<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2017年12 月31 日(日):

即位の礼:19年10月に 大嘗祭11月14日か23日
 政府は、皇太子さまが2019年5月1日に新天皇に即位された後に行う「即位の礼」を同年10月とする検討に入った。新天皇が一度だけ執行する重要な儀式とされる大嘗祭(だいじょうさい)は同年11月14日か23日で調整する。即位の礼と大嘗祭は一連で秋に実施するが、一定の間隔を空ける。

 19年は国際会議などの行事が立て込むため、政府は今後、政治日程や行事との兼ね合いを踏まえて具体的な日程を調整する。

 明治時代に即位の儀式などを定めた「登極令(とうきょくれい)」では、即位の礼と大嘗祭は「秋冬の間」「続けてこれを行う」と記されていた。大正天皇以降、二つの儀式は同じ11月に行われ、現憲法下で初の代替わりだった前回も同様だった。

 しかし、前回は「二つの儀式が近接して新天皇も職員も大きな負担だった」(政府関係者)との反省があり、今回は大嘗祭と間隔を空けるために即位の礼を10月に前倒しする案を検討している。11月上旬は文化勲章授与式(3日)など行事が立て込むことも考慮する。


皇太子さま=代表撮影© 毎日新聞 皇太子さま=代表撮影
 大嘗祭は、暦の上では11月の2回目か3回目の十二支の「卯(う)の日」に行うのが慣例で、天皇陛下の大嘗祭も卯の日の1990年11月22日夕から行われた。19年11月は該当するのが14日と26日となる。

 大嘗祭は毎年の新嘗祭(にいなめさい)が行われる11月23日より前の11月14日が軸となる。また同じ23日も候補日に挙がっている。

 19年10月はラグビー・ワールドカップ日本大会(9月20日~11月2日)の期間中だが、政府関係者は「大会と即位の礼は賓客が重ならないため、短期間に何度も招くことにはならない」としている。【野口武則、竹内望】

■2018~19年の主な予定

2018年1月    退位の儀式などを検討する会議設置

夏ごろ      新元号を公表

9月       自民党総裁選

2019年4月    統一地方選

 4月30日    天皇陛下が退位

 5月1日    新天皇が即位・改元

夏        参院選

9月20日     ラグビー・ワールドカップ日本大会(~11月2日)

10月       即位の礼

11月3日     文化勲章授与式

11月14日?23日? 大嘗祭



正恩氏、長距離弾道ミサイルの発射準備を指示
北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は今月、新型の衛星運搬ロケットと称する長距離弾道ミサイルの発射準備に取りかかるよう関係当局に指示した。北朝鮮のミサイル開発に詳しい脱北者が明らかにした。来年9月9日の建国70周年を祝う発射を念頭に置いているという。

 正恩氏は12月11、12両日に平壌であった軍需工業大会の非公開の席で、軍需や科学部門の幹部らに指示した。北朝鮮が2012年12月と16年2月に発射した3段式長距離弾道ミサイル「テポドン2」改良型の「銀河(ウナ)3」(全長30メートル)を更に大型化した機体の発射を目指すという。


大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の試射を視察する金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が配信した=11月29日、朝鮮通信© 朝日新聞 大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の試射を視察する金正恩(キムジョンウン…
 この脱北者はこの機体について「『銀河4』という位置づけ」と語った。銀河3は、いずれも北西部・平安北道東倉里(トンチャンリ)の長距離弾道ミサイル発射場で発射されている。北朝鮮は15年末までに発射台の大型改良工事を行ったが、16年2月は、12年12月と同じ規模の全長約30メートルの機体を発射するにとどまった。今回は大型化した東倉里の発射台を想定した機体になるとみられる。

 機体の開発はほぼ終わっているが、発射準備には今後、半年程度を要する見込みという。情報関係筋によれば30日現在、東倉里の発射場も含め、北朝鮮内で弾道ミサイル発射に向けた具体的な兆候は確認されていない。



正月大荒れ Uターン 交通機関に影響
2017年最終日は、全国的に雨や雪。関東では今シーズン一番の寒さ。2018年お正月三が日は、北日本や北陸を中心に大荒れや大雪となりそうです。交通機関にも影響が出る恐れがありますので、Uターンの際はご注意ください。

●●2017年は雨と厳しい寒さで締めくくり

2017年大晦日は、日本海と日本の南の2つの低気圧がそれぞれ前線を伴いながら、東へ進む見込みです。そのため、全国各地で雨や雪となるでしょう。沖縄は曇り空でスッキリしない天気になりそうです。九州は午前中は所々で雨、中国や四国は昼過ぎまで雨で、雷雨になる所もありそうです。近畿や東海は昼頃から雨の降る所があり、関東では雪の所もありそうです。北陸は昼過ぎから次第に雨や雪が降り、雷を伴う所がありそうです。東北と北海道は夜は所々で雪や雨が降るでしょう。

関東地方は日中は所々で雨や雪が降るため、気温がほとんど上がらないでしょう。各地で30日よりも気温が下がり、各地で5度前後の予想。東京や横浜など今シーズン一番の厳しい寒さになりそうです。夜になるとさらに気温は下がります。今夜から初詣にお出かけされる方は、防寒対策は万全にしてお出かけください。

●●2018年元日の天気

年が明けると、東北から九州にかけての太平洋側では次第に天気が回復して晴れる見込みです。初日の出を拝める所が多いでしょう。ただ、風が強まり、海岸では波が高くなる所がありそうです。初日の出見物の際は、強風や高波にご注意下さい。

日中の最高気温は、関東では大晦日よりも気温が上がり、3月並みでしょう。日差しが暖かく感じられそうです。東海から九州は10度に届かない所が多く、真冬並みの寒さでしょう。風が強まると体感温度はさらに下がります。初売りで朝早くから並ぶ方や、初詣のお出かけには防寒対策をしっかりした方が良いでしょう。冷えた体に、甘酒で温まるのも良さそうです。

●●2日の天気


© tenki.jp 提供
2日にかけて、日本付近は強い冬型の気圧配置となるでしょう。北海道から北陸にかけて、日本海側を中心に大荒れや大雪となりそうです。日本海側では西よりの風が強く、低気圧の発達程度によっては暴風雪や海上では大しけとなる恐れがあります。

