<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2月30日(金)・・・

ロシア、ウクライナに軍事介入へ クリミア掌握図る

ロシアのプーチン大統領は1日、親ロシア政権が崩壊したウクライナ領内でロシア軍を活動させることへの承認をロシア上院に求めた。上院はこれを承認。ウクライナ南部クリミア半島を中心にロシアの軍事介入が本格化する見通しだ。ウクライナの新政権や欧米は激しく反発している。

 プーチン氏は上院に対して「ウクライナで起きている異常事態で、ロシア国民や(クリミア半島の)クリミア自治共和国に駐留しているロシア軍人の生命が脅かされている」と説明し、自国民保護を軍事介入の理由に挙げた。介入の期限は「ウクライナの社会政治情勢が正常化するまで」としている。

 クリミア自治共和国では2月27日、武装部隊が占拠した議会で首相が解任され、親ロシア政党のアクショノフ氏が新首相に就任。同共和国はウクライナ新政権の統治が及ばない事実上の分離独立地域になりつつあった。













3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と11ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月17日(木)・・・日米で違う避難範囲 考慮する条件で差 冷静な行動を
《解説》米国が、米国人の避難範囲を福島第一原発を中心とする80キロ以内まで広げたのは、燃料プールの水がなくなるなどの新たな情報を考慮し、米原子力規制委員会(NRC)が、より厳しい条件で計算するよう、判断を変えたことが背景にある。

 米国では原発の防災計画が作られるのは原発から10マイル(約16キロ)以内で、避難もその範囲で行われる。15日に住民が被曝(ひばく)するであろう線量を計算したときは、「20キロ以内で避難」という日本の勧告について、「米国基準に合っている」と判断した。

 その際、50マイル(約80キロ)先での推定被曝線量も計算しているが、16日に計算をし直した結果、依然として高いレベルだった。憂慮する科学者連合のエドウィン・ライマン博士は「このままだと50マイルが安全な距離ではない、とNRCは判断したのだろう」と指摘する。

 日米とも、国際放射線防護委員会(ICRP)が定める住民の被曝線量限度に沿い、健康影響が出る線量を下回る同様の基準で避難範囲を決めている。だが、放射性物質は必ずしも同心円状に広がらないうえ、年齢により被曝影響は大きく異なるため、起きるであろうアクシデントの想定次第で、影響の大きさが変わってしまう。円形の避難範囲を一律に決めること自体が難しい。交通、住民の年齢構成なども含む様々な条件も考慮され、今回のように差が出ることは十分あり得る。

 「避難範囲が広がった」と驚くことなく、冷静に行動することが求められる。(ワシントン=勝田敏彦)



2011年3月17日(木)・・・盛岡の放射線量、健康に影響ないレベル 岩手県発表
岩手県環境保全課は17日、盛岡市にある県環境保健研究センターで観測した16日午前9時から24時間の放射線量が、過去の測定結果の範囲内にあると発表した。人の健康に影響を及ぼすレベルではないという。

 この24時間で観測されたのは平均毎時36ナノグレイ。2007~09年度では、最小で毎時16、最大で毎時84ナノグレイが観測された。グレイは、放射線量を表すシーベルトとの換算係数が1で、ほぼ同じ意味という。1ナノグレイの1千倍がマイクログレイで、さらに1千倍した値がミリグレイ。同課は「何らかの影響があるならば、観測値のケタが跳ね上がるはずだ」としている。

     ◇

 日本航空(JAL)は26日まで、花巻から東京へ2往復、大阪へ1往復の臨時便を運航している。札幌と大阪への定期便は運航中。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-02-28 04:43 | 朝日新聞・綜合、政治

2月27日(木)・・・

国境超える「新通貨」、怖さ露呈 ビットコイン取引停止
ネット上で流通する仮想通貨「ビットコイン」に、初めて大きな問題が起きた。世界有数の取引所とされる「Mt.Gox」(マウント・ゴックス、東京都渋谷区)が26日、すべてのサービスを止め、コインが引き出せなくなっている。国境を超えて広がる「新通貨」に、不安がふくらむ。


 ■約370億円分のコイン紛失か

 マウント・ゴックスが事務所を置くビルには、心配した顧客が駆けつけた。

 「私たちのお金はどこだ」。英国から来たコリン・バージスさん(40)はこう記したボードを掲げ、夕方まで座り込んで抗議した。コイン311枚(約1500万円)を預けているが、引き出せないという。

 マウント・ゴックスは、ネット上で運営される私設の取引所で、コインと現金(円やドル)の交換を仲介する。26日未明に突然、「すべての取引を停止した」と発表した。

 株式を売り買いするのと同じで、コインを売った人は代金が自分の銀行口座に振り込まれる。ただコインを買った人は、取引所に設けた専用口座に保管してもらう場合が多く、コインを引き出せないと困る。マウント・ゴックスのカルプレス最高経営責任者は同日夜、「問題解決に尽力している」との声明を出した。

