7月2日(月曜日)・・・どん底は25%、その後急上昇

[内閣支持最低28%  ・自民支持層でも低下(朝日連続調査)]    朝日
○通常国会が事実上、閉幕した6月30日、7月1日に朝日新聞社が実施した第8回連続世論調査で、内閣支持率が安倍政権の発足以来、最低を記録した。
1日には東京都内で政権公約(マニフェスト)検証大会があり、民間シンクタンクなどから安倍内閣に辛口の実績評価が相次いだ。安倍首相が熱意を見せた社会保険庁改革関連法や改正国家公務員法などを成立させた直後だけに、安倍首相にとっては厳しい結果となった。

   ・・・・(むらさん)・・・・朝日の安倍支持率調査、連続の8回目、ついに28%まで落ちてきた、まだまだ連続調査をやるであろうから、どこまで落ちるのか、次回ぐらいまで落ち込むかも知れない、支持するが、25%・・・と。
朝日はどれくらいまで落ち込むと、予測しているのか知れないが、そろそろ小生の胃の調子が悪くなってきた、朝日の調査員の胃の調子は大丈夫なのか。

当初は63%あった支持率が今は28%半分以下に落ち込んだ、選挙も近いというのに、足を引っ張る身内閣僚を抱え、任命責任、任命責任、と攻められる、人選が多少間違っていたか、・・といって内閣を改造するには早すぎる・・・し。

政権担当の意欲が見られない民主党に救われているが、ぼつぼつ何か手を打たないと・・・。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-02 22:17 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