Uターンラッシュが徐々に始まりますが、北海道から北陸にかけて交通機関に影響が出る可能性があります。余裕を持ってUターンの計画を立てた方が良さそうです。

●●3日の天気

多くの職場は4日が「仕事始め」のため、3日にはUターンラッシュのピークが予想されます。日本海側ではふぶいたり、猛ふぶきとなる所もありそうです。引き続き、交通機関が乱れる可能性がありますので、常に最新の情報を確認して行動してください。太平洋側では大体晴れますが、全国的に風の強い状態は続きます。強風や高波による交通障害にもご注意ください。



大晦日 東京で「初雪」 130年ぶり

31日大晦日、東京で初雪を観測しました。平年より3日早く、昨年より37日遅い観測です。大晦日に東京で初雪を観測したのは130年ぶりのことです。

●●大晦日に東京で「雪」が舞った

31日大晦日、東京で初雪を観測しました。これは平年より3日早く、昨年より37日遅い観測です。気象庁のある大手町では、今朝8時30分から35分頃にかけて、雪が舞いました。

「初雪」とは、寒候期(10月~3月)がきて初めて降る雪のことで、みぞれ(雨に雪がまじっている)でも初雪としています。昨年の東京の初雪は11月24日。これは「みぞれ」での観測でしたが、今年は「雪」での観測となりました。


© tenki.jp 提供
●●大晦日の初雪は130年ぶり

東京で大晦日に初雪を観測したのは1887年(明治20年)12月31日以来、130年ぶりのことです。

きょう31日の東京は、雲に覆われて、日中は雨や雪が降りやすいでしょう。雪は舞う程度で、量が多くなることはなさそうです。日中の気温はほとんど上がらず、最高気温は5度の予想。今シーズン一番の寒さとなりそうです。





[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と9ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

   3.11東日本大震災  津波 363
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-12-31 09:05 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年12月30 日(土 ):

ひきこもる50代 80代親「お金なくなれば餓死かも」
平成50とは 第1部:時代の転機 (1)8050危機

 40~50代になってもひきこもる子。それを支え続ける70~80代の親。見えにくい親子の孤立が広がる。過保護や甘えが原因と思われがちな長期ひきこもり。だが目をこらせば、雇用劣化など平成社会の構造変化が背景に透けて見える。

特集:平成とは
ひきこもり29年目 親子の孤立「このままでは共倒れ」

 親亡き後、息子や娘はどう生きていくのか。長期ひきこもりの中高年の子がいる高齢の親たちにとって痛切な課題だ。「誰にも相談できない」という家族のSOSに動かされ、支援の取り組みが動き出す。

 親が(O)、死んだら(S)、どうしよう(D)。親の苦悩を、そのまま団体名にした支援組織が7月に発足した。「OSDよりそいネットワーク」(東京都、理事長・池田佳世)だ。12月2日には都内で初の講演・シンポジウムを開き、全国から約90人の親が参加した。

 池田は「社会とのつながりがなく『親が死んだら一緒に死ぬ』というお子さんも多い。親が元気なうちに対処を」と呼びかける。家族会関係者に加え、法律家、税理士、不動産コンサルタントなど多くの専門家が協力する。「親亡き後」を見すえた家計・住まいの助言や、孤立防止の訪問サポートなどの活動をしていく。

 池田によると、相談をきっかけに、断絶していた親子のコミュニケーションが少しずつ回復する例もでてきているという。



首相「私はリベラル」 分配路線へ軸足、その意図とは
「私がやっていることは、かなりリベラルなんだよ。国際標準でいけば」

 衆院を解散し、総選挙を控えた10月。安倍晋三首相は、自らが打ち出した経済政策について周辺にこんな表現を使って解説をした。

 ここで言う「リベラル」とは、政治的な立ち位置のことではない。経済を市場や民間に委ねるのではなく、政府が積極的に関与し、所得再分配の機能を強めていくという文脈で使った表現だ。

 子育て支援や非正規労働者の待遇改善を掲げた「1億総活躍社会」、女性活躍、働き方改革、企業への賃上げ要請――。政権に復帰してから26日で5年を迎える首相が打ち出してきたものには、政府の役割や規模を拡大する「大きな政府」を志向するような政策が目立っている。



二階氏「いちいち反発、成り立たない」…慰安婦
【北京=工藤淳】中国を訪問している自民党の二階幹事長は29日、慰安婦問題を巡る日韓合意に「重大な欠陥」があったとする文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の声明について「(日本が)いちいち反発しては物事は成り立たない」と述べ、日本政府に冷静な対応を求めた。

 北京市内で同行記者団の質問に答えた。

 二階氏は「相手の立場を考えて理解するぐらいの大きな腹構えが(日本側に)なければ、近隣国と円満に進めることは難しい」とも主張した。

 2015年末の日韓合意は慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認している。日本政府は文政権の対応を強く非難しており、再交渉には応じない方針だ。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と9ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_881252.jpg

   3.11東日本大震災  津波 362
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-12-30 11:30 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年12月29 日(金 ):

南海トラフ地震:30年以内発生確率「70~80%」に
政府の地震調査委員会は、関東から九州・沖縄地方までの広い範囲で被害が想定される南海トラフ巨大地震について、来年1月時点での30年以内の発生確率を現在の「70%程度」から「70~80%」に引き上げることを決めた。調査委が来月1日を算定基準日として再計算した結果で、来月中旬に公表する。

 南海トラフ巨大地震はマグニチュード(M)8~9級と想定されており、発生確率は南海地震(1946年)を基準に、平均発生間隔を約90年として算出している。地震は一定の周期で発生するとの前提で計算しているため、想定した地震が発生しなければ発生確率は時間の経過とともに増加する仕組みだ。

 地震調査委員長の平田直・東京大教授は「年が変わって急に地震が発生しやすくなるわけではないが、刻一刻と次の巨大地震が迫っている表れでもある。いつ起きてもいいように備えてほしい」と話している。【飯田和樹】


貴乃花親方を理事「解任」処分 来年の理事選で執行部と全面戦争へ




大納会終値2万2764円、26年ぶり高値水準
今年最後の取引となる大納会を迎えた29日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値は前日比19円04銭安の2万2764円94銭だった。

 年末の株価としては、バブル経済の影響が残っていた1991年(2万2983円)以来、26年ぶりの高値水準をつけた。日経平均が前年末の終値を上回るのは6年連続で、78~89年の12年連続以来の長さだ。

 東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は1・47ポイント低い1817・56。





[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と9ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_16132296.jpg

  3.11東日本大震災  津波 361
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-12-29 05:26 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年12 月28 日(木 ):

