キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.0と推定される。この地震による津波の心配はない。



2011年3月31日(木)・・・死者1万1438人、不明1万6541人 31日15時
警察庁によると、31日午後3時現在の死者数は12都道県で1万1438人に上った。行方不明は6県で1万6541人。負傷者は18都道県で2873人。

 確認されている死者数は宮城6959人、岩手3370人、福島1049人、茨城22人、千葉17人、東京7人、栃木と神奈川で各4人、青森3人、北海道、山形、群馬で各1人。

 行方不明となっているのは宮城7177人、福島4798人、岩手4562人、千葉2人、青森、茨城各1人。

 建物被害は全壊1万6854戸、流失2165戸、全半焼146戸など。道路損壊は2126カ所に上る。

 また同日午前10時現在、福島、宮城、岩手の3県で、身元が確認された遺体は9032人で、このうち8720人は遺族らに引き渡された。




[世界と日本・今日この頃]

衆院議長交代、大島氏は国会運営精通 山東氏が派閥会長

町村信孝衆院議長(70)は20日、軽い脳梗塞(こうそく)を発症し、職務を続けるのが困難だとして、川端達夫副議長に議長の辞任願を提出した。「三権の長」の一角を占める衆院議長が、異例の途中交代となる。自民党は後任に、大島理森・衆院予算委員長(68)をあてることを決めた。21日の衆院本会議で選出される。

 「議長の責務の重さを考え、いささかなりとも悪影響が出る恐れは避けなければならない」。町村氏は緊急の記者会見を国会内で開き、辞任理由をこう語った。わずか4カ月弱での退任に「何もできなかった」と残念がった。

 町村氏によると、14日の衆院本会議後、歩くと右ひざに痛みを覚え、足が重く感じたため病院で検査を受けたところ、軽い脳梗塞(こうそく)と診断されたという。町村氏は自民党総裁選を戦っていた2012年にも、脳梗塞を患っていた。

 町村氏は会見で「(医師から)当面の間は安静をとり、精密検査と治療が必要だとの話があった」と語り、事実上の「ドクターストップ」だったと説明。「すっかり良くなっていたと過信し続けていたと強く反省している」と述べた。今後は治療を続けながら議員活動を続けるという。

 町村氏は官房長官や外相、文部科学相などを歴任した。最大派閥の町村派(現・細田派)も長年率いた。衆院議長が衆院解散以外で任期途中に辞任するのは、1989年の原健三郎議長以来で異例のことだ。

 後任の大島氏は衆院青森3区選出で当選11回。文相、農林水産相を歴任し、自民党大島派の会長を務める。党国会対策委員長が長く、公明党や野党との人脈もある。

 今国会は5月中旬から、安全保障法制で激しい与野党対決が予想され、大幅延長も見込まれている。自民は国会が混乱することも想定し、国会運営に精通した大島氏が適任だと判断した。

 大島氏は党本部で記者団に「身に余る光栄だ。国民に信頼される立法府のあるべき姿を、自分の頭の中で整理していかなければならない」と語った。大島氏が務める衆院予算委員長の後任は、河村建夫元官房長官(72)が就く見通しだ。

 議長は中立が求められるため、自民党会派や派閥から離脱する予定だ。このため、大島派の会長は副会長の山東昭子氏に引き継ぐ方針だ。

 最小派閥の大島派には、もともと他派閥との合併話が絶えない。高村正彦副総裁が会長を務めていた12年5月から、合併を視野に麻生派との勉強会を開いている。石原派や二階派との合併を模索したこともあった。ただ、今回、山東氏が新会長に就くことで、当面は単独の派閥として活動することになりそうだ。
[PR]
by nsmrsts024 | 2015-04-21 04:54 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