12月31日(土)・・3.11東日本大震災から・・・伝統の年末市、今年は内陸で 宮城・気仙沼

宮城県気仙沼市で30日、伝統の年末市が開かれた。

 例年、鮮魚類を中心に約100店が並び、全国からの買い物客でにぎわったが、今年は津波で被災した港周辺から内陸の自動車教習所跡地に会場を移し、約30店が正月飾りや野菜などを売った。訪れたなじみの客に、「きっと来年はいい年になるよ」という店主の明るい声が飛んでいた。
[PR]
by nsmrsts024 | 2011-12-31 05:26 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