<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2016年12月31 日(土):来年2月、地球に小天体接近=直径1キロ弱、危険なし―NASA

米赤外線天文衛星「NEOWISE(ネオワイズ)」による観測で小天体が見つかり、来年2月25日に地球に約5100万キロまで接近することが分かった。米航空宇宙局(NASA)の発表によると、この小天体「2016WF9」は直径0.5~1キロで、予測できる範囲では危険はない。元は彗星(すいせい)の核だった可能性があるという。

 WF9は11月27日に発見され、太陽の周りを回る公転周期は約4年11カ月と判明した。木星軌道付近から来て、地球軌道の内側に入った後、再び遠ざかるとみられる。

 同衛星による観測では、はっきり彗星と分かる天体も最近見つかった。この彗星「C/2016 U1 NEOWISE」は太陽系の外縁から飛来し、来年1月14日に水星軌道の内側まで入る見通し。同月第1週には地球の北半球で、高性能な双眼鏡を使えば夜明け前に見えるかもしれないという。 


a0044103_15112848.jpg

       3.11東日本大震災  福島第一原発爆発 楢葉町 273
[PR]
by nsmrsts024 | 2016-12-31 06:32 | 朝日新聞・綜合、政治

2016年12月30 日(金):根津甚八さん最後のブログで「一回り大きくなってお目にかかりたい」

2010年9月に俳優引退を発表した根津甚八=本名・根津透さん=さんが29日、亡くなったことがわかった。69歳だった。所属事務所が発表した。事務所への取材では、この日昼過ぎに亡くなったと連絡が入ったという。根津さんは目の病気や持病の腰痛、うつで闘病し、10年9月に引退を発表した。

 最後のブログ更新は08年2月8日。根津さんの看病を続けてきた15歳年下の妻・仁香さんが07年に転倒して、左膝を陥没骨折。今後について考えるきっかけになったことを伝えていた。【以下、08年2月8日のブログ全文】

 「永らくご無沙汰しておりました2008年02月08日」


亡くなった根津甚八さん© デイリースポーツ/神戸新聞社 亡くなった根津甚八さん
 皆さん、いかがお過ごしですか? 根津甚八です。

 永らくご無沙汰しておりました。ブログを休んでいたことで、皆様にはご心配をかけてしまいました。申し訳ありません。

 その間、たくさんのメッセージをありがとうございました。コメントのひとつひとつに、心から感謝しています。

 妻の怪我を機に、あれこれ自分を振り返り、考えていました。

 去年の12月に還暦を迎えました。60歳になった今、思うところあって、これからの生き方を模索しています。

 今しばらく、じっくり考える時間、充電する時間をいただきたいと考えています。

 というわけで、このブログも一旦お休みさせてください。

 今より一回り大きくなって、皆様にお目にかかりたいと思います。

 それまで、どうぞお元気で。感謝をこめて。


根津甚八さん 04年に交通死亡事故で心に深い傷…うつ病も悪化
2010年に俳優を引退した根津甚八=本名・根津透=さんが29日、亡くなった。69歳。1978年、大河ドラマ「黄金の日日」で脚光を浴び、82年の映画「さらば愛しき大地」で日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。ほかに「吉原炎上」などでも存在感が光った。黒澤明監督の映画「影武者」や「乱」などにも出演。演技同様に寡黙な人柄だった。

 根津さんは1993年に撮影で落馬し腰椎(ようつい)を損傷。2001年ごろ右目下直筋肥大という目の病気を発症。物が二重に見える「複視」に苦しみ、その後、右目の下まぶたが垂れ下がる症状が出て、何度も整形手術を繰り返した。


亡くなった根津甚八さん© デイリースポーツ/神戸新聞社 亡くなった根津甚八さん
 04年7月に自身が運転する車で交通死亡事故を起こし、被害者が亡くなってからは、公の場に出ることがなくなっていた。01年からはうつ病も患い、事故をきっかけに心に深い傷を負い、症状は悪化した。持病の椎間板ヘルニアも悪化したことなどで、10年9月に俳優を引退した。

 根津さんは交通死亡事故をきっかけに、心身ともに不調が続いた。04年7月6日、東京都目黒区内の交差点で、自身が運転する乗用車で、自転車で交差点を横切ろうとした男性(当時67歳)をはね、男性は頭を強く打ち、同日死亡した。

 都内で営まれた通夜には根津さんも参列したが、顔は青白く、妻らに両脇を抱えられ、片足を引きずるようにフラフラしながら斎場に入った。とても取材に対応できる状態ではなく、マスコミ各社には直筆署名入りのファクスで「○○(被害者)さん、もう私の声など届きようもなく、どんな言葉を並べようが、許されないことは重々承知しておりますが、言わせて下さい。本当に申し訳ありませんでした」などと記してあった。



防衛相靖国参拝:「和解の力」に冷や水 与野党から批判
稲田朋美防衛相が29日に靖国神社を参拝したのは、安倍政権の支持基盤である保守層への配慮からだ。ただ、稲田氏が米ハワイ・真珠湾に同行し、安倍晋三首相が日米の「和解の力」を強調した直後だけに、A級戦犯を祭る靖国への参拝に理解を得るのは容易ではない。中韓両国との関係改善にも冷や水を浴びせかねず、与野党から批判の声が上がった。

