2017年 09月 26日 ( 1 )

2017年9月26日(火 ):首相「名誉校長になるべきでなかった」 昭恵さんめぐり

安倍晋三首相は25日夜に出演したTBSの番組で、森友学園が開設を目指していた小学校の名誉校長に首相の妻昭恵さんが就任していたことについて、「(学園の)籠池(前)理事長は詐欺(罪)で起訴された。そういう人物が経営する学校の名誉校長にはなるべきではなかった」と語った。

昭恵夫人、名誉校長を辞任 首相、寄付集め「遺憾」 森友学園問題
特集:森友学園問題

 首相は「この問題で私自身や妻が働きかけたことは全くない」と改めて主張。昭恵さんが記者会見で、事実関係を明らかにする必要性について、「私自身、国会で何回にもわたって答弁しているので、その必要はない」とした。

 一方、加計学園問題をめぐっては、「問題が起こってから、加計孝太郎理事長との接触は控えるべきだろうと思っている」と説明。加計氏と頻繁にゴルフや会食を行っていたことを問われると、「国民の皆さまが疑念を持たれるのは当然。他方で、経済界の人たちは全て何らかの形で許認可に関わりがある。それを全部ダメだと言ったら、誰とも付き合えなくなる」と反論した。






小池百合子氏、政党代表と知事の「二足のわらじ」に不安の声 都政、東京五輪…「本当に大丈夫?」
新党を立ち上げ、自らが代表に就任することを25日に表明した東京都の小池百合子知事。“二足のわらじ”を履くことについて影響がないことを強調するが、すでにキャンセルになった公務があり、国と都で立場が相反する政策もある。2020年東京五輪・パラリンピックも控える都庁内では「本当に大丈夫か」と不安の声も上がる。

 都によると、小池氏はこの日、衆院解散後の29、30日の一部公務を急(きゅう)遽(きょ)キャンセル。女性支援関連イベントなどでキャンセルの理由は明らかにされていない。

 都幹部によると、10月も出席がキャンセルになった公務があるといい、「政党代表として時間を取られ、知事としての活動が減るのは確か」と指摘する。

 五輪関連では、経費の出費額をめぐり国や大会組織委との間で綱引きが行われたことは記憶に新しい。都知事の立場で国政新党に関与することについて、小池氏は「矛盾するものとは考えていない」としたが、都幹部は「どうしても国と都で立場が相反するところは出てくる。その点はどうするのか」と疑問を呈した。

 組織委の森喜朗会長は小池氏の新党代表就任に「ご自分でやりたいことをやっておられるんじゃないか」と突き放し、武藤敏郎事務総長は「知事は開催都市の首長で、責任を持って開催する立場。そこにおいては何の変化もないはずだ」と話した。

 豊洲市場(江東区)への移転問題に揺れた築地市場(中央区)では賛否の声が上がった。

 「移転問題に取り組む姿勢は歴代知事より評価しており、国政でも良い方に変えてくれると期待している」と話すのは場外市場の飲食店に勤務する葉月桜子さん(45)。

 一方、築地に40年以上勤めているという漁業関係者(67)は「移転問題で1年もかけて元のさや(豊洲移転案)に戻したことに反省がない」。その中での国政参入に「あきれかえった。無責任だ」と非難。商店を営む羽(は)太(ぶた)智(さとし)さん(51)は「都議選で(都民ファーストの会の)代表をやって選挙直後に辞めたと思ったら、また新党の代表だ。上に行くことしか考えていない」と話した。





「消費増税分の使途変更」首相、衆院解散の意向
安倍首相は25日夕、首相官邸で記者会見し、28日召集の臨時国会冒頭で衆院を解散する意向を表明した。

 衆院選は「10月10日公示・22日投開票」の日程で実施される見通しだ。首相は、2019年10月に予定する消費税率10%への引き上げに伴う増収分の使途を変更し、「全世代型」社会保障のための財源とする考えを示した上で、「国民との約束を変更し、国民生活に関わる重い決断を行う以上、速やかに国民の信を問わねばならない」と強調した。

 衆院選の日程は近く閣議決定される。首相は記者会見で、消費税の使途変更について、「子育て世代への投資と、社会保障の安定化にバランス良く充当し、財政再建も確実に実現する道を追求する」と説明。消費増税によって得られる約5兆円を、社会保障の充実と国の借金返済に「おおむね半々(ずつ充てる)」と述べた。




