<   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

1月31日(土曜日)・大手企業の09年3月期決算至上命令、「大きく赤字にしろ」、今なら経営責任免れる

日立7000億円赤字へ ・NEC「人件費2万人分削減」           朝日
〇日立製作所とNECは30日、それぞれ09年3月期の連結業績見通しを
 下方修正し、純損益が赤字に転落すると発表した。

 赤字額は日立が7千億円と過去最大で、NECは2900億円で2番目。

 日立はグループの正社員・非正社員7千人の配置転換や削減に乗り出
 す。
 NECは1万人強の削減に加えて協力企業への業務委託を打ち切り、人件
 費で「2万人超の削減」を打ち出した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-01-31 06:50 | 朝日新聞・綜合、政治

1月30日(金曜日)・・・朝日よ!麻生さんの支持率調査もよいが景気後退を先見しろ、内閣府では遅~すぎる

景気後退07年11月から ・内閣府認定、好況期実感なく          朝日
〇内閣府は29日、いまの景気後退が07年11月から始まったと認定した。

 02年2月からの景気拡大局面は69ヵ月で、高度成長期のいざなぎ景気
 (65年11月~70年7月の57ヵ月間)を抜き戦後最長。

 輸出企業は空前の利益をあげたが賃金は上がらず、多くの人には「実感
 なき好況」だった。

 29日開いた景気動向指数研究会(座長・吉川洋東大院教授)で、メンバー
 の有識者全員の見解が一致した。

 世界経済の減速と資源価格の高騰で輸出や設備投資が落ち込み、07年
 10月を「山(ピーク)」として、景気は腰折れした。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-01-30 06:42 | 朝日新聞・綜合、政治

1月29日(木曜日)・・・オバマのアジア外交、日本重視か中国重視か、女性クリントンの移り気に要注意

オバマ政権の挑戦  ・対日重視残る課題                  朝日
〇日米関係:13日、米上院外交委員会で行われたクリントン国務長官の
 指名同意を求める公聴会。クリントン氏の日米関係に関する発言が注目
 を集めた。

 「日本との同盟は米国のアジア政策の礎石であり、アジア太平洋地域の
 平和と繁栄を維持するために必須だ」

 内容そのものに、特に目新しい要素はない。しかし、クリントン氏は07年
 末、外交評論誌「フォーリン・アフェアーズ」に寄せた論文で、中国との関
 係を「今世紀、世界で最も重要な2国間関係」とする一方、日本には一言
 も触れず、日本側関係者を大いに困惑させた張本人だ。

 まさに百八十度の方向転換で「過ちに気づいた」(戦略国際問題研究所の
 グリーン日本部長)と見られている。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-01-29 06:23 | 朝日新聞・國際

1月28日(水曜日)・ケネディ、フルシチョフのキューバ危機時に誕生のオバマさん、プーチンと世界の平和を

関係悪化を防止 ・米ロ大統領一致、電話会談                   朝日
〇【ワシントン=梅原季哉】オバマ米大統領は27日、ロシアのメドベージェフ
 大統領と電話で初めて会談し、米ロ関係の悪化を防ぐことの重要性で意見
 が一致した。ホワイトハウスのギブズ報道官が声明を出した。


 オバマ氏は、米ロ両国が核兵器を削減すると同時に核拡散を防止する努力
 を主導することで大きな役割を果たせると指摘。世界経済の回復に向けた
 協力の重要性も強調した。両首脳は、ポスト冷戦世代の新しい指導者として、
 これまでと本質的に異なる米ロ関係を構築する機会を得ていることで一致し
 たという。


 ブッシュ前政権下の両国関係は、米国のミサイル防衛(MD)欧州配備に対
 するロシアの反対や昨夏のロシアのグルジア侵攻に対する米国の批判から、
 冷戦後最悪と言われる水準まで冷え込んでいた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-01-28 06:48 | 朝日新聞・國際

1月27日(火曜日)・・支持率8割のオバマさん、そろそろ実績を求める人もいる、経済、環境、それとも・・で

米、排ガス規制を強化  ・オバマ大統領、環境政策を転換       朝日
〇【ワシントン】オバマ米大統領は26日、就任後初めて環境政策について
 具体的な取り組みを発表し、連邦環境保護局(EPA)に環境対策の強化
 を命じた。

 厳格な規制で知られるカリフォルニア州による独自の排ガス規制を連邦
 政府が認めるよう検討するもので、ブッシュ前政権の政策を大きく転換さ
 せる狙いだ。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-01-27 06:38 | 朝日新聞・國際

