2019年1月6日(日 ):

首相、ロシアとの条約交渉「ここからが正念場」
安倍首相は5日、地元の山口県下関市内で開かれた自身の後援会会合で、北方領土問題を含むロシアとの平和条約交渉について「ここからが正念場だ。私とプーチン大統領の手で必ず終止符を打つとの決意で交渉に臨む」と述べ、今月下旬の訪露に意欲を示した。

 北朝鮮による拉致問題の解決に取り組む姿勢を強調し、「問題を解決していくためには(朝鮮労働党の)金正恩(キムジョンウン)委員長と私自身が向き合わなければならない」と語った。9日からオランダと英国を訪問することや、訪露後にスイスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席することも明らかにした。

 首相は5日に地元入りした。6日まで滞在し、同県長門市にある父・晋太郎元外相の墓参りなどを行う。
初競り3億円のマグロに客の列 通常価格で提供
豊洲市場(東京都江東区)の「初競り」で過去最高額の3億3360万円の値がついた青森県大間産クロマグロは5日、落札した会社が運営するすしチェーン「すしざんまい」の本店(中央区築地)で解体され、客に提供された。味を確かめようと、店前には100人以上が長い列をつくった。

 同社によると、落札した278キロのマグロは1万5千貫分。単純計算では1貫当たり約2万2千円になるが、大トロ398円、中トロ298円、赤身158円(税別)の通常価格で「大盤振る舞い」した。

 大トロを食べた渋谷区の会社員(48)は「3億円と聞いて、その分おいしく感じました」と満足げだった。


[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から7年と9ヶ月]

a0044103_06423717.jpg
3.11東日本大震災  津波 435

by nsmrsts024 | 2019-01-06 05:22 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る