<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

1月31日(水曜日)・・・役員報酬業績連動の弊害

[日興水増し・組織ぐるみ]  ・上場廃止の可能性も      朝日             ○日興コーディアルグループが05年3月期連結利益を不正に水増ししていた問題について、有識者による特別調査委員会が30日、「意図的」「組織ぐるみ」と断じた。

経営トップだった有村純一前社長が関与した疑いも指摘し、悪質性を強調した報告だ。
日興は、株式の上場廃止の懸念が強まるなど経営環境がいっそう厳しくなり、大手金融グループとの資本提携など抜本的な信用補完策の必要性が増してきた。

   ・・・(むらさん)・・・・・ライブドアの時は赤字決算を黒字に粉飾、今回の日興の場合は
黒字決算をもっと大きな黒字決算に粉飾、いづれにしろ上場企業が決算を粉飾することは
大変なルール違反であり犯罪でもある、旧中央青山監査法人は何を監査していたのか。

会社及びグループの業績は順調に推移している、しかし業績の数値がもっと高くなれば
役員の賞与は業績に連動して多くなる、小学校4年生以上であれば分かるような細工を
やってはならない人がやってしまった、 「粉飾」は小学校では習わない。

時価総額1兆3000億円もある大企業、それも「株式」を取り扱っている会社、業績と
信用がいかに大事であるかを知っている、株は儲かる時もあれば損する時もある「自己
責任」ですよ、と顧客に説明している。

昨年12月に粉飾が発覚し、ライブドアの二の舞と思っていたら持ちこたえて年を越した、
小生は「大きな力」が買い支えていると、その時不思議に思い、書いていた、ライブドアと
の「格差」も感じていた。

特別調査委員会が「組織ぐるみ」と公表jした、朝日の一面にも大きく出た、この先どうなる
のか、発行済株式数は9億7500万株あるという、1株1400円で1兆3000億円、1株
1000円で9000億円、1株500円で4000億円、上場廃止になれば・・・。怖い、怖い。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-01-31 20:17 | 朝日新聞・綜合、政治

1月30日(火曜日)・・・賠償の200万円、誰が払う

[番組改変訴訟・NHKに賠償命令]  ・判断は不当承服できぬ   朝日
NHK広報局の話・・・判決は番組編集の自由を極度に制約するもので、到底受け入れ
られない。また、政治的圧力は認められなかったとしているが、NHKが編集の権限を
乱用・逸脱した、国会議員等の意図を忖度して編集したと一方的に断じている。

NHKは放送直前まで、放送法にのっとり、政治的に公平であることや、意見が対立し
ている問題についてできるだけ多くの論点を明らかにするために、公正な立場で編集
を行ったもので、裁判所の判断は不当であり、到底承服できない。

  ・・・(むらさん)・・・番組改変問題に関してはNHKと朝日新聞が必要以上に争っていた、
朝日側が、行き過ぎた報道に対し侘びを入れて、おわり、と思っていた。

東京高裁の判決「NHKに賠償命令」で朝日が「ほら見ろ」と言わんばかりに一面で大きく取
り上げた、NHKは公の報道機関、裁判で負けるようなことはやっていないはず、最高裁で
は逆転の判決が下されると思われるが、200万円払えの判決は200億円に値する。

原告側の「バウネットジャパン」がどんな組織なのかは知らないが、取材した内容の裏づけ
調査と改変の説明がNHK側からされていれば問題にならなかった。

NHKの予算は国会で最終決定される、何かあれば議員さんに相談するのは当然、会った
会わない、言った言わない、呼んだ呼ばないは分からないが 「よきにはからえ」くらいは
あったはず。

「期待権」などが通用すれば世は楽しいが、期待が期待通りに行かないのが世の常、
会社でも家でも期待通りには行かないものだ。

それにしてもNHK広報局の話「判断は不当承服できぬ」は強烈!橋本会長の意見でも
あるのか、 そうであれば、この一件はまだまだ終わらない。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-01-30 20:51 | 朝日新聞・綜合、政治

1月29日(月曜日)・・・民営化郵便局の制服は赤色!!

