<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

6月30日(月 )・・・東日本大震災から3年3ヶ月と19日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と3ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月21日(月)・・・9日ぶり救出 倒壊家屋から80歳女性と孫 宮城・石巻
20日午後4時ごろ、宮城県石巻市門脇町2丁目で、倒壊した家屋に男女2人がいるのを、周辺を捜索していた警察官が発見した。県警からの連絡を受けた消防のレスキュー隊とともに男女を救出。いずれも意識があり、ヘリコプターで市内の石巻赤十字病院に搬送された。

 県警によると、助け出されたのは阿部寿美(すみ)さん(80)と孫で高校1年の任(じん)さん(16)。大地震発生から発見まで丸9日、217時間たっていた。病院によると、寿美さんは軽い脱水症状がみられた。また、任さんは足がはれ、軽い凍傷の疑いもあるという。

 救出された2人は「2階の台所でご飯を食べていた。津波で2階まで浸水した。食器棚などが倒れ、狭いスペースにいた」と話しているという。冷蔵庫の中にあったヨーグルトやコーラ、牛乳、水を口にしながら過ごした。ぬれていない毛布にくるまっていたという。

 家族の説明によると、任さんは仙台市で父親と暮らしているが、試験休みで石巻市の寿美さん方に来ていた。

 地震のあった翌日には、任さんは家族と50秒ほど、携帯電話で話していた。家族が捜しに行ったが、津波のため、家がもともとあった場所になかったという。家族が捜索願を出したが、家屋が数十メートル離れた場所に津波で流されていたことが、捜索が遅れた原因とみられる。

 2人が発見されたのは、JR石巻駅から南に約1.5キロ。旧北上川沿いで河口側のほとんどの家屋が津波で倒壊していた。家屋の方から「助けて」という声を聞いた警察官が、屋根の上にいた任さんを見つけた。任さんから「おばあちゃんが中にいる」と聞いた警察官が家屋内を捜索すると、寿美さんがいたという。任さんががれきを取り除いて屋根に出たのは、この日が初めてだったという。

 仙台管区気象台によると、石巻市から約50キロの仙台市の最低気温は17日に平年より3.2度低い零下2.7度、18日も平年より4.7度低い零下4.1度を記録。平年より厳しく冷え込んでいた。
 宮城県災害対策本部によると、石巻市の今回の地震被害は、死者1826人、行方不明者1472人。3万9219人が避難している。



2011年3月21日(月)・・・日本向けLNG供給を増強方針 ロシア・プーチン首相
 【モスクワ=副島英樹】ロシアのプーチン首相は19日、極東サハリン州の州都ユジノサハリンスクで開かれたエネルギー関係会議で、東日本大震災に見舞われた日本への液化天然ガス(LNG)供給を増やす方針を示した。欧州に供給しているLNGを日本向けに回し、欧州向けはパイプラインによる液化していない天然ガス供給を増やすことで手当てするという。また、サハリンから海底ケーブルを使った日本への直接送電も検討していることを明らかにした。

 イタル・タス通信などによると、プーチン首相は「欧州と日本とのグローバルな交換作戦で、日本への現実的な緊急支援として1カ月に100万トン以上のLNGの供給が確保される」と説明。欧州との協議を近く始めるという。

 さらに同首相は、極東やシベリアでのエネルギー開発計画への日本企業の参加も提案した。震災で露呈した燃料不足や福島第一原発の事故に伴う電力不足を機に、ロシアは日本とのエネルギー関係をより深める方向に動いている。














[世界と日本・今日この頃]


オランダ、終了間際にPKで決勝点 メキシコ破り8強
サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第17日は29日(日本時間30日)、決勝トーナメント1回戦のオランダ(1次リーグB組1位)―メキシコ(同A組2位)があり、前回大会準優勝のオランダが2―1でメキシコに逆転勝ちし、2大会連続6度目のベスト8進出を決めた。


 1次リーグで参加32カ国トップの計10得点を挙げたオランダは0―1で迎えた後半43分、MFスナイダーがCKからの折り返しを豪快に右足で決めて同点に追いついた。試合終了間際の後半49分には、FWロッベンが敵陣ペナルティーエリア内で相手のファウルを誘い、得たPKをFWフンテラールが決めた。

 メキシコは後半3分にFWドスサントスのゴールで先行したが、守り切ることができず、1986年のメキシコ大会以来の8強入りを逃した。




W杯 コスタリカ、PK戦制して初の8強
サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第17日は29日(日本時間30日)、決勝トーナメント1回戦のコスタリカ(1次リーグD組1位)―ギリシャ(同C組2位)は、延長戦を終えて1―1で迎えたPK戦をコスタリカが5―3で制し、2大会ぶり4回目のW杯で初のベスト8進出を決めた。


 コスタリカは後半7分、FWルイスが左サイドからのパスをダイレクトでゴール右に決め、先取点を挙げた。後半21分にDFドゥアルテが退場して1人少ない状況になり、後半終了間際にはギリシャに追いつかれた。しかし、延長戦ではギリシャの猛攻をしのぎ、PK戦は5人全員が成功させた。

 ギリシャは3回目のW杯で初めて決勝トーナメントに進出したが、8強入りはならなかった。

 コスタリカは7月5日午後5時(日本時間7月6日午前5時)からの準々決勝でオランダと対戦する。



集団的自衛権、あす閣議決定 官房長官表明

菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で、憲法解釈を変えて集団的自衛権を使えるようにする閣議決定について、「最終的に与党間の調整ができれば、明日行っていきたいということには変わりない」と述べ、7月1日に行う意向を表明した。

 菅氏は、憲法解釈変更による行使容認に慎重な世論が根強いことについて、「(行使容認を)実行に移していくには、国会に法案を提出して議論する。その過程で慎重に国民に説明しながら理解をいただけるようにしたい」と述べた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-30 04:59 | 朝日新聞・綜合、政治

6月29日(日 )・・・東日本大震災から3年3ヶ月と18日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と3ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)




2011年3月21日(月)・・・放射線、雨やちりにも 専門家「健康に影響出ない値」
文部科学省は20日、上空からちりなどとともに落ちた降下物に含まれる放射性物質の量を都道府県ごとに発表した。場所によって一時、放射性セシウムが通常の1千~2千倍あった。専門家は「直ちに健康に影響は出ないが、注意が必要」としている。

 群馬県と栃木県では18日から19日にかけて、セシウム137がそれぞれ1日1平方メートルあたり84ベクレル、62ベクレル検出された。この値はこれまでに検出された1日あたりの量の約1200~2100倍に相当する。翌日にかけて値は63ベクレル、45ベクレルに下がった。

 放射能の量が半分になる半減期が8日間のヨウ素131は、栃木県で1300ベクレル、群馬県で230ベクレル検出され、いずれも翌日は下がった。

 福島県は、震災の影響でデータを得られなかった。

 気象研究所の報告によると、チェルノブイリ原発事故が起きた直後の1986年5月には、茨城県内でセシウム約130ベクレルを検出。1日あたりだと4.3ベクレル。米ソなどが核実験を繰り返していた60年代には、東京都で月間500ベクレルほど、1日あたりで約17ベクレルを検出していた。

