<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

7月31日(火曜日)・・・片山さんも小泉バブルの反動

[片山元総務相落選、頼みの調整役 ・通信や放送業界に波紋]    朝日
○「新郵政族のドン」と呼ばれるほどの影響力をもつ片山虎之助・自民党参院幹事長が参院選(岡山選挙区)で落選し、通信・放送業界に波紋が広がっている。
NHK改革などで業界への厳しい姿勢を続けてきた竹中前総務相、菅総務相の路線に対抗するため、片山氏が頼みの調整役だったからだ。自民党内に「後継者」が見当たらず、業界内には「民主党にも働きかけよう」という声が出始めている。

  ・・・・(むらさん)・・・・・郵政民営化選挙時の女刺客を髣髴させる「姫の虎退治」、参院の幹事長でありながら選挙中は地元に張り付き選挙戦に専念し必死の戦い、民主党が繰り出す大物応援者の攻勢に日に日に危機感が増してきていた片山さん。

総務相当時からテレビで見かけることが多く、話し方や態度が大きく傲慢な感じが見受けられた、地元の信任は厚く、選挙で落選するような議員には見えなかったし、姫に負けるとは思えなかった、負けた今となれば、あの態度が気にかかる。

通信・放送業界でドン的役割を果たしていたらしい、竹中さんや菅さんが進める改革と業界の調整役で、「まあまあ」と収めていたらしい、後の調整役は他の誰かに任せばよい。まだまだ国政で働く気であったろうが、歳も70を過ぎている、サラリーマンの世界では60まで、頑張っても65まで、70まででは余生がない、次回の選挙は若手に廻しのんびりした方が自分のためになる。潮時は自分で決めるときもあれば市民が決めてくれるときもある。

おれが、おれが、おれがいなければ、もよいが、その看板を外せば楽になる、塩爺などは引退後を楽しみ、みなを楽しましているよ。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-31 20:37 | 朝日新聞・綜合、政治

7月30日(月曜日)・・・幹事長と内閣を替えて出直し

[自民歴史的大敗  首相は続投表明  公明も惨敗、政権運営厳しく]    朝日
○安倍政権の信任が問われた第21回参院議員選挙は29日投開票された。自民党は改選の64議席から30議席台に減らし、89年に宇野首相が退陣した過去最低の36議席に匹敵する歴史的大敗となった。公明党も選挙区で擁立した5人中3人が落選する惨敗で、非改選を含む与党の議席は過半数を割り込んだ。

   ・・・・(むらさん)・・・・・見事に大敗した自民党、参院は民主党の支配下になってしまった。衆院では自民党がまだ圧倒的な多数を占めているため安倍首相が続投を表明するのは当然のこと。
多数の原理で法案を強行採決することは今後はできなくなった、自民党が勝手に出した法案は今後参院ですべてストップ、審議、審議で前に進まない、国会の機能がマヒ。

社保庁のズサンさと数人の大臣の失態で火の車になった自民党、非難と批判で参院での数が激減、数の危機感を通り越した危機感が自民党に目覚めた。

次の衆院選までに民主党が内部分裂しなくて、自民の立ち直り時間の短いまま解散選挙になれば2大政党が実現するだろう。

大敗し意気消沈している安倍首相の横で、全然悔しそうな顔をしていない中川幹事長、元首相森さんに押し付けられ横に座らせているが・・・・・・。

党の役員一新と内閣改造を一日も早く行い、体制の立て直しが急がれる。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-30 22:55 | 朝日新聞・綜合、政治

7月29日(日曜日)・・・小泉政治バブルのスタートか?

[朝日新聞、全面広告]     参院選投票日

皆さまの怒りと不安を、
安心と期待、
そして希望へと変える。
それが
与党・自民党の責任です。

改革実行力
  自民党



国民の生活が第一.
   民主党
働くあなたへ。
子育てするあなたへ。
引退したあなたへ。
学生のあなたへ。
父であるあなたへ。
母であるあなたへ。
子どもであるあなたへ。
おじいちゃん、
おばあちゃんであるあなたへ。

あなたの生活より、
大事なものは
ありません。

私はこの国を必ず建て直し、
あなたが安心して暮らせる社会を、
つくりあげます。

  小 沢  一 郎

   あ な た へ 。



   ・・・・(むらさん)・・・・・安倍さんも小沢さんもお疲れさんでした。
どちらの政党も日本を良くしようとしている、選挙結果を厳粛に受けとめます。
日本の小泉政治バブルが当分の間続くかもしれない。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-29 18:27 | 朝日新聞・綜合、政治

7月28日(土曜日)・・・真紀子氏が岡山城を攻めた

[応援演説発言録、27日、田中真紀子衆院議員、岡山市での演説で]   朝日
○(先に演説した民主党の)小沢一郎代表、本物見ていかがでしたか。ポスターより愛嬌ありますね。一緒に壇上に上がったのは、今回岡山県が初めてだ。
戦後日本を良くしてきたのは、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄まで。田中角栄以降、小泉前首相とか出てきて。「今の自民党はだめだな」と思っても、いざとなると「自」と書く。そろそろそういうトラウマから頭を切り替え、孫子の代どうすればいいか考えたら、今のような腐りきった自民党でいいわけない。