【日韓合意検証発表】「『最終的かつ不可逆的』なものとして着実な実施を求めます」河野太郎外相談話全文
河野太郎外相が27日、韓国政府が一昨年末の慰安婦に関する日韓合意の検証結果を公表したことを受けて発表した談話の全文は次の通り。



1 本27日、韓国外交部長官直属の「慰安婦合意検討タスクフォース」が、平成27年12月28日の慰安婦問題に関する日韓合意についての検討結果を記載した報告書を発表しました。同報告書は、合意に至るまでの韓国国内における交渉体制や合意の内容について批判するものであり、既に両国内で履行されている合意につき疑義を呈するような考え方が韓国政府に対して示されました。

 2 一昨年末の日韓合意は、民主的に選ばれた日韓両首脳の下で、外交当局間の局長協議を含め、あらゆるレベルで努力を行った末に、当時の岸田文雄外務大臣と尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外相が、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認し、共同記者発表において表明したものです。また、同日に行われた首脳電話会談でも「最終的かつ不可逆的」な解決を確認しており、この合意は両国首脳間の合意でもあります。この合意は、両政府間において正当な交渉過程を経てなされたものであり、合意に至る過程に問題があったとは考えられません。

 3 日韓合意は、両政府間の合意であるとともに、国際社会からも高く評価されたものです。今般の報告書には韓国政府の日韓合意についての立場は含まれていませんが、日本政府としては、韓国政府が同報告書に基づいて、既に実施に移されている合意を変更しようとするのであれば、日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け入れられません。日本政府としては、韓国政府が合意を「最終的かつ不可逆的」なものとして引き続き着実に実施するよう、韓国側に対し、強く求めます。



津波に耐えた「かしまの一本松」伐採 南相馬
東日本大震災の津波に耐え、復興の象徴として親しまれてきた福島県南相馬市鹿島区のクロマツ「かしまの一本松」が27日、伐採された。付近一帯が防災林として整備されることになり、樹勢の衰えも著しかった。地元住民らが手をつないで高さ約25メートルの一本松を囲み、別れを惜しんだ。

 海岸沿い約3キロにわたり広がっていた松林は、大半が津波で流されたり、海水につかった影響で枯れたりした。唯一残った1本は有志らが保存活動を続けてきた。この日のお別れ式では「かしまの一本松を守る会」の五賀(ごが)和雄会長(77)が「一本松を見るたびに大きな力、心の支えをいただいた」とあいさつ。伐採された一本松は主に地元住民宅の表札に使われる。(江川慎太郎)






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と9ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_1612062.jpg

 3.11東日本大震災  津波 360
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-12-28 06:00 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年12月27 日(水 ):

a0044103_6445123.jpg

台湾が国防報告書発表、中国軍の演習は「甚大な脅威」戦力格差にも言及
【AFP=時事】台湾国防部(国防省)は26日、2017年版の国防報告書を発表し、中国による度重なる軍事演習が台湾の安全保障にとって「甚大な脅威」となっているとの見解を示し、中台関係において緊張が高まっていることを強調した。

「一つの中国」原則を認めることを拒否している蔡英文(Tsai Ing-wen)氏が昨年総統に就任して以降、中国政府は台湾周辺での軍事演習を増加させており、地元メディアの推計によると、台湾周辺での中国軍戦闘機の演習は2016年の8回に対して、今年は少なくとも20回行われたという。

 今回の報告書で馮世寛(Feng Shih-kuan)国防部長(国防相)は、頻繁な演習が「台湾海峡(Taiwan Strait)の安全にとって甚大な脅威を生み出している」と明言した。

 また、報告書は「ダビデ(David)とゴリアテ(Goliath)」のような中台間の戦力の大きな格差にも言及し、中国軍の急速な軍備の増強に直面する中、台湾軍が「複数の抑止戦略」に対応する必要があると指摘。報告書の推計によると、台湾軍の兵員数がおよそ21万人であるのに対し、中国軍は200万人近くに上るという。

 馮氏は「中国の防衛費や軍拡は台湾と比較にならない」との考えを示した。

【翻訳編集】AFPBB News




【安倍政権5年】長期政権、世界で存在感示す「首脳らから一目も二目も三目も置かれたよ。全然対応が違う」
「衆院選での大勝をお祝いする。これで、私たちの計画がすべて実現できることを期待する」

 安倍晋三首相は11月、ベトナム中部・ダナンでのロシアのプーチン大統領との会談冒頭、こう語りかけられた。衆院選の勝利で安倍内閣の継続が明確になったことで、北方領土4島での共同経済活動やその先の平和条約締結に向けて、かねて両首脳が協議を重ねてきた内容が実行に移せるというのである。

 日露首脳会談が行われたアジア太平洋経済協力会議(APEC)では、安倍首相との2国間(バイ)会談の申し込みが殺到し、各国首脳が口々に衆院選勝利と政権継続をたたえた。

 「首脳らから一目も二目も三目も置かれたよ。全然対応が違う」

 安倍首相は帰国後、周囲に振り返った。12月19日の東京都内での講演では、この時のことをこう語った。

 「海外のリーダーからみれば、選挙に勝つということは発言や約束に実行力が伴うということだ。国民の信任の大きさは外交での大きな力になる」

 停滞していた中国との関係も改善基調に入った。今年、安倍首相と中国の習近平国家主席は2回直接会談し、11月には習氏に加え李克強首相との会談も行われた。来年は李氏訪日と安倍首相訪中が実現しそうだ。

 長期政権、安定政権ならではの存在感だろう。ところが、日本では第1次安倍内閣以降、野田佳彦内閣までほぼ1年交代で首相が入れ替わっていた。それはどんな弊害を招いたか。

 平成27年3月に、ドイツのメルケル首相が7年ぶりに来日した際のことだ。安倍首相が「この間、あなたは中国には何度も訪問しているのに、日本にずっとこなかったのはなぜか」と問うと、メルケル氏はあっさりとこう答えた。

 「だって、日本の首相は毎年代わるから、会っても仕方がないと思って」

 あまり短期政権が続く国は、国際社会から相手にされなくなるのである。

 もちろん長期政権の利点は外交面だけでなく、経済分野にも及ぶ。証券業界幹部は「海外投資家らにとって、日本には2つのリスクがあるとされてきた」と述べ、こう強調する。

 「一つは自然災害で、もう一つは短期政権による混乱が続く政治だ。それが現在は安定しているので、安心して投資でき、株高につながっている」

 米国を除く11カ国での環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や、今月妥結した日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉…。短期政権では頓挫していただろう構想や政策は少なくない。