 取引所のサイトが閲覧できなくなった25日には海外の主要取引所で25%近く急落し、1コイン=約400ドルになった。27日未明には約550ドルまで戻しているが、顧客の不安は根強い。




すき家の牛丼、税込み270円に値下げ 増税の4月から

 牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーは27日、牛丼並盛の税込み価格を4月1日から10円下げ、270円にすると発表した。消費増税で節約意識が高まるとみて、値下げで集客増を図る。定番の牛丼の値下げは5年ぶりで、「過去最安値」となる。

 並盛は税込みで280円と表記しているが、4月からは「250円(税込み270円)」といった表示に変える。1杯あたりの利益は減るが、販売数の伸びで補えると期待。原材料費や物流費なども減らすことで、全体の利益は維持できる見通しという。

 牛丼大手3社の並盛の価格は吉野家が昨春に100円下げたことで、現在は280円で横並び。吉野家と松屋フーズは、消費増税後の価格については「検討中」としている。(生田大介)












3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と11ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月17日(木)・・・「夕から夜、予測不能の大規模停電の恐れ」 経産相
海江田万里経済産業相は17日午後、計画停電中の電力使用について「これまで以上の精いっぱいの節電にご協力をお願いします」と、産業界や国民に呼びかける大臣談話を発表した。

 東京電力が電力を送る関東とその周辺地域では、3350万キロワットの電力供給力に対し、午前8~9時に最大3292万キロワットの需要が発生。海江田氏は「1日のピークを迎える夕方から夜にかけて需要量が供給量を上回り、予測不能な大規模の停電が発生する恐れがある」と警戒を発した。17日は気温が低く、暖房の使用が増加しているとみられる。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-02-27 04:56 | 朝日新聞・綜合、政治

2月26日(水)・・・

ビットコイン取引停止 東京 登録50万人、換金不能か
ネット上で流通し、世界で人気を集めている仮想通貨「ビットコイン」で、東京に本拠を置く大手取引サイト「Mt.Gox」(マウント・ゴックス、本社・渋谷区)は26日未明、すべてのサービスを停止した。利用者が現金と引き換えにネット上の同社の取引所に置いているビットコインは引き出せなくなっており、今後混乱が広がりそうだ。

 マウント・ゴックスは同社のサイト上に「最近の報道や市場への影響を考慮し、利用者保護のため取引を停止する。状況を注視し、適切に対応する」とだけ記載。他のページは接続できなくなっている。

 ビットコインは、ネット上の仮想通貨。利用者はまず、ネット上の取引サイトに円やドルなどの実際のお金を送金し、その時の取引レートで、ビットコインと交換する。ビットコインは、世界中の人やお店にネット上で送ることができる。ビットコインを受けとった側は、取引サイトで、円やドルなどの実際のお金に交換できる。














3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と11ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月17日(木)・・・原発事故の避難者、武道館・味の素スタジアムで受け入れ
 東京電力福島第一原発の事故のため避難した人を対象に、東京都は17日午後5時から、東京武道館(足立区綾瀬3丁目)と味の素スタジアム(調布市西町)で受け入れを始める。当面3月末までとし、約1600人を受け入れる。問い合わせは都総合防災部(電話03・5320・4007)へ。






2011年3月17日(木)・・・「祈るような気持ち」高濃度の放射線、機長判断で水投下
「うまく行ってほしい。祈るような気持ちだ」――。陸上自衛隊ヘリが福島第一原発3号機などに向けて、17日午前に実施した4回の空中放水。テレビで見つめた陸自幹部の一人はうなるように言った。上空は毎時87.7ミリシーベルトという高濃度の放射線量の中での投下作業。最終的には、機長の判断で決行された。

 ヘリコプターが高度を下げながら福島第一原発の3号機付近に近づき、つり下げたバケツから水を投下させては遠ざかる。放水作業は、NHKが30キロ以上離れた地点から生中継した。

 最初の放水は午前9時48分。映像によると、ヘリは3号機のほぼ真上から水を投下。大きな白い固まりとなった水の大半が、爆発で建屋が骨組みだけとなった3号機に命中したように見えた。投下後、炉からは水蒸気のような白い煙が上がった。

 同52分、別の方向から近づいたヘリが、やや高いところから3号機に向けて放水。通過しながらの投下のため水は帯状になり、霧のようになって3号機に降り注がれた。

 3回目の放水は同54分。隣の4号機付近の上空からで、同機に向けられたようにも見えた。霧状の水が4号機の辺りに注がれた。4号機は炉心に核燃料は入っていないが、3号機と同様、使用済み燃料が貯蔵してあるプールが冷却できない状態となって水温が上昇している。4号機は建屋が残っているが、壁に穴があいている。