 稲田氏は参拝後、特攻隊員だったおじが靖国に合祀(ごうし)されたことに触れ、記者団に「家族や国を守るために出撃した人々の命の積み重ねの上に今の日本があることを忘れてはならない」と語った。


靖国神社に参拝に訪れた稲田朋美防衛相=東京都千代田区の靖国神社で2016年12月29日午前7時51分、宮間俊樹撮影© 毎日新聞 靖国神社に参拝に訪れた稲田朋美防衛相=東京都千代田区の靖国神社で2016年12月…
 稲田氏は2006年、A級戦犯を裁いた東京裁判の不当性を主張する「伝統と創造の会」を自民党の有志議員と結成。サンフランシスコ講和条約(1952年)が発効して日本が主権を回復した4月28日と、終戦記念日の8月15日に靖国を参拝してきた。

 それでも、防衛相就任直後の今年の8月15日は参拝を見送った。首相に同行して真珠湾で米国の戦没者を慰霊した以上、靖国参拝は国内の保守層への配慮を示すために必要だとの認識とみられる。ただ、日本の戦争責任を認めることに否定的な靖国への参拝で、外交上の波紋は避けられない。日米外交筋は29日、稲田氏の参拝で「中韓との良好な関係を求めてきたオバマ米政権のメンツを潰したのは間違いない」と語った。

 政府は日中国交正常化45周年の来年に首相の訪中を模索。日韓では北朝鮮の脅威に備え、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結するなど安全保障分野の連携が進んでいただけに「歴史認識問題が再燃し、中韓との交流が止まりかねない」(政府関係者)との懸念が出ている。

 自民党幹部は29日、取材に対し「首相が稲田氏を起用したので仕方ないが、防衛相には不適格だ」と批判。公明党幹部も「米国だけでなく中韓との和解はどうあるべきか、政治家としての姿勢が問われる」と語った。民進党の野田佳彦幹事長は「真珠湾に同行した直後の参拝はどういう意味なのか、内外に説明する責任がある」と述べた。【高橋克哉、小田中大】



a0044103_158298.jpg

      3.11東日本大震災  福島第一原発爆発 楢葉町 272
[PR]
by nsmrsts024 | 2016-12-30 05:26 | 朝日新聞・綜合、政治

2016年12月29日(木):電通過労自殺:社長が辞任表明 長時間労働で引責

広告代理店最大手・電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が過労自殺した問題で、厚生労働省東京労働局は28日、高橋さんの直属の上司だった幹部社員の男性1人と、法人としての同社を労働基準法違反(長時間労働)の疑いで書類送検した。石井直社長は記者会見し、来年1月の取締役会で引責辞任する意向を表明した。

 書類送検容疑は、昨年10~12月に高橋さんと同僚の男性社員の2人に対し、労使協定の上限(月70時間)を超える違法な残業をさせたとしている。1人にはある月に上限を7時間44分、もう1人には3時間54分、それぞれ超える残業をさせたという。同局は石井社長ら上層部からも事情聴取し、同社と幹部社員について検察に起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。

 高橋さんの代理人弁護士が本社ビルの入退館記録から算出した残業時間は月130時間。三田労働基準監督署も過労死ラインとされる月80時間を超える105時間を認定した。これらより容疑の残業時間を絞った理由について、同局は「時間というより、過重労働が原因で(高橋さんが)精神障害を発症したことのほうが重大」と説明した。
 電通の労務管理を巡っては、各地の労働局が11月、同様の違法残業が常態化していたとの疑いが強まったとして全国の本支社を家宅捜索。このうち東京労働局が高橋さんの事例を先行して立件したが、上層部への捜査は越年して継続する。


社員の過労自殺をめぐり労働基準法違反容疑で書類送検されたことを受け、記者会見で頭を下げて謝罪する電通の石井直社長=東京都中央区で2016年12月28日午後7時2分、宮間俊樹撮影© 毎日新聞 社員の過労自殺をめぐり労働基準法違反容疑で書類送検されたことを受け、記者会見で頭…
 高橋さんの母幸美(ゆきみ)さん(53)は代理人弁護士を通じて「今後まつりのような犠牲者を絶対に出さないように、会社は長時間労働をなくす取り組みを必ず実行してほしい。捜査によって実態を十分に把握し、法律に基づく適正な結論を出していただきたい」とのコメントを出した。

 会見で石井社長は「新入社員の過重労働を阻止できなかったことは慚愧(ざんき)に堪えない。重く厳粛に受け止めている」と陳謝した。【早川健人、横山三加子】


a0044103_1551816.jpg

       3.11東日本大震災   福島第一原発爆発 楢葉町 271
[PR]
by nsmrsts024 | 2016-12-29 06:01 | 朝日新聞・綜合、政治

2016年12月28 日(水):【東京五輪】埼玉県知事「実質的に負担している」 五輪費用問題で反論

2020年東京五輪・パラリンピックの費用分担問題で、埼玉県の上田清司知事は26日、東京都庁で仮設施設の負担を組織委に求める要請書を小池百合子都知事に提出した後に報道陣の取材に応じ、「職員の態勢作りや物の運搬などで膨大な費用がかかる」として「われわれはソフトウエアで実質的に費用負担をしている」との見解を強調した。

