<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

12月31日(火)・・・

訪中冷え込み、訪日は最多 「政治」で揺れる日中の観光
 【加藤勇介】昨秋の尖閣諸島問題で冷え込んだ日中関係。中国からの訪日客数は3カ月連続で月別最多となるなど回復基調にあったが、安倍晋三首相の靖国神社参拝後、旅行のキャンセルも出始めた。

 日本中部華僑華人旅行業協会幹事の金大一さんの旅行会社には、首相の参拝翌日の27日、年明けの30人の団体客のうち10人分の予約を取り消す電話があった。「中国はこれから春節で旅行のピークを迎えるが、参拝の影響は大きいと思う」

 今年は、日本を訪れた年間外国人客数が初めて1千万人を突破。日本政府観光局は、円安で割安感が出ていることや、経済が好調な東南アジアからの客が増えたことに加え、夏ごろからの中国人客の回復も理由に挙げる。















3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と9ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)

2011年3月15日(火)・・・3号機付近400ミリシーベルト「身体に影響ある数値」
枝野幸男官房長官は15日午前11時過ぎの記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所2号機で午前6時30分ごろに水素爆発とみられる爆発が起きたことを明らかにした。枝野氏は「圧力(抑制室)部分の一部が破損したと思われ、ここから放射性物質が気体として流出していると推察されている」と説明。「2号機から煙が見えるという報告があるが、破損部分から水蒸気が出ている」と語った。


2011年3月15日(火)・・・首相、屋内待避呼びかけ 福島原発20~30キロ圏内
菅直人首相は15日午前11時すぎから首相官邸で国民に向けたメッセージを発し、東京電力福島第一原子力発電所2号機の事故で放射性物質が屋外に放出されたとして、同原発の半径20キロ以内からの避難を改めて呼びかけるとともに、同20~30キロの圏内では屋内に退避するよう要請した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2013-12-31 06:11 | 朝日新聞・綜合、政治

12月30日(月)・・・

日経平均、1年で56%高 1万6291円で大引け
今年最後の取引となった30日の東京株式市場は、日経平均株価が9営業日続けて値上がりした。9営業日連続の上昇は2009年7月以来、約4年5カ月ぶり。終値は、前週末より112円37銭(0・69%)高い1万6291円31銭で、今年の最高値を7営業日連続で更新した。

 外国為替市場の円相場が1ドル=105円台前半まで円安が進んだことなどから、輸出関連の株式を中心に幅広い銘柄が買われた。

 日経平均は昨年末の終値(1万0395円18銭)から1年間で56・7%値上がりした。1972年(91・9%)以来、41年ぶりの高い上昇率となった。

 東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)の終値は、同12・22ポイント(0・95%)高い1302・29で、08年7月31日以来、約5年5カ月ぶりに1300ポイントを上回った。出来高は29億1千万株だった。















3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と9ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)

2011年3月15日(火)・・・オバマ米大統領「国際的な悲劇」 結束し支援、強調
【ワシントン=伊藤宏】オバマ米大統領は14日、東日本大震災について「これは国際的な悲劇だ。日本は先進国であり、復興に必要な技術も備えているが、我々が一体となってできる限りの支援をしていくことが大切だ」と述べ、国際社会が結束して支援にあたる姿勢を強調した。


2011年3月15日(火)・・・福島第一原発4号機火災、鎮火か 消火作業に米軍
東京電力は、火災が発生している福島第一原発の4号機の消火作業に米軍が従事していると発表した。鎮火したもよう。
[PR]
by nsmrsts024 | 2013-12-30 06:08 | 朝日新聞・綜合、政治

12月29日(日)・・・

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と9ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月15日(火)・・・石原氏「撤回し、深くおわび」と謝罪 天罰発言
東京都の石原慎太郎知事は15日、東日本大震災に関して「やっぱり天罰だと思う」などと発言したことに対し、「言葉が足りなかった。撤回し、深くおわびする」と述べ、謝罪した。

