<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

12月31日(月)・・・日本が中国をどう考え、中国が日本をどう考えるか、これから。尖閣は沖縄の領土だ

[ 尖閣領海内に中国監視船3隻 第2次安倍政権発足後初]
 海上保安庁によると、31日午後1時半ごろ、沖縄県の尖閣諸島沖で、中国の海洋監視船「海監」2隻が相次いで領海に侵入した。午後3時45分ごろにも、別の海監1隻が領海に入った。中国公船による領海侵入は12月21日以来で、第2次安倍内閣発足後、初めて。

 第11管区海上保安本部によると、午後3時50分現在、3隻は領海内にとどまっている。巡視船が無線で退去を求めたが、海監は「釣魚島及び付属の島々は昔から中国固有の領土だ」と中国語で応答した。

 外務省の杉山晋輔アジア大洋州局長は中国の韓志強駐日公使に電話で厳重に抗議し、速やかな退去を求めた。












3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から1年と9ヶ月
千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた人間が発する核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災からの1年間を顧みる)


[2011年3月24日]・・・田畑の津波浸水、3県で2万ヘクタール 農水省まとめ
農林水産省は23日、東日本大震災による津波で浸水した田畑が岩手、宮城、福島の3県で約2万ヘクタールに達するとの調査をまとめた。阪神大震災での田畑の被害面積の100倍の規模だ。農業を再開するには、海水がもたらした塩分を田畑から取り除くなどの作業が必要で、今後の作付けに甚大な影響が出そうだ。

 国土地理院が撮影した衛星写真や現地調査に基づき、農水省が分析した。内訳は岩手が1800ヘクタール、宮城が1万3千ヘクタール、福島が5400ヘクタール。仙台平野や北上川河口付近が広範囲に浸水した宮城の被害面積が最も広く、同県内の田畑の9.5%を占める。青森や茨城などでも田畑の浸水は起きたが、今回の結果には含まれていない。

 今後の復旧作業について、農水省は23日の衆院農林水産委員会で「土の搬入、除塩、排水対策など総合的な取り組みが必要。除塩にはかなり時間がかかる」と説明。地盤沈下で排水が難しくなっている田畑もあり、塩分の濃度によっては対策に1年以上かかる可能性もありそうだ。

 一方、農水省が自治体から報告を受けてまとめた浸水や地震による農地の損壊は、21日午後3時現在で、岩手、福島、茨城など10県(宮城県は含まず)で計590カ所。取水施設やダム、水路など農業用施設の損壊も、東日本を中心に16県の5471カ所に上っている。実態把握が進んでいない地域も多く、被害がさらに膨らむのは確実だ。



[2011年3月24日]・・・東日本大震災の地震波、地球を5周 気象庁観測
11日に起きた東日本大震災の最初の地震の表面波(地球の表面を伝わる地震波)が、地球を少なくとも5周(約20万キロ)していたことが、長野市松代町の気象庁精密地震観測室の観測で分かった。

 同観測室は、11日の地震発生時から敷地内の地下700メートルに設置した地震計のデータを分析してきた。その結果、地震の表面波を地震直後に1回観測。その約2時間半後に震源から太平洋方向(東)とアジア大陸方向(西)の二つの波がそれぞれ地球を回って戻ってきたことを観測した。その後も約2時間半おきに表面波を観測し、地震直後の表面波を除いて計5回の波を確認したという。

 同観測室の三上直也室長は「震源からの距離や位置などもあり一概に比較はできないが、今回の地震は大きな震源域を持っており、過去に例のない規模のものだったと言える」と話している。

 同観測室は、太平洋戦争末期に旧日本軍が建設していた松代大本営の跡地を利用して1947年に中央気象台松代分室として発足した。気象庁の地震観測施設としては最大規模で、職員14人が世界中の地震を観測している。(上田悠)
[PR]
by nsmrsts024 | 2012-12-31 06:28 | 朝日新聞・綜合、政治

12月30日(日)・・・日本のもの作り大企業は疲れすぎている、復権した自民で中小企業を強く、安倍さん

[ 中小企業支援へ新機構 政府、来年4月創設を検討]
【鯨岡仁、榊原謙】政府は、中小企業の再生を促す「地域活性化支援機構」(仮称)を、来年4月に創設する方向で検討に入った。来年3月に支援決定期限が終わる官民の企業再生ファンド「企業再生支援機構」を改組する。年明けにまとめる緊急経済対策で、中小企業支援策の目玉にしたい考えだ。

 地方銀行や信金・信組などにまず、中小企業の再生専門ファンドを設立してもらい、新機構はこのファンドにお金を出す形で支援を進める。企業への直接支援も続ける。政府は3~5年間支援する改正法案を、来年1月の通常国会に提出する方向で調整している。