   ・・・・(むらさん)・・・・・父田中角栄が生きていて、小泉さんにいじめられ下野した娘が昔の愛弟子民主小沢代表と共に野党の候補の応援演説をしているのを知れば嘆いたことであろう。

さーて!いよいよ明日は参院選、野党が大勝することは新聞テレビで保証している、さすがは真紀子氏、注目されている選挙区岡山に乗り込んでいる、片山憎し安倍憎しで姫井由美子候補を応援するというよりは、小泉憎しで応援している。

綿貫さん、亀井さん、平沼さん、小林さん、真紀子さん、三度のメシより好きな自民党を追い出され他の党で議員に留まり待機している。民間では考えられない、不満分子を一掃、民間ではできないことをやる小泉さんに憧れ票を入れてしまった民間人、とてつもないチィルドレンが誕生した。

郵便異変で変わってしまった自民党、経済バブルが崩壊したあとは15年間の低迷があった、政治バブル崩壊後は何年の低迷になるのか、後を任された安倍さんが可愛そう。

     選挙のあと、日本の政治はどうなるのだろう・・・。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-28 10:21 | 朝日新聞・綜合、政治

7月27日(金曜日)・・・岡山の片山が負ければ自民惨敗

[民主党のマニフェスト 教育・育児、子ども手当2万6千円]    朝日
●子ども1人当たり月額2万6千円の「子ども手当」を創設し、中学卒業まで支給する
●公立高校の無償化、奨学金制度の拡充を進める
●教育への財政支出は現行の5割増を目指す
●教員養成課程を6年に延長するなど教員の養成と研修を充実させる
●義務教育における国の責任を明確にし、親や地域住民が学校運営などに参加できる「学校理事会」を設置する

   ・・・・(むらさん)・・・・・「年金・社会保障」「教育・育児」「憲法・外交・安保」「経済財政」「その他」、民主党の掲げるマニフェストの内、教育・育児を取り上げてみた。
朝日新聞と他のマスコミの協力を得て、政権取りの現実味を帯びてきた小沢民主党、掲げているマニフェストは、即実現するものでないと公約違反になる、共産党や社民党が掲げているマニフェストとは違う。衆議院ではまだ数が足りないから、では、許されない、自民の法案を阻止し、民主の法案をどんどん出すべき。

少子化傾向に改善の兆しが見られるようになってきた最近、好況も持続しており、結婚カップルも増加、1人目、2人目の出産に前向きになった夫婦が多くなってきている、ここで民主党が掲げる子ども手当2万6千円が実現すれば夫婦にとって、こんなに力強い国の子育て支援策はない。
高校まで無償化、奨学金制度拡充、教育に関する財政支出は5割増し、教員の質も充実させる、もたもたしている自民党の政策より優れているのは間違いなし。

        選挙のあとは、民主党の議員さんは忙しくなるぞ。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-27 19:53 | 朝日新聞・綜合、政治

7月26日(木曜日)・・・モーウ地震は懲り懲り

[山古志から安全PR牛] 朝日   ○04年の新潟県中越地震で被災した旧山古志村(現長岡市)の闘牛2頭が25日、中越沖地震で風評被害に悩む長岡市寺泊地区の海水浴場を訪れ、安全性のアピールに一役買った。。
a0044103_170193.jpg















山古志地震の時は取り残された牛や金魚が助けを求めている映像がテレビに連日映し出されていた,タマやタローが立ち入りできない倒壊家屋の周りをさまよっている姿もあった。

写真の闘牛はあの時ヘリコプターで運ばれていた牛なのか?今回の地震の被災地を訪問、多くの子どもたちを元気つけたことでしょう、力持ちの牛君に頼んで復旧作業でもひと働きできないものか、原発で壊れたクレーンの代役はできないか。

いずれにしろ中越地震の時には大変お世話になりありがとうございました。

                                              闘牛
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-26 22:07 | 朝日新聞・社会

7月25日(水曜日)・・・原発被災で親善サッカー中止

[放射能ジャポーネ怖い   ・セリエA、カターニア来日中止]        朝日
○日本各地で7月末から親善試合を予定していたサッカー・イタリア1部リーグ(セリエA)のカターニアの来日中止が24日、試合事務局などから発表された。
カターニアが、新潟県中越沖地震による東京電力柏崎刈羽原発のトラブルで事実を誤認、現実以上に深刻に受け止め中止となった。

  ・・・(むらさん)・・・・・遠い遠いヨーロッパの国、イタリアから見る今の日本は参院選には全く関心はなく(あることすら知らない)地震による放射能漏れの心配ニュースである。

イタリア人から見るアジアの西端の国、北朝鮮、韓国、日本、はっきりと国の違いが分かっているのかどうか?。
ジャポーネで発生した中越沖地震による原子力発電所の被害のニュースが連日イタリア国内で報道されているという、放射能が漏れ住民が避難している、と間違って受け取っている人たちもいるらしい。