[郵政の制服一新 140億円]  ・民営化機に25万人分       朝日
○日本郵政公社は10月の民営化に伴い、制服を一新する。ワイシャツ、ネクタイ、ジャ
ケット、スカートなど新制服約50品目の入札が1月で終わり、総額は夏冬合わせた1年
半分で約140億円に達した。

民営化後は、持ち株会社の日本郵政株式会社の下に、「郵便事業」「郵便局」「ゆうちょ
銀行」「かんぽ生命保険」の4社が連なる。制服は会社ごとにデザインや色を変えており
、後日公表する。

   ・・・・(むらさん)・・・・・男子社員は会社で背広、ワイシャツ、ネクタイなどは支給された
ことはなくすべて自前、女子社員には夏用、冬用の制服が支給される、それが当たり前と
思っていたし、うらやましく思ったことはない、6月、10月の衣替えの日には季節の変わり目
を感じる、男の衣替えは体感まかせ。

小泉さんが大勝した郵政選挙、296議席を獲得し83名のチルドレンを「産んだ」、今年10
月からいよいよ民営化スタート、制服の一新に140億円かかるという、25万人も社員が
いるから仕方がない、03年に公社化した時の制服代120億円が惜しい気がする。

新しい郵便局員の制服は思い切って「赤色」をベースに製作すれば如何なものか、
真っ赤な赤ではなく赤みのかかった赤で、赤色は郵便局のシンボルカラー、男子
社員も見慣れれば結構さまになると思う。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-01-29 21:14 | 朝日新聞・綜合、政治

1月28日(日曜日)・・・砕氷船「おーろら」今年は忙しそう

[ 流氷 本番 ]  ・北海道・網走             朝日               ○北海道網走市の流氷観光砕氷船「おーろら」が27日、この冬初めてオホーツク海の
流氷域を航行し、本格的な流氷観光シーズンが幕を開けた。

流氷はこの日、網走沖約4㌔に近づいた。港を出て10分ほどで流氷域に入り、船が真っ
白な流氷を砕いて進むと観光客から「氷に乗ってみたい」などの声があがった。

「おーろら」が流氷域を航行したのは昨冬より9日早い。4月初旬までの運行期間中、例年
50日前後は流氷域を航行できるが、昨冬は流氷が近づかず、過去最低のわずか12日間
だった。
運行する道東観光開発は「今年は期待しています」

   ・・・・(むらさん)・・・・・積丹、稚内、宗谷、網走、知床、根室の岬に立つとロシアの
近さ、ロシアが隣国であることを身体に感じる、いつだったか晴れた見通しのよい観光
日和に宗谷岬に立ちサハリン(樺太)を対岸に確認した時は感無量であった、あのフル
チショフのソ連が目の前にあると、東京では遠い国と感じているロシアが目の前に。

歯舞、色丹、国後、択捉を話す政治家は最近見かけない、竹島と魚釣島はたまに出てくる。

網走の流氷は過去に2度、1度目は流氷だらけで海面全てが氷、港の周りのみで流氷
域には出られず、2度目は流氷が無く欠航。1度目に見た氷は「海の中で青く輝いている
太陽の光が入り込んだとてつもなく大きな氷」であった。

中国とロシアの国境を流れる極東最大の大河「アムール」オホーツク海に注ぐ淡水が
氷結し南下するにつれて大きくなって日本にたどり着く、ガイドさんの説明では、川に流れ
込んだ大陸の養分がこの氷にはたっぷり含まれている、北海道の魚はこの流氷の養分で
大きく育つ・・と。

4月初旬まで「おーろら」号は運行するらしい、 今年はどうするか。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-01-28 11:32 | 朝日新聞・生活、文化

1月27日(土曜日)・・・韓国学生・6年前の勇気

[韓国学生ら駅で救助死から6年]  ・君の勇気私たちも       朝日
○東京・新宿のJR新大久保駅で01年、路線に落ちた男性を助けようとした韓国人留学生
李秀賢(イスヒョン)さん(当時26)と横浜市のカメラマン関根史郎さん(同47)が犠牲にな
った事故から、26日でまる6年。
都内では同日、李さんをモデルに作られた映画「あなたを忘れない」の試写会があり、天皇
、皇后両陛下と遺族が出席。約700人の関係者と共に故人をしのんだ。

   ・・・(むらさん)・・・・・たまたま居合わせたホーム、人が線路によろける様に落ちた、
目撃し自分がいちばん近くにいる、助け上げないと電車にひかれてしまう、とっさに線路に
下りて・・  その人をたすけ上げる・・・・。  
自分ならどうした、・・と、いつも思う。  上がれないし、電車が迫ってくる・・・あ 。

・・・
最愛の息子を殺した犯人に裁判で懲役13年の判決、親はその判決に満足せず、犯人に
対する極刑を訴える、よくニュースで見かける、あたりまえに取る親の行動。
普通の生活をしていた普通の家庭、成長した息子の将来に期待している両親、ある日に
その事件が襲ってくる、その日から親の生活の全てが変わる、非情である。
                                                 ・・・

留学生季さんの死は両親にとっては耐え難い苦しみであり、悔しさである、誰をも恨むこと
のない息子の死の事実である。
多くの人を感動させ、多くの人の記憶に残り、多くの人に勇気の尊さを考えさせられた、
韓国人、日本人ではなくその場に居合わせた「人と人との行動」。