 来年3月末で企業再生支援機構が企業に対する支援を決める期限が終わり、同時に中小企業の借金返済を猶予する「中小企業金融円滑化法」が打ち切られるため、業績不振の中小企業の倒産増が心配されている。政府は、新機構に中小企業への支援全体を統括してもらう考えだ。















3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から1年と9ヶ月
千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた人間が発する核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災からの1年間を顧みる)


[2011年3月24日]・・・放射能漏れ、どの部分から? 特定遅れれば放出長期化も
東京電力福島第一原発では、爆発が起きて以降、人体に有害なレベルの放射線が敷地内で観測され続けている。放射性物質は、どこからもれているのか。考えられるのは使用済み核燃料の貯蔵プールと、原子炉やその周辺部分の破損だ。漏出部分を突き止めるのが遅れれば、放射性物質の放出は長引くことになる。

 同原発4号機では15日に核燃料プール付近で火災があった。プールの水位が下がって使用済み核燃料が露出し、水素が発生して爆発したとみられている。このとき外部に放出された放射性物質が、敷地内にとどまって放射線を出し続けている。これが考えられる一つのシナリオだ。

 プールでなく、原子炉からもれている可能性もある。

 東電は、水素爆発が起きて建屋が壊れた1、3号機について、「格納容器の健全性は保たれている」との説明を続けている。格納容器につながる圧力抑制室で爆発が起きた2号機も、大きく壊れているとは考えにくいとの立場だ。損傷が大きければ「放射線量はこんなものではすまないはず」(東電)だからだ。

 だが、部分的な破損の可能性を示すデータはある。その一つが、核燃料のウランが核分裂してできる放射性のセシウムが外部で検出されていることだ。

 内部の圧力が高まった格納容器が壊れないよう、蒸気を外に逃す措置もとられている。ただ蒸気はいったん水の中をくぐっているため、この措置でセシウムが外部に出た可能性は低い。

 では、破損部分はどこなのか。可能性が高いのは、検査の際などに人間が内部に出入りするときにつかう「パーソナルエアロック」というドアだという。関係者によると、ドアと格納容器のすきまを埋めるパッキンが「一番弱い」とされているからだ。

 東電はこのほか、接続部分などの小さな箇所が破れている可能性も認めている。たとえば、圧力容器や格納容器から外部へ通じる配管だ。配管には弁があり、地震を感知して発電が自動で止まると同時に、弁は閉じられる。仮に弁から先の配管が破れても、炉内部と外部が直接つながるわけではないが、もともと配管の中にあった放射性物質を含む水などが、漏れだした可能性はあるという。
[PR]
by nsmrsts024 | 2012-12-30 04:12 | 朝日新聞・綜合、政治

12月29日(土)・自民党を待っていたのか、安倍さんを待っていたのか、何か良くなるぞ!と株価が上がる

【大納会、13年ぶり年最高値 暮らしは冷え冷え】
今年最後の取引となった28日の東京株式市場で、日経平均株価は終値で1万0395円18銭と、今年の最高値をつけた。金融緩和と積極財政で景気のてこ入れをはかる安倍政権。市場の「期待」は高まるばかりだが、雇用や生産などの「実体経済」は冷え込んだまま。一方で住宅ローンの金利は早くも上がりはじめた。

 年末を最高値で終えるのは、「ITバブル」に沸いた1999年(1万8934円)以来、13年ぶり。この日、日経平均は一時、1年9カ月ぶりに1万0400円台にのせ、2011年3月11日の東日本大震災前の水準を回復した。取引終了後、東京証券取引所であった大納会。東証の斉藤惇社長は「最後にたつ年にふさわしい(株価の)跳ね上がりがあった」と満面の笑みであいさつした。

 今年の日経平均は、欧州危機や日中関係の悪化が響き、ほぼ1万円割れの水準が続いていたが、11月中旬以降、自民党の安倍晋三総裁の「大胆な金融緩和」発言で流れが一変。「海外投資家が日本株にこんなに注目しているのは(バブル崩壊後の)この20年間で初めて」(JPモルガン証券のイェスパー・コール氏)といい、株価は昨年末と比べて1939円(23%)も高くなった。12月の日経平均の上昇幅は10%。米国の0.5%、ドイツ、フランスの3%程度と比べ、日本株の上がり方は際だつ。












3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から1年と9ヶ月
千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた人間が発する核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災からの1年間を顧みる)


[2011年3月24日]・・・1~4号機なお不安定 福島原発、冷却装置作動が不可欠
福島第一原子力発電所は、事故の発生から2週間を迎えた。外部からの送電で冷却装置が動き出した5、6号機は安全な停止状態に戻ったが、残る1~4号機はまだ不安定な状況だ。原子炉や使用済み核燃料の貯蔵プールの燃料を安全に冷やすため、現場の作業が続く。