サッカーファンが楽しみにしていたセリエA、カターニアの来日が中止になり予定していた親善試合ができなくなった。安心です、安全ですと説明しても、しばらくの間選手たちの「親」たちが納得するまでは来てくれないでしょう。

北朝鮮の核施設の査察ではないが、国際原子力機関(IAEA)に政府が調査を依頼したという、
国民に余計な心配をさせないよう「隠す体質」のある国の危機管理、エルバラダイさんのお墨付きを貰って安全宣言すれば、イタリアから選手が来てくれるだろう。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-25 20:16 | 朝日新聞・スポーツ

7月24日(火曜日)・・・謝り方が下手だと票を失くす

[原爆発言に質問状  久間氏「選挙後に回答」]   朝日   ○久間前防衛相が、原爆投下は「しょうがない」と発言した問題で、久間氏に国会議員の辞職を促す公開質問状を送付していた長崎県内の被爆者団体5団体は23日、久間氏から「参院選後に回答する」との文書が送られてきたことを明らかにした。5団体は同日、久間氏に対し、抗議文を郵送した。

   ・・・(むらさん)・・・・・質問状に対し「申し訳ありませんでした、議員を辞職いたします」と、回答すれば、5団体から許しが出たかもしれない。

防衛大臣を辞任したくらいで許してもらえる発言内容ではなかったことは、全国の被爆関係者の怒りを知れば分かる、まして長崎出身の代議士が言ってしまった。

選挙後までに回答を延ばさないで、なおかつ議員も辞めないで、許してもらえる「詫び方」を考えに考えて表明すればよかった、本意でない失言であったことは、発言した本人は勿論のこと5団体の方々も分かっている、小生も分かっている、事後の対応のまずさが、まずかった。

安倍さんに政治をやらせないで、足を引っ張る連中の多さ、選挙前の仕上げが久間発言であった、選挙前に幕引きしておくべきであった。

参院選の勝敗が判った後からでは、もっと回答が出しにくくなる・・と思うが。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-24 20:08 | 朝日新聞・綜合、政治

7月23日(月曜日)・・・朝日の勝利宣言!、しかし結果はまだまだ

[朝日連続世論調査、内閣不支持56% ・比例投票先、民主拡大32%]   朝日
○朝日新聞社が21、22の両日実施した参院選の第11回連続世論調査(最終回)によると、「いま投票するとしたら」として聞いた比例区の投票先は民主が32%と前回の30%から伸ばし、勢いを増したのに対し、自民は20%(前回23%)と低迷、差が広がった。選挙区でも民主が34%(同32%)に増え、自民は24%(同26%)だった。安倍内閣の支持率は30%(同30%)、不支持は56%(同55%)だった。

  ・・・・(むらさん)・・・・・朝日の連続世論調査、今回は朝日の狙い通りの結果が出たようだ。第1回調査時点では自民が楽々優勢、回を追うごとに形勢は逆転、最終回の11回目では自民が惨めな惨敗になる結論付けになってしまった。

あらかじめのシナリオ通りに世論調査の結果が推移するとやっている方は遣り甲斐があると思われる、不特定多数の大衆、国民の声、意見を引き出して世論をつくり出す、マスコミ冥利に尽きる仕事と思われ、羨ましい。しがないサラリーマンはこんな冥利にはなかなかありつけない。新聞は結果報道のみをするメディアではなく結果を造り出す媒体である・・を、主張したいのであろう。

     安倍さんの奥さんへ、・・・こんな時に内助の功を!!。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-23 21:22 | 朝日新聞・綜合、政治

7月22日(日曜日)・・・朝日、連続世論調査の成果は!?。

[自衛隊、戦力でないという考えは「めくら」 小泉前首相が発言、撤回]   朝日
○小泉前首相は21日、大阪府高槻市での参院選の自民党候補の演説会で、自衛隊が戦力にあたらないとする考え方について「めくらになっちゃてる」と発言した。その直後に「差別用語だから、撤回しないといけない」と述べ、「現実を直視していない」と言い換えた。

  ・・・(むらさん)・・・・・来週の日曜日にいよいよ参院選の投票日というのに、朝日新聞の今日の第一面には参院選のことにが全く出ていない、原発防災の記事と携帯電話の記事、グッドウィルのコムスンの記事と天声人語。

勤め人にとっては日曜日の朝の新聞はゴロゴロして見られる、自民党が不利だ不利だと朝日はじめマスコミが総力を上げてまくし立てている、さて情勢はどうなのか今日の第一面で再確認したかった・・・のに参院選がらみのことが何も出ていない。

新聞では、もう今回の参院選の決着がついており、1面に載せるまでもないとしているのか、大事な1週間前の日曜日に与党を叩くと、せっかくの与党離れのムードに支障を来たすと判断してのことか。

39面の社会面に小泉前首相の「めくら」発言が載っている、失言だからと直ぐに撤回したらしい、今は多少のことを言っても許される、小泉人気の実物を見たくって演説会場には多くの人達が集まっていたのでしょう。

今、安倍首相を弁護するよりも自民党をぶっ壊した反省の弁を地方で述べたほうが、安倍さんへの応援になると思う。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-07-22 17:49 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