「希望の党」に駆け込むみっともない政治家たち
9月25日、安倍晋三首相が臨時国会冒頭での解散を表明したが、衆院選はすでに走り出している。「この選挙に大義はあるのか」「争点は何か」「北朝鮮の脅威が高まる中で選挙をやっていて大丈夫なのか」等々が、かしましく議論されている。小池百合子東京都知事も「何を目的とするのか、大義が分らない」と語り、野党もいっせいに「森友、加計隠しだ。大義なき解散だ」などと批判している。

 だが本当に解散には大義が必要なのか。衆議院というのは、もともと時の政権と直結している。衆議院で多数を占めた政党、もしくは政党連合が内閣を構成するからだ。参議院でいくら多数を占めても、衆議院で少数派では、政権を取ることはできない。憲法67条2項で衆議院の優越が決められているからだ。

 政権政党は、政権を維持することに全力を尽くす。他方、野党は政権奪取のために全力を尽くす。与党が解散時期を自党有利に考えるのは、理の当然である。他方、野党は内閣不信任案などを駆使して、政権を追い込むために全力を挙げる。これを党利党略だと批判する声があるが、古今東西、党利党略で物事を判断しない政党などない。党利党略のぶつかり合いが政党の闘いなのである。衆議院が「常在戦場」と言われる所以である。

 選挙というのは、その政党の闘いのなかでも最高度となる対決である。解散総選挙は、野党にとっては政権奪取のチャンスが訪れるということなのである。今の野党にその気力が見られないことこそが、一番の問題なのである。


「希望の党」代表に小池氏が就任


 9月25日、小池東京都知事が新党「希望の党」の結党と、代表就任を表明した。若狭勝氏や細野豪志氏では、とても新党を引っ張っていく力がないことを見切ったからだろう。そのことを象徴的に示したのが、9月17日、大阪府摂津市で行われた市議会議員選挙だった。この選挙には、若狭勝氏らが応援する候補が「市民ファーストの会」と名乗って4人が立候補した。結果は4人全員落選だった。その得票がまた酷い。当選者の最高得票は2000票を超えているが、市民ファーストの会で一番得票した候補で704票、あとの3人は86、85、60票であり、100票にも届かないという大惨敗だった。

 当たり前の話だが、若狭氏ではまったく集票力がないということが見事に証明されてしまったのだ。「ファースト」と付ければどこでも通用するというほど甘くはないということだ。ファーストが通用したのは、東京だけであり、それも小池氏が陣頭指揮をしていたからだ。

 共同通信が9月23日、24日に行った世論調査では、民進党よりも低い6.2%に過ぎない。想定通りだが期待値は少ない。そこで急きょ小池氏の登場となるわけだ。


小池百合子氏におんぶに抱っこの新党


 若狭勝氏らは、新党の名前には「希望」という言葉を使用する旨を語ってきた。理由は簡単だ。小池百合子東京都知事の政治塾の名称が「希望の塾」で、小池氏のお気に入りの言葉というだけのことだ。この一事を見ても、小池氏におんぶに抱っこの新党だということがよく分る。こんな新党にどんな希望を見出せるのか。悪い冗談でしかない。

 若狭氏らは小池氏に頼りきりだが、果たして小池氏にそれだけの神通力があるのか、大いに疑問だ。確かに、自民党東京都連や東京都議団を悪の巣窟に見立て、喧嘩を売ったやり方は見事だった。都民ファーストの会は、都議会第一党にもなった。だが今のところここまでだ。

 都政の大問題である市場の豊洲移転問題で、小池氏は「豊洲の無害化」を掲げていた。だがこれは達成できないとしてお詫びするしかなかった。「築地は守る、豊洲は生かす」と公約したが、その具体策はまったく示されていない。都民の失望は、決して小さくはない。小池都政は、すでにほころびが出始めているのだ。

 また都民ファーストの会は、情報公開を掲げて都議選を戦ったにもかかわらず、所属都議の取材窓口は党本部に一本化するなど、事実上、取材規制を行っている。55人の都議のうち39人が新人であり、未熟さによる失言や不用意な発言を防ごうというのが、その理由だと指摘されている。

 要するに小池氏以外は、まともにマスコミ対応もできない集団だということだ。だが“隠すより現る”と言われるように、政治家としての力がない者は、いずれその本性を暴かれることになるだろう。小池氏頼みの連中は、絶頂期というものは、そうそう長くは続かないことを間もなく知ることになるだろう。


駆け込み寺を目指すみっともない政治家たち


 現職の内閣府副大臣である福田峰之衆院議員が自民党を離党し、新党に参加することを表明した。今、自民党を出て行こうというのは、確かに異例だが、背景を知ると“選挙目当て”以外の何物でもないことが明々白々である。同氏は神奈川8区が選挙区だが、江田憲司氏に負け続けており、比例での復活当選しかない。選挙の弱さでは定評があるらしい。