 セシウム137は放射能が半分になるまでの期間が30年と長く、地表にたまりやすい。今後、雨が降れば、大気中の放射性物質が落下して、降下物に含まれる値が高まることも予想されている。

 学習院大の村松康行教授(放射化学)は、「今回の値ですぐに健康に影響が出るわけではないが、汚染は確実に進んでいる。高い値がこれからも続くのか、注意してみていく必要がある」と話している。


















[世界と日本・今日この頃]

コロンビア、初の8強入り ウルグアイ下す W杯

サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第16日は28日(日本時間29日)、決勝トーナメント1回戦があり、コロンビア(1次リーグC組1位)が2―0で前回大会4強のウルグアイ(同D組2位)を下し、5回目の出場で初のベスト8進出を果たした。

 コロンビアは前半28分、MFロドリゲスがペナルティーエリアの外から左足で鮮やかなボレーシュートを決めて先制。後半5分にもロドリゲスが左クロスからの折り返しを押し込み、2点目を決めた。ロドリゲスは今大会、得点王争い単独トップとなる計5ゴール。コロンビアは7月4日午後5時(日本時間7月5日午前5時)からの準々決勝でブラジルと戦う。




ブラジルが8強進出 チリをPK戦で破る W杯
サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第16日は28日(日本時間29日)、決勝トーナメント1回戦のブラジル(1次リーグA組1位)―チリ(同B組2位)があり、延長戦を終えて1―1で迎えたPK戦をブラジルが3―2で制し、6大会連続で8強入りした。

 試合は6度目の優勝を目指すブラジルが前半18分、CKからDFダビドルイスが押し込み、先取点を挙げた。チリは同32分、敵陣でブラジルのスローインをカットし、FWサンチェスが同点ゴールを決めた。その後は両者とも決め手を欠き、今大会初の延長戦にもつれ込んだが、互いに無得点。PK戦は2―2から5人目の勝負となり、先攻のブラジルはFWネイマールが決めたが、後攻のチリはDFハラが蹴ったボールが右ポストを直撃し、ついに決着がついた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-29 06:39 | 朝日新聞・綜合、政治

6月28日(土 )・・・東日本大震災から3年3ヶ月と17日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と3ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



22011年3月21日(月)・・・農産物の規制値超す放射性物質検出、5県に拡大
栃木、群馬両県は20日、それぞれの県内産ホウレンソウなどの野菜から、食品衛生法の暫定規制値を超える放射性ヨウ素やセシウムが検出されたと発表した。千葉県産シュンギクのヨウ素も規制値を超えた。規制値を超えた農産物は福島、茨城に加え5県に拡大した。東京電力福島第一原発の事故の影響とみられる。

 福島など3県と千葉のシュンギクが見つかった東京都は一部農産物の出荷自粛などを生産者らに要請。ホウレンソウの供給不足が懸念されるため、農林水産省は20日、全国農業協同組合連合会に、規定の大きさや形に達していない作物の出荷などを要請した。

 政府は一定地域の食品の摂取制限や出荷停止が必要かどうか21日に結論を出す方針。

 枝野幸男官房長官は20日の記者会見で、「ただちに健康に影響を及ぼすとは考えられない」と強調した。厚生労働省は健康への影響評価を食品安全委員会に諮問した。

 栃木ではホウレンソウから規制値を超えるヨウ素とセシウムが検出された。かき菜からは規制値と同じ値のヨウ素が出た。県はJAにホウレンソウとかき菜の出荷自粛と出荷分の自主回収を要請した。牛乳からは放射性物質は検出されなかった。群馬でもホウレンソウから規制値を超えるヨウ素、かき菜からセシウムが検出され、出荷自粛をJAに要請した。

 規制を超えるヨウ素が検出された千葉県旭市産のシュンギクは、東京都が都内に流通している農産物を調べて見つかった。都は同時に出荷されたシュンギク90キロを販売禁止とし、千葉県などに旭市産農畜産物の出荷自粛を求める。

 福島では新たに4カ所の農場の牛乳が規制値を超え、ヨウ素の値は最高17倍を記録した。県は市場に出回っていないとしており、安全性が確認されるまで県内全ての牛乳の出荷自粛を酪農家に要請。ホウレンソウは検査ミスで改めて調べるが、21日から念のため県内全域の露地野菜の出荷自粛をJAなどに求めた。
茨城ではハウス栽培を含むホウレンソウから規制値を超えるヨウ素(最高27倍)やセシウム(同4倍)が検出された。一方、トマト、イチゴ、キュウリ、ニラ、水菜、チンゲンサイ、レンコン、キャベツ、ネギ、ピーマン、レタスは規制値を下回った。

 新潟県は県内に流通する農産物を調べたが、規制値を下回った。




2011年3月21日(月)・・・米艦から巡航ミサイル124発 リビアの軍事施設を攻撃
 【ワシントン=望月洋嗣、カイロ=貫洞欣寛】リビアに対する軍事介入を開始した米英仏などの多国籍軍は19日夜(日本時間20日未明)、米軍が地中海上の艦船から20カ所以上のリビア軍事施設に向けて巡航ミサイル「トマホーク」を124発撃ち込むなど軍事作戦を本格化させた。一方、リビア最高指導者のカダフィ大佐は徹底抗戦の構えをみせている。

 19日午後にサルコジ仏大統領が軍事介入の開始を宣言した後、オバマ米大統領も訪問先のブラジリアで「米軍に限定的な軍事行動の開始を許可した」と発表した。攻撃は、リビア上空の飛行禁止空域を確保するため、リビア政府軍の防空網を破壊するのが目的。これによって政府軍による反体制派攻撃を食い止められるかが焦点になる。

 ロイター通信によると、米軍は20日、戦闘機によるリビア政府軍の地上部隊などに対する空爆を実施。多国籍軍の軍事行動は2日目に入った。

 米国防総省によると、今回の軍事作戦名は「オデッセイの夜明け」。19日時点で米英仏とイタリア、カナダが参加している。

 米統合参謀本部のゴートニー海軍中将は「(リビア東部)ベンガジを中心とするリビア国民や反体制派への攻撃を防ぎ、飛行禁止空域の条件を整えること」が攻撃の目的だと説明。今回の攻撃は「複数段階にわたる軍事作戦の第1段階」との位置づけで、米アフリカ軍司令部が指揮をとったが、今後、多国籍軍に指揮権を移すという。

 リビア側が受けた打撃は明らかになっていないが、ロイター通信によると、マレン米統合参謀本部議長は20日、米テレビのインタビューで「昨日の作戦は非常にうまくいった。飛行禁止空域は整った」と語った。