 午前10時ごろには、再び3号機に向けて投下した。数分間隔でヘリが現れ、放水する作業が4回繰り返された。

 画面の映像では、水は原子炉の周りに散らばったこともあったようにも見えるが、陸自幹部は「テレビ映像だけでは分からないから」と話した。

 ヘリによる放水は本来は山火事の消火などを想定したもの。本来ホバリングしながら作業したいところだが、放射線の被曝(ひばく)を少しでも減らすため、上空の同じ場所にとどまらず、移動しながらの難しい放水だ。
 「それぐらいせっぱ詰まった状態なのだろう。自衛隊がやらなければ、ほかにやれる組織はない」と幹部の一人は言った。

 4機のヘリに乗った乗員19人は、全員防護服を着用し、襟の部分につけた線量計をにらみながらの作業だった。

 どの高さから、何回水を投下するのか。防衛省・自衛隊では、16日から何度もシミュレーションが重ねられたが、最終的には、すべて、機長の判断に委ねられた。

 放射線量は上空約90メートルで毎時87.7ミリシーベルトもあった。「非常に危険な状態の中で、4回の投下。機長が本当によく決断してくれた」

 自衛隊幹部はそう話した。

 直後に会見した東電本社の吉田薫・広報部部長は放水の効果について「現在評価中と伺っている」と述べた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-02-26 10:19 | 朝日新聞・綜合、政治

2月25日(火)・・・

首相「強靱な国づくり進める」 大震災追悼式前に談話
安倍晋三首相が東日本大震災追悼式を前に出した談話は以下の通り。

 政府は、来る3月11日午後2時30分から、「東日本大震災3周年追悼式」を国立劇場において執り行います。

 東北地方を中心とする我が国国土に未曽有の被害をもたらした東日本大震災の発生から3年を迎えようとしています。

 この震災により最愛の御親族を失われた御遺族の方々の深い悲しみに思いを致すとき、今なお悲痛の思いが胸に迫ってまいります。

 政府は、東日本大震災からの一日も早い復興に向けて、取り組みを更に加速するとともに、この大震災の試練から得た教訓をしっかりと胸に刻み、将来の様々な災害に備え、強靱(きょうじん)な国づくりを進めてまいります。

 この震災により犠牲となられた全ての方々に対し哀悼の意を表すべく、追悼式当日の午後2時46分を期して式場において1分間の黙禱(もくとう)を捧げ、御冥福をお祈りすることとしております。国民の皆様におかれましても、これに合わせて、それぞれの場所において黙禱を捧げられますよう、お願いいたします。














3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と11ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月17日(木)・・・都内の大使館一時閉鎖、パナマ・コソボなど計8カ国に
東日本大震災を受け、東京都内にある大使館の一時閉鎖に踏み切る国が増えている。福島第一原発の事故への不安が理由と見られる。

 外務省によると、17日までに大使館の一時閉鎖を正式に同省に通報してきたのは、すでに連絡を受けていたイラク、バーレーン、アンゴラに加え、パナマ、クロアチア、コソボ、リベリア、レソトの計8カ国。正式な通報はないものの、事実上閉鎖されている大使館も「相当数ある」(関係者)という。

 オーストリアも大使を始めとする館員の大半が大阪に移り、大使館機能を移転させた。大使が日本国内にとどまったり、閉鎖期間を一週間程度に限定したりして、今後の推移を見極めようとする動きもあるという。




2011年3月17日(木)・・・放射能に汚染された飲料水・食品規制へ 厚労省が基準値
 福島第一原子力発電所の事故を受け、厚生労働省は17日、放射能に汚染された食品の出荷や販売を規制する基準値を設け、全国の地方自治体に対し、検査するよう通知した。事故後、原発周辺の環境から放射性物質が検出されたが、食品の放射能汚染について規制する指標がなかった。

 対象となる食品は、飲料水、牛乳、野菜、肉、卵、穀類など。放射性のヨウ素やセシウムなどについて検査する。通知は、全国の自治体を対象にしたものだが、対象範囲や品目については、農林水産省などと連携し、原発周辺で出荷の多い農産物などを中心に検査を本格化させる。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-02-25 05:43 | 朝日新聞・綜合、政治

2月24日(月)・・・

ソチ五輪、17日間の熱戦に幕 日本のメダルは8個

第22回冬季オリンピック競技ソチ大会の閉会式が23日夜、黒海沿岸の五輪公園にある五輪スタジアムで行われた。冬季五輪史上最多の88カ国・地域から約2860人の選手が参加し、ロシアで初めて開催された冬季五輪。テロの危険性が指摘されたが無事に17日間の熱戦を終えた。

