<   2007年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

9月30日(日曜日)・・・その時は軍国主義が強いた集団自決

[沖縄11万人抗議 ・「醜くても真実知りたい」沖縄県民大会、高校生も訴え] 朝日
○「真実を知り、伝えていきたい」・・・29日、沖縄県宣野湾市で開かれた教科書検定の意見撤回を求める県民大会では、2人の高校生が思いを込めたメッセージを読み上げた。
関係団体はバスや駐車場を用意し、「歴史の改ざん」への抗議に結集を呼びかけた。予想を超える11万人が集まり、「本土」からの参加者の姿もあった。

    ・・・(むらさん)・・・・・
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-09-30 18:25 | 朝日新聞・綜合、政治

9月29日(土曜日)・・・長井さんの死を無駄にするな

[ミャンマー邦人銃撃、3日連続で発砲、政府処罰要求を検討]   朝日
○ミャンマー(ビルマ)軍事政権による武力弾圧で、市民たちによる反政府デモを取材中に銃撃され死亡したカメラマンの長井健司さん(50)は、至近距離から撃たれた可能性が強まっている。日本政府内にも軍政への厳しい声が広がっており、政府は責任者の処罰要求なども辞さない姿勢だ。

   ・・・(むらさん)・・・・・いつ何があっても仕方のない仕事。ご高齢の両親がいつ息子が仕事で死んでしまうかも分からないで・・・おびえ、家で無事を日々祈って暮らしている。

日本と友好的に外交を進めてきたミャンマーに対して長井さんの事件の全容解明や軍事政権による謝罪や、事件関係者の処罰を求めても軍は応じてくれないはず。

日本はなぜかミャンマーの軍事政権に対し独自の容認外交を進めてきた、長井さんの死を無駄にしないためにも、ミャンマーに19年間も続いている軍事政権が一日も早く終わり市民や僧侶が安らいで暮らせる国になるように、外交的に働きかけたいものだ。

アジアのどこかで紛争があれば、「どうした、どうした」と進んで内政干渉し、欧米の大国に先んじてアジアを外交をし、アジアのお巡りさんになるくらいの貢献ができる国にぼつぼつなってもいいはず・・日本は。

福田首相の外交に期待する。・・・長井さんのためにも。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-09-29 22:12 | 朝日新聞・國際

9月28日(金曜日)・・・「政治とカネ」は、しばらく止めよう

[領収書あて名書き換え ・06年の収支報告、福田首相の事務所]   朝日
○福田首相が代表を務める「自民党群馬県第4選挙区支部」や関連する政治団体の06年の政治資金収支報告で、添付された領収書のコピーのあて名が二重線で消され、新たに政治団体や政党支部の名前が書き加えられていたことが分かった。あて名の書き換えは、領収書の発行者ではなく福田氏の事務所がしており、判明しているだけで17枚、約570万円分になる。

  ・・・(むらさん)・・・・・福田首相の所信表明演説が行われていない現時点で「政治とカネ」の問題がまた起きている。
渡海文科相、石破防衛相、伊吹幹事長、福田首相本人の名前も上がっている。政治屋さんはカネの問題でもう懲り懲り、以前には何かあったと思われるが、これからは懲りてやらないと思われる。
代議士が抱える事務方や地方の党組織が抱える事務方のズサンさが後になってばれる様な事務処理をしているから記者さんにすぐに見つかってしまう、カネの問題は事務方の再教育で解決する。

新聞屋さんも代議士家の重箱の隅を突っついてあら捜しをして手柄を立てようとするのは、そろそろやめよう、日本を良くしょうと志に燃えた議員さんたちに政治に専念させてあげなさい、くだらないことばかり追っかけていると、日本の政治がますます後れを取る。

以前にも言ったが、カネの問題はマスコミが今持っている材料をすべて一度出すべき、特集でも組んで、隠し持っていてちまちま出すようでは新聞社の成長はない。

福田さんのカネのことも、わざわざ記事にして印刷して新聞にして配達員を使って家に届けることはない、「アサヒコム」の隅にでも載せておけばよい。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-09-28 22:23 | 朝日新聞・綜合、政治

9月27日(木曜日)・・・朝日はじめ、マスコミは成長しているのか?