 カダフィ大佐は20日未明、国営テレビを通じて多国籍軍の攻撃は「十字軍による残忍で正義のない侵略行為」と非難し、「地中海が戦場になる」と報復を示唆した。ロイター通信はリビア当局者の話として、市民を含む64人が死亡したと伝えた。














[世界と日本・今日この頃]

妻へ子へ、遺された言葉 忘れない、戦時中の手紙
 我が子への遺訓、戦火に断たれた妻への思い……。太平洋戦争中の死と隣りあわせの状況で、大切なメッセージが手紙に遺(のこ)された。戦後69年。遺族が亡き人をしのぶよすがは、平和の意味を今に問いかけている。

■特攻隊の父「オホキクナッタナレバ スキナミチニ」

 《オトウサンハ マサノリ、キヨコノ オウマニハ ナレマセンケレドモ フタリナカヨクシナサイヨ》

 カタカナが並ぶ遺書が、知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)にある。1945年5月、特攻隊「義烈空挺(くうてい)隊」の一員として沖縄で戦死した久野正信さん(当時29)が、幼い2人の子のためにやさしい言葉づかいで書いた。

 「お馬になってもらった記憶はないんですよね」。当時5歳だった長男、正憲さん(74)=愛知県東郷町=は苦笑いする。玄関で脱いだ軍靴のにおい、がっちりした後ろ姿。父の記憶はあいまいだ。

 初めて遺書に目を通したのは小学生の頃。当時、特別なものを感じた覚えはなく、その後も遺書が入った箱を開けることはほとんどなかった。母が遺書の写しを知覧特攻平和会館に提供したのは30年ほど前だ。

 正憲さんの心をとらえている一文がある。

 《オホキクナッタナレバ ヂブンノスキナミチニ スヽミ リッパナニッポンヂンニナルコトデス》

 「親の言いつけを守るのが当然の時代。自由に生きろ、とは心の広い人だったんだなと思います」

 時間とともに2枚の便箋(びんせん)は黄ばんできた。小学校の用務員などをして正憲さん兄妹を育てた母は2年前に93歳で亡くなった。

 昨年10月、知覧特攻平和会館からの求めもあって実物を寄贈した。遺書に宿る平和への思いが伝わることに期待する。

 「特攻は犬死にでも、華々しい死でもない。我々遺族にとっては大切な肉親の命が奪われたという事実があるだけです。メッセージから戦争がいかに惨めか伝わればありがたい」(岩崎生之助)

■対馬丸沈没、兄が密書「生き地獄でした」

 44年8月22日。沖縄から長崎へ疎開する児童ら1788人以上を乗せた疎開船「対馬丸」が、鹿児島県トカラ列島沖で魚雷攻撃を受けて沈んだ。

 《勝ちゃんははじめ父に抱かれていたが、ボーイが強いて受け取ったとの事です。父のイカダは縄が切れたとのことでした。》

 対馬丸記念館(那覇市)にある、両親や弟ら9人を失った長兄の手紙のコピーだ。「勝ちゃん」とは、3日間、海を漂った末に助けられた弟の高良政勝さん(74)のことだ。

 当時4歳。「父は3日間私を抱きかかえ、船乗りに渡した瞬間に力尽きてしまったんだろう。手紙が残っていたおかげで父に感謝できた」と政勝さんは言う。

 手紙を書いた長兄は、当時19歳だった政弘さん。2004年に死去した。撃沈の9日後、沖縄に残っていた祖父母にあて、政勝さんと妹が助かり、ほかの9人が亡くなったと伝えた。

 《生き地獄でした(略)海に二夜も浸かっていた人ばかりでした(略)親や弟妹はいないかとじっと一人ひとり見ていますと、ボーイに抱かれた裸の子が下りてきました。よく見ると政勝でした(略)港で、男の兄弟二人泣きました。》

 (秘)の文字もある。検閲を逃れるため、旧知の船員に託した密書だった。大本営発表の下、救助や調査よりも隠すことが優先され、箝口令(かんこうれい)が敷かれたことを示す貴重な記録だ。

 対馬丸事件の犠牲者は、学童780人を含む1482人が判明したが、全容はいまもわからない。戦争の語り部を続ける高良さんは、子どもたちの前に立つとき、この手紙を見せる。(木村司)

■部隊から妻へ「息子を病気させぬ様頼む」

 《眞蔵も大きく成った事と思う 病気させぬ様頼む

 もう歯が出来たとの事 早い事だ

 隊に居れば便りが唯一の楽しみだ ちょい●(●は繰り返し記号の「く」)近況を知らせてくれ》

 昨年8月、大刀洗平和記念館(福岡県筑前町)に寄贈された5通の手紙の一節だ。旧満州の陸軍工兵隊の所属だった橋田正吉さん(当時31)が妻の節子さんにあてた。

 2人は44年に結婚し、翌年2月に長男、真蔵さんが生まれた。5月に正吉さんは入隊、6~7月に部隊から妻子を案じて手紙を送った。手紙に添えられた文書の中に県の「死亡状況書」があった。終戦後にシベリアの捕虜収容所から運ばれる途中、栄養失調で亡くなったと記されている。

 内地に引き揚げた節子さんは、夫の死を知らされた後、別の男性と再婚した。手紙は節子さんの死後、病床の荷物の中から見つかった。30年前のことだ。

 手紙を寄贈したのは、正吉さんが手紙で身を案じた真蔵さんの妻、立花陽子さん(66)=福岡市=だ。真蔵さんはいま施設に入り、立花さんは自宅で一人暮らし。「自分に何かあったら手紙が散逸する」と心配して寄贈したという。

 「姓が変わってもずっと持ち続けていたんですね」と立花さんは声を詰まらせた。若い2人がつかの間に育んだ暮らしを知るのは、色あせた手紙だけだ。(奥村智司)

     ◇

■しのぶ品々、いまも寄贈続く

 戦死者の形見や戦時の暮らしをしのぶ品々はいまも各地の資料館に寄せられている。

 知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市)には2013年度、元特攻隊員ら23人分の遺品299点が寄贈された。同館が手紙や電話で遺族に呼びかけたところ、年間10人ほどだった提供が20~30人に増えた。「多くの人に見てほしい」「保管場所が決まって安心した」といった声もあり、担当者は「ご遺族の高齢化も背景にある」とみている。

 広島平和記念資料館(広島市)には13年度、48人から約千点が寄せられた。これまでに熱線で溶けた食器や「黒い雨」でくすんだ服、被爆者の体に刺さっていたガラス片などが寄贈された。担当者によると、最近は遺族が「没後に見つけた」と来歴が分からぬまま持ち込む例もあるという。大阪国際平和センター(ピースおおさか、大阪市)には12年度、手紙や書籍など約500点が届いた。来春の改装を控え、昨年末から遺品の提供を呼びかけている。