 国外での五輪としては最多の112人の選手が参加した日本は、金1、銀4、銅3の計8個のメダルを獲得。1998年長野大会の10個に次ぐ歴代2番目となった。ロシアが金13個を含む最多33個のメダルを取り、開催国の力を見せた。

 閉会式では、開会式に引き続いてカーリング女子の小笠原歩(北海道銀行)が旗手を務めた。フィギュアスケート男子金メダリストの羽生弓弦(ANA)や同女子6位の浅田真央(中京大)ら選手約70人が参加し、大会最後の祭典を楽しんだ。














3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と11ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月17日(木)・・・死者5429人、不明9594人〈17日午後4時〉
警察庁によると、17日午後4時現在の死者は、12都道県で5429人に上った。行方不明は6県で9594人。負傷者は17都道県で2404人。

 確認されている死者数は宮城3004人、岩手1824人、福島546人、茨城19人、千葉16人、東京7人、栃木4人、青森、神奈川で各3人、北海道、山形、群馬で各1人。行方不明となっているのは岩手3853人、福島3491人、宮城2243人、千葉5人、青森、茨城各1人。

 建物被害は、全半壊が計1万7793戸、全焼137戸など。



2011年3月17日(木)・・・首都圏の鉄道各社に本数1割削減要請 電力不足で国交省
17日夕から夜にかけて、首都圏で大規模な電力不足に陥るおそれがあることを受け、国土交通省は、首都圏の鉄道各社に対し、同日午後6~7時ごろにかけて、おおむね1割ほど運行本数を減らすよう要請した。

 要請を受けて、小田急電鉄は午後5時から8時にかけて、運行本数を通常時の5割程度に減らす方針を明らかにした。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-02-24 06:27 | 朝日新聞・綜合、政治

2月23日(日)・・・

震災3年、初の避難指示解除へ 福島・田村市の都路地区
東京電力福島第一原発から20キロ圏内にある福島県田村市都路(みやこじ)地区について、国は4月1日の避難指示解除を決めた。23日の意見交換会で赤羽一嘉・経済産業副大臣と冨塚宥●(●は日へんに景、ゆうけい)市長が提案し、住民側も了承した。原発事故から3年、国の避難指示区域で初の解除となる。他の福島の6市町村も今後2年ほどの間に解除を検討し、都路地区を含む計約3万人が帰還するかの判断を迫られる見込みだ。

 国は昨年12月に決めた福島復興の新指針で避難者全員の帰還を断念する一方、2014年度を「福島が大きく動く1年」(根本匠復興相)と位置づけている。

 都路地区は20キロ圏外も含む住民約3千人が一時避難し、今も多くが避難生活を続ける。20キロ圏内では昨年6月に国の除染が終了し、昨夏から帰還に向けた住民の長期宿泊が続いている。昨年10月に冨塚市長が翌11月の解除を提案。「除染が不十分」などとする住民側の声を受け、今春の解除で再調整していた。

 解除は国が決めるが、実態は国の提案を受け、住民の意向を踏まえて市町村が判断する。避難指示区域のある市町村への取材の結果、田村市以外で早期に避難指示解除を検討するのは川内村、葛尾村、楢葉町、飯舘村、南相馬市、川俣町の6市町村。いずれも大半が放射線量の比較的低い避難指示解除準備区域に指定されている。

 来月に国の直轄除染が終わる川内村と楢葉町は春以降に検討する。川内村は居住制限区域もあるが、解除準備区域を先行させ、インフラ整備が終わる年内の解除を検討していく考えだ。

 葛尾村、飯舘村、南相馬市、川俣町は解除準備区域と居住制限区域の同時解除を目指し、今春から再来年にかけて検討する。別々に解除すると地域の分断を生みかねないからだという。

 だが各自治体の調査によると、帰還に積極的な住民は2~4割。意見をまとめるのに時間がかかり、解除がずれ込む可能性もある。

 双葉、大熊、富岡、浪江の4町は線量が高い帰還困難区域があることなどから解除が見通せない状況だ。



反政権派が首都掌握 ウクライナ、5月に大統領選
反政権派と治安部隊の衝突で多数の死者が出たウクライナで22日、反政権派は大統領府など首都キエフを掌握した。ヤヌコビッチ大統領は一時行方が分からなくなり、議会は大統領が権限を放棄したと見なし、独自に前倒し大統領選の日程を5月25日と決めた。その他多数の法案を可決。政権は機能不全に陥った。

 大統領は22日夕、東部ハリコフで、テレビに出演し「これは国家クーデターであり、辞任の考えはない」と語った。大統領はハリコフで自派の議員らと、野党勢力の動きに対抗する構えを見せていた。

 大統領の政敵で、職権乱用罪で服役中だったチモシェンコ元首相は22日釈放され、大統領選出馬を表明した。

 大統領府前からは22日昼までに治安部隊が撤退。代わって反政権派の市民らによる自警団が守っている。1人は朝日新聞記者に「中には誰もいない。大統領府は治安が回復するまで我々が守る」と話した。