 石原知事の「天罰」発言に対しては、被災地・宮城県の村井嘉浩知事がこの日、「塗炭の苦しみを味わっている被災者がいることを常に考え、おもんぱかった発言をして頂きたい」と不快感を示した。同日午前の災害対策本部会議の後、報道陣の質問に答えた。県内では、約31万人が避難生活を送っている。


2011年3月15日(火)・・・9000円割れ、自見金融相「動揺せず注視」
日経平均株価が一時9000円を割り込んだことについて、自見庄三郎金融相は15日午前の閣議後の記者会見で「動揺することなく冷静に注視していくことが大事だ」と話した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2013-12-29 08:16 | 朝日新聞・綜合、政治

12月28日(土)・・・

「米の失望」首相の誤算 靖国参拝、国際社会で孤立感
安倍晋三首相の突然の靖国神社参拝から一夜明け、批判や懸念の声が世界に広がった。「失望」を表明した米国、「遺憾の念」を示したロシア、「慎重な外交」を求めた欧州連合(EU)――。日本への逆風は中国、韓国にとどまらず、国際社会で孤立感が深まっている。

 「日本包囲網」が瞬く間に形成された背景には、首相が靖国参拝をごく限られた側近だけと決めたことがある。「参拝を歓迎する人たちの旭日(きょくじつ)旗に囲まれるわけにはいかない」(政権幹部)と事前の情報漏れを防ぐことを優先させたため、外交当局を交えて関係国の反応を十分吟味しなかった。首相秘書官の一人は26日の参拝直前、「官邸で首相がモーニングを着ていたので驚いた」と明かした。

■日米防衛相の電話協議中止

 安倍政権が外交の柱に掲げた日米同盟の強化は参拝を境に暗雲が立ちこめた。27日、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先である名護市辺野古埋め立ての知事承認に絡み、小野寺五典防衛相と米国のヘーゲル国防長官が電話協議をする方向で調整が進んでいたが、都合が合わないとして急きょ中止になった。

 関係者は「靖国参拝が影響したかわからない」と歯切れが悪い。

 首相の参拝を機に対応に追われる外務、防衛両省内に無力感が広がっている。













3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と9ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月15日(火)・・・放射線から身を守るには…外出せず、肌を露出しない
福島第一原子力発電所2号機で爆発があり、周辺地域でも通常よりかなり高いレベルの放射線量が測定された。被曝(ひばく)から逃れ、身を守るにはどうしたらいいのか。専門家に聞いた。

 Q 放射線が放出されると、何が怖いの?

 A 高いレベルの放射線を浴びることだ。高いレベルの放射線を浴びると、体内の細胞のDNAが傷つけられ、細胞分裂ができなくなる。血液の成分をつくる骨髄が最もダメージを受けやすく、白血球など、免疫にかかわる細胞が作れなくなってしまう。

 Q 今回放出された放射線の量は、どのぐらい?

 A 原発の2~3号機付近で1時間あたり400ミリシーベルトの放射線が検出された。私たちは普通に生活しているだけでも、年間2.4ミリシーベルトの放射線を浴びている。今回の線量は、その場に22秒いるだけで、1年間で浴びる量に相当する。

 ただし、近くで被曝しない限り、治療が必要なほどの健康被害をうけるリスクは高くない。政府は付近の住民20~30キロ圏内の人にも屋内待避するよう求めた。今後、放射線量がどう変化するのか、注意する必要がある。

 Q 放射線から身をまもるには、どうすればいいの?