     ◇

 来年は戦後70年です。この節目に向けて朝日新聞西部本社は、戦時下の生活を見つめ直す記事を掲載していきます。当時を物語る品々の情報をもとに記者が取材を進める読者との双方向企画です。戦争によって離ればなれになった家族に宛てた手紙や、当時の生活がしのばれる写真などを大切にお持ちでしたら、情報をお寄せください。住所、氏名、年齢、連絡先と、どんな物をお持ちかを明記の上、お手紙でお寄せください。内容に応じて、取材させていただければと思っています。

 宛先は、〒812・8511(住所不要)朝日新聞福岡本部社会グループ「戦後70年取材班」。ファクス(092・461・0607)、メール(s―shakai@asahi.com)でも可。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-28 06:29 | 朝日新聞・綜合、政治

6月27日(金 )・・・東日本大震災から3年3ヶ月と16日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と3ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月21日(月)・・・水道水から基準値3倍超す放射性ヨウ素 福島・飯舘村
厚生労働省は21日、福島県飯舘村の簡易水道水から、規制値の3倍を超える1キロあたり965ベクレルの放射性ヨウ素を検出した、と発表した。この検査結果を受け、水道水を使う住民に飲用を控えるよう住民に広報することを求めた。同村は21日朝から村内に給水車を出す。

 同省によると、検出されたのは、同村の簡易水道水。ヨウ素の飲料水の摂取制限の規制値は1キロあたり300ベクレル。厚労省の担当者は「1週間以内と一時的な飲用であれば直ちに健康には影響しない」と話している。

 福島県川俣町の水道水からも、17日に規制値を上回る308ベクレルが検出されていた。



2011年3月21日(月)・・・2号機の通電確認 放水作戦も続行 福島第一原発
東日本大震災で被害を出した東京電力福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)では電源復旧作業が進み、東電は20日午後3時46分、ケーブルのつながった2号機に電気が届いていることを確認した。機器の故障や漏電を調べる作業を実施している。3~6号機へのケーブル接続作業も進んでいる。東京消防庁と自衛隊による放水作業はこの日も断続的に続けられた。

 福島第一原発は地震発生から10日目を迎えた20日も、送電線からの外部電源を引き込んで接続する作業が、東京消防庁などによる放水作業の合間を縫って続けられた。

 電源の復旧作業が最も進んでいるのは、19日に送電線から構内のタービン建屋にある配電盤まで約1.5キロのケーブルが接続された2号機と、2号機に隣接する1号機。

 20日には、原子炉を制御・監視する中央制御室などへ通電する前に、機器や配線に故障や漏電がないかを調べる作業が進められた。外部電源が中央制御室に接続できれば、建物内部に照明がつき、原子炉の状態を示す計器類などが使えるようになる。

 東電は「中央制御室の制御盤が使えるようになれば、機器がどんな状態なのか、どこに異常があるのか分析できるようになる」としている。

 5、6号機でも、送電線からケーブルを延ばして通電できる状態が目前だ。並行して建物内では、ポンプや配管の弁などが作動するかどうかの点検が進められ、多くが正常に動きそうだという。21日の電源供給を目指す。

 東電は20日、5、6号機とも原子炉内の温度が100度以下になる「冷温停止」の状態になったと発表した。この2機はもともと定期検査中で、炉内は冷温停止状態にあったが、震災の後、水温が上昇していた。19日までに非常用発電機2台が使えるようになり、冷却機能が回復したという。

 3、4号機も別の送電線からケーブルを敷設する作業が続けられた。しかし、放射線量が高い場所を避けながらケーブルを敷く必要があったために、作業に遅れが生じたという。

 一方、敷地内の放射線量のレベルは、16日に3号機から白煙が上がった後に急上昇したが、その後は目立った上昇を見せていない。
















[世界と日本・今日この頃]

アルジェリア、初の決勝Tへ 韓国は未勝利で敗退 W杯

 サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第15日は26日(日本時間27日)、1次リーグH組の最終戦があり、アルジェリアがロシアと1―1で引き分け、初の決勝トーナメント(T)に進んだ。すでに決勝T進出が決まっていたベルギーは1―0で韓国を破り、3連勝。H組の最終順位は1位ベルギー、2位アルジェリア、3位ロシア、4位韓国となった。


 ロシアは前半6分、左からのクロスにMFココリンが頭で合わせて先取点を挙げた。アルジェリアは後半15分、FWスリマニが頭で押し込んで追いついた。

 ベルギーは前半45分にMFデフールがレッドカードで退場に。1人少ない中で韓国の攻撃をしのぎ続け、後半33分に、DFフェルトンゲンがGKのこぼれ球を押し込んだ。決勝TでベルギーはG組2位の米国と、アルジェリアはG組1位のドイツと対戦する。

 これで1次リーグの全試合が終了し、16強が出そろった。アジア勢出場4チーム(オーストラリア、日本、イラン、韓国)は未勝利(9敗3分け)で全チームが1次リーグ敗退となった。決勝Tは28日(日本時間29日)から始まる。



東電株主総会で2人倒れる 株主と社員、一時騒然


 26日午後1時5分ごろ、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開かれていた東京電力の株主総会で、退場を求められた株主の男性と、退場を促していた東電社員の男性の2人が倒れ、病院に運ばれた。警視庁丸の内署によると、搬送時は2人とも意識があり、命に別条はないという。総会は一時、騒然としたが、中断することなく続けられた。

 株主の男性は、東電株主代表訴訟の原告代表で神奈川県相模原市の堀江鉄雄さん(66)。株主総会で福島第一原発事故の検証不足などについて経営陣に質問していたが、決められた3分を超え、議長の数土文夫会長から退場を求められた。

 複数の出席者によると、堀江さんが質問用マイクから離れようとしなかったため、男性スタッフらが取り囲み、出口に誘導しようとした。直後、堀江さんと東電の男性社員の計2人がマイク近くに倒れ込んだ。

 堀江さんは「5、6人に囲まれ、うち1人に前から抱えられる形で押されて後ずさりしたとき、倒れた」と話している。東京電力広報部は「退場を促していたところ、何かのはずみで2人が転倒した。事実関係を確認している」とコメントした。近くにいた女性は「暴力や言い争うような声は見たり聞いたりしていない。気づいたら男性2人が倒れていた」と話した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-27 04:52 | 朝日新聞・綜合、政治

6月26日(木 )・・・東日本大震災から3年3ヶ月と15日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と3ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月21日(月)・・・福島第一原発全6基の廃炉、東電も「不可避」の見方
東京電力内で、福島第一原発の廃炉は避けられないとの見方が強まっている。東電関係者によると、建屋の爆発や炉心溶融が問題になっている1~4号機は、技術的に再稼働が難しい状態。損傷のない5、6号機についても「地元の住民感情を考えると再開は厳しく、6基とも廃炉にせざるを得ない」とみている。

 1~3号機は水素の発生状況から、炉内の核燃料棒の損傷が激しいと推測される。そのため、事故が収束した後も核燃料棒を取り出せない可能性が高いという。放射線量が高いため、処理には長期間を要し、「廃炉には10年近くかかるだろう」(東電の原子力関係者)としている。