 ヤヌコビッチ大統領は21日、欧州連合(EU)の仲介で野党指導者らと協議し、反政権派が占拠したキエフ中心部の広場や官公庁から撤退するのと引き換えに、10日以内に臨時の国民連合政権を作り、年内に大統領選挙を前倒しすることなどで合意した。

 議会は合意に従い、大統領の権限の一部を議会に移すための特別法を可決。

 ヤヌコビッチ大統領は「今議会で行われている議決は全て無効だ。私は署名しない」と語った。(キエフ=西村大輔、喜田尚)
















3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と11ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月17日(木)・・・海外航空会社、成田回避や帰国便増便の動き
東日本大震災や福島第一原発のトラブルを受け、海外の航空会社が成田空港から関西空港の発着に振り替えたり、帰国者のための臨時便を飛ばしたりする動きが出ている。

 イタリアのアリタリア航空は17日から成田便を関西発着に振り替えた。当面20日までで、同社は理由を「イタリア外務省危機管理部と協議した結果」としている。ドイツのルフトハンザ航空もすでに成田便を関西や中部に振り替えて運航している。

 豪カンタス航空は、成田とシドニーなどを結ぶ直行便を17日から香港経由に変更した。乗務員が日本で宿泊するのをやめて、香港まで戻って交代させるためという。

 一方、日本から一時帰国したり予定を早めて帰国したりする外国人も増えている。このため大韓航空は16日から成田―ソウル(仁川)便の臨時便をジャンボ機を使って運航し始め、中国国際航空も臨時便を出している。



2011年3月17日(木)・・・JR東日本・東京メトロなど本数減 節電で17日夕から
深刻な電力不足を受け、JR東日本は17日夕からほぼ平常通り運転していた山手や中央快速、京浜東北などの主要路線の本数を減らして運転することを決めた。東京メトロや東急電鉄などの私鉄各線も同様に1~2割減らす。京成電鉄はスカイライナーを終日運休する。

 節電のため、国土交通省は17日午後、鉄道各社に運転本数の更なる削減を要請した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-02-23 04:13 | 朝日新聞・綜合、政治

2月22日(土)・・・

米大統領「チベット族人権擁護を」 ダライ・ラマと会談
オバマ米大統領は21日、ホワイトハウスでチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と会談し、「チベット固有の宗教、文化、言語の伝統の保護と中国におけるチベット族の人権擁護を強く支持する」と表明した。米政府は中国でチベット族の人権状況が悪化しているとして、中国政府に懸念を示した形だ。

 両者の会談は、2010年、11年に続いて3度目。昨春に習近平(シーチンピン)氏が国家主席に就任してからは初めて。

 ホワイトハウスによると、オバマ氏はダライ・ラマの非暴力の姿勢や、中国からの独立ではなくチベットの高度な自治を求める「中道路線」を称賛。10年1月から中断したままの中国政府とダライ・ラマ側との直接対話を再開するよう促した。一方、オバマ氏は「チベットは中国の一部であり、チベットの独立は支持しない」とする米国の立場も強調。ダライ・ラマも、チベットの独立は求めず、対話再開を希望すると応じた。

 会談は、記者団に完全非公開で、私的な会合などに使う「マップルーム」が使われた。ダライ・ラマを「中国分裂活動の従事者」と非難する中国政府に強く配慮した形だ。(ワシントン=奥寺淳)



ソニーPS4、国内でも発売 ソフト充実、シェアで拡散

世界で累計3億台以上が売れたソニーの据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)」の最新機種PS4が22日、国内で発売された。スマートフォンの普及でゲーム業界の勢力図が激変するなか、ネット対応も充実させた。支持がどこまで広がるかは、ソニーの経営をも左右する。

 22日午前0時過ぎ。発売イベントがあった東京・銀座のソニービルでは待ちわびた60人がPS4を手にした。一番に受け取った神奈川県の大学3年生、渡辺亮さん(21)は「2日間並びました。画面をネットでほかの人と共有できる機能にひかれます」と興奮を隠せない様子だった。

 PS4は、欧米などでは昨年11月の発売から2カ月余りで500万台超が売れる大ヒットとなっている。その随所に、販売が伸び悩んだ前機種の「苦い教訓」がいかされている。











3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と11ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月17日(木)・・・ネットの震災デマ情報、業界団体に注意喚起要請 警察庁
東日本大震災の直後から、インターネット上に国民の不安をあおるようなデマ情報が増加しているとし、警察庁は17日、通信事業者やプロバイダーなどの業界団体「違法情報等対応連絡会」などに対し、不確かな情報を確認したり、利用者に不確かな情報への注意喚起をしたりするよう要請した。