[朝日世論調査、福田内閣支持53%  ・「古い自民回帰」56%]   朝日
○福田康夫首相の組閣を受けて、朝日新聞社が25日夜から26日夜にかけておこなった緊急の全国世論調査によると、内閣支持率は53%、不支持率は27%だった。
新内閣の最初の支持率としては、小泉内閣の78%、安倍内閣の63%には及ばないが、森内閣や小渕内閣を上回り、比較的高い水準だ。

  ・・・(むらさん)・・・・・安倍さんが病に倒れた原因は多々あると思われるが、このように朝日をはじめ各新聞社が行ってきた支持率調査(くどくてひつこい)にも一因があると思われる。

こんどは福田さんの番、初回は思った以上に支持率が高く53%、赳夫お父さんの28%に比べれば倍近い支持率、今は誰が出てきても支持しなければしょうがない、が、国民の感情、麻生さんなら60%は届いたのではないか。

誰が首相になっても支持率を気にしない総理はいないと思われるが、安倍さんに比べれば福田さんは感じる度合いがぜんぜん低いと思う。

これから新聞各社も、下がる支持率を、これでもか!これでもか!と、一面を使って叩いても安倍さんほどの成果は出ないですよ、国民の代表の議員さんが選んだ首相を叩き、早めに下野させても我が国の政治、経済、外交が停滞するのみ、内閣を支援し応援し、励ましてあげるマスコミになることも日本を成長させるのに必要である。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-09-27 20:43 | 朝日新聞・綜合、政治

9月26日(水曜日)・・・真紀子さんが忙しくなる

[福田内閣発足 ・15閣僚残る ・逆転国会、背水の陣]  朝日  ○自民党の福田康夫総裁(71)は25日、衆参両院の首相指名投票を経て第91代首相に選ばれ、自民、公明両党による福田連立内閣が事実上、発足した。内閣の要の官房長官に町村信孝外相を起用。外相の後任に高村正彦防衛相を横滑りさせ、防衛相に石破茂元防衛長官を充てた。麻生太郎前幹事長には入閣を要請したが、固辞された。

  ・・・(むらさん)・・・・・福田さんを支持した8派閥の内6派閥のボスを党4役及び内閣で仕事に就いてもらう、お礼人事。内閣のメンバーでは増田総務相、舛添厚生労働相、石破防衛相には期待する、他は誰がやっても同じ。

結果的に見れば、未熟であった、又は器でなかった安倍さんの辞任を引き継ぎ、面白くはないが安定感がある福田さんがいよいよスタートする。年甲斐にもなく、気に喰わないことを言われたり弱い点を突かれると、ムカッとした態度をあらわに出すところが心配であり弱点である。

今日の「夕刊フジ」に真紀子さんの記事がさっそく出ていた。
「今の瞬間が福田さんにとってはピーク、あとは転げ落ちていく」
「福田さんはプライドとコンプレックスがない交ぜになっている」
「非常に官僚的で冷たい発想をする、派閥から抜けられず、(かといって)つき合いが狭く仲間がいない、いつもひとりでご飯を食べているのを見かける」
  ・・・と、言いたい放題。

角栄の娘、真紀子さん。赳夫の息子、康夫さん。康夫さんに争う気がなくっても真紀子さんの方には争う気がまんまん、民主党小沢代表とのバトルより真紀子さんとのバトルの方がマスコミにとっては気にかかる。

真紀子さん康夫さん、両者の父親の「角福戦争」の時小生は気持ちで角栄に一票を投じた。これからの、無所属で肩書なしの真紀子対総理になった康夫ではどちらを応援するかは、未定。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-09-26 22:19 | 朝日新聞・綜合、政治

9月25日(火曜日)・・・首相の順、福田→安倍だったらよかった

[安倍首相病院で会見  ・辞任「体力に限界感じた」]   朝日   ○安倍首相は24日夕、入院先の東京・信濃町の慶応大病院で記者会見し、辞任を決断した最大の理由を初めて健康問題と認め、「この1ヶ月、体調が悪化し続け、自らの意志を貫くための基礎となる体力に限界を感じた。もはや首相としての責任を全うし続けることはできないと決断した」と語った。
所信表明演説直後の辞任表明について、自ら「最悪のタイミング」と認め、国会や国政に支障をきたしたとして「国民に多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と陳謝した。

   ・・・・・(むらさん)・・・・・安倍首相の病院での記者会見、夜テレビで見ました。弱弱しく痛ましく顔色も冴えない、まだまだ病んでいる様子。
胃腸等の内臓の病でなく精神面の急激な病に襲われたようだ。首相を辞した後は国会に残り次期衆院選にも立候補し国会議員として力を尽くしたいと、お詫びを述べた後に語ったらしい。

