<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

6月30日(火曜日)・おにぎりの次はコンビニビール、泡と黄色とホップがあって冷えたビールの味がすれば

コンビニの自前PBビール 100円  ・7月下旬から売り出し          朝日

a0044103_10445154.jpg
〇小売大手のセブン&ホールディングスとイオンは7月下旬から、それぞれ自主企画
 (PB)の第3ビールを、コンビニエンスストアなどグループ各社で売り出す。

 スーパーでは350㍉リットル缶1本あたり税込み100円で、販売中の第3ビールより
 1~2割ほど安い。

 ともにサントリー酒類製造。セブン&アイの「THE BREW ノドごしスッキリ」は、イト
 ーヨーカードーなどでは6缶パックでの販売で、税込み600円。セブンーイレブンでは
 1本同123円。
 イオンの「トップバリュ麦の薫り」は、スーパーのジャスコなどでは同100円。価格が
 未定のコンビニ「ミニストップ」も含め、全国の約3700店で扱う。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-06-30 11:03 | 朝日新聞・経済、金融

6月29日(月曜日)・日本の政治家年齢に大変革到来か地方から。国会議員も30~40代の若者とチェンジ

横須賀市長に33歳  ・小泉氏支援の現職破る                 朝日
〇神奈川県横須賀市の市長選が28日に投開票され、新顔の前市議吉田雄人氏が、
 自民、民主、公明の支援を受けた現職らを破り、初当選した。

 吉田氏は33歳6カ月で、現役市長では3番目の若さ。

 3代36年にわたって官僚出身者が市長を務めるとともに、小泉元首相のおひざ元
 である日米の基地の街にも、30代市長が誕生した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-06-29 11:56 | 朝日新聞・綜合、政治

6月28日(日曜日)・紀元前3500年世界最古の都市国家は今のイラク、米軍撤収で21世紀の都市国家が

イラク自由へ一歩 ・米軍撤収、首都自衛活気づく街              朝日
〇防弾チョッキを着け、バグダッド西部の国際空港から時速130キロで車を東に飛
 ばす。片側3車線のハイウエーぞいにコンクリート壁と鉄条網が延々と続く。

 「かつては米軍車両をねらった仕掛け爆弾や銃撃が多く、イラクで最も危険な道路
 だったが、今や最も安全な道路の一つになった」。04年からバグダッドに滞在する
 民間警備会社の英国人ジョック氏が言った――。

 イラク戦争開戦から6年余り。10万人を超えるイラク市民と4千人以上の米兵が亡
 くなった。
 イラク米軍駐留協定に基づき、今月末までに米軍の戦闘部隊がイラク都市部から
 撤収する。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-06-28 10:37 | 朝日新聞・國際

6月27日(土曜日)・三杯目の水割りを口にした時にひらめいた解散日がよい、投票日が決まれば支持は上昇

解散 最終攻防へ ・都議選前かさらに先か、首相党人事に活路      朝日
〇「衆院解散はそう遠くない日だ」。麻生首相の25日の発言を引き金に、政府・
 与党内の解散時期をめぐる最終攻防が幕を開けた。

 首相は来週にも自民党役員人事、閣僚の兼務の解消をしたうえで、7月12日
 投開票の東京都議選の前に解散することも視野に入れる。

 そんな首相に、与党議員から早くも退陣要求が飛び出した。人事を断行し、解散
 カードを切れるのか。首相は正念場を迎えた。

・・(亜修羅のMEMO)・・
 〇新聞もテレビもマスコミの全ては今衆院選をやれば自民の惨敗と決め付けている
 〇一度政権交代を望む国民は大多数、しかし民主が言っていることが本当にできるのか
  を疑う国民も大多数
 〇民主党内の内部分裂で党は2、3年で迷路に突入することは誰もが予見できる
 〇この無駄な2、3年を国民が我慢できるか
 〇民主政権を歓迎しない人々もいる、官僚と西川社長
 〇民主党員を再度篩い(ふるい)にかける必要がある
 〇前回の参院選結果(民主の圧勝)に反省する国民も多い
 〇近々出す麻生首相の解散カード、直後から新聞もテレビも手のひらを変えたように
  自民を擁護する動きに転じる、コロコロ変わる評論家も含め
 〇いろいろ問題があったが、世界の古い人々に通用する吉田茂の孫を無視できない
 〇自民党内で勝手な動きをする議員は民主党へ移管すればよい
 〇新党などと勝手な動きをする議員は共産党へ移管すればよい(無茶で無理か)
 〇若き日より政治家を目指して頑張ってきた議員は、いざ出陣

 〇麻生さんが通うホテルのバーで水割りを1杯ご馳走なりたい(割り勘でもよい)
 