 この問題で小池知事が都と10自治体の担当者による作業チームの設置を提案したことについては「話を聞きたいという点は評価できるが、中身が分からないので何とも言い難い」と意見を保留。「費用負担の話は一つも出ていない。不愉快以外の何物でもない」と改めて不信感をにじませた。

 小池知事が都税を他県の施設に使うことを「地方自治法上、難しい」としたことについては「組織委の枠の中で可能だと思う。組織委に東京都がお金を出せばいいのでは」と反論した。



a0044103_5265351.jpg

    3.11東日本大震災  福島第一原発爆発 楢葉町 270
[PR]
by nsmrsts024 | 2016-12-28 05:28 | 朝日新聞・綜合、政治

2016年12月27日(火):空母「遼寧」南シナ海に=台湾・米側をけん制―中国

a0044103_5304434.jpg

【北京時事】西太平洋に出た中国空母「遼寧」の艦隊は台湾南方のバシー海峡に達し、南シナ海に
入ったことが26日、確認された。東シナ海から沖縄本島と宮古島間を抜けた後、台湾の東方沖を航行したことになる。独立志向の台湾・蔡英文政権を威圧し、南シナ海で摩擦の絶えない米側をけん制する狙いがうかがえる。

 台湾の国防部(国防省)によると、遼寧は26日午前に台湾本島南端から南方150キロの海域を通過。午後には南シナ海で台湾が実効支配する東沙諸島の南東海域を南西に向けて航行した。

 中国国防省は24日夜に艦隊が西太平洋に向かうことを発表した後、遼寧の動向について明らかにしていない。

 共産党機関紙・人民日報系の環球時報は26日付の社説で「空母は戦時だけに有用なのではなく、国家の利益を守り、世界の中国に対する姿勢を形作るために毎日用いることができる」と指摘。空母の活動範囲を遠洋に広げ、中国沿海への圧力を軽減しなければならないと主張した。



a0044103_525057.jpg

    3.11東日本大震災  福島第一原発爆発 楢葉町 269
[PR]
by nsmrsts024 | 2016-12-27 05:31 | 朝日新聞・綜合、政治

2016年12月26日(月):海辺に小さな遺骨…お帰り、汐凪 津波で不明、父の元へ

娘の小さな遺骨が、行方不明から5年9カ月ぶりに父の手のひらに戻る――。東日本大震災で津波被害を受けた福島県大熊町沿岸のがれきの中から人骨が見つかり、県警のDNA鑑定の結果、大熊町の最後の行方不明者、木村汐凪(ゆうな)さん(当時7)の遺骨とわかった。避難先の長野県白馬村から捜索に通い続けた父紀夫さん(51)は「うれしいが、全て見つけるまで捜し続ける」。

「また汐凪に近づけた」 福島原発から4キロ、娘捜す父

 紀夫さんによると今月9日、大熊町の自宅から数百メートル離れた海岸沿いで、捜索を手伝っていた作業員が汐凪さんのマフラーを発見。その付近から首やあごの骨も見つかり、汐凪さんのものと判明した。22日に紀夫さんに福島県警双葉署から連絡があったという。

 紀夫さんは、津波で妻の深雪(みゆき)さんと父親の王太朗(わたろう)さんを失い、汐凪さんは行方不明になった。その後、原発事故で大熊町に避難指示が出され、紀夫さんも避難を強いられたが、2011年暮れから捜索を始め、現在の避難先の白馬村から往復千キロ以上の道のりを車で通って汐凪さんを捜してきた。

 12年6月には、震災当時にはいていたとみられる汐凪さんの靴が、今回遺骨が見つかった場所の近くで見つかっている。放射線量が高く、いまなお大半で立ち入りが制限される帰還困難区域の大熊町では震災当初、自衛隊などによる大規模な捜索がほとんどされなかった。紀夫さんは「原発事故を起こした東電と捜索を十分してくれなかった国への怒りはある。発見まで6年近くかかったのは残念だ」と語る。

 ログイン前の続き大熊町では津波で11人が犠牲になり、汐凪さんが大熊町の行方不明者の最後の一人だった。紀夫さんは「見つかったのはまだ一部。全てを見つけるまで、捜索は続ける」。紀夫さんはこれまで死亡届を出しておらず、今回遺骨が見つかっても出す考えは今のところないという。今後は、遺骨が見つかった場所を重点的に捜すため、もっと多く大熊町に通う。(茶井祐輝)



国連総長に巨額の裏金?=韓国誌報道、本人は否定
【ソウル時事】韓国の週刊誌「時事ジャーナル」(電子版)は、次期大統領選出馬に意欲を見せている国連の潘基文事務総長が2005年と07年に計23万ドル(約2700万円)の裏金を実業家から受け取っていたと疑惑を報じた。

 潘氏側は同誌の取材に「一顧の価値もない」と全面否定。実業家も「金を渡したことはない」と主張しているが、最大野党「共に民主党」は25日、徹底究明を要求。大統領選の行方に影響を与える可能性もある。