病院で53歳の誕生日を迎えた安倍さん、国会議員としてこの先の人生にしがみつくことはない、山口県の支援者はいつまでも応援してくれるが、潔く次回の選挙で勇退するべき、まだまだ若いので政治家以外で世の中に役立つ仕事は多くある。細川元総理のように「晴耕雨読」と趣味の焼き物に興じて余生を送るにはまだ早いし。

それにしても残念なのは、安倍さんと福田さんの首相になる順番が逆だったら世の中も、安倍さんも、福田さんも・・ぜんぜん変わっていたはず。

安定感があり穏健派的ハト派の福田さん、きょう付けで総理大臣になるでしょう。最高の巡り合せでの総理就任時期を得た、このラッキーをこれからの政治に生かしてもらいたい。

安倍さんが掲げた「日本を変える小生好みの政策」を福田さんがやるとは考えられない。官僚が準備した政策を福田流でなよなよとこなすのでしょう。

政治に「たら」「れば」は通用しないが、福田首相の後が安倍首相だったら教育改革も改憲も実現に向かって進んだはず、・・・残念でたまらない。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-09-25 10:53 | 朝日新聞・綜合、政治

9月24日(月曜日)・・・小沢民主代表には一番苦手な相手

[自民総裁に福田氏  ・麻生氏は197票、善戦 ・財務、厚労相は再任]  朝日
○安倍首相の辞意表明に伴う自民党総裁選が23日投開票され、元官房長官の福田康夫氏(71)が6割を超える得票で幹事長の麻生太郎氏(67)を破り、第22代総裁に選ばれた。
福田氏は24日に新しい党役員を選出。25日に国会の首相指名投票を経て第91代首相に選ばれ、同日夜にも新内閣を発足させる。幹事長人事とともに、善戦した麻生氏の処遇も焦点。閣僚人事は小幅の入れ替えにとどめる見通しで、額賀財務相と舛添厚生労働相の再任が固まった。

   ・・・・(むらさん)・・・・・世の中の人気を一人占めにし多くのチルドレンに議員バッジを与えた小泉さんに対しては、持てない者の「ひがみ」から、気に喰わない思いと考えと言葉が次から次へと湧き水のごとく出てきていたものだ。

福田さんが無駄と思える一週間を経て自民党の総裁になった。
直後の発言で福田さんらしい発言があった。選挙結果を見てお分かりの通り派閥の推薦を受けての勝利ではない、福田と麻生の戦いで私が勝利させて頂いたと。一週間前に各派閥のボスに挨拶廻りして支持を取り付け、8対1の勝利を確定している、にもかかわらず、派閥の勝利でないとぬけぬけ言えるタヌキおやじ。

近くに発表される党三役、幹事長、大臣連中は派閥色のオンパレードになるはず。8人の派閥ボスと森CEOがにらみを利かしているから。

小生にとっても小沢代表にとってもやりにくい相手である、小泉時代の官房長官で毎日記者会見し、人を食ったような言い方で、すらりすらりと切り抜ける元総理息子。

民主党の小沢代表は何が何でも自分が総理大臣に成りたいのではなく、日本の政治を政権交代のできる2大政党にすることが最大の願望である、ここで掴みようのない福田さんが出てくると、とてつもなくやりづらいはず。

年金で攻めても動じない、政治家のカネで攻めても動じない、テロ特措で攻めても動じない、格差で攻めても動じない、攻めようのない総理を出すことが最大の防御であることを、自民党の派閥ボスは知っていた。

昔の「角福戦争」の21世紀版で戦うしか、小沢さんにしろ真紀子さんにしろ勝ち目はない。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-09-24 21:09 | 朝日新聞・綜合、政治

9月23日(日曜日)・・・自民党のCEO 森 喜朗

[福田総裁きょう選出   ・地方票でもリード]   朝日   ○安倍首相の辞意表明に伴う自民党総裁選は23日、投開票される。22日は地方票(計141票)をめぐり、30都道府県連で予備選の開票などがあった。
朝日新聞の集計では、これまでに福田康夫氏が地方票で61票を獲得し、44票の麻生太郎氏を引き離して過半数を確保する勢い。国会議員票(387票)でも3分の2を固めている福田氏の優位は動かない情勢で、23日の党両院議員総会で第22代総裁に選出される見通しだ。

