<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2月28日(土曜日)・・年金、公務員、子ども、農業では声が合う民主党、国の安保ではバラバラ、どうする

小沢発言  ・民主党の政策は大丈夫か                     朝日:社説
 〇軽率な発言で物議をかもすのは、麻生首相の専売特許ではないようだ。ただし、
 こちらは言葉が足りない。

 民主党の小沢代表が在日米軍の再編をめぐって、記者団にこう語った。

 「(米海軍)第7艦隊で米国の極東におけるプレゼンスは十分だ」

 民主党政権になれば、在日米空軍や海兵隊などにはすべて撤収を求めるということ
 なのか。そのぶんを自衛隊を増強して埋めようということなのか。クリントン米国務長官
 との会談で強調した「対等」な日米同盟と同じ脈絡でのことなのか。

 真意はよく分からないが、事は日米安保体制のあり方の基本にかかわる。 

 きのう、改めて真意をただした記者団に小沢氏はこう説明した。

 「日本の防衛はできる限り日本が果たしていけば、米軍の負担は少なくなる。ごくごく
 当たり前の話だ」
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-02-28 14:28 | 朝日新聞・綜合、政治

2月27日(金曜日)・・・選挙結果の怖さを知らずに選挙を急かせるな、任期4年は選挙民が熟慮する期間

麻生首相へ    ・―改めて早期解散を求める                朝日:社説
〇混迷を続ける日本の政局は大きな節目を迎えた。
 09年度当初予算案と関連法案がきょう、衆院で可決され、参院に送られる見通しだ。
 今後、たとえ野党が徹底抗戦したとしても、予算案は憲法の規定で30日後に自然成立
 し、関連法案は60日後に衆院での再議決が可能になる。


 与党が固執する定額給付金の支給に必要な第2次補正予算の関連法案も、来週には
 参院で否決される方向だ。そうなれば与党はただちに衆院で再議決し、成立させる。


 ■先送りの理由はない
 これで衆院の解散・総選挙を先送りする理由はなくなった。麻生首相は時間を無駄に
 することなく、民主党など野党に協力を求めて予算案や法案の成立を急ぎ、一日も早
 く衆院解散に踏み切るべきだと考える。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-02-27 07:44 | 朝日新聞・綜合、政治

2月26日(木曜日)・5大陸の都市を結ぶ日本生れの「新幹線」、2050年には世界を走る、ひかり、のぞみ

「米に新幹線を」官民始動   ・首相、首脳会談でもPR                朝日
〇米オバマ政権の「グリーン・ニューディール政策」を追い風に、日本の鉄道関係者らが
 新幹線の輸出拡大に期待を寄せている。
 国内市場は限界があり、海外案件の受注に活路を見いだしたい考えだ。政府も日本
 企業を応援する。


 24日の日米首脳会談で、麻生首相はオバマ大統領に高速鉄道の有用性を訴えた。

 念頭にあったのは、カリフォルニア州が計画する米国初の超高速鉄道。事業費3兆円で、
 20年に一部開業を目指す。
 「トップセールス」の裏には、関係業界からの働きかけもあった模様だ。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-02-26 10:46 | 朝日新聞・綜合、政治

2月25日(水曜日)・アメリカが一番恐れる世界の強国日本、出向くも迎えるも外交は日本から、自信持て麻生

日米同盟の強化確認  ・初の麻生、オバマ会談                  朝日
〇【ワシントン=津川章久】麻生首相とオバマ米大統領との初の首脳会談が24日午前
 (日本時間25日未明)、ホワイトハウスで始まった。

 両首脳は日米同盟を一層強化し、世界1、2位の経済大国として、金融・経済危機を
 はじめ、国際社会の幅広い課題に協力して対処することを確認する。  


 会談の冒頭、オバマ大統領は、麻生首相がホワイトハウスに招いた初めての外国首
 脳であることに触れ、「米日間の強固なパートナーシップの証明だ。

 我々の同盟は東アジアの安全保障の礎石で、私の政権が強化したいものでもある」
 と強調。「環太平洋地域だけでなく、世界中の問題で連携する機会がある。日本は
 気候変動からアフガニスタンに至るまで偉大なパートナーとなってきた」と述べた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-02-25 10:06 | 朝日新聞・國際

2月24日(火曜日)・皆の者あせらずに待ってやれ!麻生太郎は2年も経てば茂に見劣りしない大物首相に成るぞ

麻生首相  ・「いい加減な教科書変えた」発言釈明                    朝日
〇麻生首相は23日夜、青森市内での22日の講演で「我々はいい加減な教科書を変えた」
 と発言したことについて、「検定委員会(教科用図書検定調査審議会)が変える。検定で
 表現が変わった」と釈明した。

