2017年 09月 12日 ( 1 )

2017年9 月12 日(火 ):原発事故対策に新冷却装置 沸騰水型に義務化を検討

 原子力規制委員会が東京電力福島第一原発と同型の「沸騰水型」原発で、重大事故時に原子炉格納容器の圧力が高まって破裂するのを防ぐ新たな循環冷却システムの導入を電力会社に義務づける検討を始めた。現在の新規制基準では、圧力を下げるために放射性物質を含んだ水蒸気をフィルターを通して外部に出す設備を義務づけているが、新たに第一の選択肢と位置づける。新基準を見直す方針だ。

電力会社には厳しい姿勢 原子力規制委員長後任の更田氏

 新たな冷却システムは、東電が柏崎刈羽原発(新潟県)に設置し、規制委も有効性を認めた。新基準は、新たな知見が得られれば速やかに反映することを柱にしている。義務化されれば、東北電力女川原発(宮城県)や中部電力浜岡原発(静岡県)、北陸電力志賀原発(石川県)、中国電力島根原発など他社の沸騰水型原発の審査にも影響しそうだ。

 核燃料が溶け落ちる重大事故が発生した際、格納容器の底にたまっている水を配管を通して外部に引き出し、臨時の冷却装置で冷やしてから再び格納容器に戻して核燃料などの冷却に使う仕組み。冷却を継続することで水蒸気の発生を抑えられるほか、もともと内部にあった水を循環させるため、格納容器の圧力を低く保てるという。

 ログイン前の続き福島第一原発事故では、核燃料が溶け落ちて格納容器内の冷却水が水蒸気になって圧力が上昇した。東電は格納容器の破裂を防ぐために、放射性物質を大量に含んだ水蒸気を外部に放出(ベント)。広範囲に放射能汚染が広がった。

 福島第一原発事故後に定められた新基準は、フィルターを通してから放出する「フィルター付きベント」の設置を義務づけた。格納容器を守る最終手段と位置づけたものの、フィルターがあっても外に出る放射性物質をゼロにはできない。新たな冷却システムは、核燃料が溶け落ちるような状況になっても格納容器の内圧を低く保ち、ベントが必要になる事態の発生を防ぐことができるとされる。

 規制委は東電柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に向けた審査で、東電のシミュレーション結果などを検討し、「ベントと同等以上の効果がある」と評価。電源喪失していても、電源車を複数配備しておくことで対応できるとみる。全ての沸騰水型原発に導入を義務づける検討も始めた。(東山正宜)




尖閣国有化「容認できない」 胡氏は野田氏に詰め寄った
日本政府が沖縄県・尖閣諸島を国有化してから11日で5年。3島の購入費の支出を閣議決定する2日前、国際会議の際に顔を合わせた当時の中国国家主席、胡錦濤(フーチンタオ)氏から「国有化は到底、容認できない」と厳しく詰め寄られたことを、当時の首相、野田佳彦・民進党衆院議員が朝日新聞のインタビューで明らかにした。少人数で秘密裏に進めた交渉を「ベストシナリオではなかったが、決断せざるを得なかった」と振り返った。

「尖閣、絶対に国有化を」石原氏との会談で決めた野田氏
尖閣国有化、不安視していた米国 長島氏明かす舞台裏

 2012年9月9日、ロシア・ウラジオストクでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議。昼食を取りながら会議をする場の控室に、胡氏が入ってきた。野田氏が近寄り、2日前に中国雲南省で起きた地震へのお見舞いの言葉を伝え、「いつでも支援する」と述べた。

 だが胡氏はそれには答えず、開口一番、尖閣国有化を批判したという。「目も合わせず、能面のような表情だった。お見舞いへの返す言葉がこれかと思ったが、尖閣は我が国固有の領土。所有権を国に移転させるだけのことだと答えた」

 


尖閣問題で「死者出れば沖縄観光は終わる」 翁長知事
■翁長雄志・沖縄県知事(発言録)

 (11日で沖縄県・尖閣諸島の国有化から5年になることを報道陣から問われ)ニューヨークで(2001年9月に)飛行機がビルに突っ込んで、その1週間後から沖縄への修学旅行がぴたっと止まった。米軍基地があるから危ないと。観光客を取り戻すのに3~4年かかった。もし尖閣でいざこざがあり、死者でも出れば、沖縄観光は一発で終わる。もう石垣に行く人はいなくなる。日本の立場を維持しつつも、平和外交で物事を解決してもらわなければ、私たちは立つ瀬がない。(東京・防衛省で日米地位協定改定の要請後、記者団に)






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_547401.jpg

    3.11東日本大震災   津波 461
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-09-12 05:39 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024