 同誌によると、裏金提供の疑いが浮上したのは朴淵次・元泰光実業会長。潘氏が韓国外交通商相だった05年に20万ドル(約2350万円)、07年の事務総長当時には3万ドル(約350万円)を渡したと伝えた。

 朴氏は盧武鉉元大統領の後援者で、08年に不正資金提供事件で検察に逮捕された。盧氏は09年5月、捜査の渦中で自殺。当時、検察は潘氏への資金提供疑惑もつかんだが、事務総長退陣を余儀なくされる恐れがあったため、伏せられたと同誌は報じている。



a0044103_5231872.jpg

     3.11東日本大震災  福島第一原発爆発 楢葉町 268
[PR]
by nsmrsts024 | 2016-12-26 05:06 | 朝日新聞・綜合、政治

2016年12月25 日(日):不倫報道に沸いた一年、締めはテレ朝のアナ2組


不倫報道に沸いた一年だった。この仕事に就いて三〇年近くになるが、今年ほど芸能人著名人の密会逢瀬が発覚した年も珍しい。そういった意味では当たり年だった。

 波乱の幕開けは、ベッキーとゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音クンの不倫・長崎極秘デートを週刊文春がスクープしたことだった。紅白歌合戦出場を果たした人気グループのボーカリストと、十本のレギュラー+CM十本(当時)を持つ売れっ子タレントの“倫ならぬ恋”は連日のようにワイドショーでも取り上げられ、後に“ゲス不倫”“センテンススプリング”“文春砲”といった流行語を生んだ。

 もはや社会現象ともなった不倫騒動だったが、振り返れば、こんな人たちの不倫もまた、次々と白日の下にさらされた。

 宮崎謙介元衆議院議員は、金子恵美夫人(衆議院議員)の出産・帰省中にモデルの女の子を自宅マンションに呼んだことがバレ、議員を辞職した。

 五人との不倫が発覚しなければ、もしかしたら乙武洋匡氏は夏の参院選に出馬、ハンデを乗り越えたガッツと明るい人柄をみこまれて、いまごろは議員バッジをつけていたかもしれなかった。だが、不倫発覚後、夫人に三行半を突きつけられている。

 高知東生氏は覚醒剤取締法違反(所持、使用など)で逮捕された際、元クラブホステスとの不倫も発覚した。懲役二年、執行猶予四年の有罪判決を受けるが、女優の高島礼子氏との結婚生活はご破算になった。

 その他にも、歌舞伎役者の中村橋之助氏(夫人は三田寛子氏)や愛人に“二十年不倫”を暴露された桂文枝師匠、同じ噺家では不倫相手との密会に“休憩三時間四五〇〇円”のラブホテルを利用していたことがバレた三遊亭円楽師匠がいる。

 音楽業界からは、元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤氏と元芸人の妻との“W不倫”が発覚。不倫相手の女性の妊娠も報じられ、加藤氏は離婚はしないがその子を認知すると表明した。米米クラブのボーカル石井竜也氏も、東日本大震災の犠牲者の追悼と被災地復興を祈願するイベントに出席する一方で、不倫相手の女性と宿泊先のホテルで密会していたことが発覚し、夫人と手をつないで報道陣の前に現れ謝罪している。石井氏はバンドのバックダンサーだった夫人とも不倫の末の結婚だった。

 乙武氏を上回る“六股交際”が報じられたのに狩野英孝クンはいまだ人気者でテレビ番組にも引っ張りだこだけど、中学時代の元カノ(?)との焼けぼっくい不倫をスッパ抜かれて以降、メディアへの露出がめっきり減ったとにかく明るい安村クンのような芸人もいる。

 教育現場からの不倫騒動もあった。岡本泰良日教組委員長の“ラブホW不倫”が報じられると、岡本氏は就任からわずか半年で辞任に追い込まれた(が、瀧本司・則松佳子両書記次長は、辞任すると不倫報道を認めたことになるから辞めるべきではないと反対したらしい)。

 漫画の世界では『YAWARA!』『20世紀少年』などのヒット作で知られる浦沢直樹氏と出版社に勤務する既婚女性とのW不倫も報じられた。直近のニュースでは、週刊女性の記者さんが犬の散歩に出た浦沢氏を直撃したところ、

「すごく失礼だよね。人として失礼! 自分がどれだけ失礼なことをしてるかわかる? 人のプライベートをこういうふうにするって。人として反省しなさい。何も言うことないから」

 と一喝して去った――、という記事がネットにアップされている。社会的に影響力のある人物の倫理にもとる一面を暴くのはマスメディアの仕事でもあるのだが、浦沢センセイにかかるとそれは“人として失礼”なことになるのだそうだ。

 では、他人のプライベートを覗くことを生業とするマスメディアの人間が不倫をしたらどうなるか――?