 政治の圧力で教科書が書き換えられたと受け止められかねないことから、事実上発言を
 修正したとみられる。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相発言をめぐっては、文部科学省の銭谷真美事務次官も23日の記者会見で、「政治
 家の圧力で書き換えたのか」との質問に、「教科書検定は審議会の審議を経て厳格かつ
 適切な実施をしている」と答え、政治圧力を否定した。


 首相は22日の講演で「我々は教育基本法を変えて、あのいい加減な教科書を変えた」
 「おじいちゃん、おばあちゃんと一緒の写真。こっちは犬と子どもと一緒の写真。両方家族
 ですって。おばあちゃんは犬と同じか。こんなふざけた話がどこにあるんだとやりあった」
 と述べた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-02-24 07:15 | 朝日新聞・綜合、政治

2月23日(月曜日)・・2009年WBC 結果速報 優勝アメリカ、準優勝日本、3位キューバ。感動!で不況吹っ飛ぶ

いざ28人  ・WBC代表決定                                朝日
a0044103_1037443.jpg

























〇 3月5日に開幕する野球の第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に
 出場する日本代表メンバー28人が22日、決まった。

 宮崎で合宿中だった代表候補33人から、岸(西)、和田(ソ)、細川(西)、栗原(広)、
 松中(ソ)の5人が外れた。

 この日あった巨人との練習試合の後、5選手は24、25日にある豪州との強化試合
 (京セラドーム)に参加しないことが告げられた。

 メンバーの正式発表は24日(日本時間25日)、他のチームとともに主催者が行う。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-02-23 11:32 | 朝日新聞・スポーツ

2月22日(日曜日)・・誰を日本の顔にしたいのか先進国、日本。麻生の足を引っ張るだけでは日本は停滞する

議員ポスターも「麻生離れ」加速  ・議員らツーショット敬遠             朝日
〇 自民党議員が作る政党ポスターでも「麻生離れ」が進んでいる。内閣支持率が低迷
 する首相とのツーショット写真を敬遠。党内で首相退陣論が噴き出し、「麻生氏のもとで
 衆院選がある保証がない」とのためらいもあるようだ。


 公選法は任期満了日(現衆院議員は9月10日)の半年前から、候補者個人の政治活動
 のためのポスター掲示を禁じている。多くの議員は3月には政治家同士のツーショット写真
 を載せた「演説会予告」などのポスターに切り替えるが、通常は自民党総裁の首相と撮影
 したものが多い。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-02-22 13:58 | 朝日新聞・綜合、政治

2月21日(土曜日)・民主党に一度やらせてみたいが100年に一度の危機、もう少し待ってくれと民意は複雑

「麻生首相は早く辞めて」71%   ・朝日新聞世論調査、内閣支持13%      朝日
〇中川財務相の辞任を受けて、朝日新聞社が19日夕から20日夜にかけて実施した
 緊急の全国世論調査(電話)によると、「麻生首相は早く辞めてほしい」との答えが
 71%に達した。

 内閣支持率は13%で、今月7、8日の前回調査の14%に続いて低迷。不支持は
 75%(前回73%)だった。

 衆院の解散・総選挙を「早く実施すべきだ」は64%と前回60%から増え、国民の
 審判による局面打開を求める声がさらに広がりを見せている。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-02-21 09:51 | 朝日新聞・綜合、政治

2月20日(金曜日)・政界に石川遼的な国民が燃える若手逸材はいないのか、ポスト麻生の10人すべてダメ

首相退陣論強まる自民  ・派閥領袖ら、予算後にらむ          朝日
〇 自民党内で麻生首相交代論が強まってきた。反麻生勢力にとどまらず、首相を
 支える派閥領袖(りょうしゅう)や幹部にも「麻生首相では総選挙は戦えない」との認
 識が広がっている。

 大勢は今春の09年度予算成立までは首相を支える構えだが、総選挙に備え、「ポス
 ト麻生」をめぐる調整も本格化しそうだ。

 19日の麻生派総会で中馬弘毅座長は「麻生を助けるということではなく、予算を通す
 ことが何よりも大事」とあいさつ。18日朝の派閥領袖級の会合で「予算成立に全力を
 挙げ、その後のことはその後のことで一致した」ことを明らかにし、予算成立後の首相
 退陣の可能性を示唆した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-02-20 11:26 | 朝日新聞・綜合、政治

2月19日(木曜日)・・・再議決で棄権しても息子の公認取消しや刺客を送り込んだりはしない、麻生首相は

給付金法案の再議決 ・小泉元首相、欠席で棄権を明言                朝日
〇小泉元首相は18日、モスクワ市内で記者会見し、定額給付金の財源を確保する
 予算関連法案について「与党が3分の2を使うという(衆院の)本会議が開会される
 場合は欠席する」と述べ、衆院再議決で棄権する考えを示した。

 ただ、麻生首相と距離を置く自民党の中川秀直元幹事長らは同調しないため、影響
 は限定的との見方が大勢だ。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-02-19 11:34 | 朝日新聞・綜合、政治

最高裁判所


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