2011年3月21日(月)・・・「自衛隊諸君を誇りに思う」 首相、防大卒業式で訓示
菅直人首相は20日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示し、東日本大震災の対応について「政府は、自然のもたらしたすさまじい被害から何としても国民を守るべく、必死の闘いを続けている。危険を顧みず死力を尽くして活動を続ける自衛隊諸君を誇りに思う」と語った。

 被災者救援や東京電力福島第一原子力発電所の冷却作業など、東北地方では10万人余りの自衛隊員が活動中。菅首相は約400人の卒業生に向けて「諸君に期待されているのは、災害などにより困難に陥った国民を支援することだ」と続けた。

 開式に先立ち、菅首相や卒業生らは震災の犠牲者に1分間の黙祷(もくとう)を捧げた。卒業生が帽子を高々と投げて退場するのが慣例だったが、今回は自粛し、着帽したまま会場を後にした。卒業生は409人。留学生を除く397人中、12人が任官しなかった。













[世界と日本・今日この頃]

電力9社で株主が「脱原発」提案 経営陣は再稼働方針

原発を持つ9電力会社の株主総会が26日、一斉に開かれた。初めて9社すべてで、株主が「脱原発」を求めた。株主たちは、原発が抱える問題をあの手この手で訴えた。だが、経営陣はそろって再稼働を急ぐ方針を繰り返し、提案は否決される見通しだ。


 この日総会を開いたのは、東京、関西、中部、九州など、原発をもつ9電力会社。午前10時から始まり、すべての電力に「脱原発」を求める株主提案が出された。これまで北陸電力には提案がなかった。

 株主提案を可決するには、総会に出席した株主が持つ議決権の3分の2以上の賛成が必要になる。午後1時20分ごろまでに、関西をのぞく8電力で否決された。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-26 04:53 | 朝日新聞・綜合、政治

6月25日(水 )・・・東日本大震災から3年3ヶ月と14日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と3ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月21日(月)・・・屋根にしがみつきSOS、届いた 石巻9日ぶり救出
寒さに震えながら振り絞ったSOSが、届いた。地震発生から10日目。宮城県石巻市で倒壊家屋から救出された祖母と孫は、がれきの下で励まし合いながら、助けを待っていた。

 辺りは暗くなろうとしていた。県警石巻署員4人が不明者を捜索中、崩れて平屋建てのようになった2階建ての家から声が聞こえた。

 「たすけてー」。がれきに囲まれ、阿部任(じん)さん(16)が屋根にしがみついていた。ジャージー姿。体にはバスタオルを何重にも巻き付けていた。靴も履いていない。「家の中に動けなくなったばあちゃんがいます。助けてください。80歳です」

 署員ががれきをかいくぐっていくと、倒れたクローゼットの上に布団にくるまった祖母の寿美(すみ)さん(80)がいた。そばには冷蔵庫やテーブルがあった。署員と目が合うと「よかった」と言って、涙を流した。足が悪くて動けなかったという。

 寿美さんは軽度の脱水症状がみられる程度だが、任さんは顔や足にけがをしていた。署員が持っていたお菓子を差し出すと、任さんはほおばって食べた。カイロを渡し、カッパをかけると、ようやくほっとした表情になった。

 2人が搬送された病院で会見した任さんの父の明(あきら)さん(57)らによると、地震発生翌日の12日、寿美さんの携帯電話に、任さんの兄から着信があった。任さんは「うちはつぶれたけど2階の台所にいて無事だ」と兄に伝えた。その情報を元に家族で捜したが、家そのものが津波で流されてどこにあるかわからず、携帯もつながらなくなった。

 地震発生から3日目、任さんが隣の部屋から毛布を取ってきて2人で毛布や布団にくるまっていた。近くにある冷蔵庫から食材を取り出し、空腹をしのいだ。20日、任さんが屋根裏を破って屋根に乗ったことが、9日ぶりの救出につながった。
救出後、明さんが「よく頑張ってくれた」と声をかけると、2人とも「頑張った」という表情をしたという。明さんは「必ず生きていると信じていた。助けていただき、非常にうれしい。あきらめないとは偉大なことだというメッセージになる」と話した。

 任さんの友人は「すごく心配していた。任君は体力があり、体調が悪い友だちがいると声をかけてくれる優しいやつ。とにかく無事でよかった」と喜んだ。

 治療にあたった石巻赤十字病院の小林道生医師は「2人とも元気。奇跡的に食料がとれる状態で、毛布で寒さをしのげたことや、2人で励まし合えたことがよかった」と話した。

 2人が寝ていた枕元には、パンや焼きのり、冷凍たこ焼きの容器が散らばっていた。

 震災の発生から21日で10日。捜索活動はどうなっているのか。

 警察幹部は「壊れた家の隙間やがれきの下に必ず生存者はいる。何日たとうが関係ない」と話す。ヘリコプターが被災地の上空を回り、人影を探す。陸では、がれきをそっとはがして、声やせきの音が聞こえないか耳を澄ます。そんな活動が20日の2人救出につながったという。

 被災地に入った全国の消防隊員はピーク時の約5千人から、現在は約4500人に。総務省消防庁も「いつまでになるかはわからないが、現地にいる限り救助活動は続ける」としている。

 その一方で、発生1週間の18日を境に、被災者支援に軸足を移す向きもある。

 岩手県は18日、自衛隊、消防、警察などが行方不明者を一斉に捜索する「ローラー作戦」を実施した。これ以降について、県幹部は「避難者支援に軸足を移す」。自衛隊の部隊の指揮官である君塚栄治陸将も同日の会見で「行方不明者の捜索を継続しつつ、活動の重点を人命救助から生活支援を主体とした復旧活動に徐々に移す」と述べた。



2011年3月21日(月)・・・被曝覚悟の使命感 原子炉直近、危険伴う放水作業
東京電力の福島第一原発では、東電社員や消防隊員らが、放射線被曝(ひばく)も覚悟しながら懸命の作業を続けている。

 東電によると、20日午前5時の時点で社員7人の放射線被曝が100ミリシーベルトを超えた。この数値は従来の線量上限で、今回は250ミリシーベルトに緩和されているが、そのうちの1人は19日夜、本社との電話で「法律上問題がない範囲でできるだけ作業を進めたい」と語ったという。地震発生以来、原発内の緊急対策室で寝泊まりし、炉心に水を注入したり、放水のために現場を調査したりする作業を指揮している。

 19日の放水作戦に参加した東京消防庁の隊員たちも、車から降りて、送水ホースを延ばしていく作業を行った。

 検査の結果、最も被曝レベルが高かった隊員は27ミリシーベルト。14~15ミリシーベルトの隊員が3人いたが、ほかは10ミリシーベルト以下だった。

 一方、17日に地上放水の先陣を切った警視庁機動隊員たち。東電から渡された資料では、放射線量が毎時300ミリシーベルトに近い場所もあったという。3号機から20~30メートルの地点に放水車を止め、防護服姿の5人が車外に出てホースの設営などをした。浴びた放射線量は9ミリシーベルトが最大で、全員が基準以下にとどまった。放水後、「もう1回行かせてほしい」と訴える隊員もいたという。