 A (1)放射線に近づかない(2)放射線から遮蔽(しゃへい)された場所にいる(3)時間の経過を待つ――の三つが大原則だ。

 人間の体が放射線を大量に浴びることを「外部被曝」という。放射性物質が口や傷口などを通じて体内に入り、体の内部から放射線を浴びることを「内部被曝」という。放射性物質が身体に付着したり、吸い込んだりしないようにするため、まず屋内にとどまり外にでないことが肝心だ。屋内にいる場合はドアや窓を閉め、換気扇やエアコンをとめて、外気を遮断する。



2011年3月15日(火)・・・日経平均、1200円超の暴落 8400円割り込む
15日の東京株式市場で、日経平均株価が1200円を超える暴落となり、8400円を割り込んだ。午後0時50分現在、前日終値より1255円29銭安い8365円20銭。8400円を下回ったのは2009年4月1日以来、約1年10カ月半ぶり。
[PR]
by nsmrsts024 | 2013-12-28 06:17 | 朝日新聞・綜合、政治

12月27日(金)・・・

参拝、制止退け強行 党幹部「もう誰も止められない」
安倍晋三首相が26日、東京・九段北の靖国神社に参拝した。消費増税や特定秘密保護法、沖縄の普天間問題などの諸課題にめどがつき、「参拝ショック」が出にくい時期を選んだとみられるが、A級戦犯合祀(ごうし)への批判などから中国や韓国は反発し、米国も「失望している」との声明を出した。自らの「信条」を優先したことで政権の変質を印象づけ、今後、政権を支えてきた「日米同盟重視」や「経済最優先」の路線が揺らぎかねない。「恒久平和への誓い」と題した首相談話もこれまでの言動との食い違いがうかがえる内容だ。

 「自分の決断として参拝します」。26日午前、公明党の山口那津男代表のもとに安倍晋三首相から電話があった。山口氏が「賛同できない」と反対したが、首相は「賛同いただけないとは思います」とにべもなかった。自民党の石破茂幹事長にさえ当日通告。党幹部は「もう誰も止められなくなっている」とぼやいた。

 「寝耳に水」だったのは、与党幹部だけではない。米国にも参拝直前まで伝えなかった。

 「中国を刺激しない方がいい」。11月、訪米した首相の盟友・衛藤晟一首相補佐官は、米政府高官から参拝しないよう求められていた。訪米の表向きの目的は、北朝鮮情勢についての意見交換だったが、実は菅義偉官房長官から首相が靖国参拝した場合の反応を探るよう指示されていた。

 国内外の制止を振り切った突然の参拝だったが、伏線はあった。10月、秋季例大祭への参拝を見送った直後、首相は周囲に「参拝するのをやめたわけじゃない」と漏らしていた。

 首相には、年末で政権運営が一区切りつくという思いがあった。消費増税の道筋をつけ、臨時国会を乗り切り、来年度予算案の編成も終える。首相は今月22日、周囲に参拝の意向を伝えた。そこから菅氏ら限られた側近と検討を本格化させた。

 参拝日は、この日しかなかった。首相は25日、沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事と会談し、最後の懸案だった普天間問題が節目を越えた。米国は政権の努力を買っており、「参拝ショック」も和らぐと読んだ。26日は政権発足から1年の節目で、対外的に説明もついた。

 政権を取り巻く環境も首相の背中を押した。日経平均株価は1万6000円台に乗り、下がったとはいえ内閣支持率もまだ50%近くある。反発が予想される中国、韓国とは首脳会談の見通しが立たず、かえって参拝しやすいと踏んだ。首相を支える党内の保守系議員からは「年内に参拝を」との声も届いていた。

 政権に力のあるうちに思いを果たしたい。首相は「今参拝しなければ、政権終盤まで行けなくなる」(側近)と決断。側近の中には最後まで反対論があったが押し切った。参拝にあわせて配る談話には首相自身が手を入れ、海外発信用に英文も用意した。