 安倍内閣に対しては、長期政権化による有権者の「飽き」が指摘される。また、憲法改正や拉致問題解決など5年がたっても未達成の課題はあるが少なくとも長期安定政権は国民にとって大きな財産だといえる。(阿比留瑠比)






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と9ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_16103647.jpg

  3.11東日本大震災  津波 359
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-12-27 06:54 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年12 月26 日(火):

キタサンブラックなぜ引退? 馬主・北島三郎さんも涙
 引退レースを優勝で締めくくり、史上最高の賞金を獲得したキタサンブラック。人気と実力を兼ね備えた5歳馬だ。惜しむ声が多いなか、なぜ引退なのか。

キタサンブラックが有馬記念優勝 獲得賞金、史上最多に
キタサン有終の美、感謝の「まつり」 北島三郎さん熱唱

 「キタサンブラックと別れるのはとてもつらいが、感謝しかない」

 24日、千葉・中山競馬場。第62回有馬記念(GⅠ)後の引退セレモニーで、馬主で歌手の北島三郎さん(81)は涙声で語った。勝利後の恒例となったキタサンブラック版「まつり」を熱唱。キタサンブラックもスタンド前を2往復し、ファンで埋め尽くされたスタンドから「ありがとう、ブラックー!」などと歓声が上がった。

 キタサンブラックは2012年3月生まれのオス。父のブラックタイドはGⅠで7勝したディープインパクトの兄だが、目立つ実績はなく、母のシュガーハートは一度も出走することなく引退している。血統がものをいう競馬界では「非エリート」だ。

 15年1月、3歳でデビュー戦を快勝し、その後も連勝。ただ、両親が実績を残していないため当初はあまり注目されず、初めて1番人気になったのは12戦目だった。ファン投票で優先出走馬が決まる有馬記念では、2年連続の1位選出。今年は唯一10万票を超えた。

 ログイン前の続き通算20戦12勝、獲得賞金約18億7千万円は史上最高となった。そんななかでの引退だが、北島さんはこうも語った。「終わりと同時に始まりだと思っている。新しい道へ進ませてやりたい」

 新しい道とは、メスと交配し、子孫を残す種牡馬(しゅぼば)(種馬)の仕事。競走馬は一般的に3~4歳で成長期を迎え、GⅠ級のレースで活躍する馬は5歳で体力的に衰え始めるとされる。血統も成績も比較的地味な馬ほど高齢まで走り続ける傾向があり、JRA(日本中央競馬会)によると、25日時点で中央競馬の最高齢は11歳のオスだ。

 キタサンブラックの生産者、ヤナガワ牧場(北海道日高町)の梁川正普(まさひろ)代表(47)は「来年走ったとして、いくつかGⅠを勝つチャンスがあったかもしれない」。ただ、レースのたびに故障のリスクを抱え、仮にけががひどくて立てなくなれば、安楽死させられ種馬としての価値もなくなる。「種馬という次の仕事も控え、優秀なメスを集めるには、引退時のイメージも大切。余力を残して強いまま引退するのが一番よかったと思う」と言う。

 キタサンブラックは来年から種馬として育てられる。現役時代の実績などを元に馬主側と生産牧場側とで決められる種馬としての価値は、13億5千万円。種付けを希望する馬の生産者らが資金を出し合って、種付けの権利を得ることになる。権利のない人もその時々の相場で種付けができる。人気馬の種付け料は一般的に1回数百万円。ディープインパクトの来年の種付け料は4千万円だ。子どもが実績を残せなければ、種馬としての需要は減る。

 日本軽種馬協会(JBBA)によると、17年に種馬として登録されているのは267頭。毎年40頭ほどが新たに仲間入りする。競馬評論家の須田鷹雄さんによると、現在日本の競馬界では02年に死んだサンデーサイレンスの子孫が多い。キタサンブラックもその孫。同じ血筋のライバルが多く、同じ系統のメスとの交配も難しいという。

 須田さんは「引退戦を勝利で飾り、印象の良い形で終われたことはプラス。最初の1~2世代が勝負で、そこで人気を獲得すればどんどん良い方向に行くはずだ」とみる。

 強みもある。キタサンブラック自体は中距離から長距離の舞台で活躍したが、母方の祖父は短距離に強いサクラバクシンオー。梁川代表は「スタミナ十分なうえに、スピードを出せる血統。配合の幅も広がるはずで、子どもの活躍が楽しみだ」と話す。(山本孝興)

主な活躍種牡馬の引退時の馬齢

・ディープインパクト(4)

・キングカメハメハ(3)

・ステイゴールド(8)

・ハーツクライ(5)

・ダイワメジャー(6)

・クロフネ(3)

・マンハッタンカフェ(4)

・ルーラーシップ(5)

・ブラックタイド(7)

・ネオユニヴァース(4)


最年少は長崎の12歳=歌会始の入選者決まる
宮内庁は26日付で、来年1月12日に皇居・宮殿で開かれる歌会始の入選者10人を発表した。最も若いのは長崎県佐世保市立清水中学校1年の中島由優樹さん(12)で、戦後最年少の歌会始入選者となった。最年長は米カリフォルニア州在住のエッセイスト鈴木敦子さん(82)だった。 今回のお題は「語」。米国、ブラジルなど海外21の国・地域からの159首と点字での24首を含めると、失格を除いた応募総数は2万453首に上った。天皇陛下から招かれて歌を詠む召人(めしうど)には、日本芸術院長の黒井千次(本名長部舜二郎)さん(85)が選ばれた。 他の入選者は次の通り(敬称略、年齢順)。 長野県飯田市、主婦塩沢信子(78)▽広島県東広島市、主婦山本敏子(73)▽福井市、会社役員川田邦子(70)▽長崎県西海市、農業増田あや子(65)▽東京都小平市、元会社員川島由紀子(57)▽横浜市、会社員三玉一郎(52)▽神奈川県横須賀市、看護師浜口直樹(38)▽新潟市、東京学館新潟高校2年南雲翔(17)。 (了)



楽天、携帯事業に参入 “大バクチ”の勝算
楽天がNTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯3強に次ぐ「第4の携帯電話会社」に名乗りを上げた。

「主力の楽天市場が伸び悩む中、三木谷浩史会長が大博打に打って出た印象です」(経済部記者)