 被害を誇大に記して転送を呼びかける電子メールや、義援金を装って口座に振り込むように呼びかけている書き込みが増加しているという。



2011年3月17日(木)・・・福島原発、車両からの放水届かず 警視庁、17日は中止
東日本大震災で被害が出た福島第一原発の3号機について、警視庁機動隊の高圧放水車は17日午後、放水を実施したが、目標に届かなかった。警察関係者によると、現場は放射線量が高くて危険な状態だといい、機動隊員らは退避。同日中の作業再開はない見通しだ。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-02-22 06:12 | 朝日新聞・綜合、政治

2月21日(金)・・・

「中国軍、尖閣奪取を想定」 米軍大佐、昨秋の演習分析

 米海軍の大佐が、中国軍が昨年秋に実施した大規模な軍事演習について、日本の自衛隊と激しい戦闘を繰り広げた末、尖閣諸島や沖縄の一部奪取を想定したものだったと分析していたことが明らかになった。

 こうした見方を示したのは、米太平洋艦隊の情報部門を統括するジェームズ・ファネル大佐。今月13日に米カリフォルニア州で開かれた中国に関するシンポジウムで語った。

 それによると、中国軍の演習は従来の台湾を取り戻す任務に加え、海上での実戦をより強く想定するようになったと指摘。昨秋に中国南部などで陸海空軍が参加して行われた演習について、「上陸作戦などを含む大規模なもので、東シナ海で短期で激しい戦闘により日本の部隊を壊滅させる任務が加わり、尖閣諸島や琉球諸島南部を奪取すると想定しているとしか考えられない」と分析した。












3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と11ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月17日(木)・・・米、日本の原発対応に不信感 退避範囲の違いに疑問噴出
【ワシントン=村山祐介、望月洋嗣】福島第一原発からの退避勧告範囲が17日、日米両政府間で大きく食い違ったことをきっかけに、日本政府や東京電力の情報の出し方に対する不信感が米国内で高まっている。

 米CNNのキャスター、アンダーソン・クーパー氏は16日夜(日本時間17日午前)、東京からの中継で「日本政府の公式見解を信用している人に出会っていない」と指摘。「民間(東京電力)が情報を管理しており、一般市民を誤った方向に導いている」「(日本政府の)会見は具体性がなく、何が進行しているか理解できない」と批判した。

 米政府は米東部時間の16日午後(日本時間17日未明)、ルース駐日大使名で、福島第一原子力発電所から半径80キロ圏内に住む米国人に対する避難勧告を出した。福島第一原発から半径20キロ圏内の住民に避難を、20~30キロ圏内では屋内退避を指示する日本政府と、大きく食い違う判断だ。

 米政府はこれまで日本政府の指示が「我々の専門家と一致している」(ルース大使)として従ってきたが、その方針を一転させた格好になった。住民に10ミリシーベルト以上の被曝(ひばく)の恐れがある場合に取られる米国内の安全指針を満たせない、という判断となった。

 米エネルギー省のチュー長官は、16日の米下院エネルギー・商業委員会で、原発事故に対する日本の対応に満足しているかを問われ「本当に何とも言えない」と発言。事故に関する報告について「つじつまが合っていないものがある」とも述べ、情報の混乱を認めた。

 「日本政府の言うことを今でも信用しているのか」。「在日米国人は米政府の指示に従うべきではないのか」。米国務省やホワイトハウスの16日の定例会見でも、日本政府への不信感をにじませる質問が相次いだ。




2011年3月17日(木)・・・韓国、自国民に80キロ外退避勧告 米英に追随
【ソウル=牧野愛博】韓国外交通商省は17日午後、日本に滞在している韓国人に向け、福島第一原子力発電所の半径80キロ圏外への退避を勧告した。同省によれば、福島県には約2100人、隣接する宮城県に約4400人の在日韓国人が住んでいる。

 同省は13日付で、東京都や東北部などに旅行警報を発令。福島第一原発の半径30キロ以内については4段階ある警報のうち、上から2番目の「旅行制限」としていた。


 金星煥(キム・ソンファン)外相は17日の記者会見で、米英両国が自国民に80キロ圏外への退避を勧告したことに触れ、「我々もこれを準用している」と指摘した。一方で「日本政府の発表を信じている」とも語った。同省関係者は米英の基準に従った理由について「米国の政策や韓日の報道ぶりなどから総合的に判断した」と説明した。

 一方、インターネットの掲示板には、日本から韓国へ放射性物質が拡散すると指摘する書き込みが相次いでいる。李明博(イ・ミョンバク)大統領は17日、「放射能を心配する必要はない。流言飛語は防がなければならない」と訴えた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-02-21 04:10 | 朝日新聞・綜合、政治