[世界と日本・今日この頃]

「自分たちを信じ合おう」長谷部の思い、コロンビア戦へ

サッカー日本代表は24日(日本時間25日午前5時)、W杯1次リーグ最終戦のコロンビア戦に臨む。ここまで苦戦が続く中、主将の長谷部誠は、チームの一体感を疑わない。


 ブラジル入りする前の米国合宿で選手ミーティングを開き、長谷部は言った。

 「これから、うまく行くこともあれば、うまく行かないこともある。どんなときでも一番大事なのは、自分たちを信じ合うこと。選手同士だけでなく、監督、コーチ、スタッフ全員を信頼していこう」





ザックJ、MF青山が初先発 W杯コロンビア戦
 サッカーのワールドカップブラジル大会で1次リーグC組の日本は24日(日本時間25日午前5時)、コロンビアと対戦する。日本はMF青山(広島)が初先発。先発は次の通り。

 ▽GK 川島(スタンダール・リエージュ)

 ▽DF 内田(シャルケ)長友(インテル・ミラノ)今野(ガ大阪)吉田(サウサンプトン)

 ▽MF 青山(広島)長谷部(ニュルンベルク)

 ▽FW 本田(ACミラン)岡崎(マインツ)香川(マンチェスター・ユナイテッド)大久保(川崎)






日本、3失点目 W杯コロンビア戦、後半1―3

 サッカーのワールドカップブラジル大会で1次リーグC組は24日(日本時間25日午前5時)、日本―コロンビアが始まった。日本はMF青山(広島)が初先発。



 前半16分、日本はDF今野がペナルティーエリア内で相手選手を倒し、イエローカード。同17分にPKをMFクアドラドに決められ、先取点を奪われた。

 前半ロスタイム、日本はFW本田からのクロスをFW岡崎が頭で決めて同点に追いつき、1―1で前半を折り返した。

 後半10分、コロンビアのFWマルティネスに左足で決められ、再び先行を許した。

 同17分、日本はMF青山に代えて、MF山口(セ大阪)を投入。同24分には、FW岡崎(マインツ)に代えて、FW柿谷(セ大阪)を投入した。


 先発は次の通り。

 ▽GK 川島(スタンダール・リエージュ)

 ▽DF 内田(シャルケ)長友(インテル・ミラノ)今野(ガ大阪)吉田(サウサンプトン)

 ▽MF 青山(広島)長谷部(ニュルンベルク)

 ▽FW 本田(ACミラン)岡崎(マインツ)香川(マンチェスター・ユナイテッド)大久保(川崎)




日本、1次リーグ敗退 W杯、コロンビアに1―4
サッカーのワールドカップブラジル大会で1次リーグC組は24日(日本時間25日午前5時)、日本はコロンビアと対戦し、1―4で敗れた。2敗1分けで同組最下位となり、2大会連続の決勝トーナメント進出はならなかった。

日本戦データ詳報
ギリシャ戦詳報

 前半16分、日本はDF今野がペナルティーエリア内で相手選手を倒し、イエローカード。同17分にPKをMFクアドラドに決められ、先取点を奪われた。

 前半ロスタイム、日本はFW本田からのクロスをFW岡崎が頭で決めて同点に追いつき、1―1で前半を折り返した。

 後半10分、コロンビアのFWマルティネスに左足で決められ、再び先行を許した。

 同17分、日本はMF青山に代えて、MF山口(セ大阪)を投入。同24分には、FW岡崎(マインツ)に代えて、FW柿谷(セ大阪)を投入した。

 同37分に、FWマルティネスに再び左足で決められ、2点差をつけられた。

 同40分、FW香川(マンチェスター・ユナイテッド)に代えて、MF清武(ニュルンベルク)を投入した。

 同45分には、MFロドリゲスに4点目を奪われた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-25 04:18 | 朝日新聞・綜合、政治

6月24日(火 )・・・東日本大震災から3年3ヶ月と13日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と3ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月21日(月)・・・福島第一原発、基準6倍のヨウ素検出 核燃料の損傷確実
東京電力福島第一原発で、基準濃度の6倍のヨウ素131が検出された。セシウムも見つかった。東京電力が21日発表した。いずれも核分裂によってできる代表的な物質で、原子炉や使用済み燃料プール内の核燃料が損傷していることが確実になった。

 東電が、1号機の北西約200メートルの空気中から採取した物質を19日、事故後初めて調べた。

 その結果、ヨウ素131の濃度は1ccあたり5.9ミリベクレルだった。1年吸い続けると、300ミリシーベルト被曝(ひばく)する濃度だ。作業員は、体内に入らないようにマスクをして作業している。このほか見つかったのはヨウ素132が2.2ミリベクレル、133が0.04ミリベクレル、セシウム134と137がいずれも0.02ミリベクレルだった。

 分析装置のある福島第2原発に持ち込む必要があり、時間がかかっていた。



2011年3月21日(月)・・・自衛隊、4号機へ90トン放水 消防車13台 福島原発
防衛省によると、自衛隊は21日午前6時37分から、東京電力福島第一原子力発電所4号機に対し、地上から放水を始めた。自衛隊の消防車12台と米軍から借り受けた消防車1台の態勢。東電の社員が米軍の消防車を操作した。約90トン放水し、同8時41分に終了した。












[世界と日本・今日この頃]

[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-24 04:02 | 朝日新聞・綜合、政治

6月23日(月 )・・・東日本大震災から3年3ヶ月と12日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と3ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月21日(月)・・・避難者、15都県で34万9419人〈21日午前9時〉
 警察庁によると、21日午前9時現在の避難者数は、15都県で計34万9419人と発表した。

 確認されている避難者数は宮城14万2381人、福島13万1665人、岩手4万7443人、新潟7849人、茨城3922人、山形3858人、埼玉3699人、栃木3068人、群馬2708人、千葉1195人、東京546人、青森367人、山梨365人、神奈川252人、長野県101人。

 このうち宮城、新潟、長野、栃木、茨城、神奈川の6県には福島県から避難した人が、山形、群馬、山梨、千葉、東京の5都県には宮城、福島の両県から避難した人が含まれている。




2011年3月21日(月)・・・出光の宮城・塩釜油槽所が復旧 灯油・ガソリン配送再開
出光興産は21日、宮城県塩釜市の油槽所が復旧し、宮城とその周辺地域へのガソリン、灯油、軽油の配送を再開したと発表した。東日本大震災の発生後は日本海側の秋田県や新潟県から配送していたが、今後、宮城県発に切り替え、配送時間を短縮する。

