2014年 11月 08日 ( 1 )

11月8日(土 )・・・東日本大震災から3年7ヶ月と28日

3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から3年と7ヶ月
1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害の記録
(東日本大震災と放射能災難から直後の1年間を顧みる)



2011年3月26日(土)・・・大連立「全くないわけではない」 自民・谷垣氏が含み
自民党の谷垣禎一総裁は26日の民放番組で、菅直人首相から副総理兼震災復興担当相としての入閣を要請されたことに関連し、現時点では否定する一方、「期間を区切ってとか、全くないわけではない」と述べ、期間を限定するなど条件付きで将来的に政権入りする可能性に含みを残した。

 谷垣氏は「私の入閣は、連立の組み替えで、政策協定しなければならない。今は被災者支援や原発対応に全力を挙げることが大事。あまりに唐突で時期尚早」と入閣を拒否した理由を述べた。

 一方、谷垣氏は「一段落したら先のビジョンをどうするか、となるかもしれない」とも語った。東日本大震災の被災者支援や福島原発対応が一段落した時点で、期間を区切るなど条件付きならば大連立に参加する可能性に言及した発言だ。

 自民党内には、菅政権との連携には反対との意見が大勢を占める。しかし、早期の解散・総選挙を目指す戦略が難しくなり、大連立の可能性を探る動きもある。このため、党内には、菅首相の交代を機に大連立へ動くという見方もある。




2011年3月26日(土)・・・死者1万418人、不明1万7072人―26日午後3時
警察庁によると、26日午後3時現在の死者数は12都道県で1万418人にのぼった。行方不明は6県で1万7072人。負傷者は18都道県で2777人。

 確認されている死者数は宮城6333人、岩手3123人、福島904人、茨城20人、千葉17人、東京7人、栃木と神奈川で各4人、青森で3人、北海道、山形、群馬で各1人。行方不明となっているのは宮城6240人、福島5950人、岩手4878人、千葉2人、青森、茨城各1人。

 建物被害は全壊1万8803戸、流出は1165戸、全半焼148戸など。道路被害は2086カ所にのぼる。

 また、同日午前10時現在、死亡した人のうち身元が確認されたのは約7270人。このうち約6860人が遺族らに引き渡された。














[世界と日本・今日この頃]

「夫婦控除」など5案 配偶者控除見直しで政府税調

 おもに主婦世帯の税負担を軽くしている「配偶者控除」の見直しをめぐり、政府税制調査会(首相の諮問機関、中里実会長)は7日、現時点での選択肢をまとめた。新たな「夫婦控除」への切り替えなど5案を挙げ、それぞれ課題も掲げて「丁寧な国民的議論が必要」とした。

 配偶者控除は、例えば妻の年収が103万円以下なら、夫の収入から38万円を差し引いて所得税を計算し、税負担を軽くする仕組みだ。妻の年収が103万円を超えると差し引ける額が段階的に減るほか、この制度を参考に企業も配偶者手当の支給基準を決めるなどしていることから、女性が働き方を抑えてしまう「103万円の壁」になっているとの指摘もあり、見直しが議論されてきた。

 この日の会合では、税制を意識せずに働き方を選べる制度として、①配偶者控除の廃止②所得制限の導入③配偶者の収入に関わらず夫婦の所得控除(課税所得の減額)枠を一定にする④夫婦の税額控除(納税額の減額)枠を一定にする⑤新たな「夫婦控除」への転換、の5案を示した。
[PR]
by nsmrsts024 | 2014-11-08 04:59 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024
プロフィールを見る
画像一覧