 これまで1~6号機すべてに送電ケーブルが接続され、電源復旧が期待されている。22日から3号機や4号機などで、様々なデータを見る計測用の電源が回復した。いわば「人間の目」にあたる機器で、回復により作業がしやすくなることが期待される。

 地震の際に運転中で、自動停止した1~3号機。外部からの送電と非常用発電機が止まって冷却装置を動かす電源がないため、緊急手段として、消防車のポンプを使って原子炉に冷たい海水を注入し、冷やす作業が続いている。

 放っておけば燃料が余熱(崩壊熱)で過熱、損傷し、さらに大量の放射性物質が放出されるおそれがあるからだ。

 1号機については原子炉の温度が上がり、注水が不十分と考えられたため、23日未明から、注入する海水の量を、それまでの9倍にあたる毎時18立方メートルに増やした。原子炉の圧力をみながら、注入が続いている。

 2号機、3号機でも海水の注入作業が継続されている。3号機では、外部電源の復旧作業が進めば、ポンプを使って海水の代わりに、真水を原子炉に注入することも検討している。

 計器から得られる数値上は、約4メートルある燃料棒の半分か、3分の1が冷却水から露出している計算だが、実際にどうなっているかはわからないという。

 プールの燃料も、原子炉で使っている燃料ほどではないが、余熱がある。外から放水車で水をかけたり、冷却系の配管を通じて建屋の内側から注水したりする作業が続いている。
水素が原因とみられる爆発や火災で建屋が壊れた3、4号機には外から放水していたが、3号機には、2号機同様、配管を通して内側からプールに注水する作業も始めた。4号機のプールでも実施する。

 1号機のプールの燃料は発熱量が比較的低いと考えられ、ほかのプールへの対策を優先させていたが、25日には注水を予定している。

 ただ、原子炉やプールを連続して安定的に冷やすためには、外部からの電源を復活させ、緊急避難的な海水注入から、もともと原発が備えていた装置による冷却に、早く切り替えることが必要だ。

 23日午後4時20分ごろには3号機の建屋から黒煙が上がり、念のため、付近にいた作業員や消防隊が退避している。作業がいつ終わるのか、見通しは不透明だ。

 1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故では、事故を起こした4号機の原子炉を、外から大量のコンクリートで丸ごと覆う対策がされた。

 ただ、福島第一原発と比べると、原子炉の格納容器の有無や、放射性物質の放出量などの状況が違う。そのため、経済産業省原子力安全・保安院は「現時点では、現実的な選択肢ではない」と説明している。
[PR]
by nsmrsts024 | 2012-12-29 07:00 | 朝日新聞・綜合、政治

12月28日(金)・松井も燃焼し切れなかった、ファンも燃焼し切れなかった、これで良いのか松井の引退劇

【松井が引退会見「結果が出せなくなったことがすべて」】
 プロ野球の巨人、大リーグのニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜外野手(38)が27日(日本時間28日)、現役引退を発表した。ニューヨーク市内で記者会見を開き、「命懸けでプレーして力を発揮するという気持ちでやってきたが、結果が出なくなったことがすべて。体力的にも、多少下り坂な中で、手術した後もなんとかだましだましやってこれたと思いますが、今日、こういう形でみなさまにご報告することになりました。この20年間、本当にたくさんのファンの方に応援していただき、それが大きな力になりました。そして、すばらしい指導者の方と出会い、すばらしいチームメートとプレーすることができたことが、ぼくにとっては一番大きな誇りだと思う」などと話した。












3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から1年と9ヶ月
千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた人間が発する核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災からの1年間を顧みる)


[2011年3月23日]・・・届かぬ食材、閉まる店…福島・南相馬、深刻な食料不足
福島第一原発の北にある福島県南相馬市。放射能を恐れる人が次々と街を離れた。人口7万人の市に、残るのは2万人。物資の輸送が滞り、各世帯の食料は尽きかけている。市の関係者は漏らす。

 「このままでは餓死する人が出かねない」

 「避難した人も不安、残った人も不安だよ」。同市鹿島地区の農家鈴木浩さん(65)は語る。原発の半径20~30キロ圏に一部がかかる1万1千人の同地区。残っているのは1300人ほどという。

 近隣の店も閉まり、食材は隣の相馬市まで車で20~30分かけて買いに行く。走行距離は平均40~50キロ。食事は自分の家で作った米と缶詰、ソーセージなどが多い。

 もうすぐ種まきの時期だ。「でも、誰も買わないなら作っても意味がない。どうやって暮らしていけばいいか」

 人口7万人の同市は、避難指示の半径20キロ圏▽屋内退避の20~30キロ圏▽何も指示のない30キロ超の区域――の三つに分断された。市は、避難指示の地区以外も含め、希望する住民を新潟県、群馬県、長野県などにバスで送り出した。