 参拝後に会った自民党議員が「いいタイミングでしたね」と水を向けると、首相は「1周年だからね」。その表情は、さっぱりしたものだったという。



靖国参拝、首相談話の疑問点 政教分離は?平和主義は?
安倍晋三首相は26日、靖国参拝後に「恒久平和への誓い」と題した談話を発表した。中国や韓国の反発を見越し、あらかじめ用意した談話だ。だが、過去の経緯や首相のこれまでの言動と比べると、矛盾が多い。この日の首相発言とともに疑問点を指摘する。


■政教分離の問題、素通り

 首相「参拝したのは政権1年の歩みをお伝えするためです」

  

 靖国神社には先の戦争を指導し、東京裁判で責任を問われた東条英機元首相らA級戦犯14人が合祀(ごうし)されている。靖国参拝は過去の侵略と植民地支配を日本の政治指導者がどう捉えるか、という歴史認識の問題に直結する。こうした意味をもつ靖国神社に政権1年を伝える必要があったのか。

 首相は昨年の就任後、歴史認識をめぐってたびたび国内外から不信を招いてきた。閣僚らの靖国参拝に中国や韓国が反発すると「どんな脅かしにも屈しない」と反発した。植民地支配と侵略へのおわびと反省を示した村山談話を「そのまま継承しているわけではない」と発言。批判を受けると一転、「歴代内閣の立場を引き継ぐ」と修正した。

 首相の靖国参拝は、憲法の政教分離原則に照らしても、問題点を指摘されてきた。先の大戦まで国家神道は戦争動員の精神的支柱となった。その中心的施設だったのが靖国だ。談話はその点も素通りしている。

 安倍首相はこの日、記者団に対し、「戦場で散った英霊のご冥福をお祈りし、リーダーとして手を合わせる。世界共通のリーダーの姿勢だ」とも強調した。

 しかし、米国のケリー国務長官が10月、戦没者の慰霊のために献花したのは、靖国ではなく千鳥ケ淵戦没者墓苑だった。米国務省当局者は朝日新聞の取材に「宗教や政治的な含意のない場所だからだ」と答えている。オバマ政権が「失望している」との声明を出した背景にはそうした事情があるとみられる。(池尻和生)

    ◇

■過去の平和主義とは隔絶

 首相「不戦の誓いを堅持する決意を新たにしました」

  

 今年の終戦の日に行われた全国戦没者追悼式の式辞から、「不戦の誓い」は抜け落ちた。歴代首相は式辞でアジア諸国への加害責任に言及してきたが、首相は「誰のため、何のため開く式なのか、抜本的に考え直してほしい」と官邸スタッフに指示。「深い反省」「哀悼の意」とともに「不戦の誓い」は入らなかった。

 首相は単に発言の場を選んだだけ、ということかも知れない。だが、これまでの経緯からすると、この日の「誓い」は唐突だった。



安倍政権右傾化、英メディア指摘 首相、靖国参拝
英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は26日、「日本の首相による靖国参拝は(小泉純一郎氏の参拝から)7年間、非公式に凍結されてきたが、それが破られた」と指摘。反対論の根強い特定秘密保護法が成立したことにも触れ、これまで「アベノミクス」による経済浮揚に軸足を置いてきた安倍首相が「右翼の大義」の実現に焦点を移しつつあるとの見方を示した。

 英紙ガーディアン(電子版)は、尖閣諸島や竹島をめぐり中韓との関係が悪化していることに触れ、「安倍氏の靖国参拝は日本と近隣国の関係をさらに損なうだろう」と報道。英BBC(電子版)は、安倍氏が「靖国第2次大戦神社を参拝した」との見出しを掲げた。(ロンドン)



沖縄知事、埋め立て承認を表明 普天間移設問題
沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事は27日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)を名護市辺野古沖へ移設するための埋め立て申請を承認したと発表した。

