 だが、株価は急落し、年初来安値に沈んだ。

「基地局設置などに最大6000億円を調達し、設備投資に回すと説明しているが、市場は投資負担はもっと重くなるとみている。ネットワーク構築にも時間がかかり収益を圧迫することは避けられない」(アナリスト)

 大勝負の背景にあるのが、Eコマース(EC)市場での激戦だ。日本の雄・楽天だが、世界的に見ればアメリカのアマゾン、中国のアリババなどに挟み撃ちにされ、むしろ“本土決戦”を余儀なくされそうな局面なのだ。

「楽天は利益の半分を、クレジットカードや銀行などの金融事業で稼ぐ。川上から川下まで押さえて、その間で動く金の手数料で稼ぐビジネスモデルです。ただ、今やECもパソコンからスマホにシフトしている。このまま座して死を待つより、携帯端末という究極の川上を押さえるために、打って出る決断をしたのでしょう」(メガバンク幹部)

 アマゾンやヤフーに加え、今後、上陸が予想されるのが、中国勢だ。

「アリババであり、テンセントです。楽天の携帯参入の真の狙いは、携帯3強との競争より、ECのライバルたちに勝つためと見ます。自社スマホを持つ独自のビジネスモデルで市場シェアを押さえる戦略でしょう」(同前)

 アリババは子会社が1月から大手コンビニのローソンと組み、訪日外国人観光客向けにモバイル決済サービス・アリペイを開始した。脅威は目の前にあるのだ。

 そんな三木谷氏の援軍となりそうなのが、安倍政権だ。

「安倍晋三首相や通信を所管する野田聖子総務相は、ネット系の財界人と近い」(財界関係者)

 今回、割り当てられる電波領域「4G」の配分だけでなく、さまざまな規制やルールが楽天有利に変わる可能性もある。三木谷氏は、EC、金融、スマホが三位一体となった独自の「楽天経済城」を築き、生き残ることができるのか。時間との勝負になる。







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と9ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_1685644.jpg

   3.11東日本大震災 津波 358
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-12-26 05:53 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年12月25 日(月 ):

不明のアルゼンチン潜水艦捜索で新たな反応
【AFP=時事】乗組員44人を乗せて11月15日に南大西洋(South Atlantic)で消息を絶ったアルゼンチン海軍の潜水艦「サンフアン(ARA San Juan)」の捜索で、音波探知機が新たな反応を検知した。アルゼンチン海軍が23日、明らかにした。

 アルゼンチン海軍の発表によると、新たな反応についてはこれから、ロシアの遠隔操作型の無人潜水機「パンサープラス(Panther Plus)」が調査するほか、米国の海洋調査船「アトランティス(Atlantis)」も反応があった海域で捜索を続けるという。サンフアンの捜索活動には十数か国が参加、支援している。

 サンフアンは消息を絶つ前の最後の交信で、換気装置に海水が入り込んでバッテリーがショートし、火災が発生したと伝えていた。その3時間後、最後の交信があった海域付近で異音が検出され、後に海軍は、異音は爆発音だったとみられと確認した。


アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで停泊する同国海軍の潜水艦「サンフアン」。アルゼンチン海軍提供(2014年撮影、2017年11月18日公開、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News© AFPBB News 提供 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで停泊する同国海軍の潜水艦「サンフアン」…
 既に乗組員の生存は絶望視されており、現在の捜索は船体の発見に重点が置かれている。

【翻訳編集】AFPBB News



【黒田勝弘のから(韓)くに便り】北と戦争できない悩み “核モンスター”にはお手上げ

1970年代以来の韓国暮らしの中で、北朝鮮が攻めてくるという夢を見ることがままあった。ところが近年はまったく見ない。核実験があっても弾道ミサイルが発射されても、北朝鮮が「戦争の危機」をあおっても。なぜだろうと思う今日このごろだ。

 過去の夢で最も鮮明だったのは、80年代の前半。北朝鮮の戦闘機の編隊が漢江(ハンガン)上空を低空飛行で北から侵攻してくる夢をよく見た。当時、北朝鮮空軍機の亡命が相次ぎ、空襲警報まで発令されたからだ。漢江沿いに住んでいたのでそんな夢になったようだ。

 70年代後半の語学留学時代にも夢は見た。当時は午前0時から4時まで夜間通行禁止令があり、毎月15日にはすべての交通をストップさせて「民防衛訓練」をやっていた。夜のソウルが真っ暗になる夜間灯火管制訓練もしばしばあった。

 夜間通行禁止令は「トングム(通禁)」といわれ生活化していた。68年に起きた北朝鮮の特殊部隊による大統領府襲撃未遂事件などもあって発令されたが、そうした日常的な「北の脅威」は日本人にはきわめて“異国的情緒”だったため夢を刺激した。

 いわゆる民主化による過去否定や共産圏への門戸開放などで「北の脅威」が後退した後でも、盧泰愚(ノ・テウ)政権(88〜93年)が最前線に近いソウルの北にニュータウンとして高層マンション街計画を発表したとき、国防相が国会で「高層マンション群は有事の際はソウル防衛の盾にもなる」と答弁し大問題になったことがある。

 次の金泳三(キム・ヨンサム)政権(93〜98年)下では北の潜水艦が東海岸で座礁し、上陸した武装工作員部隊に対する軍事掃討作戦が展開されている。国民意識として「北の軍事的脅威」が広範に実感されていたのはこのあたりが最後ではなかったか。

 物議をかもしたソウル北方のニュータウンは、今や人口100万近い人気の住宅都市になっている。近年、西海岸沖の離島あたりで哨戒艦撃沈や砲撃事件があってもソウルでは臨場感はない。そんなこんなで筆者も90年代後半以降は“北朝鮮有事”の夢を見ることはなくなったように思う。

 韓国で「北の脅威」感が大きく後退したのは金大中(デジュン)・盧武鉉(ムヒョン)政権(98〜2008年)下の対北融和策で南北首脳会談があり、教育やメディアを含め「対立より協力」という対北観が広がったからだ。今年スタートした文在寅(ムン・ジェイン)政権はその延長線上にある。

 ソウル北方には人口100万の住宅都市があり、隣接して1000万のソウルが存在する。世界有数の仁川(インチョン)国際空港は、飛び立てば北の地が望めるほど北に近い。韓国はもう北とは戦争はできない国になっているのだ。そのせいか韓国の家庭には有事対策の非常袋も自転車も心構えもない。