2月20日(木)・・・

真央16位、ヨナ首位、鈴木8位 フィギュアSP


 ソチ五輪第13日の19日(日本時間20日未明)、フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)があり、五輪2連覇を狙う金姸児(キムヨナ)(韓)が74・92点でトップに立った。バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(中京大)は、全てのジャンプでミスがあり、55・51点の16位にとどまった。他の日本勢は鈴木明子(邦和スポーツランド)が60・97点で8位、村上佳菜子(中京大)は55・60点で15位。

 74・64点を挙げた地元ロシアのアデリナ・ソトニコワが2位につけ、元世界女王のカロリナ・コストナー(イタリア)が74・12点で3位。グレーシー・ゴールド(米)は68・63点で4位。今大会の団体で活躍し、ロシアに金メダルをもたらしたユリア・リプニツカヤはジャンプで転倒し、65・23点の5位発進となった。



真央「まだ何もわからないです…」 SPまさかの16位

 (19日、フィギュアスケート女子ショートプログラム)

《浅田真央(中京大)》 SPはまさかの16位。「自分でも終わってみて、まだ何もわからないです。明日は自分のフリーの演技ができるようにしたいと思います」













3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と11ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月17日(木)・・・自衛隊消防車両、3号機への放水終了 福島第一原発
17日午後7時35分、自衛隊の消防車両1台が、福島第一原発3号機に向けて放水を開始した。45分には2台目、53分に3台目が放水を始めた。午後8時に、4台目、8時7分に5台目が続き、8時9分、放水を終えた。自衛隊による17日の放水作業は、これで終えるという。



2011年3月17日(木)・・・放射線、福島周辺5県で平常値超える 福島市は低下傾向
福島第一原発の事故の影響で、17日も福島県の周辺自治体で通常より高いレベルの放射線量が観測された。ただ、福島市内でも放射線量は17日夕方現在、ピーク時に比べて半分近くの値になるなど、各地で低下傾向がみられた。専門家は「ただちに、健康に影響を与える値ではないが、今後の変化を注視していくことが重要だ」と話している。

 都道府県の測定結果は、文部科学省が発表した。同日午前0時から午前9時までの間に、宮城、茨城、栃木、群馬、埼玉の5県で平常時の上限を超えた値が観測された。福島県からはデータが届かなかった。

 この間、最も高い値を記録したのは水戸市。午前0時から1時の間に、毎時0.232マイクロシーベルトの放射線量が測定された。これは同市で平常時に観測される放射線の上限の約4倍にあたる。5県以外の都道府県の測定値はいずれも0.1マイクロシーベルト未満で、平常値の範囲内だった。

 文科省による茨城県東海村での観測では15日午前時点では、毎時5マイクロシーベルトを超える値を観測したが、17日正午には毎時1.4~0.94マイクロシーベルトに減った。

 一方、朝日新聞が17日夕方までに周辺自治体に確認したところ、茨城県の北茨城市、栃木県の那須町や日光市などで平常より高い放射線量が観測された。ピーク時には20マイクロシーベルト台だった福島市内の放射線量は午後5時現在、12.3マイクロシーベルトに下がった。

 福島市では17日に採取した水道水からも放射性のヨウ素が検出されたが、16日朝よりは低下、原子力災害時の飲食物摂取制限に関する国の基準も大きく下回っている。

 東京でもごく微量の放射性物質ヨウ素131とヨウ素132が検出された。しかし、16日に検出されていたセシウム137は、17日午後6時現在、検出されていない。

 東京都産業労働局は測定結果について「現時点では健康に影響を与えるレベルではない」としている。

 人は普段の生活でも、自然界から年間2.4ミリシーベルト(世界平均)の放射線を浴びている。これは、1時間あたりだと0.274マイクロシーベルトになる。胸部X線検診を1回受けると、50マイクロシーベルトの放射線を受ける。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-02-20 04:46 | 朝日新聞・綜合、政治

2月19日(水)・・・

籾井NHK会長「発言、どこが悪いのか」 経営委で
就任会見での従軍慰安婦問題や特定秘密保護法などをめぐる発言が問題になった籾井勝人NHK会長が今月12日の経営委員会で、「取り消しているし、どこが悪いのか。素直に読めば理解できるはずだ」という趣旨の発言をしていたことが18日わかった。経営委内部では「反省していない」との声があがっている。

 12日の経営委では作家の百田尚樹氏、埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏の両委員の言動などを審議し、経営委員は「一定の節度を持って行動していく」とする見解をまとめた。

 複数の関係者によると、委員会の最後に、ある女性委員が会長発言の影響について「受信料不払いなどのリスクにどう対処するのか」と質問。籾井会長は「営業が頑張る」と答えたのに対し、具体案を尋ねられた後、「(発言の)どこがおかしいのか」「会見の記録全体を見てもらえればわかる」という旨の持論を述べた。別の委員から「そういう物言いはおかしい」と反発する声があがり、浜田健一郎委員長がぶぜんとして「終わります」と委員会を打ち切ったという。