3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と9ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月15日(火)・・・1000ミリシーベルト浴びると吐き気など症状
シーベルト 放射線を浴びた時の人体への影響を表す単位。放射線にはいくつもの種類があり、人に対する影響度は違う。それを共通の尺度で測るための単位だ。人は世界平均で、普段の生活でも年間2.4ミリシーベルトの放射線を浴びている。1時間あたりに直すと0.274マイクロシーベルトだ。胸部のCTスキャンの1回の放射線量は6.9ミリシーベルト。一度に大量の放射線を浴びた方が体へのダメージは大きい。業務に従事する人の年間上限は50ミリシーベルト。約500ミリシーベルトでリンパ球が減り、1000ミリシーベルトで吐き気や嘔吐(おうと)の症状が出てくる。


2011年3月15日(火)・・・屋内退避の30キロ圏内には14万人 福島県まとめ
福島県の15日午前まとめでは、福島第一原発事故を受けて避難や屋内退避を呼びかけている30キロ圏内にいるのは、8市町村の住民13万6千人と、避難所にいる約4千人の計14万人に上る。
[PR]
by nsmrsts024 | 2013-12-27 05:46 | 朝日新聞・綜合、政治

12月26日(木)・・・米国の失望コメントには失望した、安倍首相の靖国参拝

安倍首相、靖国神社を参拝 現職では小泉氏以来7年ぶり
 安倍晋三首相は26日午前、東京・九段北の靖国神社に昨年12月の就任後初めて参拝した。現職首相による靖国参拝は2006年の終戦の日の小泉純一郎首相(当時)以来、7年ぶり。この日は第2次安倍政権が発足して1年となる。

 首相は26日午前11時半ごろ、靖国神社に到着。モーニング姿で本殿に上がり、昇殿参拝した。靖国神社の広報担当者によると、首相は26日、「内閣総理大臣 安倍晋三」と札をかけた花を参拝前に奉納した。その後、首相は「国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対し、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊(みたま)やすらかなれとご冥福をお祈りした」との談話を発表した。

 首相は自民党総裁だった昨年秋、例大祭にあわせて靖国に参拝した。第1次内閣で参拝できなかったことを「痛恨の極み」と振り返った。

 一方、昨年12月に首相就任後は閣僚の参拝を容認する一方、先の大戦のA級戦犯らがまつられている神社への自らの参拝は外交的な配慮から見送ってきた。「参拝については国のために戦い、倒れた方々に尊崇の念を表し、ご冥福をお祈りする気持ちは今も同じだ」としながらも、参拝するかどうかについては「それ自体が政治・外交問題に発展していく」として明言を避けてきた。


在日米大使館「失望している」 安倍首相の靖国神社参拝
【ワシントン=大島隆】在日米国大使館は26日、安倍晋三首相が靖国神社を参拝したことについて、「近隣諸国との関係を悪化させる行動を取ったことに、米国政府は失望している」との声明を発表した。米政府が日本の首相の靖国神社参拝を公式に批判するのは極めて異例だ。

 声明はまた、「米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する」とし、今後の安倍首相の対応を注視する考えを示した。













3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と9ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)

2011年3月15日(火)・・・福島原発4号機火災、燃料漏れ出す恐れも
東日本大震災で被害を受けた東京電力福島第一原子力発電所(福島県大熊町、双葉町)の2号機で15日午前6時14分ごろ、爆発音があった。経済産業省原子力安全・保安院に東京電力が報告した。格納容器につながる圧力抑制室が損傷した可能性があり、放射性物質の閉じこめ機能が失われた可能性がある。一方、地震前から停止中の4号機の原子炉建屋も損傷し、火災が発生した。建屋に保管中の使用済み燃料の冷却ができなくなった可能性があり、燃料が損傷して漏れ出す可能性が出てきた。鎮火したが、付近の放射線量は急上昇した。消火には米軍も協力した。