 “核モンスター”になった北朝鮮に韓国はお手上げだ。核問題では北も米国だけが相手といっている。韓国の大方の国民は米国に対し、韓国に戦災が及ばないよう北とうまく取引してほしいとだけ思っている。だから対米関係が絶対に重要なはずなのに、文政権はやたら中国に気を使っている。不思議なスレ違いだ。(ソウル駐在客員論説委員)






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と9ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた人が起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_1671286.jpg

  3.11東日本大震災 津波 357
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-12-25 05:23 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年12月24 日(日 ):

a0044103_11494119.jpg

人類初の命綱なし遊泳に成功の宇宙飛行士が死去 NASA発表
【AFP=時事】命綱なしの宇宙遊泳に人類で初めて成功した宇宙飛行士、ブルース・マッカンドレス(Bruce McCandless)氏が21日に死去した。80歳だった。米航空宇宙局(NASA)が23日、ウェブサイトで明らかにした。同氏の死因は発表されていない。

 マッカンドレス氏は1966年、26歳でNASAの宇宙飛行士に採用された後、アポロ14号(Apollo 14)計画や、米国初の宇宙ステーション計画である「スカイラブ(Skylab)」計画に参加した。

 その後の1984年、マッカンドレス氏は世界中が注目する中、命綱なしの宇宙遊泳を初めて成功させた。同氏は自らが設計に参加した大きなジェットパックを背負い、スペースシャトル「チャレンジャー(Challenger)」から約90メートル離れた場所で宇宙遊泳を行った。


人類初の命綱なしでの宇宙遊泳に臨んだブルース・マッカンドレス飛行士(1984年2月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News© AFPBB News 提供 人類初の命綱なしでの宇宙遊泳に臨んだブルース・マッカンドレス飛行士(1984…
 マッカンドレス氏は1990年のハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)の打ち上げにも携わった。

【翻訳編集】AFPBB News



中国拘束の8邦人全員起訴 地質調査の2人も

今年3月に中国当局が拘束した地質調査会社などの日本人社員2人が起訴されていたことが23日、分かった。中国の測量法違反のほか、スパイ行為に関わったとして国家安全法や反スパイ法違反で訴追された可能性がある。これで中国当局による情報公開もないまま拘束されている日本人8人全員が起訴されたことになる。複数の日中関係筋が明らかにした。

 新たに起訴が判明したのは、今年3月に中国の山東省と海南省で当局に拘束された「日本地下探査」(千葉県船橋市)の社員と「大連和源温泉開発公司」(遼寧省大連市)の社員。9月に逮捕されていた。2人とともに拘束された4人は7月に帰国した。

 関係者によると、起訴された日本地下探査の社員は現場責任者だった。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、両社が無許可で違法な測量を行っていたとし、2人のパソコンなどから80点近くの「機密にかかわる地図」が見つかったと主張している。

 中国当局が起訴した日本人8人のうち、昨年7月に拘束、今年6月に起訴された日中青年交流協会の鈴木英司理事長は、8月に非公開で初公判が開かれた。

 政府は日中首脳会談や外相会談などで釈放を働き掛けているが、事態に進展はない。24日からは自民党の二階俊博幹事長らが日中与党交流協議会に出席するため訪中する。与党内からは中国側の信頼が厚い二階氏に事態打開に向けた役割を果たすよう求める声が上がっている。




高橋洋一が語る「北朝鮮問題は春までに開戦or北朝鮮のギブアップ」が不思議ではない2つの根拠
すでに「アメリカによる攻撃のカウントダウンが始まっている」といわれる北朝鮮情勢。夏以降、毎月のようにミサイルが発射され、その飛距離が徐々に伸びている状況を見ると、さすがに「今回ばかりは、戦争も避けられないかも」と思ってしまう。しかし同時に、お隣の韓国がさほど気にしていないところを見ると「まぁ、いつものことか。大丈夫だろう」とも思える。

「米朝戦争は目前」と煽るマスコミもあるが、実際、戦争が起こるなんてことはあるのだろうか?

「開戦か北朝鮮のギブアップか、来年の春には、結果が出ているんじゃないでしょうか。個人的には、アメリカが北朝鮮を攻撃する確率が、きわめて高いと思っていますが」

 そう語るのは『朝鮮半島 終焉の舞台裏』の著者で、数量政策学者の高橋洋一氏だ。「ここまで条件が揃ってしまうと、そう言わざるを得ない」と続ける氏に、その根拠の内容を聞いてみた。

◆でっちあげてでもアメリカは北朝鮮を攻撃する


日刊SPA!© SPA! 提供 日刊SPA!
 その根拠の一つに「北朝鮮のミサイル開発が、急速に進展している」ことがあると高橋氏は語る。

「11月に発射された大陸間弾道ミサイル(ICBM)『火星15』は、米メディアの報道によると『大気圏への再突入に失敗し、途中で分解した』とのことでしたが、飛距離だけでいえば1万3000kmと、すでにニューヨークを射程内にとらえています。専門家の間では『1年以内に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の再突入技術は確立されるだろう』と言われていますが、今の開発スピードを考えれば、もっと早いかもしれません。

 アメリカにしてみれば、当然、本国に届くミサイルが完成する前に、北朝鮮を叩かなければならないわけで、そうなると春くらいまでには攻撃をせざるを得ない。『核拡散を防ぐ』という大義名分もありますしね」

 やられる前にやる、というわけだ。しかし北朝鮮には、中国やロシアなど旧東側諸国がバックについている印象がある。たとえアメリカでも、そう簡単に手出しできないのではないだろうか?

「たしかに中国やロシアにとって、対西側諸国の防波堤として、北朝鮮は重要な存在でしたが、もはや手に負えない存在になっています。今でこそ韓国や日本、アメリカに向けられているミサイルが、いつ自国に向けられるとも限りません。それに、戦火を逃れた武装難民が国内に流入すれば、それこそ厄介。特に陸続きの中国は、この状況は避けたいはず。

 過去に北朝鮮への制裁決議に中国やロシアが反対しなかったこと、残された追加制裁の内容が全面禁輸ぐらいしかないことを考えても、武力行使に反対する可能性は低いでしょう。また、仮に反対にあった場合でも、アメリカは国連を動かすことなく、単独でも行動に移すでしょう。なぜなら、アメリカは『そういう国』だからです」

 国際的な正当性を得るためには、国連決議がベストである。しかしこれには、中国やロシアを含む常任理事国の全会一致が必要となる。万が一、ロシアか中国が反対すれば「イラク戦争の時のように多国籍軍を結成し、何らかの口実を作ってでも北朝鮮を攻撃する」と高橋氏は続ける。

「いい悪いは別として、冷酷な事実を見なければいけない。そもそもアメリカは事件をでっち上げてでも、戦争をする国。ベトナム戦争でのトンキン湾事件はその典型だし、イラク戦争における大量破壊兵器も事実ではありませんでした。特にトランプ大統領は、大統領就任直後に単独でシリアを攻撃するなど「オバマ時代の弱腰外交とは違う」というところを見せつけようとしています。北朝鮮が挑発を繰り返し、火に油を注ぐような行動をとれば、たとえ本国に届く核ミサイルが完成されなくても、アメリカは軍事オプションを行使するでしょう」

◆北朝鮮は約束破りの常習犯

 本国に届く核ミサイルができる前に、アメリカは北朝鮮を攻撃する。これは、わかった。しかし、そうなる前に対話によって解決はできないのだろうか?

