2017年 09月 25日 ( 1 )

2017年9月25 日(月 ):強まる「小池色」薄まる「民進色」 新党に中山氏ら参加

東京都の小池百合子知事側近らが準備する新党が「小池カラー」を強めている。小池氏と親しい中山恭子・元拉致問題担当相や、自民党の現職副大臣らが相次いで新党参加の意向を表明。事実上の「小池新党」は、衆院選の波乱要因ともなりかねず、既成政党側は警戒する。

衆院、解散・総選挙へ

 小池氏は24日、東京都内のホテルで中山氏や夫の中山成彬・元文部科学相と会談した。3氏はともに自民に在籍していた当時から保守派として気脈が通じ合う。政策を説明し、新党参加の意向を示す夫妻に、小池氏は「一緒にやれると思う」と述べたという。

 ログイン前の続きこの日は、自民党の福田峰之・内閣府副大臣も東京都内で記者会見し、離党して新党に参加する考えを表明。無所属の行田邦子参院議員も同日、新党に参加する意向を明らかにした。

 新党構想はもともと、小池氏が率いる地域政党「都民ファーストの会」が圧勝した7月の都議選を踏まえ、小池氏に近い若狭勝衆院議員が「自民でも民進でもない政党」の必要性を訴えて動き出した。ところが、参加者は党勢低迷が続く民進党から離れた議員が多く、「第2民進」と揶揄(やゆ)する声が出ていた。

 「第2民進」では選挙戦で埋没しかねない。新党は小池氏を前面に出すことを迫られていた。保守色の強い中山氏や、自民の福田氏の加入は、新党の「民進色」を薄める効果がある。福田氏の会見に同席した若狭氏は「(新党は)小池知事が改革の志を全国に広げたいというところから始まっている」と強調し、他の自民議員の参加の可能性も示唆した。

 自民からは警戒の声も漏れる。南関東選出の若手議員は「首都圏のうち、比例復活も危ない議員は新党に流れてもおかしくない」。東京選出の衆院議員は「『自民から新党へ』と報じられたら新党が勢いづく。離党ドミノにならなくても打撃は大きい」と話す。

 民進の前原誠司代表は24日、記者団に「(与党側と)1対1で戦うにはどうしたらいいかという中で様々な取り組みをする」と述べ、新党との連携に含みを残した。共産党の志位和夫委員長は同日、記者団に「自民の補完勢力以外の何物でもない」と批判した。






新党合流、自民に衝撃=ドミノ防止に厳格対応
福田峰之内閣府副大臣が自民党を離党して若狭勝衆院議員らがつくる新党への参加を表明し、自民党内に24日、衝撃が走った。同党は若狭氏を支援する小池百合子東京都知事と7月の都議選で激戦を展開したばかり。現時点では10月の衆院選で与党が敗北する予測が出ていないこともショックの理由だ。党執行部は「ドミノ」を防ぐため、次に離党の動きがあれば対抗馬を擁立するなど厳しい姿勢で臨む方針だ。  

「現職副大臣が離党するなんて前代未聞だ」。自民党幹部は24日、福田氏の動きを聞きつけると吐き捨てるようにこう語り、除名した上で、別の選挙区に転出する見通しの同氏の地元である神奈川8区には、新たな候補を立てる考えを示した。

 別の幹部は「他に離党者が出れば、たたき切ってやるだけだ」と宣言。ある閣僚経験者は「自分のことしか考えずに行動する人は必ずしっぺ返しを食らう」と怒りをあらわにした。

 福田氏は2005年の初当選以降、民進党の江田憲司前代表代行に神奈川8区で敗れ続け、これまで当選した3回はいずれも比例復活だった。福田氏は麻生派所属。24日に離党の考えを伝えられた同派幹部は「選挙区事情があっての判断だろう」と語った。

 関係者によると、小池氏と福田氏は環境関連の議連を通じて親交があったという。他にも選挙区情勢が厳しかったり、小池氏や若狭氏と接点を持ったりしている自民党議員は他にもいるとの見方もあり、党内からは「同調者が出るか、今は誰にも分からない」と不安の声も漏れる。 

 一方、日本のこころ代表の中山恭子氏(参院比例)と夫の成彬氏(落選中)も新党に合流する考え。夫妻はともに自民党時代、安倍晋三首相と同じ派閥に属していた。

 成彬氏は宮崎県が地盤。新党の勢いは「東京を越え、都市部などに一定程度広がる」(自民党関係者)との見方もある。九州選出のある若手議員は「うちも安全地帯ではない」と新党の候補擁立に警戒を強めている。(了)





北の富士氏「豪栄道はしばらく立ち直れないかもしれない」 日馬富士との差は精神面/秋場所
大相撲秋場所千秋楽(24日、東京・両国国技館)横綱日馬富士(33)が大関豪栄道(31)を本割と優勝決定戦で続けて破り、11勝4敗で7場所ぶり9度目の優勝を飾った。

 NHKでテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(75)=元横綱=は、日馬富士に連敗を喫した豪栄道について、「やっぱり気持ちがね。気持ちの問題だったね。これが横綱と大関の違い」と指摘。「気力というのは、持ちようでこんなにも違ってくる。豪栄道はしばらく立ち直れないかもしれない」と心配した。





【北朝鮮情勢】「奴らは遠からず姿消す」 トランプ氏、北朝鮮の李容浩外相の演説非難
【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は23日、国連総会での北朝鮮の李容浩外相による23日の演説について、ツイッターで「彼がチビのロケットマン(金正恩朝鮮労働党委員長)の考えに同調しているのであれば両者とも遠からず姿を消すことになるだろうと述べた。

 李外相は演説で「米本土に対する弾道ミサイルによる先制攻撃」などに言及。トランプ氏は、仮に北朝鮮が先制攻撃に踏み切った場合は報復軍事攻撃によって金体制を崩壊させるとの構えを改めて打ち出したとみられる。

 また、トランプ氏は同日、別のツイッターの書き込みで。弾道ミサイル開発で「イランと北朝鮮が連携している」と指摘。イラン国営メディアが23日、新型弾道ミサイル「ホラムシャハル」の発射に成功したと伝えたことに関し、「ミサイルはイスラエルに到達可能だ」と危機感を示し、2015年に米欧などやイランが結んだイラン核合意は「ろくなものではない」と批判した。






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_6324995.jpg

     3.11東日本大震災  福島第一原発爆発  楢葉町 248
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-09-25 05:35 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024