1月26日(月曜日)・経済とテロ外交と覇権の失態で米国型富国主義が失墜、いまオバマに手を出してやれ日本

オバマ政権と日米関係  ・平時の同盟追及する時             朝日
〇オバマ大統領は、、就任式の演説で、米国のいまの危機を建国の「試練の
 冬」とだぶらせながら、それに立ち向かう自覚と責任を国民に求めた。

 言葉は散文的で、乾いていた。ただ、そこにはあふれるばかりの歴史意識が
 波打っていた。

 独立戦争・建国、南北戦争、大恐慌・第2次世界大戦に次ぐ「危機のまっただ
 中」にこの政権が誕生したという意識である。

 資本主義の再生、地球温暖化に対する「巻き返し」、アフガニスタン・パキスタ
 ンの戦争とテロ、イスラムとの共存、世界の貧困の克服、中国の台頭といった
 いくつもの挑戦に同時に取り組まなければならない。

 しかも、米国の威信は著しく失墜し、パワーも弱まっている。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-01-26 06:41 | 朝日新聞・國際

1月25日(日曜日)・金融再生、ドル価の復活、自動車産業の再建、景気と雇用も、世界一の激務、オバマさん

オバマ大統領 ・景気刺激策訴え、就任後初の週末演説           朝日
〇【ワシントン】オバマ米大統領は24日、週末恒例の大統領演説を就任後
 初めて行い、景気刺激策について「エネルギーや教育、医療、新たなイン
 フラなど最も大切な優先分野で、21世紀中に我々の強さと競争力を保つ
 ために必要な投資をする」と重要性を強調した。

総額8250億ドル(約74兆円)の景気対策法案は議会が審議中だが、2月
 中の成立、実施をめざす。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-01-25 06:33 | 朝日新聞・國際

1月24日(土曜日)・核兵器のない世界を目指すオバマ、核を廃絶して真の強国になれ、日も独も保有してない

オバマ政権の挑戦、軍縮不拡散  ・目標は核なき世界        朝日
〇オバマ氏の核政策は意欲的だ。「ほかの国が核兵器を保有している限り、
 一方的な廃棄はしない」と断りつつ、「核兵器のない世界を目標とする」と
 掲げる。

 米英中仏ロの5カ国を核保有国とし、非保有国への核兵器拡散防止などを
 目的とした核不拡散条約(NPT)体制の強化や、地下も含めてあらゆる核兵
 器の爆発実験を禁じた包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准を目指す考
 えだ。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-01-24 06:40 | 朝日新聞・國際

1月23日(金曜日)・イラク、イラン、アフガン、北朝鮮など警戒国、紳士オバマ大統領で世界の警察務まるか

オバマ米大統領、グアンタナモ閉鎖命令              朝日
〇【ワシントン=梅原季哉】オバマ米大統領は22日、キューバ・グアンタナモ
 米軍基地にブッシュ前政権が設置した対テロ戦収容所について、1年以内
 に閉鎖することを命ずる大統領令に署名した。

 グアンタナモ収容所は、国際法にも国内法にも制限されない治外法権の地
 として同基地を使い、「敵」とみなす人物を無期限に拘束する動きだとして、
 米国内外から批判を浴びてきた。ブッシュ政権下の米国の単独行動主義の
 象徴になってしまったこともあり、傷ついた米国への国際的な信頼回復の
 ために閉鎖を決断したとみられる。

 現在拘束されている約240人の収容者については、釈放すべきか、通常の
 刑事裁判または軍法会議にかけるべきかを審査する。収容所に併設されて
 いた特別軍事法廷は、無期限に停止する。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-01-23 06:24 | 朝日新聞・國際

1月22日(木曜日)・・世界一大変な任務に就いたオバマ大統領殿、頑張ってくれ!頑張ってくれ!疲れるな!

対テロ法廷閉鎖へ準備 ・グアンタナモ、オバマ大統領が命令       朝日
〇【ワシントン=梅原季哉】オバマ米大統領は20日、ブッシュ前政権が
 キューバ・グアンタナモ米軍基地に対テロ戦収容所と併設した特別軍事
 法廷について、閉鎖への見直し作業に入るようゲーツ国防長官に命令した。

 公約の一つに掲げてきたグアンタナモ収容所閉鎖に向け、政権発足初日
 からさっそく具体的な第一歩に踏み切った形だ。

オバマ氏と世界  ・柔らかく、したたかに      朝日:社説
〇 自省するかのような厳粛なトーンで、オバマ新米大統領は語りかけた。
 選挙戦のころの、聴衆を奮い立たせるような熱っぽさは影をひそめた。
 直面する困難の重さと、指導者としての責任感がそうさせたのだろう。

 経済危機など現実の厳しさを率直に認めたうえで、「アメリカよ、それは
 解決できる」と、米国民に勇気をもって試練に立ち向かうよう求めた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-01-22 12:40 | 朝日新聞・國際

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