「たしかに、それが一番いいですね。でも、実際は難しいでしょう。というのも北朝鮮は、国際社会で何度も約束を反故にしてきたからです。最近だとオバマ時代に、核実験停止などの見返りに食糧を提供する約束(『2・29合意』)を反故にしたことがありました。今後もきっと同じことが起こる。そもそも北朝鮮には、国際社会の約束事を守る気なんて、これっぽっちもないんです」

 付き合えば、バカを見る。それが北朝鮮という国なわけだ。とはいえ、アメリカではなく、中国かロシアが話をすれば、なんとか話になるのでは?

「それも無理でしょう。さっきお話したように、北朝鮮はもはや誰もコントロールできない国になっています。金正恩は中国の使者を門前払いだし、そもそも習近平主席は、金正恩に会ったことがない。ロシアにしても、首都からはるか東の揉め事が盛り上がってくれれば、国際社会の目がクリミア問題から離れてくれるので好都合なはず。あえて、半島情勢に口出しはしないでしょう。

 それと一応言っておくと、民族主義で有名な韓国の文在寅大統領も、大統領就任当初こそ、北朝鮮との対話に意欲的でしたけど、人道支援で国際社会から大ブーイングを受けたあとは、さすがに諦めたみたいです」

◆注視すべきは半島崩壊後の国際情勢

 北朝鮮という国、それを取り巻く周辺諸国の事情を考えると、米朝戦争は、もはや避けられないようだ。しかし、北朝鮮より警戒するべき国があると高橋氏は続ける。注視すべきは「米朝戦争ではなく、その後の半島情勢」だと言う。

「世間では、北朝鮮のミサイル、それが引き金となる米朝戦争勃発が話題になっていますが、アメリカや中国をはじめとする当事国の間では、すでにポスト金正恩体制について、話し合いが行われているはずです。つまり、金正恩体制崩壊後、どの国が北朝鮮を統治するのか。そのことが今後、非常に重要になってきます。おそらくは、中国が傀儡政権を置き、統治することになるのでしょうが、朝鮮半島の半分を手に入れることにより、東アジアでの中国の力はますます大きくなるでしょう。

 習近平主席は党総書記に就いた直後、「中国の夢」というスローガンを掲げ、建国から100年にあたる2049年までに「社会主義の現代化した国家」を目指すとしています。これは、列強に半植民地化されたアヘン戦争以前の大国の地位を取り戻すことだと解釈できます。この中国に対し、日本はどう対応していくのか? 米朝戦争よりも、実はこのことが今後、大きな問題になってくると私は見ています」

 現在でも東シナ海問題で横暴な行動を繰り返す中国。10月の党大会で2期目を迎えた習近平主席は、その際「ポスト習近平」を指名せず、3期継続を目論んでいるといわれている。「中国の夢」は「周辺国の悪夢」に他ならない。なんとか阻止をしたいが、こちらもやはり対話では解決できないのだろうか?

<文/日刊SPA!取材班 協力/高橋洋一>

【高橋洋一】

嘉悦大学教授。1955年(昭和30年)、東京都生まれ。東京大学理学部数 学科・東京大学経済学部経済学科を卒業。博士(政策研究)。1980年(昭和55年)に大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣参事官等を歴任した。第一次安倍内閣では経済政策のブレーンとして活躍。「霞が関埋蔵金」の公表や「ふるさと納税」「ねんきん定期便」などの政策を提案。12月24日に最新刊『朝鮮半島 終焉の舞台裏』が発売






[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と9ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_11463562.jpg

   3.11東日本大震災  津波 356
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-12-24 11:56 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年12 月23 日(土 ):

ビットコイン急落続く、1万ドルに一時接近-仮想通貨全般に売り波及
(Bloomberg) -- 仮想通貨ビットコインの22日の下落率は一時約30%に達し、飛び付いて買った投資家は過去最大級の試練に直面している。

  ビットコインは18日に1万9511ドルの過去最高値を付けて以来、4日連続の大幅安。ブルームバーグがまとめる総合価格に基づくと他の仮想通貨も同様に急落し、日中安値でイーサリアムは36%安、ライトコインは43%安をつけた。

***ImagePlaceholder***https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iqZkbNhubqK8/v2/pi0TFsqn_N8siPbzgcJYQlLw/1366x768.png

  この日のビットコインの安値は1万776ドルで、米商品先物取引委員会(CFTC)がビットコイン先物の取引許可に合意した今月1日以来の1万ドルに近づく場面があった。週間での騰落率は過去3週間に13%上昇、44%上昇、32%上昇と快進撃を続けてきたが、今週は安値で39%の下落となる。

  ビットコインと金の取引を手がけるシャープス・ピクスリーのロス・ノーマン最高経営責任者(CEO)は「ハイエナたちがうろつき始めている。先物市場が攻撃の場となるかもしれない」と指摘。「ビットコインは個人投資家が大きく押し上げてきたが、頃合いを見計らって相場を強引に押し下げようとする攻撃的なファンドが幾つか出てくるだろう」と述べた。

原題:Bitcoin Plunges as ‘Sharks’ Circle in Key Test of Cryptocurrency(抜粋)

--取材協力: Andrew Dunn

: ロンドン 鈴木克依 ksuzuki115@bloomberg.net.

翻訳記事に関するエディターへの問い合わせ先 森 茂生 smori1@bloomberg.net, 鈴木克依 ksuzuki115@bloomberg.net.

記事に関する記者への問い合わせ先: ロンドン Samuel Potter spotter33@bloomberg.net, ロンドン Eddie van der Walt evanderwalt@bloomberg.net.