 おそらく、小池氏が強い東京の小選挙区をあてがってもらうつもりなのだろう。同氏は「私を育ててくれた自民党を批判したいとかいうことはない。新党をつくって、今の世の中に受け入れられる政治家をつくることをやりたい」と語ったという。だったらまず自らが議員辞職をするか、次の選挙での立候補を取り止めることだ。どう考えても福田氏自身が、最も受け入れられていない政治家ではないか。

 この福田氏に対する若狭氏の発言も面白い。「考え方が一致しており、非常に心強い」。一体どんな考え方なのか。きっと何も定見がないところが一致したのだろう。

 日本のこころの中山恭子代表も、小池氏と会って新党入りを表明した。日本のこころは、参議院議員が2人しかいない。1人が中山氏だ。その中山氏が「日本のこころは消滅する党」というのだから救いようがない。そもそも「日本のこころ」などという大仰な名前を付けたときから胡散臭い集まりだと思ってきたが、らしい末路としか言いようがない。

 こんな連中に希望を見いだせというのは、国民を愚弄するにも程がある。


見苦しい民進党からの新たな離党者


 民進党からも新たな離党者が出てきた。離党届を提出し、新党への移行を表明した松原仁衆院議員だ。柿沢未途衆院議員も離党を検討していると報じられている。安倍首相が解散表明をするその日に離党を表明するなどというのは、民進党に対する最大の背信行為である。

 離党を一概に否定するものではない。だがそこには、やはり仁義ということがある。それでなくても五月雨的に離党者が相次いでいるときに、最も打撃を与えるやり方というのは、感心しない。

 しかも離党の理由がいただけない。「民進党にはダイナニズムがない。新党にはそれがある」と言うのだ。確かに、今の民進党に力強さや迫力はない。だが新党のどこに力強さや迫力があるというのか。それがないことは、若狭氏や細野氏も自認しているではないか。

 底意が見え見えなのである。松原氏は東京3区、柿沢氏は東京15区を選挙区としている。東京と言えば小池氏の牙城だ。予想される総選挙でも、東京では小池氏率いる新党が圧勝するのではと見られている。要するに小池氏の庇護の下に入りたいというだけのことだ。

 新党を立ち上げようという連中の誰一人からも、高い志が語られたことはない。それどころかはっきりと見えてくるのは、“ただただ自分が当選したい”という卑しく、さもしい心だけだ。そのどこにも国民への奉仕の心も、日本の前途を思う心も見て取ることはできない。この連中が政治を駄目にし、政治への国民の不信を募らせているのだ。その責任はあまりにも重い。




公明:「裏切られた」小池氏の新党代表就任に反発
小池百合子都知事が「希望の党」代表に就くと表明したことに対し、「都政への専念」を求めていた公明党が反発している。公明党は7月の都議選で、小池氏が率いる「都民ファーストの会」と連携し、知事与党の立場。国政での自公連立と、都政の知事与党の「使い分け」への影響は避けられない。都議会での連携解消の可能性も出てきた。

 都議会公明党の東村邦浩幹事長は25日、「知事に裏切られたという思いでいっぱいだ」と語った。その上で「非常に不快な思い。知事が都政に専念し、都政を前に進めていくという約束だった。(都民ファーストとの)連携を解消するかどうか、党本部とよく相談したい」と述べた。

 党本部の山口那津男代表も不快感をにじませる。首相官邸での安倍晋三首相との党首会談後、「就任から間もなく、知事としての成果を十分に出せていない」と記者団に語り、「あくまでも知事としての責任を全うしていただきたい」と強調した。自公連立について「公明党の姿勢は全く変わらない」と語った。

 公明党は「小池新党」誕生を警戒し、「知事には都政に専念してもらいたいと思うし、専念していただけるのではないか」(井上義久幹事長)などと繰り返しけん制していた。さらに、新党に参画しないよう小池氏側に伝えていたという。

 都民ファーストは都議会で55議席で第1党だが、23議席の公明党と連携しなければ過半数(64議席)に届かない。【西田進一郎、芳賀竜也】





小池新党、「希望」と「野望」と「失望」のはざま 選挙に弱い「落ちこぼれ」の駆け込み寺か?