 NHK甲府放送局(山梨県)で夕方のニュース番組『まるごと山梨』を担当していたアナウンサー男女が国道の停車帯に停めた車の中でいかがわしい行為に及んだ不倫現場を写真週刊誌『FRIDAY』に“フライデー”されると、二人は掲載誌の発売日(七月一日)前日に番組を降板。NHK側は“二人は一身上の都合で出演を見合わせることになった”としか説明せず、番組HPからも両アナの名前を削除した。

 皆さまのNHKでの不始末だけに、両アナが表舞台に出てくることはないように思えるが、フライデー以降、両アナの局内での境遇はまったく伝わってこない。

「ウチの“文化”と言ってしまうのはあまりにお粗末なんですが、他の局に比べて社内の色恋とか不倫騒動が報じられた経験は多いんですよ」

 と自嘲気味に語るのはテレビ朝日だ。

 なるほど、遡れば、篠田潤子アナ(当時)と古田敦也氏の不倫報道があり(一九九三年)、丸川珠代参議院議員もテレ朝のアナ時代に既婚プロデューサーとの不倫が報じられ(八八年)、徳永有美氏もテレ朝在職時にウッチャンナンチャンの内村光良氏との不倫温泉旅行をスクープされている(二〇〇三年)。徳永氏は泥沼裁判を演じるが協議離婚が成立し、その後、内村氏と結婚の運びとなった。テレ朝は多いのである。

 その伝統を受け継いだ一人が、入社一年目から朝の情報番組『グッド!モーニング』のMCに大抜擢された田中萌アナである。文春砲がまたもや炸裂した。テレ朝関係者が明かす。

「山形出身、明治大学政治経済学部卒、入社二年目のホープです。入社後四ヵ月の研修を終えて間もない昨年九月末に『グッド!モーニング』に抜擢されました(中略)天然系の清純派で、幼い顔立ちですが、肝が据わっていてアドリブもできる。抜擢された当初は『あいつで大丈夫か?』と局内でも不安の声が上がりましたが、いざ番組が始まると『初々しく爽やかかでイイ!』と評判になった。早河洋会長の覚えもめでたい。先日開かれた番組の激励会には早河会長も駆けつけ、田中と親しげに談笑していました。久しく人気の女子アナに恵まれなかったテレ朝にとっては待望のエース候補登場と言えます」

 朝の時間帯、テレ朝は日テレの『ZIP!』やフジテレビの『めざましテレビ』に大きく水を空けられていたが、田中アナ抜擢以降、視聴率の伸びがめざましく、直近一ヵ月では三度も首位を記録したとのことだ。

 会長の覚えめでたい田中アナのお相手は、同じ番組に出演する加藤泰平アナだ。もともとスポーツキャスター志望だったという加藤アナは、最近、フィギュアスケートの実況で認知され始め、フィギュアを舞台にしたアニメ『ユーリ!!! ON ICE』にも熱血アナ役で登場している。そして、もちろん既婚者なのである。

 二人の関係は番組スタッフに知れ渡り、いつ発覚してもおかしくない状態だったそうだ。二人の共通の知人が言う。

「泰平さんが十月末にフィギュアの取材でカナダ出張しているときも、萌さんとのラインは欠かさなかったそうです。萌さんは、彼のことを『たいさん』と呼んでいます。『嫉妬するほど好きなの』と彼女がメッセージを送ると、彼は『俺もだよ』と返す間柄だそうです。“番組内不倫”はいまに始まったことではありませんよ」

 センテンススプリングが二人の密会をスクープしたのは一一月二五日のことだ。一週間の放送を終え、番組スタッフ十数名は打ち上げをしていた。

「この日はレギュラーコメンテーターの中尾彬さんを囲んで盛り上がったそうです(中略)田中は、中尾さんのお気に入りなんです。中尾さんに『萌キュン』なんて呼ばれてかわいがられていました」

 日付が変わるころ二次会もお開きとなり、参加者は各々がタクシーで家路についた。加藤アナは帰る方向が同じスタッフと一緒にタクシーに乗り込むが、自宅付近でタクシーを降りるとすぐさま別のタクシーを拾い、萌キュンが住むマンションに駆けつけたそうだ。

〈タクシーを走らせること二〇分。田中アナのマンションから数百メートル離れた場所でタクシーを降りた加藤アナは、辺りを窺いながら煙草に火をつける。歩き煙草で幹線道路を避けるように路地を抜け、人目を憚るようにマンションに入ると慣れた様子で彼女の部屋に消えていった〉

 この夜、加藤アナは萌キュンのお部屋にお泊まりだったらしい。マンションを出てきたのは翌朝八時過ぎのことだったという。

 その一週間後の深夜、田中アナは番組のチーフプロデューサー二人に呼び出され、加藤アナとの関係を問い質された。文春の記者さんがCPを直撃したので、善後策を練ろうとしたのかもしれないが、田中アナは涙目でうつむき、CPの一人は貧乏揺すりをしながらしきりに煙草を吸い、もう一人は頭を抱えていたとのことだ。

 まさか自分が張り込まれているとは思いもしていなかったのだろう。奇しくもその日の放送で、『2016ユーキャン新語・流行語大賞』にノミネートされた“ゲス不倫”“センテンススプリング”“文春砲”について、田中アナは無邪気にもこんなことを訊いているのだ(週刊文春へのインタビューをディレクター役で再現)。