命日の日、新大久保駅ホームで手を合わせる両親の写真が載っている、
                   ・・・「おまえの勇気に励まされ生きて行く」・・・・。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-01-27 10:00 | 朝日新聞・社会

1月26日(金曜日)・・・中国、恐怖の衛星破壊

[衛星破壊 脅威の芽]  ・中国の実験成功         朝日
○高度850㌔の軌道を回っていた古い気象衛星が日本時間12日午前、中国の弾道
ミサイルによって破壊された。
同じ方法で他国の衛星への攻撃もでき、各国が利用する人工衛星の無防備さがさらけ
出されることとなった。実験の成功で技術の高さを示した中国に対し、米国を中心に懸念
が広がっている。

  ・・・(むらさん)・・・・・エネルギーや有害物質の垂れ流しで地球環境保全の国際ルール
をある程度無視してでも経済成長を重視、4年連続のGDP10%以上の成長を成し遂げて
いる中国。

今回報道の「衛星破壊」は脅威を強く感じる。宇宙には国際ルールがあるはず、自国の
衛星とはいえ弾道ミサイルで破壊していいはずがない、破片が何処へ飛び散るかわか
らない、公表したのも実施後11日経ってからだという。

米国が世界を制する軍事力を維持できるのは強大な陸、海、空軍と宇宙から世界全土
を監視する軍事衛星に頼っている。 まさか中国が他国の衛星を!。

共産党一党独裁の大国中国、選挙で政権が代わる国でないから怖い、核の保有ルール
と共に世界的宇宙行動ルールも早急に取り決めるべき。

人口13億人の中国、飛躍的に経済成長はしているが国民の格差はどんどん広がってい
る、農村部の大多数、都市部での乗り遅れた多くの人民、不満分子が何億人といる、国の
治安が維持されている現在はよいが、10年先は分からない、隣国の変化が心配だ。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-01-26 21:49 | 朝日新聞・綜合、政治

1月25日(木曜日)・・・愛国心は全ての日本人が持っている

[愛国心「ある」が78%]  ・うち88%、過去「反省必要」       朝日
○国民の8割が自分に愛国心が「ある」と思い、そのうち9割は先の戦争で日本がアジア
諸国におこなった侵略や植民地支配を「反省する必要がある」と考えていることが、朝日
新聞の世論調査で分かった。

歴史問題をめぐり、中国、韓国と日本の摩擦が取りざたされるが、日本人の多くは、愛国
心をもちつつ、日本の過去の歴史も冷静に見つめているといえそうだ。

   ・・・・(むらさん)・・・・・新聞社はどうも世論調査が好きだ、内閣支持率だ愛国心だ、と。
どのような人を対象に調査しているのかは分からないが、小生が「調査の対象の人」になっ
たことは過去に一度もない、これからも対象の人にはなれないのであろう。

愛国心が語られる時には必ず、侵略、防衛、植民地、戦争、歴史認識等ががセットで語られる。戦後日本は戦争を反省し、もう60年も戦争をしていない、今後も絶対にしないであろう。
アジア諸国への過去の侵略は日本が反省し、アメリカから受けた原爆はアメリカが反省して
いる。危険視されている戦前の「愛国心」はもう無い。

自分を愛し、恋人を愛し、家族を愛し、身内を愛し、親戚を愛し、友人を愛し、会社を愛し、
生活地域を愛し、郷里を愛し、国を愛し、アジアを愛し、世界を愛し、地球を愛す、国は
これらの内の一つにすぎない。日本は島国的国意識があるが大陸には国の線引きが
ハッキリしていない国もある。

今回の調査では愛国心があるは78%で、過去の侵略を反省するは88%。日本人の
原点に立って素直に考えればどちらも100%近くになるはず。

サッカーワールドカップ、野球のWBC、オリンピックでの日本代表を熱狂的に応援する、
ノーベル賞を日本人が受賞すれば全ての国民が喜ぶ、これらの愛国心で平和が維持
される、     ・・・・・ 専守防衛が確立されていれば。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-01-25 19:45 | 朝日新聞・綜合、政治

1月24日(水曜日)・・・暖かくていいが、何か「変」

[あったかくて・・・変]  タンポポ超早咲き■さて桜は?       朝日
○暖冬が続き、タンポポが記録的な早咲きとなり、梅の便りも届き始めた=写真は23日、
東京都世田谷区の羽根木公園で。「桜はどうなのか」。気象庁には早くも問い合わせが
相次いでいる。
a0044103_18442460.jpg