 会議終了後、委員からは「浜田委員長が注意した意味がない」と懸念する声が出た。1月28日の経営委で籾井会長は「個人的な見解を発言したのは不適切だった」と反省を表明、委員長が「自身の立場を理解いただきたい」と会長に注意していた。

 今回の発言について、NHK上層部の幹部は「就任会見では記者がしつこく聞くので致し方なかったと言いたいのだろうが、自分は悪くないという趣旨に受け止められても仕方ない」と指摘した。

 約半月後に公開される経営委の議事録の表現については調整中という。(編集委員・川本裕司)















3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から2年と11ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月17日(木)・・・津波10m、仙台の荒浜地区に痕跡 平野で世界最大級
 東日本大震災で死者数百人が確認された仙台市若林区の荒浜地区で、津波の高さが10メートルに達していたことが17日、東北大の今村文彦教授(津波工学)の調査で分かった。平野部としては世界最大級という。宮城県が想定した高さの約3倍の津波は、防潮堤や防潮林を越え、集落を襲った。

 荒浜地区で、住民が逃げ込んだ小学校の校舎の高さ10メートル部分まで津波の痕跡があった。荒浜地区から名取市まで、ほぼ全域で高さ10メートルの津波の跡があった。平野部は津波が増幅されにくく、三陸海岸などでは増幅され、平野部の2倍を超えた可能性がある。今村さんによると、平野部の津波は2004年のインド洋大津波で観測された十数メートルが最大という。

 宮城県は、過去最大級の津波だった宮城県沖地震(連動型)を想定して、この地域は最大の2~3メートルと予測。約5メートルの防潮堤と幅50~数百メートルの松林で備えていたが、今回の津波はその3倍だった。

 名取市の漁港では、津波では壊れないとされる鉄筋コンクリートの建物も破壊された。今村さんは「想定外の非常に強い津波が来た。防災施策に携わってきた自分としては、忸怩(じくじ)たる思いだ」と話した。(長野剛)


2011年3月17日(木)・・・韓国救助隊「生存の希望捨てない」 がれきの中続く捜索
東日本大震災の被災地で、韓国の救助隊105人が行方不明者の捜索活動にあたっている。家や道路などすべてが破壊し尽くされた中で、がれきや泥をかき分ける。「生きている人がいるかもしれない。希望は捨てない。皆さんもどうかこの困難を乗り越えてほしい」――。李東星(イ・ドンソン)団長(52)が語った。

 韓国の救助隊が日本で活動するのは初めて。先発隊が12日に宮城県入り。14日に音波探知機や救助犬、消毒用の薬品、川や海の中に潜水できる器具などを携え、本隊が加わった。仙台市若林区荒浜や多賀城市の現場で3チームに分かれて捜索活動をしている。

 韓国は80年代後半から本格的に人命救助の技術を学び始め、日本の消防庁からも多くの支援を受けた。その日本で救助活動をすることに。「言葉に出来ないほどの苦痛を受けている方々のため、少しでも力になりたい」という。

 15日、宮城野区蒲生の現場。家と家は折り重なるようにつぶれ、ひっくり返った車両には鉄の棒や木材が突き刺さっている。中国・四川やハイチの被災地では、建物などの隙間に生存者がいた。しかし、今回の地震では津波が街を丸ごとのみ込んだ。「本当に心が痛んだ」

 それでも、もしかしたらどこかで助けを待ち望んでいる人がいるかもしれない――。

 汚れた家具、食器、布団、洋服などを取り除いていると、少し前までここにあった幸せな暮らしに思いが及ぶ。割れた写真立ての中から、家族の笑顔がのぞいていた。

 しかし、つぶれた車両や建物の中、下水溝の下からは次々と遺体が見つかった。日本の習慣にならい、手を合わせ冥福を祈った。

 「息子の嫁が見つからないままなんです」。「会社の同僚があっちに流されていくのを見た。なんとかお願いします」。絞り出すような声だった。「探して見ます」。そう答えながら、胸が張り裂けそうになった。
一緒に捜索する警察の人手が足りない現場では、捜索活動だけでなく、遺体の収容もした。福島原子力発電所の放射能漏れにも神経を使い、綿密に検査機で調べている。

 宿舎は現場近くの運動場にある駐車場で、テント張りの滞在。強い吹雪があると、中まで雪が舞い込む。「ありがとう」「カムサハムニダ」とお礼を言ってくれる住民たちの言葉が、支えになる。

 被災者に伝えたいことは――。そう問いかけると李団長は答えた。「どんなに大きな困難でも、どうか希望と勇気を失わないでほしい。私たちもわずかでも力になれるよう力の限りを尽くしますから」(清水大輔)
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-02-19 06:59 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