   ・・・(むらさん)・・・・・きかん坊の小泉さんを首相官邸に訪ね、郵政民営化が通らなければ衆院を解散するといきまいているのをなだめようとしたが、どうしても言うことをきかない!と、帰り際首相官邸の前で缶ビールの空き缶を手に握り、ビーフジャーキ談義を記者に向かってほろ酔い加減で話していた森さん。

あの当時から元首相森喜朗は自民党の最高経営責任者(CEO)に上り詰めていたようだ。小泉人気に任しておけば等分の間は自民安泰、しかし小泉さんにも任期がある、次を誰にするか、当時の小泉さんの勢いで小泉さんの指名する安倍さんで決まり、それにしかたなく森さんが追随。

少し冒険ではあるが「人気」の面では引けをとらない安倍さんに決めたのは良いがその次は誰にする・・・福田だ。そこまでは安倍さんに決めたときに森CEOの頭の中で決まっていた。

きょうの午後、福田さんが新総裁に選任される。朝から新聞、テレビで騒がしい、騒がれれば騒がれるほど自民党の立て直しのためのPRになる。

安倍さんがこんなに早く、こんなわけで辞めてしまうのは森CEOにとっても誤算であったが、総理の順番は変わっていない。

首相当事にまったくの実績を残さなかった森さん、辞めた後は十分の働きをしている。代議士は羨ましい仕事だな・・と思う。

福田さんの次は麻生さん、そこまでは森CEOが関与するはず。
今夜は福田さんが森さんを訪ね、お礼を述べるはず、「ワセダ」「ワセダ」「ワセダ」と校歌を歌って・・・・は、わからない。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-09-23 07:35 | 朝日新聞・綜合、政治

9月22日(土曜日)・・・虐待する者はいちばん弱い者

[高齢者虐待12600件 ・昨年度全国調査  加害者、息子が37%]   朝日
○65歳以上の高齢者が家庭や福祉施設などで虐待を受けた件数(06年度)は全国で1万2628件にのぼることが21日、厚生労働省のまとめでわかった。
虐待被害者の8割が女性で、半数が80歳以上。家庭での加害者は、息子や夫が多かった。

   ・・・(むらさん)・・・・・人はみな歳を取りすぎると子どものようになってくる、その子どものようになったお年寄りを虐待する身内がいるとの調査結果。

いじめ、虐待はどの社会にもあるが、子どもでもない高齢者でもない「者」がそれらの弱い者をいじめるのはとんでもない話、いじめる当人たちが社会的にいちばん弱い人間、さびしい話。

弱いお年寄りをいじめる者に、「息子」と「夫」と「娘」と「息子の妻」がいるらしい、さびしい話。

75歳以上で一人暮らしをされているお年寄りが都内には多くおられる、皆さん明るく元気で忙しく生きておられる、仕事を持って自立している人もいる。幸いにも家族が同居できる家庭内でいじめなどとんでもない話。病気がちとか少しボケがきているお年寄りをいじめるなどは、もっと、とんでもない話。  必ず後で後悔する。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-09-22 20:33 | 朝日新聞・社会

9月21日(金曜日)・・・衆院は自民党だらけ、自信を持て

[給油長期中断は必至 ・国連での謝意言及の決議はロシアが棄権]   朝日
○国連安保理決議に「謝意」が盛り込まれれば、補給活動継続に反対する民主党の論拠は揺らぐ・・・・。19日に採択された決議1776は、そんな狙いで日本政府が考えたアイデアだった。だが、肝心の民主党の態度は変わらず、ロシアの棄権で各国の足並みの乱れが目立つ結果になった。
11月1日のテロ対策特別措置法の期限切れは必至。補給活動は長期の中断を余儀なくされそうだ。

   ・・・(むらさん)・・・・・まだ民主党に政権が移っていない現段階でインド洋での給油を中断するなど以ての外だ。安倍さんを病気にした原因も給油中断。

自民党の弱腰がダメ。アメリカとの約束を政権も取られていない時点で破るなど、とんでもない話である。

外務省がアメリカに根回しをして国連に持ちかけて今回の「謝意」の件、見っとも無い結果に終わったが、外務省のご苦労は認める。

この前の参院選で民主党は街頭演説で「テロ特措法延長反対」などとは誰も言っていなかった、小泉さんの郵政民営化選挙ではないが、民主党が参院選でテロ特措法を前面に出していれば勝利は無かった。

次の衆院選で民主党が勝利したならば、民主党の内閣総理大臣j○○氏が堂々とテロ特措法延長をボツにすればよい。
[PR]
by nsmrsts024 | 2007-09-21 22:37 | 朝日新聞・國際

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