    ・・・・(むらさん)・・・・朝の通勤時に見かける道路沿いに造られたビル所有の小さな
池、例年であれば年が明けた今頃には薄氷が何度か張っていた、今年はまだ見かけたこ
とがない、雪も降らず、ひどく寒い日もなく、暖冬気味で結構であるが、なにか「変」である。

写真のような見事な梅の開花や、タンポポの早咲きは直接目にはしていないが自分の肌で
感じる冬はやさしすぎる、今年の冬はどうなっているのだろうか。

地球の温暖化、異常気象、極地の雪が解け海水面が上昇しているなど地球規模の「変」が
あちこちで起きている、タンポポも梅も咲いたものの周りの景色を見て「変」に思っているに
違いない。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-01-24 18:21 | 朝日新聞・生活、文化

1月23日(火曜日)・・・舞台の幕が上がりますよ

[内閣支持 続落39%] ・政策、国民感覚とズレ     朝日
○朝日新聞社が20、21日実施した全国世論調査によると、安倍内閣の支持率は39%で
前回06年12月調査の47%から下がり、初めて4割を切った。不支持率は37%と前回の
32%から上がった。20~40代や大都市部での支持の落ち込みが目立つ。

安倍首相は国民の感覚から「遠い政治家」と見る人が50%を占め、安倍内閣が重視する
経済成長と民主党が訴える格差是正のどちらが優先される方がよいかと聞くと、経済成長
30%、格差是正45%となるなど、国民感覚との「ずれ」が支持低下の背景にある様子も浮
かぶ。  

  ・・・・(むらさん)・・・・・また朝日を含め新聞各社が内閣の支持率調査をしている、余程
紙面つくりに苦労しているのだろう、まだ安倍さんの政策、政治がスタートしていない時点で
支持率がどうこうと騒ぐのは大人気ない。

もうすぐに議員さんの今年の仕事(通常国会)が始まる、安倍さんがやろうとしている「教育
改革」「憲法改正」「国家安全機能の確立」「補佐官機能の確立」これらの安倍さんが総理に
なったらやりますと誓約したことがこれからスタートする、日本全体の大きな問題であり
直ぐに結果、成果の出る小さなテーマではない。

行政、財政に関するその他の諸問題は誰が総理になろうともやらなければならない、
それらは霞ヶ関にいる大勢の人材を使えばよい。

安倍政治は小泉政治とは違う、小泉さんは邪魔になるものはぶち壊してでも自分のやり
たいことをやろうとした、国民は今までとは違う変化、過激さを求めて支持してきた、あっ気
にとられて支持してしまった・・・感じ、いっときはこのようなやり方も通用する、安倍さんが
同じような政治をやるはずがないし、できない。
安倍さんのやろうとしている政治は「夫婦円満型」、舞台の幕が上がる前の、客席でのいざ
こざばかりに目を取られないで、これから始まる「政治」に注目しましょう。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-01-23 21:33 | 朝日新聞・綜合、政治

1月22日(月曜日)・・・本名と額の広さでガンバレ

[ 宮崎知事選・そのまんま東氏大勝] ・自公推薦候補ら破る  朝日            ○宮崎県知事選は21日投開票され、無所属新顔のタレント、そのまんま東氏(49)=本名・東国原英夫(ひがしこくはるひでお)=が新顔4氏を破り、初当選を果たした。

官製談合事件に絡む前知事の辞職に伴う出直し選挙で、県政の信頼回復が争点になった。
東氏は特定の政党や団体の支援をうけず、「しがらみのなさ」を強調。圧倒的な知名度を生かして無党派層や各党の支持層から幅広く支援を集め、政党の支援を受けた候補らを大差で破った。

   ・・・・(むらさん)・・・・・知名度が選挙を制する典型例、明日から県庁職員、県会議員
はどう対応するのであろうか、県民の皆様が選んだ人だから県民は納得、地方行政のトッ
プに立ち、これから宮崎県をどう改革しようとしているのかまったく未知数、指名競争入札
の廃止は改革以前の問題、遠くの東京から心配している、長野県の田中さんの時、以上
の何かをやってくれるかも知れない。

経歴では、逮捕が一度、摘発を受けたのが一度、暴行暦一度と思わしくないが、謹慎し
大学に再入学し知事になるための勉強もしたという、全てを知っている93万人の有権者
の内、266千人がそのまんま投票した。自民党が割れたことと93万人の有権者がすべ
て東氏を知っていたことが勝因。

今、全国の知事さんで元気なのは東京の石原都知事のみ、汚職絡みで逮捕、辞職も
数名、次は・・・と心配している知事さんもいる。

青島さん、横山さんは実績を残すことはできなかったが東国原英夫(ひがしこくばるひ
でお)さんは宮崎県民のため本名で実績を挙げてもらいたい。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-01-22 18:23 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