 田中「次の文春砲はいつですか?」 文春「まあ、来週号で一個大きいの、あるんじゃないですか」 田中「えっ、内容は?」 文春「ん……、現場を震撼させるような」

『テレ朝人気女子アナ 田中萌が共演アナと「グッド!モーニング」不倫』と題されたスクープ記事掲載号が発売されたのは翌週のことだった。センテンススプリング発売日の一二月八日から、田中萌アナと加藤泰平アナはそろって番組を休んだ。以降、出演はない。入社二年目のホープの活躍は、ほんの一年ちょっとだけだった。

 テレビ朝日広報部は、「プライベートなことですので、コメントは控えさせていただきます」と回答を避けた。

 週刊文春は『グッド!モーニング』の田中加藤両アナの不倫だけでなく、『報道ステーションSUNDAY』の矢野悠子アナの不倫もまたスッパ抜いた。テレ朝で受け継がれた不倫の伝統を受け継いだ二人目だ。

 入社十二年目の矢野アナは、番組で“フィールドリポーター”を担当しているが、お相手は五〇代バツイチ独身の番組制作会社社長M氏とのことだ。矢島アナは五年前に『ちい散歩』の番組プロデューサーだったO氏と結婚しているが、年齢差が一六歳もあったことで局内でも話題になったという。テレ朝関係者が言う。

「(前略)O氏とは結婚後しばらくして不仲になり、一年前から別居状態に。夫婦仲はすっかり冷めきっていると聞いています。理由を聞いてもお茶を濁すばかりでわかりません。ただ女子アナとしての世間体からか結婚指輪をつけて出演することが多いようです」

 矢島アナが別居すると相前後して男女の仲になったと噂されているのが制作会社社長のM氏だ。このM氏が請け負っているのが矢島アナ出演の『報ステSUNDAY』とテレ朝の看板番組『報道ステーション』で、主に現場の指揮やニュース原稿のチェックをしているのだという。久米宏氏がキャスターを務めた『ニュースステーション』のときからのベテランで、ニュース原稿が上手く、番組内では“主筆”と呼ばれているのだそうだ。

 十月二日、番組の放送五周年を祝うパーティーが開かれたが、二次会を終えてそれぞれが帰宅する中、矢島アナは電車を途中下車すると、不自然な乗り継ぎを繰り返して杉並区の某駅に降りた。そして、駅ではM氏が待っていた。同僚と別れてからの合流は、さきの田中・加藤両アナと同じだ。

〈再会した二人は暗い道を歩き出す。周囲を何度か振り返り手をつなぐが、人目につく場所では手を離す。路地を何度も曲がり、二人はM氏が住むマンションへと入っていった〉

 翌日の夕方まで二人はマンションから出てこなかったというが、日曜日のオンエア後や月曜日には決まって密会していると矢島アナの知人が打ち明ける。

「(前略)夏ごろまではM氏が運転する赤いBMWに乗ってホテルに行くこともあったそうです。いまではさらに関係が進み、矢島はM氏の家に私物も置いて、入り浸っています」

 街灯が少なくなると二人は身を寄せ合い、矢島アナはM氏にもたれかかり腕を組む。どこから見ても二人は恋人同士だ――、と週刊文春の記事は描写しているが、そこに文春の記者さんが割り込んだ。

 M氏は、食事をしていただけ、腕は組んでいない、男女の関係ではない、昨夜も矢島アナは泊まっていない(打ち合わせで来宅したが夜中には帰した)、自分はただのスタッフ――、を繰り返すだけだった。看板番組を担当するアナウンサーとスタッフの“禁断愛”について、テレビ朝日に確認を求めたところ、こんな回答があった。

「プライベートなことですので特にコメントすることはございません」

 だそうだ。が、これに激怒したのが乙武洋匡氏だ。

〈「プライベートなことですので」って、どの口が言ってるんだよ。さんざん人のプライベートをいじくり回しておいて、いまさら何を言ってるんだか〉

 とツイートで吠えた。乙武氏の不倫が発覚して以降、テレビ朝日は都合十回、時間にして六十四分三十九秒にわたって乙武氏の“プライベート”を番組で取り上げ、いじくり回してきた。

〈「殴られる覚悟もないのに、かんたんに人を殴るのか」…と言いたいところですが、「プライベートなことですので」と、今後一切、他人のプライバシーをつまびらかにするような報道を放棄する旨のコメントを出されたテレビ朝日さんに心から敬意を表します。この方針がほかの局にも広がり、来年こそ前向きな話題で盛り上がれる一年となるよう期待したいものです〉

 だったら“前向きな話題”を提供してくれよ――、と言いたくもなるが、他人の不幸やプライバシーは平気で覗き込むくせに、自社の社員が起こした不祥事には頬被りを決め込むのは、乙武氏の言うとおり、メディアはフェアじゃない。ましてや、乙武氏の不倫騒動を取り上げた番組のアナウンサーやスタッフが不倫していたとあっては。

 だが、文春や新潮やその他の雑誌がスクープを飛ばさなければベッキーも宮崎謙介氏も乙武氏も田中萌アナと加藤泰平アナも矢島悠子アナもしれっと“不倫”を続け、しれっと番組に出演し続け、議員バッジをつけていただろうことに変わりはない。