 設備は大きな損傷を受けておらず、電気の復旧に合わせて運用を再開した。21日午前10時30分に愛知県を出発したタンカーが着岸し、ガソリン1050キロリットル、灯油470キロリットル、軽油490キロリットルの計2010キロリットルを荷揚げ。同社の13台の輸送車が1日2回ずつ、宮城県と周辺地域に配送する計画だ。ただ、営業可能なスタンドすべてにガソリンが届くには数日かかる。

 油槽所の貯蔵能力は2万6千キロリットル。これまでは8620キロリットルの在庫があったが、自衛隊などに優先的に出荷していた。当面は、出光だけではなく石油連盟に加盟する5社が共同で利用し、被災地への配送を急ぐ。

















[世界と日本・今日この頃]

帰還困難区域、10年後は 国が線量を試算
内閣府は23日、東京電力福島第一原発の事故から10年後に、除染などによって帰還困難区域に住んでも被曝(ひばく)線量が年20ミリシーベルトを下回るという推計を発表した。年20ミリ以下は避難指示を解除するための重要な条件。政府は推計を住民向けの説明に使い、解除を進めたい考えだ。

 今回の推計には除染の効果や実際の地形など不確定要素が多い。これをもとに解除を目指す政府の姿勢に、地元の理解が得られるかは不明だ。

 福島第一原発がある福島沿岸部の復興を進める「福島・国際研究産業都市構想研究会」(座長・赤羽一嘉経済産業副大臣)が福島市内で開かれ、内閣府の原子力被災者生活支援チームが地元首長らに説明した。

 支援チームは、帰還困難区域の線量について、半減期や風雨により放射性物質が減る「自然減衰」の効果に加え、環境省が昨年度実施した区域内でのモデル除染の実績などから、除染で線量を54~76%減らせると推計。さらに、人が実際に被曝する個人線量は、空間線量の7割と仮定した。

 その結果、昨年11月に年100ミリシーベルトあった地点の木造家屋に住む成人が、1日のうち6・5時間を屋外で過ごす場合、被曝線量は2021年に除染無しで年24ミリ、除染すれば年6~12ミリに減ると推計された。子どもの被曝線量は推計されていない。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-23 07:19 | 朝日新聞・綜合、政治

6月22日(日 )・・・東日本大震災から3年3ヶ月と11日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と3ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)


2011年3月21日(月)・・・避難所満杯で…寒さに耐え30人車中泊 岩手・大槌町
避難所となった岩手県大槌町の安渡小学校の校庭で、建物からあふれた約30人の避難者が車中泊の生活を続けている。狭い車内で高齢者や幼い子どものいる家族が身を寄せ合う。ガソリンを切らすわけにはいかず、厳しい寒さにもエンジンをかけっぱなしにできない状態が続いている。

 同小は災害時に約120人の受け入れを想定していたが、今回の地震直後には千人を超す人が押し寄せた。20日時点でも約400人が教室や体育館に身を寄せている。

 自宅が流された会社員村上和浩さん(38)夫妻は4人家族で、6歳と2歳の2人の娘がいる。11日の夜、避難所に着くと、すでに満杯の状態。校舎横のプレハブ小屋に泊まったが、横になることも出来ないほど混み合い、座って一夜を明かした。

 「子供が小さいので泣き声で迷惑をかけてしまうと思って」。2日目からワゴン車の中で車中泊を続ける。車内にロープを張ってタオルを干し、運転席と助手席は物置のように使っている。

 「4人で毛布をかぶって寝ていますが、それでも寒い。時々エンジンをかけて暖を取っていますが、燃料が少ないから何日続くかわからないですね」

 同小の菊池和子校長は「避難できる場所は満杯。校舎の3階は空いていますが、耐震構造に問題があって入れない状態です」と話す。

 高齢者がトイレなどで迷惑をかけるとして避難所に入ることをためらうケースも。小川久美子さん(42)は、86歳になる祖母と11日夜から車中泊を続ける。軽自動車で車内は狭い。祖母がなんとか足を伸ばせる程度だ。「(祖母が)夜トイレに立つ時に迷惑をかけることを気にしているので……。電気が通れば頼れる知り合いの家があり、それまでの辛抱です」
避難所担当の職員の中にも、「カーラジオで情報収集するため」と車中泊を続ける人もいた。町職員によると、同校周辺では、道路脇に路上駐車した車内で避難生活をしている人も複数いるという。

 現時点では車中泊で体調を崩した人の情報はないというが、2004年の新潟県中越地震では、エコノミークラス症候群が原因の肺塞栓(そくせん)によって車中で死亡した人もいる。(杉村和将)




2011年3月21日(月)・・・死者8649人、不明1万3262人〈21日正午〉
警察庁によると、21日正午現在の死者数は、12都道県で8649人に上った。行方不明は6県で1万3262人。負傷者は18都道県で2644人。

 確認されている死者数は宮城5244人、岩手2650人、福島699人、茨城19人、千葉16人、東京7人、栃木と神奈川で各4人、青森3人、北海道、山形、群馬で各1人。行方不明となっているのは岩手5023人、福島4436人、宮城3798人、千葉3人、青森、茨城各1人。

 建物被害は、全壊1万4637戸、流失1051戸、全焼90戸など。














[世界と日本・今日この頃]

「金目」発言、福島で直接謝罪へ 石原環境相23日に

東京電力福島第一原発事故の除染で発生した汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設をめぐり、「最後は金目(かねめ)でしょ」と石原伸晃環境相が発言した問題で、環境省は22日、石原環境相が23日に福島県を訪問して謝罪すると発表した。

 石原環境相は、建設候補地がある福島県大熊、双葉両町長と佐藤雄平知事に面会するため、両町が仮役場を置く会津若松市といわき市、福島県庁を訪れる。

 石原環境相は、19日の参院環境委員会で発言を撤回し、「速やかに地元の福島を訪ね、直接おわびを申し上げる」と答弁していた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-22 07:37 | 朝日新聞・綜合、政治

6月21日(土 )・・・東日本大震災から3年3ヶ月と10日

3.11東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と3ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人間が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能人災から直後の1年間を顧みる)



2011年3月21日(月)・・・岩手―高速道、一部再開へ ライフライン情報21日
一般車両の通行が禁止されていた東北道の一関インターチェンジ(IC)―碇ケ崎IC(青森)間、東北道に連結する秋田道の北上ジャンクション(JCT)―北上西IC間、釜石道の花巻JCT―東和IC間、八戸道の安代JCT―南郷IC間が、22日午前10時から解除されることとなった。東日本大震災以降、これらの区間の通行は消防、自衛隊などの緊急車両に限定していたが、警察庁が緊急交通路の指定を解除すると21日に発表した。宮城県内の国道398号も対象から外す。




2011年3月21日(月)・・・「被曝させぬ」孫をポリ袋に包み避難 原発30キロ圏内
東日本大震災で県外に避難する人の多くは、事故が起きた福島第一原子力発電所の周辺住民らだ。身の回りの品もほとんど持たずに住まいを離れた人たちは、先の見えない不安の中にいる。