  
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-06-27 12:09 | 朝日新聞・綜合、政治

6月26日(金曜日)・あのトヨタが赤字、みんなで出せば怖くないとたっぷり出した赤字の株主総会、何か変

株主総会きょうピーク  ・赤字減配に不満噴出                 朝日
〇上場企業の今年の株主総会が26日にピークを迎える。
 相次ぐ赤字、減配に株主から不満が噴出。関心の高まりから出席者数が過去
 最高を更新する会社が目立つ。
 議案への賛否を慎重に判断する動きも広がっている。

 「誠に申し訳なく深くおわびします」。パナソニックが25日に大阪市内で開いた
 株主総会。大坪文雄社長は09年3月期の連結純損益が3789億円の赤字を
 計上したことを株主に陳謝した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-06-26 12:31 | 朝日新聞・綜合、政治

6月25日(木曜日)・なぜ続投を固守するのか西川社長、小泉元首相にも問うてみたい、風貌にも陰りが覗く

郵政会長、外部から ・かんぽの宿当面保有、業務改善報告         朝日
〇「かんぽの宿」売却問題で日本郵政は24日、業務改善報告書を佐藤総務相に
 提出した。

 企業統治を強化するため、西川善文社長の上に立つ取締役会長を設ける。佐藤
 総務相は、新会長は新たに外部から招く考えを示した。
 
 報告書には、不動産売却のルール整備や有識者らでつくる経営諮問会議の創設も
 盛り込んだ。西川社長の続投は29日の株主総会で承認される見通しで、これにより、
 かんぽの宿問題はひとまず収束する。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-06-25 09:43 | 朝日新聞・綜合、政治

6月23日(水曜日)・東国原知事の冗談を聞きに宮崎まで出張の古賀誠選対委員長、たけしが言わせているな

総選挙出馬、総裁候補なら  ・自民要請に東国原知事            朝日
〇自民党の古賀誠選挙対策委員長は23日、宮崎県庁で東国原英夫県知事と
 約20分間会談し、次の総選挙に自民党から出馬するよう正式要請した。
 知事側は自民党総裁候補とすることなどを出馬の条件に挙げたが、結論は出
 なかった。

 東国原氏は総選挙で「次期総裁候補」として当選した後、総裁に選ぶように求め
 たと見られる。

 古賀氏は会談で「自民党も自浄能力を発揮して変わっていかないといけない」と
 出馬を要請。これに対し、東国原氏は(1)全国知事会でまとめた地方分権に関
 する方針を自民党の政権公約(マニフェスト)に盛り込む(2)自分を次期総裁候補
 とするとの2条件を提示した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-06-24 05:39 | 朝日新聞・綜合、政治

6月23日(火曜日)・・・食べるものを平気で捨てるような商売ならやめてしまえ、捨てない知恵がないのか

セブンイレブンに排除命令  ・公取委、値引き制限「不当」           朝日
〇約1万2千店舗を抱えるコンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパン
 の本部(東京)が、販売期限の迫った弁当などを値引きして売った加盟店に値引き
 をしないよう強制していたとして、公正取引委員会は22日、独占禁止法違反(不公正
 な取引方法)で同社に排除措置命令を出した。


 本部との契約を打ち切られると事実上経営が成り立たなくなる加盟店は、本部からの
 要請に従わざるを得ない実態がある、と公取委は判断。

 独禁法の「優越的な地位の乱用」にあたると認定した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-06-23 17:29 | 朝日新聞・綜合、政治

6月22日(月曜日)・中小零細企業の景気動向、悪くなるのは大手の半年前から、回復するのは大手の半年後

地方の景気「後退」71% ・大企業との格差鮮明、朝日調査         朝日
〇朝日新聞社が47都道府県の企業経営者らを対象に行った地域経済アンケートで、
 地元の景気が後退しているとする回答が7割を占めた。

 同時期の主要100社向け景気調査の4割より深刻な結果だ。地域の景況感は、政府
 が宣言した「底打ち」にはまだ遠い。

 景気の現状認識は「悪化」が51%。「緩やかに下降」などを含めて71%が景気が後退
 していると回答。
 08年6月の前回調査では景気が後退しているとの回答は38%で、昨秋からの世界
 同時不況の影響の大きさが確認できる。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-06-22 10:06 | 朝日新聞・経済、金融

6月21日(日曜日)・・この景気、税収では国会議員の報酬も高すぎる、地方を含め議員は税収連動型へ移行

景気「足踏み」59社に回復 ・主要100社調査、「後退」なお40社        朝日
〇朝日新聞社が全国の主要100社を対象に行った景気アンケートで、景気が
 「足踏み状態にある」との回答が59社と、昨年11月の前回調査の1社から
 急増した。

 ただ、40社は「悪化」か「緩やかに下降」と答え、まだ景気が後退しているとの
 認識も根強い。

 98社が景気後退の判断を示した前回調査に比べて改善したものの、低迷する
 個人消費など先行きへの懸念もあり、楽観する見方は少ない。
[PR]
by nsmrsts024 | 2009-06-21 09:06 | 朝日新聞・経済、金融

最高裁判所


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