 発覚しないままだったら、陥る穴はもっと大きく、深かっただろう。それに、きっと、もっと深い傷手を負って後悔していただろうとも思う。だからといってメディアが手柄を立てたとは言わないが。

 ベッキーは北海道文化放送でレギュラー番組を持つことが決まったそうだが、今年、不倫を報じられた人たちはどんな気持ちで新しい年を迎えるのだろう。ベッキーとゲスの川谷絵音クンの不倫報道に始まり、テレ朝の局アナ不倫で締めることになるが、写真誌も週刊誌も撮りも撮ったりだ――、ということで来年は酉年です。

 SMAPの五人が仲直りしてくれないかな、なんてことを願いながら、どうぞ、よいお年を。

参考記事:週刊文春4月7日号・10月20日号・12月15日号週刊新潮4月7日号女性セブン2017年1月1日号スポニチアネックス12月8日付NEWSポストセブン12月17日付他

(ノンフィクションライター 降旗 学)


a0044103_5211725.jpg

      3.11東日本大震災  福島第一原発爆発 楢葉町 267
[PR]
by nsmrsts024 | 2016-12-25 05:36 | 朝日新聞・綜合、政治

2016年12月24日(土):日本は不思議な国だ! 嫌われているのに中国人が行きたくなる国=中国報道

中国メディアが掲載する記事のなかには反日感情を色濃く反映した内容も少なくないが、中国メディアの今日頭条が20日付で掲載した記事は、日本について「もっとも中国人に嫌われているにもかかわらず、毎年中国人が押し合いへし合いしながら訪れる国」と形容し、中国人を引き寄せる日本の魅力について説明している。

 記事は「日本は最も中国人に嫌われている国である」と指摘しつつも、毎年数百万人の中国人が日本に旅行に出かけており、休暇の時節になると日本はいつも中国人の旅行先ランキングのトップに躍り出ると説明。

 これほど多くの中国人が日本に旅行に出かける理由について、「日本が確かに素晴らしい国だからだ」と称賛。日本の変化に富む地勢と豊富な水資源が「美しい景色を形成している」と指摘、例えば山雪の湖の美しさや、迫力のある峡谷や山峰、勢いのある河流、雄大な滝また大小の温泉といった自然が中国人旅行客を日本に引き寄せる魅力となっていると称賛した。  さらに日本の魅力はこうした自然風景だけではないとし、例えば東京には東京タワー、皇居、国会議事堂、浜離宮などの豊富な観光スポットが存在しており、また、日曜日には銀座や新宿などで歩行者天国が実施され、そこでストリートミュージシャンや芸術家たちによる活動を楽しむこともできると紹介した。

 この記事の内容に対して中国ネットユーザーたちは様々なコメントを寄せているが、そのなかには「自分の知り合いで日本を嫌う中国人は少ない」、「以前は日本が嫌いだったが、2度訪れてやっと彼らの文化の良さを実感できた」、「自分は日本が好きだ、愛国主義に縛られたくない」など、日本に対して肯定的な意見を示すコメントも多かった。

 また、日本を嫌いつつも日本旅行に行く中国人を「一方で焼肉を食べながら、ダイエットしたいと叫ぶ人」と形容するコメントもあり、同コメントは「日本には反日感情を超える魅力が存在している」という見方を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



トランプ氏、米の核能力強化を主張 ロシアと軍拡競争も

米国のトランプ次期大統領は22日、自身のツイッターで「世界の核に関する良識が戻るまで、米国は核能力を大いに強化・拡大する必要がある」と述べた。オバマ大統領は2009年のプラハ演説で「核なき世界」を掲げ、今年5月に被爆地・広島を訪問した際も核軍縮を訴えたが、トランプ政権下で米国の核政策が転換する可能性がある。

 トランプ氏は23日にも、MSNBCニュース番組のインタビューで「軍拡競争だっていいじゃないか。米国は(敵対する国より)どんな場面でも優位に立つ」と語った。

 大統領選中の討論会でも「米国の核開発計画は後れをとっている。ロシアは計画を推し進めている。これはよいことではない。米政府はこうしたことを許すべきではない」と語り、核軍拡を示唆している。ただ、「核能力の強化」が、核兵器の弾頭数拡大を指すのか、核の近代化を推進する意味なのか、真意は定かではない。

 ログイン前の続きトランプ氏のツイッターでの発言は、ロシアのプーチン大統領が22日の国防省幹部らを集めた会合での演説が念頭にあるとみられる。プーチン氏は、米国が欧州や日韓などの協力を得て配備を進めるミサイル防衛(MD)システムによって迎撃されない核ミサイルの開発・配備を進める考えを強調していた。

 プーチン氏は23日の記者会見で、トランプ氏への批判は避けた上で、軍拡競争への懸念が高まっていることについて「軍拡競争が始まったとすれば、米国がABM(弾道弾迎撃ミサイル)制限条約から離脱したときからだ」と指摘。MD整備のため02年に同条約を脱退した米国に責任があると訴えた。一方で、トランプ次期政権と建設的な協力関係を築くことへの期待も改めて表明した。

