2006年 07月 29日 ( 1 )

7月29日(土曜日)・・・小説、メタボラ

朝日新聞・朝刊・小説

  [メタボラ]   作  桐野 夏生
           画  水口 理恵子            238回

                             第六章   ガーブ川

 見届け屋。ネットの死神。脳味噌が沸騰しそう

だった。僕は急に蘇った記憶の奔流に押し流され

そうになって、立っているのもやっとだった。

 香月雄太。僕の名前。二十五歳、いや、八月で

二十六歳になったはず。八月七日生まれだから。

獅子座のB型。暗くなった道に街灯が点灯してい

くように、自分の周囲に次々と鮮やかな色が付着

していく。スイッチが入ったのだ。僕はよろめき

ながら、自分が変わっていくのを茫然と受け止め

ていた。かって、僕の世界はこういう姿をしてい

たのだ。やんばるでの彷徨、ミカ、専務、昭光と

の出会いと別れ。「磯村ギンジ」を形作っていた

ものが次々と崩壊していった。




    ・・・・・・・・・ネット自殺の生き残り人間の実像が、これからやっと見られそうだ。記憶喪失中の男が、普通の、普段の、日常の、生活環境に飛び込み自分に疑問を抱きながら生きてきている。・・・・読んでいる「小生」も気が、遠くなっていた。

大きな事件、出来事がなかった朝は先ず 小説 に目が行く。以前はいらいらしながら小説のページを探していたが、最近やっと分かった(恥ずかしいかな?)ことだが、新聞の一面に今日の小説の「ページ」が載っている。それ以来さっと開けるので嬉しい。
 
[PR]
by nsmrsts024 | 2006-07-29 06:25 | 朝日新聞・読書

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