 原発20~30キロ圏内の屋内退避区域に住む、福島県南相馬市の郵便局非常勤職員、清水正人さん(60)は、家族9人で青森県八戸市の海上自衛隊第2航空群司令部の体育館に避難した。原発の事故が明らかになったあと、周囲の住民たちは次々と避難した。食料も尽きかける中、知人の助言で避難を決めた。

 「ちょっとだけ我慢して」――。家を出るとき、車に乗るまでの間、1歳、4歳、6歳の3人の孫をポリ袋で完全に包んだ。「絶対に孫は被曝(ひばく)させたくなかった」

 15、16日に車2台で出発し、日本海側を回るなどして約13時間かけ、約400キロ北の八戸市に着いた。青森近くに来たときも「いわき」「福島」ナンバーの多くの車が北をめざしていた。

 家には、犬2匹とネコ2匹を残してきた。4月に小学校入学を控える孫の遥輝君(6)のランドセルも自宅に置いたままだ。

 「とにかく見えない放射線はこわい」と正人さん。

 福島県双葉町から「役場」や多くの住民らが避難してきた、さいたま市中央区の「さいたまスーパーアリーナ」。

 双葉町の会社員の男性(50)の4人家族は、福島第一原発から3、4キロのところで暮らしていた。最初に避難した際、原発が問題になるとは思わず、何も持たずに出てきてしまったという。妻(44)は「子どもの学校は無期休校。長女は小学校の卒業式もなく、中学の制服も受け取っていない。果たして帰れるかどうか」と話した。

 同町の歯科医師川崎良輔さん(63)は、家族4人で福井県坂井市の知人宅に移った。自宅は福島第一原発から約2キロ。地震直後に近くの中学校に避難したが、12日朝、「西へ避難してください」という指示で、すぐに車で逃げ出した。
持ち出せたのは携帯電話と充電器、ペットボトルの水(2リットル)、ソーセージなどのわずかな食料品。市営住宅への入居が決まったが、川崎さんと妻の葉子さん(60)のそれぞれの母親は、原発事故で避難指示が出た地域にいて連絡がとれていないという。

 葉子さんは「地震、津波に放射能の三重苦。双葉町に戻れるかもわからない。ここに移っても仕事を探さないといけないし、どうなるのか不安だ」と話した。

 和歌山市の市営住宅にも、福島第一原発から30キロ圏内にある福島県南相馬市の3家族が着の身着のままで避難し、19日に入居した。自動車修理業の男性(67)は「事故がおさまり次第、帰りたいが、南相馬市はゴーストタウンのようだ」と嘆いた。














[世界と日本・今日この頃]

ザック采配、空回り 攻めの選手起用、実らず
負ければ1次リーグ敗退の第2戦に臨んだサッカーW杯日本代表。ギリシャの守りを最後まで崩せず、引き分けに終わった。ザッケローニ監督の采配も不発。決勝トーナメント進出へ、崖っぷちの戦いは続く。

 主力を信じて固定してきたザッケローニ監督が、動いた。負ければW杯は終わる。司令塔役の本田と共に攻撃の軸に据えてきた左サイドの香川を、けがも温存する理由もない状況で初めて外した。右サイドの岡崎を左へ。右には今大会初先発の大久保を起用した。非公開の練習では大久保を最前線に1人で置く形も試していた。試行錯誤の末の決断だった。


 脳裏にあったのは、コートジボワール戦の反省とギリシャ対策。初戦で崩された左サイドの守りを補強するため、攻守に運動量の豊富な岡崎を配置転換した。加えてギリシャの堅守を破るには、ピッチの横幅いっぱいに球を動かし、相手の陣形の「網の目」を広げる必要があると考えた。「中に入り込みたがる香川は、この試合の狙いに合わない」。ザッケローニ監督は試合後、そう説明した。

 岡崎は相対するギリシャ選手らの攻め上がりを抑え、自らの背後に陣取る長友が攻め上がる余裕をつくった。大久保は持ち場の右にこだわらず走り回り、本田を助けた。

 前半38分にギリシャが退場者を出した。するとザッケローニ監督は次々に勝負手を打ってくる。

 後半開始。主将の長谷部に代え、パスの巧みな遠藤を投入。昨秋から定番化した交代策で、より攻撃に厚みを加える狙いだ。そして12分、大迫に代えて香川。4年間、攻撃的なスタイルを支え続けてきた配役でゴールをめざした。

 香川が先発落ちを告げられたのは、試合直前のミーティング。気持ちを切り替えた。「もう、途中出場に備えよう」。逆襲からドリブルで突進。不振を極めた初戦からすれば復調の兆しを感じさせたが、シュートは打てなかった。

 結局、無得点。終盤、守備の要で長身の吉田を前線に上げて長いパスを放り込む「パワープレー」を2試合続けて試みたが、効果は薄かった。ザッケローニ監督は交代枠3枚のうち1枚を使わなかったが、ベンチに残る攻撃陣で確かな成果を上げてきた選手はいない。そもそも控え選手を「スーパーサブ」と呼ばれる切り札で使う起用法を監督はしてこなかった。

 蒸し暑さの影響か、持ち味の連動攻撃は速さも精度も本来から程遠いまま。勝利が大前提となる24日(日本時間25日)のコロンビア戦へ、ザッケローニ監督は「この2試合とは全く違うプレーをする必要がある」と覚悟を語った。「やるだけ」。香川は短い言葉に決意を込めた。(ナタル=中川文如)





富岡製糸場、世界遺産に決定 国内18件目
カタールのドーハで開かれているユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は21日、「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)を世界文化遺産に登録することを決めた。日本からの文化遺産への登録は昨年の「富士山」(山梨、静岡両県)に続く14件目。自然遺産と合わせた国内の世界遺産は18件となった。国内で近代以降につくられた産業施設の登録は初めて。


 「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、1872年に殖産興業を担う官営工場として設立された「富岡製糸場」(富岡市)のほか、蚕の卵の品種改良や農家への養蚕指導の拠点となった「田島弥平旧宅」(伊勢崎市)と「高山社跡」(藤岡市)、自然の冷気を利用した卵の貯蔵施設「荒船風穴」(下仁田町)の4資産で構成。富岡製糸場を中心に、海外から導入した技術を改良して良質な繭を生産し、かつては春に1回だった養蚕を夏や秋にも可能として生糸の増産につなげた。政府は、世界の絹産業発展させた象徴的な施設として推薦した。

 今年4月、ユネスコの諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)が「日本が近代工業化世界に仲間入りする鍵となった」と高く評価し、ユネスコに登録を勧告していた。

 登録決定を会場で見届けた群馬県の大沢正明知事は、採決後に英語でスピーチし、「今後はこの喜びを忘れることなく、この遺産を保全し、将来の世代に伝えていくために最善を尽くします」と語った。(長屋護=ドーハ、藤井裕介)
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-06-21 02:37 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