 米ソは1991年に第1次戦略兵器削減条約(START1)を締結し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)などに核弾頭を載せた射程の長い戦略核の数を削減。10年4月には、オバマ氏とロシアのメドベージェフ大統領が新たな戦略兵器削減条約(新START)に署名し、戦略核の配備数を18年までに1550発に引き下げることなどを義務づけた。

 しかし、12年にプーチン氏がロシア大統領に就任。14年にクリミア半島を併合して以降、米ロの関係が悪化し、核をめぐる協議は頓挫している。(ワシントン=佐藤武嗣、モスクワ=駒木明義)




a0044103_5175962.jpg

     3.11東日本大震災   福島第一原発爆発  楢葉町 266
[PR]
by nsmrsts024 | 2016-12-24 05:56 | 朝日新聞・綜合、政治

2016年12月23 日(金):新潟・糸魚川の火災鎮圧 延焼7万5千平米に

新潟県糸魚川市の大規模火災で、市消防本部は22日午後8時50分に火災を鎮圧し、延焼の恐れがなくなった、と発表した。

 火災は同日午前10時半ごろ、近所の人から119番通報があった。同市や市消防本部などによると午後3時半現在、燃えた住宅や商店などは約140棟に上り、午後5時現在、約7万5千平方メートルが延焼した。同市は計744人に避難勧告を出した。



a0044103_331783.jpg

    3.11東日本大震災  福島第一原発爆発  楢葉町 265
[PR]
by nsmrsts024 | 2016-12-23 05:09 | 朝日新聞・綜合、政治

2016年12月22日(木):米軍北部訓練場の返還発表 安倍晋三首相「地域振興に大きく寄与」

安倍晋三首相とケネディ駐日米大使は21日、首相官邸で、米軍北部訓練場(沖縄県東村、国頭村)の過半が22日午前0時に返還されると発表した。平成8年の沖縄特別行動委員会(SACO)合意に基づく措置で、返還条件のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事がほぼ終了したため実現した。昭和47年に沖縄県が本土復帰して以降最大規模の返還。日米合同委員会は21日、未返還地に移設したヘリパッドを米軍に提供することで合意した。

 安倍首相は共同発表で「今回の返還は基地負担軽減にとどまらず、跡地利用を通じて地域振興に大きく寄与する」と強調。名護市辺野古への移設を目指す米軍普天間飛行場(宜野湾市)にも言及し、「固定化は絶対に避けなければならない」とした。ケネディ氏は「日米両国は米軍再編の実現に向け重要な一歩を踏み出した。日米同盟はますます発展していくと確信している」と述べた。

 政府は22日、名護市で返還式典を開き、菅義偉官房長官や地元首長らが出席する。約1年かけて返還された地区の弾薬除去や除染を行い、地権者に引き渡す。

 返還されるのは北部訓練場の7543ヘクタールのうち半分以上に当たる4010ヘクタール。国内の米軍専用施設に占める沖縄県の割合は74・5%から70・6%となる。返還地のうち約4千ヘクタールが国有地と県や国頭村の公有地で、民有地は約10ヘクタール。政府は地権者に対する保証金として、年計約3900万円を除染期間中も支払う。




来年度の防衛予算案、過去最大の5.1兆円 3次補正でミサイル防衛
[東京 22日 ロイター] - 政府は22日の閣議で、過去最大の5兆1251億円となる2017年度防衛予算案を決定した。南西諸島の防衛力を強化するため5年連続で積み増す。前年比の伸び率は1.4%。同時に決定した16年度3次補正予算案には、弾道ミサイルへの迎撃態勢を整えることを柱に、1769億円を計上した。

来年度は5年間の中期防衛力整備計画の4年目。島しょ部で制海権、制空権を確保するため、長時間の潜航が可能なリチウムイオン電池搭載の新型潜水艦を建造する。5年間で28機を取得予定のステルス戦闘機F35は、新たに6機を契約して22機まで増やし、青森県の三沢基地に飛行隊を編成する。

沖縄県宮古島と鹿児島県奄美大島には、陸上部隊を配備するための基地を新設。射程距離を伸ばした地対艦ミサイルの開発にも乗り出す。また、島への上陸作戦が可能な水陸機動団を編成する。


来年度の防衛予算案、過去最大の5.1兆円 3次補正でミサイル防衛© REUTERS 来年度の防衛予算案、過去最大の5.1兆円 3次補正でミサイル防衛
北朝鮮の弾道ミサイルをにらみ、今年8月の概算要求時に盛り込んだ迎撃ミサイル「PAC3」の改良は、16年度3次補正に前倒した。射程や速度の向上したミサイルの配備時期が、2020年度から2019年度に早まる見込み。

新型迎撃ミサイルの導入に向けた研究も、予算を積み増して加速する。候補に上がっているのは、在韓米軍が配備を進める「THAAD(サード)」と、イージス艦発射型ミサイルを地上に配備する「イージス・アショア」。日本列島にどう配備すれば効果的かを模擬実験で検証する。

(久保信博)




a0044103_31218.png

     3.11東日本大震災  福島第一原発爆発  楢葉町 264
[PR]
by nsmrsts024 | 2016-12-22 05:46 | 朝日新聞・綜合、政治

最高裁判所


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