 「国には30キロ圏まで避難を指示してほしかった」。桜井勝延市長は残念がる。「屋内退避」という政府の判断が市民の放射線への不安を助長した。「言葉が独り歩きして『南相馬市は危ないのではないか』と思われてしまった」

 ガソリンのタンクローリーの運転手が南相馬市のはるか手前で乗り入れを拒んだため、市は大型免許を持つ職員や市民に取りに行かせた。食料品などの生活用品が届かず、スーパーやコンビニが次々と営業をやめ、市全体が深刻な物資不足に陥った。市の関係者は「各家庭の食べ物は底をつきはじめていると思う」と話す。相馬市の相馬総合卸売市場を貸し切って、運送業者が24時間常駐し南相馬市内への食料供給に対応している。ここが命綱だが、届く食料は先細りだ。
南相馬市立総合病院の金澤幸夫院長は、急患に対応するため、今も病院に残っている。「ここには救急車すら入ってこない。30キロ圏内に入る手前で救急車から自衛隊の車に患者を乗せかえている」と憤る。

 暮らしたくても暮らせない。街は風前のともしびだ。

      ◇

 一部地域が屋内退避の対象となった福島県いわき市では、市民の流出が止まらない。市は人口34万人のうち、すでに5万人超が市外へ避難したとみている。

 23日午前、市内の常磐道いわき中央インターチェンジでは、関東方面へ向かう乗用車が目立った。近くに住む橋本将夫さん(63)は「21日から、ずいぶん車が増えた。みんな逃げてるんだ」。

 橋本さんの家の前には飲み物の自動販売機などがある。高速に入る前に立ち寄るドライバーたちと話してみると、みな「放射能が怖いから避難する」と言う。「特に赤ちゃんがいる人は心配しているよ」

 11日の地震で通行止めになっていた常磐道は、21日からいわき中央インターから関東方面の通行を再開。ガソリンも届き始め、20日から営業を始めたスタンドもある。待望の燃料だが、マイカーの給油を終えると、そのまま県外へ出る人も。東京行きの高速バスでも満席が続く。

 そもそも市域の大半は原発から30~50キロ圏におさまる。市内の大気中の放射線量も一時高まったが、17日以降は比較的低い水準で推移している。それでも、市は15日、国が20~30キロ圏に屋内退避を指示した際、広報車や地元FM局を通じて市全域に「外出自粛」を呼びかけた。

 鈴木英司副市長(59)は「15日は雨。放射線がどう影響するか分からないなか、原発から30キロ圏の内と外で対応を変えれば、市民が混乱すると考えた」と説明する。
しかし、市民の受け止め方は違った。「国の指示なら『安全圏』なのに、市は危険だと言わんばかり。一体どっちなんだ」。原発から40キロ付近に住む会社役員の男性(64)は怒る。「市の全体が危ないという話が広まった。市民が逃げるような街に物資を届ける人なんかいない」

 関東方面から燃料や食料を運ぶ運送会社の中には、途中の福島県郡山市までしか運ばない業者も増えた。市職員や消防隊員が郡山まで荷物を取りに行ったが、ガソリン不足で回数は限られた。

 市内はまだ6割の世帯で断水中。「20キロ圏内の住民が私たちの目の前を通って逃げていった。市内には食べ物も水もない。市が『大丈夫です』と言っても説得力がない」。市職員はため息をついた。

 ここ数日、徐々に物資が届き始めた。時間限定で営業を再開したスーパーでは、パンや弁当を確保しようと長い列ができた。鈴木副市長は「市全域に外出自粛を呼びかけたのは大げさすぎたかもしれない。だが、国の指示がそもそも中途半端だった」と言う。

      ◇

 一部が屋内退避圏にかかる福島県飯舘村。人口6100人の村には今、ほぼ半数の3200人しか残っていない。

 村内では原発事故以降、大気中や栽培するブロッコリーから高めの放射線量や高濃度の放射性物質を検出。23日には、文部科学省が村内の土壌からも高濃度の放射性物質・セシウムを検出したと発表した。

 菅野典雄村長は訴える。「なぜこうなったのか、村はどうすればいいのか。国から全く示されず困っている」

 村内で不安が高まったのは18日。大気中の放射線量がテレビなどで放送され、時には原発により近い地域よりも高い数値を示した。住民から不安を訴える声が相次いだ。
「どうして今まで隠していたのか」「早く村の外に逃げたい」……。村の幹部会はこの日、「大規模な避難もやむを得ない」として希望者が離村する際の支援策を決めた。