2011年3月15日(火)・・・原発事故が深刻化…日経平均、一時1300円超下落
15日の東京株式市場は、日経平均株価が暴落している。午後の取引に入って下げ幅は一時1300円を超え、取引時間中としては2009年4月1日以来約1年11カ月ぶりに8200円台まで下げた。福島第一原子力発電所の事故が深刻化し、資金を引きあげる動きが急速に強まった。日本経済への悪影響を懸念し、世界の主な市場にも株安が波及している。
[PR]
by nsmrsts024 | 2013-12-26 07:59 | 朝日新聞・綜合、政治

12月25日(水)・・・

辺野古埋め立て承認へ最終調整 沖縄知事27日にも表明
沖縄県の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)を名護市辺野古へ移設するための国の埋め立て申請について、承認する方向で最終調整に入った。25日に安倍晋三首相と首相官邸で会談する。県が求めていた沖縄振興予算や基地負担軽減への説明をふまえ、27日にも態度を明らかにする。

 安倍首相は24日の閣議で、沖縄の要望に応じて、振興予算を2021年度まで毎年3千億円台を確保するよう指示した。仲井真氏は「政府の決意を示していただいた。格別のご高配に深く感謝申し上げる」とするコメントを発表した。

 県は、17日の沖縄政策協議会で「普天間の5年以内の運用停止」「米軍牧港補給地区(浦添市)の7年以内の全面返還」などのほかに、振興予算の確保や鉄軌道の導入なども要望。政府の回答にも「担保」を求めていた。閣議での指示は、これに応えた形だ。

 埋め立て申請をめぐっては、県幹部が23日に上京し、仲井真氏と協議。公有水面埋立法が審査基準とする6項目のうち「環境保全などに十分配慮されているか」についてのみ、法に適合するのか否か事務方の結論が示されていなかった。

 これも、25日には担当部局が「問題なし」ととりまとめて仲井真氏に伝える。仲井真氏は、埋め立てに「断固反対」とした稲嶺進・名護市長の意見書も考慮して、総合的に判断する。
















3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と9ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月15日(火)・・・2号機、格納容器内の水が漏れれば冷却作業困難に
福島第一原発2号機で15日朝、爆発音があり、圧力抑制室(サプレッションプール)が破損した可能性が高まってきた。枝野幸男官房長官は午前11時すぎの会見で「圧力部分が破損したのではないか。ここから放射性物質が流出していると推察される」と述べた。


2011年3月15日(火)・・・4号機、水が蒸発し水素爆発か 燃料棒露出の可能性も
福島第一原発4号機でも15日午前6時ごろに大きな音が発生した。東京電力が確認したところ、原子炉建屋の5階屋根付近に損傷がみられた。さらに午前9時38分ごろ、原子炉建屋4階北西部付近で出火を確認。正午前までに鎮火した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2013-12-25 04:44 | 朝日新聞・綜合、政治

12月24日(火)・・・

猪瀬知事が辞職 師走の都庁ドタバタ、広報誌は差し替え
猪瀬直樹・東京都知事の辞職が、24日の都議会で正式に同意された。医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受け取った問題で辞職願が19日に提出されており、全会一致で認められた。知事の辞職で、都庁内は慌ただしい年末を迎えている。

 午後1時開会の都議会臨時会。猪瀬知事はさばさばとした表情で議場に入り、着席した。知事周辺にいる都幹部はうつむき加減で、都議らは知事の議場入りを静かに見届けた。

 吉野利明議長が開会を宣言。議事部長が「諸般の事情で早期に辞職したい」と、猪瀬知事が示した辞職理由を読み上げた。吉野議長の「異議はございませんか」との問いかけに、全議員が「異議なし」と応え、同意された。猪瀬知事は議長と局長に一礼した。

 知事給料の返上条例案も正式に取り下げられ、約3分で閉会した。猪瀬知事側の申し出で議場でのあいさつはなく、知事は足早に議場を去った。

 年の瀬の知事辞職で、都庁内は混乱ぎみだ。大きな影響が出たのが、10年後の東京の街づくり計画をまとめた「長期ビジョン」策定の中止。今月末に公表予定で、2020年東京五輪後に迎える人口減少社会での福祉政策などを盛り込み、来年度予算にも反映されるはずだった。