記事についてのエディターへの問い合わせ先: Jeremy Herron jherron8@bloomberg.net, Dave Liedtka

©2017 Bloomberg L.P.




天皇陛下、84歳に 「残された日々、継承の準備を」
 天皇陛下は23日、84歳の誕生日を迎え、これに先立って皇居・宮殿で記者会見に臨んだ。自身の退位日が2019年4月末に決まり、「残された日々、象徴としての務めを果たしながら、次の時代への継承に向けた準備を、関係する人々とともに行っていきたいと思います」と話した。

天皇陛下、会見で声詰まらせたことも 伝えてきた思い

 退位を実現する特例法の成立後、初めて思いを語った。「これまで多くの人々がおのおのの立場で考え、努力してきてくれたことを心から感謝しています」と謝意を示した。

 ベトナムや九州北部豪雨被災地、鹿児島県の島々訪問などこの1年を回顧。初孫である秋篠宮家の長女眞子さまが小室圭さんと婚約内定したことについて「大変喜ばしく、二人の幸せを願っています」と述べた。

 23日には皇居・宮殿で一般参賀があり、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、眞子さまと長和殿のベランダに立つ。(島康彦、緒方雄大)



相撲界の暴力廃絶、その本気度は 元日馬富士暴行問題
元横綱日馬富士の暴行問題で、日本相撲協会は20日、「引退勧告相当」との結論を出した。八角理事長(元横綱北勝海)は「暴力を振るった場合の重たい前例」と話したが、注目したいのは、酒席に同席しながら暴力を止められなかった白鵬、鶴竜の両横綱も減俸処分にしたことだ。

相撲特集:どすこいタイムズ

 2007年の時津風部屋暴行死事件後、角界は暴力追放を掲げ、けいこ場での「かわいがり」や竹刀の一掃などを呼びかけてきた。だが、今回、危機管理委員会は「指導、教育のための暴力はやむを得ないとの思いがあった」と暴力体質が根強いことを指摘した。

 「けいこと暴力」の違いの認識はある程度は浸透していた。昔はぶつかりなどで立てなくなった若手に土俵の砂をかませるようなことも日常的で「親が見ると泣く」と言われたけいこ風景も、今は変わってきた。

 しかし、力士にとっては朝起きてから夜寝るまでの生活すべてが角界だ。その意味では、時津風部屋事件はあくまでけいこ場での暴力と認識されていた。それが今回、生活の中すべてで暴力を許さず、それを止めなかった者も「罪」と認識させる処置を取った。

 ようやく一般社会の常識が入りつつあるが、道のりはまだ長い。関係者の処分の程度にも様々な意見がある。愚行を転機にできるか。暴力廃絶へ、角界の本気度が問われている。(竹園隆浩)







[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と9ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_75527.jpg

  3.11東日本大震災  津波 355
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-12-23 08:08 | 朝日新聞・綜合、政治

2017年12月22 日(金 ):

首都エルサレム撤回要求決議、賛成多数で採択 国連総会
米トランプ政権がエルサレムをイスラエルの首都と認定した問題について、国連総会(193カ国)は21日(日本時間22日未明)に緊急特別総会を開き、米国に方針の撤回を求める決議案を128カ国の賛成多数で採択した。反対は9カ国、棄権は35カ国。日本は賛成した。

 採決に先立つ20日、トランプ大統領が決議案に賛成した国への財政援助停止を示唆したことに中東諸国などから「米国の脅しには屈しない」などと反発が広がっていた。(ニューヨーク=金成隆一)



中国拘束の邦人8人、越年か 与党議員団が24日訪中…同僚悲痛「せめて新年を家族と」
中国当局が拘束している日本人8人の解放に向けた動きが膠着状態に陥っている。安倍晋三首相が11月にベトナムで習近平国家主席と会談し邦人釈放を直接求めたが、中国側は応じていない。拘束されたまま越年の懸念も出始めた中で、自民党の二階俊博幹事長ら与党訪問団が24日から中国を訪問する。団長を務める二階氏は中国要人にパイプを持つだけに、真価が問われることになる。

「温泉開発の地質調査していただけ」

 「せめて年内に解放してもらい、新年を家族と一緒に迎えさせてあげたい」

 千葉県船橋市の地質調査会社「日本地下探査」の男性幹部は悲痛な表情でそう語った。今年3月に中国の山東省と海南省で同社社員4人と、温泉開発コンサルタント会社「大連和源温泉開発」(中国遼寧省)の社員ら2人が中国当局に拘束された。7月に4人は解放されたが、両社とも社員1人が拘束されたままだ。

 日本地下探査の幹部によると、拘束されている社員は現場の責任者だった。9月に正式に逮捕され、スパイ行為に関わったとして取り調べを受けている可能性もある。

 同社幹部は「調査現場は山頂にあり、周囲に機密情報があるとは思えない。温泉開発に協力するために日本国内と同じ方法で地質調査をしていただけだ」と説明する。

 ほかにも日中青年交流協会理事長ら6人が拘束されている。政府は首脳会談や外相会談などの機会に釈放を働きかけているが、中国側の動きは鈍い。日中領事当局間協議も7月を最後に開かれていない。

「大きい存在」二階氏に期待

 そうした中で、「中国にとって非常に大きい存在」(外務省関係者)とされる二階氏が訪中する。5月に訪中した際も習氏と会談している。訪問団メンバーは「必ず二階氏に拘束邦人の問題を取り上げてもらう」と意気込む。

 ただ、北京で26日に行われる日中与党交流協議会では中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」が取り上げられ、経団連の榊原定征会長らも参加する。経済協力ばかりが重視され、日本人の生命・財産に関する問題に進展がなければ、議員外交の意義が問われる。(長嶋雅子、大橋拓史)




河野外相が入院治療 尿管結石症と診断

 外務省は21日、河野太郎外相が右尿管結石症と診断され、同日午後から治療のため入院したと発表した。22日午前の閣議は欠席するが、同日午後には退院し、公務に復帰する。この間、外相臨時代理は置かないという。



[2011.3.11 東日本大震災と福島第一原発爆発事故から6年と9ヶ月]
[1000年に一度の巨大津波と66年後にまた起こした核災害、直後に海水で
炉を冷却しておけば爆発は防げた]

a0044103_5254844.jpg

  3.11東日本大震災 津波 354
[PR]
by nsmrsts024 | 2017-12-22 05:34 | 朝日新聞・綜合、政治

千年に一度の巨大津波と66年後にまた起きた核災害


by nsmrsts024