 希望する村民と避難指示地域などから村内に退避していた人ら計314人が19日、バスで栃木県鹿沼市に到着。20日にも195人が同市へ逃れた。マイカーで避難する住民にも、20リットル分のガソリンを優先的に給油できるチケットを配布。村に4カ所あった避難所はすべて閉鎖した。

 村から鹿沼市に避難した高橋薫さん(40)の一家は、家族8人のうち夫ら3人が村に残る。「家は井戸水だから震災後も苦労はしなかった。でも、夫に『子どもにこれからどんな症状が出るか分からないから』と
[PR]
by nsmrsts024 | 2012-12-28 05:21 | 朝日新聞・綜合、政治

12月27日(木)・4年間は安泰の第2次安倍内閣、国民皆の自己責任で選んだ自民党の復活と復権と政治力

【第2次安倍内閣が発足 経済再生を優先「危機突破内閣」】
 第182回特別国会が26日召集され、自民党の安倍晋三総裁が第96代首相に選出された。安倍首相は同夜、自民、公明両党による第2次安倍内閣を正式に発足させた。安倍首相は新内閣を「危機突破内閣」と命名し、経済対策に最優先で取り組む考えを表明した。安倍首相の再登板は5年ぶりで、戦後の首相では吉田茂以来。政権交代から3年3カ月余りで、民主党政権は幕を閉じた。

 安倍氏は26日の衆院本会議で、自民、公明両党などの支持で首相に指名された。自公が過半数に満たない参院本会議では決選投票にもつれ込んだが、民主党の海江田万里代表を破って首相に指名された。

 安倍首相は首相官邸で公明党の山口那津男代表と会談後、組閣本部を立ち上げて閣僚を呼び込んだ。菅義偉官房長官は記者会見で新内閣の役割を「震災からの復興と経済再生に向け、一丸となって取り組んでいく」と説明。同夜、皇居での親任・認証式を経て、第2次安倍内閣が発足した。














3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から1年と9ヶ月
千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた人間が発する核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災からの1年間を顧みる)


[2011年3月23日]・・・「東京でもできることがある」 都庁に救援物資1万件
被災地へ送る支援物資が東京都庁(東京都新宿区)に続々と集まっている。22日までに直接持ち込まれた分だけで1万1740件。ボランティア約150人が都職員とともに仕分け、発送している。

 届くのは紙おむつや水のペットボトル、使い捨てカイロ、コンタクトレンズ洗浄剤などさまざま。宅配便も数十個単位で次々と届く。種類ごとに箱詰めして岩手、宮城、福島各県庁あてに発送する。

 ボランティアの佐藤勇介さん(31)は「個人では被災地に入れないが、東京でもできることがある」。山岳ガイドの仕事はキャンセルが相次ぎ、3月いっぱいは時間があるという。大学2年の松井翠さん(20)は「箱を開けると『少しでも力になれたら』と書かれたメッセージがあり、感動しました」。

 東京都は支援物資を(1)赤ちゃん用品(2)高齢者用品(3)生活用品(4)飲料水の4種類に限り、食料品や衣料品は受け付けていない。しかし中にはカップめんや焼きのり、衣類、毛布などが入った箱もある。都福祉保健局の高橋裕恵・指導第2課長は「善意はありがたいが、被災地へ送れない」として、事前に都のホームページ(http://www.metro.tokyo.jp)で送れる品を確認するよう呼びかけている。

 神奈川県は、個人からの支援物資を現時点では受け付けていない。千葉県(043・223・3895)と埼玉県(048・830・8281)は、直接の持ち込みに限っている。(神田明美)
[PR]
by nsmrsts024 | 2012-12-27 11:30 | 朝日新聞・綜合、政治

12月26日(水)・別の首相をはさんで首相に再登板するのは、戦後まもない吉田茂以来になる。強運の安倍

[野田内閣が総辞職]

野田内閣は26日午前、臨時閣議で総辞職した。


[第96代首相に安倍晋三・自民総裁 再登板は吉田茂以来]
自民党の安倍晋三総裁が26日午後、特別国会の首相指名選挙で第96代首相に選出された。別の首相をはさんで首相に再登板するのは、戦後まもない吉田茂以来になる。

 衆院での首相指名選挙では、安倍氏が328票と3分の2以上を獲得。民主党の海江田万里代表は57票、日本維新の会の石原慎太郎代表は54票だった。

 参院では1回目の投票で過半数に達した議員がいないため、安倍、海江田両氏による決選投票となった。その結果、安倍氏が107票、海江田氏が96票となり、安倍氏の首相選出が決まった。

 安倍氏はただちに組閣に着手。皇居での親任・認証式を経て同日夜に第2次安倍内閣を発足させ、記者会見で新政権の方針を説明する。












3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から1年と9ヶ月
千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた人間が発する核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災からの1年間を顧みる)