3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と9ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月15日(火)・・・原発20キロ圏外へ急げ 患者や高齢者、ヘリ・バス避難
危機的な状況が続いた福島第一原発。14日に起きた3号機の水素爆発を受け、原発から20キロ圏内に最後まで残っていた住民ら約750人が避難を始めた。多くは入院患者や特別養護老人ホームに入所するお年寄りたちで、自衛隊などによる移送が夜にかけて急ピッチで進められた。


2011年3月15日(火)・・・首相、東電訪れ「どうなってるんだ」 危機管理後手後手
東京電力福島第一原子力発電所で相次ぐ事故を受け、菅内閣は15日早朝、政府と東電が一体で危機対応にあたる「福島原子力発電所事故対策統合本部」(本部長=菅直人首相)を設置し、放射性物質の放出に備えて、新たに屋内退避も呼びかけた。地震発生から5日目、原発事故が深刻さを増す事態にも対応できず、政権の危機管理能力の欠如が露呈している。
[PR]
by nsmrsts024 | 2013-12-24 04:46

12月23日(月)・・・

天皇陛下きょう80歳 「若い命失われた戦争痛ましい」
 【中田絢子、島康彦】天皇陛下は23日、傘寿(さんじゅ)となる80歳の誕生日を迎え、これに先だち皇居・宮殿で記者会見した。これまで最も印象に残っていることに「先の戦争」を挙げ、「前途に様々な夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと本当に痛ましい限りです」と述べた。


 陛下は戦後復興の歩みについて「平和と民主主義を守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って今日の日本を築いた」と振り返り、「戦争で荒廃した国土を立て直すために人々が払った努力に深い感謝の気持ちを抱いています」と語った。

 また、陛下は「天皇という立場は孤独とも思えるもの」と明かしたうえで、皇后さまとの結婚を「私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました」と振り返った。さらに、「皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています」と語った。












3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と9ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月15日(火)・・・原発周辺の放射線量が低下 枝野長官が明かす
枝野幸男官房長官は15日午後4時過ぎの記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所をめぐり、同日午前8時半に1時間あたり8217マイクロシーベルトの高濃度を計測した正門付近の放射線量が、午前9時に1万1930マイクロシーベルトまで上昇したものの、午後0時半に1362マイクロシーベルト、午後3時半には596.4マイクロシーベルトまで低下したことを明らかにした。


2011年3月15日(火)・・・新宿で通常の最大21倍放射線量 都「人体に影響ない」
東京都は15日、新宿区内で同日午前に実施した放射線量調査で、通常の最大21倍の放射線を検出したと発表した。最大値は0.809マイクロシーベルトだった。都は「ごく微量で、人体に影響を及ぼすレベルではない」としている。
[PR]
by nsmrsts024 | 2013-12-23 06:13 | 朝日新聞・綜合、政治

12月22日(日)・・・

競馬・有馬記念、オルフェーヴルが優勝
競馬の第58回有馬記念は22日、千葉・中山競馬場の芝2500メートルに16頭が出走して行われ、単勝1番人気のオルフェーヴルが優勝した。2着はウインバリアシオン、3着はゴールドシップだった。












3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と9ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月15日(火)・・・4号機の自然鎮火を確認 福島第一原発
東京電力は15日午後3時40分、4号機で起きていた火災が自然に鎮火しているのを同日午前11時に確認したと発表した。


2011年3月15日(火)・・・爆発音・火災…「不明」「確認中」繰り返す東電担当者
「2号機の圧力容器付近で大きな音を確認しました」

 15日午前8時すぎ、福島県災害対策本部前で東京電力福島事務所の担当者が話し始めると、取り囲んでいた記者たちがざわめいた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2013-12-22 05:38 | 朝日新聞・綜合、政治

最高裁判所


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