休暇明けの9月25日月曜日、またまた政局が激動した。同日夕の安倍晋三首相の解散表明会見の数時間前に小池百合子東京都知事が国政新党「希望の党」の結党と自らの代表就任を宣言したからだ。

 これまで側近の若狭勝衆院議員と民進党を離党した細野豪志元環境相が続けてきた新党結成協議を小池氏が「リセット」することで、名実ともに「小池新党」としての国政挑戦に打って出た形だ。松井一郎大阪府知事(日本維新の会代表)と同様に、知事を続けながら国政に直接関与する立場も明確にした。9.28臨時国会冒頭解散、10.22衆院選という日程が正式決定する直前の新党結党宣言に、安倍首相をはじめ与野党幹部は「また小池劇場か」と天を仰いだ。

 小池氏は「希望」をキーワードとした新党の基本理念・政策も公表し、経済、社会、エネルギーなどと並べて「憲法改正」も柱の一つとした。注目される選挙戦術については「全国にできるだけ多くの候補者を立てたい」と、東京や首都圏はもとより全国にできるだけ多数の候補者を擁立する考えを表明。都議会与党の公明党や民進党との連携については「今後の状況次第」と含みも残した。

短時間で人材を発掘するのは至難の業

 ただ、これまでの新党入党希望者は「当選目当ての落ちこぼれ議員ばかり」(自民幹部)とみられており、短時間で国政の舞台に送り込める人材を発掘するのは至難の業だ。自民党などは小池新党を「(小池氏の)野望の党」と揶揄しており、選挙後の党運営次第では国民にとって「失望の党」となる不安も拭えない。

 小池氏は25日昼過ぎに都庁で記者会見を開き、上野動物園で100日前に誕生した赤ちゃんパンダを「シャンシャン(香香)」と命名したことを満面の笑みで発表した。その後、午後2時半から再び緊急会見を開き、小池新党の旗揚げを宣言した。

 お馴染みの「百合子グリーン」のスーツとスカーフという勝負服に身を包んだ小池氏は、冒頭に自ら「希望の党」と書かれた新党名のフリップを掲げて「このたび希望の党を立ち上げました」と切り出し、「ただし都知事はしっかりやる。むしろ都政を磨き上げつつ国政に関与することでシナジー(相乗)効果を目指す」など首都・東京のトップと国政政党代表を兼務する考えを明らかにした。

 新党の理念についてはお得意の「しがらみのない政治の実現」を挙げ、「本当の意味の改革勢力をつくりたい」と力説し、政治、社会、経済、エネルギー、憲法改正の5本柱を新党の基本理念として打ち出した。

 小池氏はその中で、「消費税10%」については「状況次第では経済に水を差す恐れもある」と述べる一方、エネルギー政策では「原発ゼロ」を目指すことを明言した。さらに、首相が目玉政策に掲げてきた「女性活躍推進」については「言葉だけではない具体策が必要」と政府の対応を批判、衆院選の争点にもなる「憲法改正」には「9条へのイエス、ノーだけの一点に絞っていいのか」と憲法全般に関する議論が必要との認識を示した。

小池氏「与党になるかも」と思わせぶり発言

 30分余りの会見で、記者団の質問にいつものように「言語明瞭」に答えた小池氏は、新党に関する若狭、細野両氏の議論を「リセット」した理由についても「枝よりもまず幹を考えた」と語り、若狭氏らの協議結果を「アウフヘーベンする(過去のものを捨てて、より高いものを求める、の意)」と得意の"小池語"で煙に巻いた。今回の首相の冒頭解散を「大義がない」と批判してきた小池氏だが、選挙後の新党の立ち位置については「与党になるか野党になるか分からないので」と思わせぶりな発言をして記者団をどよめかせた。

 首相の解散表明会見直前に新党結党宣言をぶつけた小池氏の意図は「選挙戦を"安倍vs.小池"の構図にすることで、小池新党の大躍進を狙った」(自民幹部)との見方が支配的。25日夜以降のメデイアの報道も、首相会見と小池会見がワンセットで取り上げられるなど、まさに小池氏の言う「シナジー効果」は満点だ。首相は25日夜、NHKや民放テレビをはしごして「解散の意義」をアピールしたが、小池氏もスタジオ外で出演して、首相に応戦した。

 小池氏の新党結党宣言と並行して、希望の党は9人の衆参国会議員を所属議員として東京都選挙管理委員会を通じて総務省へ設立届を提出、受理された。ただ、「結党宣言は簡単」(自民長老)な新党立ち上げだが、衆院選公示までわずか半月では、候補者選びはもとより、公認候補を支える組織づくりや選挙資金の手当ては簡単ではない。

 小池氏周辺から漏れる150人規模の候補者擁立となれば小選挙区と比例の重複立候補を前提とすれば供託金だけでも約9億円が必要で、選挙活動費も加えれば20億円近い資金調達を迫られる。今のところ「小選挙区の供託金300万円は自前で賄ってもらう方針」(若狭氏周辺)とされるが、全くの「徒手空拳」の候補者の立候補は難しくなる。