[2011年3月23日]・・・都内の浄水場から放射性ヨウ素 乳児飲用に適さぬ濃度
東京都水道局は23日、金町浄水場(葛飾区)から乳児の飲用に適さない濃度の放射性ヨウ素が検出されたと発表した。検出濃度は1リットル当たり210ベクレルで、厚生労働省が21日に示した乳児の飲用に関する指標値の100ベクレルを110ベクレル上回っていた。

 都は23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹各市での乳児の飲用を控えるよう呼びかけている。ただ、「厚労省設定の数値は長期間飲用した場合の健康被害を考慮したもので、代替飲用水が確保できない場合は摂取しても差し支えない」としている。



[2011年3月23日]・・・震災の直接被害額、16~25兆円で戦後最大 政府試算
政府は23日に公表した3月の月例経済報告で、東日本大震災で損壊した道路や港湾、住宅、生産設備などの直接的な被害額が16兆~25兆円にのぼるとの試算をまとめた。1995年の阪神大震災の約10兆円(政府試算)を上回り、戦後最悪の災害となる。

 政府が東日本大震災の具体的な被害額を示すのは初めて。政府・与党が検討している補正予算の編成や復興計画づくりの基礎資料となる。

 政府試算は、民間住宅のほか、道路や港湾といった社会資本、店舗や工場といった民間企業設備などが対象。宮城、岩手、福島の東北3県の資産額は70兆円、北海道、青森県、茨城県などを加えた被災7道県では175兆円となるが、うち9~14%が失われた計算だ。

 また、工場などの被災で生産活動が滞るため、11年度の国内総生産(GDP)の実質成長率は0.2~0.5%幅下押しされると推計。ただ、3年間で道路や港湾が元通りになると仮定すれば、マイナスを上回る復興需要が期待でき、11年度で最大1.25%幅押し上げられるとした。

 ただ、今回の政府試算は住宅や社会資本をはじめとする構造物が対象で、企業が倉庫などで保管している製品在庫や個人の家財道具などは含んでいない。また、東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性物質による汚染や、計画停電に伴う経済活動の損失といった間接的な被害額は入っていない。このため、実際の被害額が政府試算よりさらにふくらむのは確実とみられる。(鯨岡仁)
[PR]
by nsmrsts024 | 2012-12-26 06:37 | 朝日新聞・綜合、政治

12月25日(火)・自民党の体たらくで下野をともにした公明党、3年3ヶ月の辛抱、連立の絆を守れる党だ

[自民・公明両党首、連立政権樹立で正式合意]
自民党の安倍晋三総裁と公明党の山口那津男代表は25日午後、国会内で党首会談を開き、連立政権樹立に向けた政策合意文書に署名した。26日午後に首相指名選挙で安倍氏が第96代首相に選出された後、連立内閣を発足させる方針だ。


[民主党新代表に海江田氏、90票獲得 馬淵氏は54票]
民主党代表選は25日、都内のホテルで開いた両院議員総会で党所属国会議員による投票を行い、海江田万里元経済産業相(63)が馬淵澄夫元国土交通相(52)を破り、新代表に選出された。得票は海江田氏が90票、馬淵氏が54票、無効票が1票だった。

 海江田氏は旧民社、旧社会、大畠章宏元経産相グループの支持を固めたほか、代表待望論の強かった細野豪志政調会長が支持を表明。野田佳彦首相のグループなどから支援を受けた馬淵氏を上回った。

 海江田氏は投票前の演説で、「政治を行ううえで無私の心が大切だ。民主党を日本から消してしまうわけにはいかない。党を立て直したい」と強調。「野党になったことを機会に、改革の党として鍛え直す」と訴えた。











3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から1年と9ヶ月
千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた人間が発する核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災からの1年間を顧みる)


[2011年3月23日]・・・原発から40キロの土壌、高濃度セシウム 半減期30年
文部科学省は23日、福島第一原発から約40キロ離れた福島県飯舘村の土壌から、高濃度のセシウム137が検出されたと発表した。単純比較はできないが、国が定めた放射線管理区域の基準値の4倍に相当する。半減期が8日と短い、放射性ヨウ素の値も、約30倍の値だった。今後、土壌の入れ替えが必要になる可能性も出てきた。

 同省によると、20日午後0時40分に飯舘村で採った土1キロあたりから、セシウムが16万3千ベクレル、ヨウ素が117万ベクレル検出された。19日午前11時40分に同じ場所から採った土と比べ、セシウムで約6倍、ヨウ素で約4倍高くなった。

 このほか、約45キロ離れた川俣町で19日に採った土からセシウム8690ベクレル、ヨウ素8万5400ベクレル、約25キロ離れた南相馬市でもセシウム4040ベクレル、ヨウ素3万5800ベクレルを検出した。

 ヨウ素の半減期は8日間と短いが、セシウム137は約30年間にわたる。長期間、土壌が汚染されることにより、人体や農作物などに影響が出る可能性がある。

 放射線管理区域の基準値は1平方メートルあたり4万ベクレル。

 原子力安全・保安院は23日未明の記者会見で、福島県内の高濃度に汚染された野菜が見つかったことに関連して、「セシウムは半減期が長く、場合によっては土壌を入れ替える作業も必要になるかもしれない」と発言した。



[2011年3月23日]・・・日銀、さらに5兆8千億円供給 震災後の総額100兆円
日本銀行は23日午後1時、銀行や証券会社などが必要な資金をやりとりする短期金融市場に5兆8千億円の資金を供給する公開市場操作(オペ)を実施すると発表した。24日以降に金融機関に貸し出す分。日銀は東日本大震災後の14日から7営業日連続で大規模な資金供給を続けており、この間に発表した資金供給の総額は100兆6千億円になった。
[PR]
by nsmrsts024 | 2012-12-25 10:36 | 朝日新聞・綜合、政治

12月24日(月)・党首になりたくないのか、岡田克也・枝野幸男・前原誠司・原口一博・細野豪志、何を?

[民主党代表選告示 馬淵、海江田両氏が届け出]
民主党代表選が25日午前告示され、馬淵澄夫元国土交通相(52)と海江田万里元経済産業相(63)の2人が届け出た。午後2時からの両院議員総会で党所属国会議員145人(衆院57人、参院88人)による投票が行われる。海江田氏の支持が広がっており、新代表に選出される見通しだ。

 党本部では午前9時、両陣営が推薦人名簿を添えた届け出書類を提出し、届け出を済ませた。海江田氏が参院を中心に旧社会、旧民社グループや代表待望論のあった細野豪志政調会長の支持を取り付け、過半数を制する情勢だ。

 馬淵氏は届け出後、国会近くで記者団に「党再生・復活を目指す覚悟と決意を持って臨みたい。両院議員総会での訴えで、乾坤一擲(けんこんいってき)の支持を訴えたい」と語った。総会では次期衆院選までの「党再生プログラム」を発表。1月の党大会で党綱領の素案を示し、自公政権の打倒に向け、他の野党と選挙協力をするとの党再建計画を訴える考えだ。

 一方、海江田氏は国会内で記者団に「民主党の厳しい状況を立て直さないといけない。(心境は)今日の天気のようで明鏡止水だ」と述べた。代表選公約として、有識者会議で衆院選の敗因を分析し、党組織や党運営に反映▽自民、公明との3党合意の順守▽穏健中道路線による党内融和の構築――などを訴える。












3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から1年と9ヶ月
千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた人間が発する核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災からの1年間を顧みる)


[2011年3月23日]・・・雨とともに降下? 放射線量、東日本は高めのまま
23日午前中の東日本は前日に降った雨の影響で、福島第一原発から放出された放射性物質が降下したとみられ、引き続き大気中の放射線量が高めに推移している。

 福島県内では23日午前8時現在、福島市で1時間あたりに5.90マイクロシーベルト(シーベルトは人間が放射線を浴びた時の影響度を示す単位)、いわき市で1.73マイクロシーベルトなど。前日同時刻の6.44マイクロシーベルト、2.24マイクロシーベルトより、それぞれ少し下がった。ただし、県内の平常時の上限は0.07マイクロシーベルト程度。飯舘村で13.60マイクロシーベルトを計測したように、まだ地域によってはかなり高い状態だ。

 前日に高い値を記録していた茨城県内もやや下がった。北茨城市で1.44マイクロシーベルト(22日午前8時現在は2.430マイクロシーベルト)、ひたちなか市で0.968マイクロシーベルト(同1.076マイクロシーベルト)となった。一方、東京都新宿区で0.146マイクロシーベルトなど、前日より高い値を記録した地点も複数あった。



[2011年3月23日]・・・福島第一2号機、高放射線量 電源復旧作業を中断
2011年3月23日11時30分
経済産業省原子力安全・保安院によると、福島第一原発2号機は建屋内の放射線量が1時間あたり500ミリシーベルトと高く、電源復旧に向けた作業は中断されているという。
[PR]
by nsmrsts024 | 2012-12-24 06:42 | 朝日新聞・綜合、政治

12月23日(日)・石原的タカ派発言は相手国を怒らすばかりで暴動も起きる、安倍的タカ派は威厳がある

[中国、安倍氏発言を注視 膨らむ期待と根強い不信感]
【北京=林望】自民党の安倍晋三総裁が日中関係について「戦略的互恵関係の原点に戻れるよう努力したい」などと述べたことについて、中国は国営メディアが詳しく報じるなど、強い関心を寄せている。政権交代が事態の打開に向けた「転機になるのでは」との期待が膨らむ一方、不信感も根強く、安倍氏の真意を慎重に見極める姿勢だ。

 新華社通信(英語版)は、安倍氏が22日、地元・山口県で墓参りをした際の発言を素早く配信。国営中央テレビもニュース番組で特集を組み、対日外交の専門家が「国民生活を考えれば安倍氏は現実的な政治判断をせざるを得ない」などと分析しつつ、「中国は前向きな態度で受け入れるべきだ」などと解説した。










3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から1年と9ヶ月
千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた人間が発する核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災からの1年間を顧みる)


[2011年3月23日]・・・震災の直接被害額、16~25兆円で戦後最大 政府試算
政府は23日、東日本大震災で損壊した道路や港湾、住宅、生産設備などの直接的な被害額が16兆~25兆円にのぼるとの試算をまとめた。1995年の阪神大震災の9.6兆円(政府試算)を上回り、戦後最悪の災害被害となる。与謝野馨経済財政相が同日午後に開く月例経済報告関係閣僚会議で示す。

 政府が大震災の具体的な被害額を示すのは初めて。政府・与党が検討している補正予算の編成や復興計画づくりの基礎資料となる。

 政府試算は、民間住宅のほか、道路や港湾といった社会資本、店舗や工場といった民間企業の生産設備などが対象。宮城、岩手、福島の東北3県の資産額は計約70兆円、青森県や茨城県などを加えた被災7県では170兆円を超える。この資産額に、地域ごとの被害状況から推定した損害率をかけて、直接的な被害額を試算した。

 民間調査機関も大震災の被害額を10兆~20兆円と見込んでいるが、政府試算は、最悪の場合、こうした民間推計を大きく上回る可能性を示唆している。

 ただ、今回の政府試算は住宅や社会資本をはじめとする構造物が対象で、企業が倉庫などで保管している製品在庫や個人の家財道具などは含んでいない。また、東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性物質による汚染や、計画停電に伴う経済活動の損失といった間接的な被害額は入っていない。このため、実際の被害額が政府試算よりさらにふくらむのは確実な情勢だ。(鯨岡仁)
[PR]
by nsmrsts024 | 2012-12-23 04:23 | 朝日新聞・綜合、政治

12月22日(土)総与党化で野党がいない政治がしばらくの間続くだろう日本の国会、共産党にエールを送る

[海江田氏、民主代表選に意欲 推薦人確保が焦点]
民主党の海江田万里元経済産業相(比例東京)が21日夜、代表選に立候補する意欲を示した。党執行部は同日の拡大役員会で、25日に代表選を実施する方針を決めたが、ほかの動きは乏しい。来年改選を迎える参院議員は、選挙に強い顔を立てられるのか危機感を募らせている。

 海江田氏は21日夜、都内で開いた支持者との会合で「代表選に出たい」と表明。党内に待望論があった細野豪志政調会長との連携を模索する考えを示した。

 海江田氏は昨年8月の代表選に立候補し、野田佳彦首相に決選投票で敗れている。旧社会党グループの一部に支援を模索する動きがあり、立候補に必要な20人以上の推薦人を集められるかが焦点となる。












3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から1年と9ヶ月
千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた人間が発する核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災からの1年間を顧みる)


[2011年3月23日]・・・放射性物質検出された野菜、食べないよう指示 首相
菅直人首相は23日、福島県産のホウレンソウや小松菜、キャベツ、ブロッコリーやカリフラワーなどから暫定規制値を超える放射性物質が検出されたことから、福島県知事を通じて住民が食べないよう指示した。原子力災害対策特別措置法に基づく措置で、こうした摂取制限は初めて。また、同県知事を通じて出荷停止も指示した。

 このほか、茨城県産のパセリと原乳(搾りたての牛の乳)からも暫定規制値を超える放射性物質が検出されたため、茨城県知事を通じて出荷停止を指示した。



[2011年3月23日]・・・仮設住宅建設、福島でも始まる 7月末までに1万4千戸
東日本大震災の被災者が利用する仮設住宅の建設が23日、福島県でも始まった。土地や資材を探しながら、7月末までに県内に1万4千戸の建設を目指す。

 この日は、同県国見町で測量やプレハブ住宅の基礎になる木杭を打ち付ける作業が始まった。約3週間で43戸が完成し、1カ月後には入居できる予定という。入居基準は県が検討中。須賀川市や相馬市などでも順次着工する。

 県によると、地震や津波、原発の事故で約2万世帯が避難生活を送っている。仮設住宅のほか、公営住宅の空室や民間住宅を利用して全員が入居できるようにする方針だ。(大平要)
[PR]
by nsmrsts024 | 2012-12-22 10:04 | 朝日新聞・綜合、政治

最高裁判所


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