 それ以上に問題なのが「候補者の資質」だ。若狭氏が新党結成を前提に立ち上げた「輝照塾」には約200人の塾生が参集したが、小池氏の求める「直ちに国政を担える優秀な人材」は極めて少数とみられている。7月の都議選で都議会第1党に躍進した「都民ファーストの会」の都議に「発言禁止令」を出した経緯もあり、小池新党で国政の場に送り込まれた新人議員達も「議員目当ての単なる小池チルドレン」となる可能性は少なくない。それでは、小池氏の目指す国政の大改革は「夢のまた夢」となる。

新党便乗組ばかりなら切れる「クモの糸」

 そもそも、小池新党の中核となる国会議員の顔ぶれをみても、若狭、細野両氏は別としても「新たな保守政権の受け皿」という旗印より「議席獲得が最優先」とみえる議員が少なくない。24日に自民党離党と小池新党参加を表明した福田峰之前内閣府副大臣は、過去4回の衆院選で自民党公認で出馬した神奈川8区でいずれも江田憲司・前民進党代表代行に敗れ、そのうち3回は比例復活で生き残ってきたが、今回小池新党が同区に候補を立てれば、「比例復活の芽もない」(自民県連)とみられていた。

 また、25日に民進党に離党届を提出して小池新党参加を表明した松原仁・元国家公安委員長も前回衆院選で東京3区から出馬したが自民公認候補に僅差で敗れ、比例復活した。松原氏は昨年夏の都知事選では民進党が擁立した著名なジャーナリスト・鳥越俊太郎氏の選挙で同党都連会長として小池氏打倒に奔走したのに、「手のひら返し」での小池新党入りには「議席を失いたくないだけ」との批判が相次ぐ。

 こうしてみると「希望を持てる国にするため日本の政治を変える」という小池氏の結党宣言とは裏腹に「政治理念や政策より小池人気にすがって議員バッジを付けたい」という議員や候補者がはせ参じている印象は拭えない。小池氏はこれまで「新党をクモの糸にはしない」と繰り返してきたが、政界で「議員になりたい人の希望の党」(小池晃共産党書記局長)と皮肉られるように、“新党便乗組”ばかりが小池新党にすがれば、「クモの糸が切れてしまう」(自民長老)結果にもなりかねない。

 小池氏は新党結党会見の後、都庁内で小泉純一郎元首相と会談した。席上、小泉氏は「原発ゼロは自民党ではできない。都知事が言ったのは非常に大きな意味がある」と述べ、小池氏を「頑張れ」と激励したという。

 安倍首相の政治の師匠だが「原発ゼロ」が持論、なおかつ自民党議員で将来の有力な首相候補の小泉進次郎党筆副頭幹事長の父親である元首相との会談を絶好のタイミングで設定するあたりは、「メディア戦略の化け物」(自民都連幹部)といわれる小池氏の面目躍如だ。

安倍首相も小池氏も「政界の魑魅魍魎」

 安倍首相は国民注視の解散表明会見で、今回の解散を「国難突破解散」と命名し、「私自身の信任を問うものでもある」と語ったが、小池氏の「希望の党」結党宣言については「希望というのはいい響きだ。第1次安倍政権では首相補佐官や防衛相を務めていただいた。政治手法には違いがあるが、政治理念は共通している」と語るとともに「都知事とは東京五輪を成功させるという共通の目標があるので、フェアに戦いたい」とあえてエールを送った。

 一方、小池氏は民放テレビで首相の冒頭解散を「まず自民党総裁3選ありきの"安倍ファースト解散"」と皮肉ったが、「ある意味想定していたので、チャンスにしていきたい」と笑顔も見せた。

 結党の経緯からみて小池新党の「先輩格」でもあり、安倍政権寄りとみられている日本維新の会の馬場伸幸幹事長は、首相の臨時国会冒頭解散について「こじつけ解散」と酷評し、選挙戦での対決姿勢を強調した。

 維新とともに改憲勢力とみられている小池新党が安倍首相と真正面から対峙すれば「自民半数割れ」ともなりかねない。にもかかわらず首相と小池氏がなぜか微妙な距離を保とうとする辺りは、どちらも「政界は魑魅魍魎(ちみもうりょう)ばかり」という永田町の格言を体現しているともいえそうだ。






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と6ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_1023168.jpg

    3.11東日本大震災   福島第一原発爆発  楢葉町 249
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-09-26 05:40 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024